オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2010.04.11 Sunday

上園、633日ぶりに勝ったぁ…


阪神5−1ヤクルト、2回戦、1勝1敗、10日、甲子園)
城島に左腕を持ち上げられ、表情が崩れた。長かった、
遠かった白星までの道。上園が、2008年7月16日以来、
633日ぶりの勝利。
同じ日以来のお立ち台で、大歓声に包まれた。

 「去年は一つも勝てず、1試合しか投げられなかった。
あっという間だけど、やっぱりしんどかった。うれしいです」

 ヤマ場は試合開始直後だった。
一回、強風に流される不運な二塁打
もあって二死満塁。最大の危機にくせ者・宮本を迎えた。
2−2から2球ファウルの後、歩み寄った城島の
「何を投げたいか」に、カーブを選択。
自ら選んだ外角の8球目で、中飛に仕留めた。
浮いた勝負球。ベンチ前で正妻に向かって両手で「低め」
のジェスチャー。少しだけ口元が緩んだ。

 「打たれて後悔したくない。(その後は)まっすぐが走っていたし、
勝負できると思った」

 直球をコースに決め、常に有利なカウントを作った。
今季初の七回、連続四球などで一死一、三塁。
109球で後を託した。
6回1/3を4安打1失点。降板後は、
ベンチの最前列で声援を送った。

 昨年12月15日。知人の紹介で大阪・羽曳野市の施設を訪問した。
両親のいない子、家庭の事情で一緒に暮らせない子。
小3から中3まで、背番号と同じ41人の子どもが
共同生活をしていた。野球チームもあった。
「少しやれば、高校でも通用するのにという子もいた。
でもその子には両親がいない」。社会貢献に興味があった右腕。
真冬に袖無しのシャツで、白球を追う少年たちと給食も共にして、
決意を秘めた。

 「泣きそうになった。活躍したら、そういう状況があることを
(新聞に)書いてください。そのためにもがんばらないと」

 伝えたいことも、結果がなければ日の目を浴びない。
それが野球選手。2年ぶりのお立ち台で叫んだ。
「気持ちで、今日みたいな投球ができるようにがんばるので、
暖かい応援よろしくお願いします」。
声を届けられる高台に帰ってきた07年の新人王。
懐かしい汗が、キラリと光った。
さんすぽから

開幕投手安藤がピリッとしないだけに
上園にかかる期待は大きい!
勝てなかった前2試合もいい投球内容は魅せてくれた見る

下位打線に連続四球のところはバテタ印象がある
意外とスタミナないのかもしれない
打線はグランドスラムの後、
1安打無得点 2回以降沈黙した。
それが上園にプレッシャーを与え続けて
結果スタミナ切れを起こす原因になったとも考えますが


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/246713

Trackbacks

Go to top of page