オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2010.07.29 Thursday

小嶋、無四球で“プロ初”完封!!

「ウエスタン、中日0-3阪神」(27日、ナゴヤ)

 低めに伸び上がる直球が、後半戦の爆発を予感させた。
後半戦初戦のマウンドを託された阪神・小嶋が、
9回を無四球で4安打無失点。2軍ながらプロ初の完封勝利で、
1軍再昇格を猛アピールした。

 「味方がノーエラーで守ってくれたんで、
テンポよく投げることができた。
キャッチャーのリードのおかげですね」

 序盤から最速139キロの直球が効果的に決まった。
初回は1死から岩崎恭に中前打を許すが、絶妙なけん制でアウト。
続く中川を外角の直球で右飛に打ち取ると
二回、三回と3人で斬って波に乗った。
五回は1死から藤井、セサルを連続三振。
中西2軍投手コーチも「無四球の結果が示す通りに、
きょうは制球が良かった」と好投をたたえた。

 カーブ、スライダー、チェンジアップに加えて、
直球を生かしたのが130キロ台前半のカットボールだった。
右打者の内に食い込む変化球に、中日打線は凡打の山を築いた。
「まだまだですけど、きょうはカットがよかったです」と小嶋。
シーズン序盤から取り組んでいた新球が、課題でもあった
投球の幅を広げた。

 1軍では4月8日の巨人戦に先発して2回4失点でKO。
同月16日に抹消された。現状、6人目の先発を決めかねているだけに、小嶋の復調はチームにとっても大きい。「続けることが大事。ただ、
このぐらいの投球をしてくれるとね」と平田2軍監督。
7三振を奪う105球の熱投は、最高のアピールになったようだ。

(2010年7月27日)デイリー

1軍のPコーチが久保で無ければ
昨年も1軍に上がれてチャンスをもらえたでしょうし
今季も1試合だけで、2度目の先発は消滅する
ことはとはなかったでしょう

いい素質がありながら
怪我のため開花しない選手が
ドラフト『自由枠』上位に
多いような気がしてならない



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/255134

Trackbacks

Go to top of page