オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2014.04.14 Monday

関本『必死のパッチ』さよならG3連倒!!!


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング
 



(阪神2x−1巨人=延長十回、6回戦、阪神4勝2敗、13日、甲子園)
代打の神や! 満塁の神や! 関本内野手が三遊間を破る代打サヨナラ打。
1−1で迎えた延長十回二死満塁のチャンスにひと振りで決めた。
甲子園での巨人3連戦で宿敵を圧倒し、5連勝で2位に浮上。
15日からの広島3連戦で首位を狙う!


「神様」が突き上げた右拳が勝利宣言だ。緊迫感から一転、
歓喜の水がナインに降り注ぐ。関本のひと振りで、巨人を完全撃破。
今季2度目のサヨナラ勝ちに沸く甲子園に、
ベテランの決めぜりふが響いた。

 「引き分けなんかいらないし、勝ちたかった。山口くんから
何年もヒットを打っていなかったし、
『必死のパッチ』で打席に入りました」

 延長十回二死満塁。マウンドには昨季、阪神が8試合で
1点も奪えなかった左腕山口だ。迷いのない初球攻撃で
低めの直球をはじき返し、三遊間を真っ二つ。
山口からの自身3年ぶりの安打で、接戦に決着をつけた。

 「代打をやっていたら、新井さんみたいなこともある。
勝てたら新井さんも報われるし、本当によかった」

 九回一死満塁のサヨナラ機で、先に代打で送られた
新井が一ゴロ併殺に倒れた。八回途中まで好投した榎田、
動いた和田監督。すべてを救ったのが、代打の神様だ。
将が「とっておきのとっておき」とたたえた今季の代打成績は、
5打数2安打2打点。昨季引退した桧山進次郎氏から
受け継ぐ存在感を発揮した。

 「東京ドームで負け越したので、3つ勝ててよかった。
まだ始まったばかりだし、次の巨人戦も大事だと思う」

 開幕カードで1勝2敗とやられた王者に、本拠地で雪辱した。
巨人戦同一カード3連勝は昨季も5月6−8日に東京ドームで
やっているが、本拠地甲子園では2010年以来4年ぶり。
マシソン−山口−西村という強力リリーフ陣の一角を攻略しての
価値ある勝利だ。「去年ほとんどあの3人は打てなかった。
山口から点が取れたのは今後に大きい」と和田監督。
殊勲の35歳も、この瞬間のために準備してきた。

「ずっとセットアッパーやストッパーを打てなかったから。
フォームを改造したりもしたけど、やっててよかった」

 昨季まで立てて構えていたバットを寝かせて、最短距離での
スイングを意識する。新しい取り組みは肉体強化にも及んだ。
自主トレを行う都内のトレーニング施設では、動作を細かく
映像に保存。自ら編集して、トレーナーに渡す。
ここまでこだわったのは初めて。担当トレーナーも
「期する思いを感じる」と驚いた。

 背番号3の活躍でチームは2位に浮上。昨年7月以来の
5連勝で貯金を今季最多の3とし、首位広島に1ゲーム差。
15日から敵地で首位攻防3連戦(マツダ)に臨むが、
お立ち台の主役がチームの勢いを証言した。

 「ひとつになって、勝つことに燃えています」

 猛虎の快進撃を今季最多4万6256人が目撃した。
次のステージにつながる最高のフィナーレだった。














































































































Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/316550

Trackbacks

Go to top of page