オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2011.03.16 Wednesday

阪神球団 義援金1000万円寄付 金本も

プロ野球阪神は16日、東日本大震災の被災者支援のため、
1000万円を日本赤十字社を通して寄付すると発表した。
南信男球団社長は「あとはチャリティーとか
いろいろな活動をやる。選手会と話し合ってやっていく」
と話し、支援を継続していく意向を示した。

 また金本知憲外野手は1000万円を寄付することを
明らかにし「今の自分には義援金という形しかないので、
せめてもの協力として寄付します」とコメント。
同じく総額1000万円を寄付する城島健司捕手は
「仙台にも東京にも阪神ファンがいて、その声援が
あってプレーできている。恩返しが野球だとは
理解しているけれど、何もしないより一人一人が
やっていけばいいと思う」と話した。
 

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




  • 2011.03.16 Wednesday

プロ野球選手、25日開幕に反対

プロ野球公式戦の開幕戦日程について、東日本大震災の
影響を考えて実行委員会で継続協議となったことを受け、
各球団で選手への事情説明が16日に始まった。
予定通りに25日開幕の方針を固めている
セ・リーグ球団の説明に選手からは反対の声が上がった。

 日本プロ野球選手会の前選手会長でもあるヤクルトの
宮本慎也内野手は「納得できる理由が一つもなかったので
無理ですと言った」と明かした。さらに
「復興が見えた時に野球で勇気づけることは
いいと思うが、今勇気づけられると思っているなら
思い上がりだと思う」と主張。シーズン後半が
過密になっても、全144試合を実施することに
同意していることも伝えたという。
ヤクルトの新純生球団常務は
「何がプロ野球としてできるかというと、
試合をすること。選手の了解なく強引にはやらない」
と話した。

 阪神の金本外野手は、被災した仙台市の東北福祉大出身。
「被災者のことを思うと野球開催どころではない、
というのが正直な気持ち。ゴルフもフィギュアも、
すべて中止になり、プロ野球だけがそこまで開幕に
こだわるのは何なのか」といぶかった。

 パ・リーグは延期の方針を示している。日本ハムの
田中賢介選手会長は「これだけの被災者がいる中で
(25日の)開幕は無理と考えている。まずは
被災者の方々のことを第一に考えてほしい」と話した。

 [2011年3月16日20時27分]

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング


  • 2011.03.16 Wednesday

選手会会長が必死の訴え−。

東日本大震災を受けて、プロ野球は15日、東京都内で
実行委員会を開き、開幕日程について協議した。
セ・リーグは予定通り25日の開幕、パ・リーグは
最大1カ月程度の開幕延期の方針を固めて臨んだが、
日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(34)=阪神=が
セ・リーグも開幕延期を提案したことから結論は出ず、
継続協議となった。
最大1カ月の開幕延期を主張するパ・リーグと
予定通りの3・25開幕を訴えるセ・リーグ。

 両者の考えはまったく相容れず、議論は平行線のまま。
一気に分離開幕が決まる方向となったが、
ここに新井会長が割って入った。

 実行委を中断して開かれた年金運営委員会に、
日本プロ野球選手会会長として出席。その場で
「セ・リーグも、開幕を延期してください」と訴えたのだ。

 「何百年に一度の大災害が起きて、まだ続いています。
余震が続き、原発の問題もある。被害は現在も
進行している大変な状況で、果たして25日に開幕しても
いいのでしょうか」

 さらに新井会長は、開幕を延期した場合の代案も提示。
〔1〕開幕カードに使用予定で安全が確保できている
ヤフードームなどでチャリティー試合を開催する
〔2〕公式戦144試合の試合数確保のために
ダブルヘッダーなどの日程過密化にも協力する−と、
被災地復興への支援とともに球団経営に全面協力する
ことも約束した。

 各球団の選手会長や同席した高須選手(楽天)らの話も聴き、
「(被災地に)家族がいた選手は、『生きているだけで
よかったという感覚だった』というからね」。
そんな切実な声を、実行委のメンバーも無視できなかった。

 実行委に先立ってセ、パ各リーグの理事会が開かれ、
パ・リーグは最大約1カ月開幕を遅らせることを念頭に
議論を重ねた。一方のセ・リーグは、3月25日開幕を
堅持する方向で一致していた。

 新井会長の訴えを受けて、最終的には加藤コミッショナーが
議論を引き取った。単独で会見した同コミッショナーは
「こうした災害の中、野球をどう進めるか、時間をかけて
話し合うのは当然だが、できるだけ速やかに決めたい」
と表明した。

 12球団は協議を継続し、今週中に結論を出すことになった。
セパの考え方の違いは大きく、分離開幕は避けられない見通しだが、
「選手が一刻も早くプレーを見せることが、被災地を
勇気づけるとは思う。その思いは選手会もNPBも同じ。
ただ、時期の問題。余震が続き、電力が制限されている
状況ではやはり延期すべき」。

 新井会長は苦渋の表情で言葉を絞り出し、
セ・リーグがパと歩調を合わせるよう重ねて訴えた。
sannsupo





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング


Go to top of page