オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2009.03.02 Monday

5年目玉置 3イニング完全

オープン戦(オリックス1−4阪神、1日、高知市営)
5年目玉置投手が1日、オリックスとのオープン戦(高知市営)に先発。
3回を完璧に抑え白星をあげた拍手
続いて登板した上園は3回2安打1失点『自責点〇』も納得の内容。
3番手・お杉も3回を2安打「5奪三振」無失点。
前日の石川に負けじと、先発枠を争う3人が結果を出した。
ここまではローテ争いの競争がうまくいっているグッド

暖かな陽気のなかで、ダイナミックなフォームが躍動した。
玉置が圧巻のパーフェクトピッチ。真弓阪神に“初勝利”をもたらした。

「カウントを整えられましたし、四球も出さなかったんで、自分でもいい点はつけられると思います。0点に抑えられたことが満足です」

 充実した表情で振り返った。一回をわずか9球で三者凡退に打ちとると、二回一死では真価を発揮。浜中にフルカウントから外角低めのチェンジアップで空を切らせた。四球の恐れのある場面でも、「実戦でやるには自信を持って投げないといけない」と、ボール球で勝負。予定の3回を30球の省エネ投球、一人の走者の出すことなく終えた。

 春特有の“見えない敵”とも戦っていたマウンドだった。花粉症−。
「薬も飲もうかと思ったが、副作用が出て集中できなかったら後悔する」
と“ノーガード”で挑んだ。試合前には鼻血が出るアクシデントに見舞われたが、「マウンドでは集中していた」と振り返った。

 前日2月28日のオリックス戦(安芸)で快投を披露し、4番手に大前進した石川に肉迫する内容。横浜・斉藤肇スコアラーは「このままいけば(先発)4、5番手争いに入ってきそう」と警戒心を強めれば、真弓監督も「常にストライクが先行して、安定感がある」と納得の表情を浮かべた。

「僕は実績もないんで、監督に見てもらえる試合でアピールしないと。開幕一軍を目指して、今年こそ勝利に貢献したい。死ぬ気で、腕がちぎれてもいいぐらいでやっている」

5年目を迎えるが、1軍ではいまだ勝ち星ゼロ。今季にかける思いは「例年より強い」と話す背番号『62』は、先発争いに勝ち抜く力をつけてきた。
記事はサンスポ

先発ローテの枠が3つも空いていることが珍しく
『前監督はなにしてたん。。。』はおいておいて

そこに入りたい若手投手のモチベーションがあがるのは当然
エキシビジョンゲームは若手にとっても1軍に生き残る
サバイバルゲームでもある
前日の石川、上園、玉置がまず結果を出した
試したい投手が多いので1試合1イニングが勝負
誰が生き残るのか「ローテにはいるのかも」
開幕まで『ごっつい』楽しみでもある楽しい

小嶋は2軍オープン戦開幕試合の先発を首脳陣に直訴
それが認められ、明日先発登板する
左腕投手だし、ぜひ、残り3枠の1つに入ってもらいたい
がんばれ、たっちゃん!


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/213436

Trackbacks

Go to top of page