オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2011.06.10 Friday

セッキーマルチ安打 攻略の突破口

(交流戦、ロッテ2−5阪神、4回戦、2勝2敗、
9日、QVCマリン)
阪神は、2夜続けての“左対策”打線が、機能した。
二塁固定を断言していた平野を中堅に回してまで、
真弓監督がスタメン起用した「6番・二塁」関本が、
難敵・成瀬攻略の突破口を開いた。

 「打ててよかった。狙い球を絞った? 絞ってというか…。
ミーティング通りに出来ました」

 試合後、関本が安堵の笑みだ。前回5月26日の甲子園で
8回を1点に抑えられた成瀬に対し、二回。二死無走者から、
左前へチーム初安打。フルカウントから粘って8球目、
甘く入った直球をとらえた。これが金本の適時二塁打を呼び、
先制のホームイン。さらに六回も無死から直球を弾き返して
右前打を放ち、ダメ押し点につなげた。

 真弓監督も「ボール球に手を出さなくなっているし、
狙い球もしっかりと決めていた」と納得の表情。前日8日の
試合後は、関本起用に「そんな効果は…(なかった)」
と話していたが、「2日目でよくなった。(二回二死から)
やっぱりああいう粘りが出てくると、アウトカウント関係なく
(打線が)続いてくる」と、結果を残した背番号3に目を細めた。

 今季初の2戦連続2ケタ安打。ベンチは打順だけでなく、
動いた。四回無死二塁では関本にバントをさせずに打たせ、
三振。将は「あそこはバントでもよかったかもな」と反省の弁も、
打線の活性を模索しているのは確か。藤井の適時打後、
なお一死一、二塁では重盗も敢行。これも失敗に終わったが、
エンドランを何度も仕掛けていくなど積極性は目立った。

 とにかく、上昇の兆しは出てきた攻撃陣。“責任”を
果たした関本は、「スコアラーさんのおかげです」と感謝し、
バスへ。今後もチーム一丸、攻撃を仕掛けていけば、
必ず低迷から脱却する糸口をつかめるはずだ。
さんすぽ

ねばっテカウント3ボール2ストライクからの
チーム初安打が
成瀬の投球リズムを狂わしたんではないでしょうか。。。

打線の中に粘れる打者は必要だと感じた
試合でもあった

これからも平野外野、関本スタメンの
オプションを数多くやってもらいたいです


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング


Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/272921

Trackbacks

Go to top of page