オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2010.04.12 Monday

西村、気迫0封!新方程式の一角や!!

「阪神7‐3ヤクルト」(11日、甲子園)

 少年のような風ぼう、ひと目華奢(きゃしゃ)にも見えるその体。
しかしその真ん中を、ぶっとい芯が支えている。
中盤と終盤の間に横たわる魔の渓谷に、若き右腕が橋を懸けた。
鋼よりも頑丈な、橋を懸けた。

 阪神の西村だ。

 「1人ずつ打ち取ろうと思って行った。
先頭打者の初球を一番大事にしました」

 今季初となる勝ち場面での登板。2点リードの六回から
マウンドに上がると、先頭・飯原を三振斬り。
2死から味方の失策で走者を背負ったが、右腕は動じない。
4番デントナには迷わず3球勝負。
外角スライダーで見逃し三振に仕留めた。

 「城島さんのサイン通りにしっかり投げることを考えていた」

 2イニング目の七回2死一塁で衣川を迎えた場面では、
カウント2‐2から城島のサインに首を振る強心臓ぶり。
「真っすぐで行こうと思って首振ったけど、
もう一回スライダーのサインが出ました」。
ここも左飛に封じて2回無失点。
勝利の方程式に新たな一角が誕生した瞬間だった。

 先発陣と球児をつなぐ中終盤の難所。
これまでは久保田1人に頼らざるを得なかったが、
西村の台頭は必勝リレーに新たなバリエーションをもたらす。
山口投手コーチも「しばらくはあの辺りを任せて大丈夫だろう」
と今後も勝ち場面で起用する方針を明言した。

 切れ味抜群の直球と強心臓を併せ持つ2年目右腕。
貯金量産をもくろむ猛虎に、貴重な戦力が加わった。

(2010年4月11日)デイリー

嫌な記事を本日付けのサンケイスポーツで見た
2軍で調整していたフォッサムが、
昨日甲子園練習に合流。
キャッチボールやダッシュなどで汗を流した。
前日10日に初実戦を踏んだスタンリッジが調整遅れのため
白羽の矢が立った形、中継ぎで待機する小嶋と天秤にかけられるが
15日(東京ドーム)先発する可能性は高そうだ。

小嶋「2回4失点」初登板の投球内容だけで
判断されてたまらない
もし、フォッサムが登録されると、ひとりが2軍降格される
2軍でも内容の悪いジェンが登録したのは、
このことを想定したのかもしれないが...
フォッサムなんかを先発させるぐらいなら
3試合目の結果は散々だったが
2試合好投した鶴を
阪神の将来を見据えて、
先発チャンスをあげてもらいたい

あくまでも基本線は小嶋に
2度目の先発のチャンスを挙げてもらいたい
のはいうまでもないことですが
せっかく、オープン戦で結果を出し続けたのですからね


外人はあくまでも助っ人
日本人で戦力がまかえるのなら
それにこしたことはない
安い外人でも最低5000万円以上は費用がかかる
無駄金は使わんほうがいんじゃない
でしょうかね


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング






Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/246844

Trackbacks

Go to top of page