オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2010.04.05 Monday

真弓監督、闘え!何で抗議しないんだ

中日に3連敗。とはいえ、まだ5割だ。それなのになぜか、
腹の底からモヤモヤとした感情が沸き上がってくる。
八回、審判の微妙な判定に、真弓監督は
いったんベンチを飛び出しながら、
怒りを封じ込んでしまった。冷静さを失い、
指揮官が血迷ってはいけない。ただ、結果は同じでも、
怒って欲しかった。今こそ虎党は闘う姿勢を見たいのだ。

  ◇  ◇

 微妙な判定…いや、三塁ベンチと左翼席は、セーフを確信していた。
すぐさまベンチを飛び出した指揮官。そのまま一塁ベースに駆け付け、
烈火のごとく抗議するものだと、誰もが思った。

 ところが、である。

 三塁ネクストサークル付近で突然、指揮官の足が止まった。
そしてきびすを返すと、再びベンチへ。
勝利を求めて燃え盛っていた戦士たちが、
一瞬にして静まり返った。

 なぜ抗議しないんだ!!

 行き場をなくした左翼席の怒号が、深いため息へと変わった。

 「微妙(な判定)じゃない。セーフやろ。どう見たってセーフやろ…」

 試合後のベンチ裏。ため息交じりにつぶやいた指揮官の両目は、
真っ赤に充血していた。ならばなぜ抗議に行かなかったのか。
その問いに指揮官は腹立たしさを押し隠しながら、こう言うのだ。

 「抗議に行って変わるもんなら、なんぼでも行きたいんだけどね…」

 同点の八回だった。先頭桜井が四球で出塁。すかさず藤川俊を
代走に送った。しかし、続く代打浅井が試みた送りバントが
投手への小飛球となり、そのまま一塁転送。
藤川俊がいち早く帰塁したかに見えたが、
牧田塁審はアウトの判定。
ベンチの怒りは一瞬にして沸点に達したが、
肝心の指揮官が煮え切らない。その後の好機も実らず無得点。
そして直後に悪夢の崩壊劇だ。

 これまでは1点勝負の場面での送りバントには関本を代打起用
していたが、この日は浅井を起用。真弓監督は「浅井もうまいし、
ほかのことも考えてね」と説明した。しかし、いかに関本が
前日の試合で送りバントを失敗しているとはいえ、
用兵に一貫性を欠いたことは否めない。
そして勝負どころの場面であまりにも穏便すぎた
指揮官の対応。抗議してほしかった‐。
それが命懸けで戦う戦士たちの本音だろう。

 落合竜と接戦を演じるもまさかの3連敗。
開幕から積み上げた貯金もすべて使い果たした。
6日からは甲子園で王者・巨人と3連戦。
まだペナント序盤とはいえ、これ以上の蹉跌(さてつ)は許されない。

 「頑張ります」

 たぎる怒りをのみ込みながら帰阪の途に就いた指揮官。
今こそ戦わねばならない。腹の底にひた隠すその闘志を、
今こそ前面に押し出さねばならない。

(2010年4月4日)デイリー

なんか、全員一丸になっていないような気はします
監督と選手に温度差があるのなら
今年も期待は持てない!
星野SDにもう一度現場復帰
渇をいれてもらわんとあかんのかな汗


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




Comments

星野さんやったら、血相変えて飛び出していったやろね。
監督に戦う姿勢が感じられないのが、見ていてはがゆい。
何気に、後藤さんの時代を思い出してしまうわ。

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/246198

Trackbacks

【阪神】2010初の同一カード3連敗

(ナゴヤドーム) 阪 神100 000 000=1 中 日010 000 05X=6 <投手> (神)下柳−久保田−渡辺 (中)伊藤−高橋 ○伊藤1勝 ●久保田1敗 <本塁打> (中)和田4号ソロ=2回裏 2010初の3タテを食らってしまいました…。 4安

  • FUKUHIROのブログ・其の弐
  • 2010/04/05 9:13 PM

阪神1−2中日〜相手変われば〜

前に比べたら、あまり1試合1試合で批評する時間も気力もないが、 今日ばかりは我慢ならない。 横浜・広島といった前年の下位チームを相手にするのと、中日相手とではそりゃ違うのだろうけれど、3連敗するとは何事か。 今日も初回に鳥谷の犠牲フライがあっただ

  • 虎哲徒然日記
  • 2010/04/05 8:12 PM

Go to top of page