ぶち破れ!おれがヤル ! 虎 想い 2019

昨年よりも
偏った選手起用に
来年は期待は持てないかも
<< July 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【00】コウヘイ プロ初の猛打賞!!

2011.10.07 Friday

阪神7‐1ヤクルト」(6日、京セラ)

 若虎のバットが燕を撃ち落とした。柴田コウヘイが4打数3安打で
プロ入り初の猛打賞。残り1本に迫った八回先頭の最終打席、
押本の直球を中前に運び「八回はもう1本(安打を)出したい
という特別な気持ちだった。ここで出せれば、また自分が
成長できると思った」と充実の汗をぬぐった。

 この一打をキッカケに猛虎打線が爆発。破竹の6連打で
この回一挙4点を奪い、3連勝を決定付けた。

 柴田は初回1死の第1打席で増渕から右前打を放ち
新井の犠飛で先制のホームを踏むと、続く三回先頭でも、
左前打で再び出塁。打撃フォームを見習うヤクルト・青木の眼前で、
三方向に打球を打ち分け成長を見せつけた。

 守備でも魅せた。1点リードの四回2死三塁。バレンティンの
放った左中間への大飛球に鋭く反応。俊足を飛ばし一直線で
落下地点に到達すると、最後はフェンスを背にしながら、
軽くジャンプして白球をつかんだ。

 「あそこで落とすわけにはいかないし、思い切りの良さを
出しながらも、大事にいきました」。試合の流れを
大きく引き寄せる“ザ・キャッチ”にスタンドは大歓声。
左翼で見届けた金本も「余裕やったろ?」と笑顔で後輩の
プレーをたたえた。

 走攻守に躍動し打率も・272まで上昇。
「しっかり出塁できてるし、絶対に(本塁へ)
かえしてくれると思って塁上にいる」。勢いに乗る2番が、
CS出場の起爆剤になる。

昨年は確か左手首骨折であかんかったけど
開幕スタメンは俊介に譲ったけれど
今年はいい感じできている
柴田は私今年一押しの選手でしたし
活躍はうれしい。
ただ、あほな首脳陣の考えなのか
左先発投手が予想されるときには外される
のが嫌でたまらない
外したら、育つ速度も弱まるので
やめてもらいたいのですが。。。
打撃は粘りもあるし、
つぼにはまれば長打も期待できる
のは魅力的ですが。。。
守備力は期待が大きかっただけに
少し期待外れの面が多い
今オフは徹底的に守備力を鍛え
来季センターは柴田で固定されるように
打順は1番を打ってもらいたいものです

勝負強くない、盗塁も下手な
送りバントも
自己犠牲のできない打者は
打順は下位で十分

1番センター柴田
2番せかんど大和『関本』
3番レフトまーとん
4番ショート鳥谷
5番サード新井
6番ファーストぶらぜる
7番ライト平野
8番捕手藤井『小宮山』

私は1回の表裏に必ず打順が回る3番が
打線で一番な打者が打つのが持論です【3番打者最強説】
信者です
85年バース、03年金本は3番でチームを引っ張った



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング


コメント

おかえりなさい・・・
| 代打桑野 | 2011/10/07 7:22 PM |

コメントする

トラックバックURL

http://ps5.tblog.jp/trackback/279353

トラックバック

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other