オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2016.02.16 Tuesday

金本監督、初陣楽天戦は勝利に「こだわらない」


阪神春季キャンプ(15日、沖縄・宜野座村)
初の対外試合でも“超変革”! 
金本監督が宜野座キャンプ休日の15日、
16日の楽天との練習試合(宜野座)について
「(勝負には)全然、こだわらない」と明言した。
大注目の初陣も「練習の場」。点差関係なしの型破りタクトも辞さず、
虎を徹底的に強くする。

大差がついてもバント!? 前進守備も敷く!? とにかく今は、
勝敗を考えた野球はしない! 大注目の初陣を前に、
金本監督が強い口調で言い切った。

 「(勝利には)全然、こだわらない」

 勝負事は負けるのが大嫌いな指揮官。世代交代を託された
就任1年目も「勝ちにこだわる」と育成と勝利の両立を明言する
だからこそだ。シーズンで勝つため、今は“選手教育”に徹する。

 「イチからちゃんと、攻撃のケース・バイ・ケースとか、
状況に応じて、というのを(選手に)教え込まないといけないから。
そういう練習の場。訓練の場という位置づけの方が、大きいから」

 今キャンプは練習時間の確保、選手をより多く見るべく
紅白戦を優先。対外試合は5試合しかない。
だから9つのイニングを攻守に有効に使う。

 「エンドランの練習とか、右打ちの練習とか、
イニングや点差に関係なくやっていってもいいんじゃないかなと。
君たち(記者)はすぐ『この点差でバントか!』とか書きそうだから、
前もって言っておきます」

 セオリーは“無視”し、掟破りの采配も辞さず、
練習の延長として仕掛ける。「9−0で勝っていても、
初回のつもりで、エンドランをやっていくかもしれない。
当たりゴーのつもりで守備位置をとったり」。
そして「相手の監督にも説明できればね。
『ちょっと失礼になるかもしれないですが』って。
『何やってんだ?』って言われかねないからね」と続けた。

相手の楽天は百戦錬磨の梨田監督。そして、星野副会長も宜野座を訪れる。2003年、FAで“強引”に口説かれてタテジマに袖を通し、
ともに歓喜を味わった。今回の監督就任に際しても強く背中を押された。
昨年11月のOB総会では楽天副会長の身ながら、壇上から
金本阪神のサポートを呼びかけてくれた。

 「思うように好きなことをやったらええ!」

 熱く投げかけられた言葉。だからこそ好きなようにやる。
星野氏は4年連続最下位だった阪神の監督に就任後、
「勝ち癖をつける」とオープン戦から勝利にこだわった。
師とは逆の道をいくが、意識改革、選手教育という意味では同じだ。

 「(勝負にこだわり始める時期は)わからない。
出来上がったチームじゃない、レギュラーがバチッと
決まっているチームじゃないからね」

 福留、鳥谷、ゴメス以外は白紙。スタメンにも思いは込められた。
1番には、初日から“特権なし”で尻を叩いてきた西岡。
4番に陽川。江越、北條、岡崎、横田と指導してきた選手が並ぶ。
実戦で訓練し、彼らが覚醒した先に、シーズンで勝てる虎が出来上がる。


★「走塁」積極的に!

 豪快な打撃の印象が強い金本監督だが、現役時代から1点を奪い、
1点を守る野球にこだわってきた。特に意識改革をうながす
走塁については、これまでの実戦形式の練習では
「むやみやたらに『何でもいけ』という感じで
(盗塁のサインなどを)出していた」という。
対外試合では、むやみな“自爆行為”はしないが、
「行くという姿勢は1年間持ち続けたいと思っています」
と積極的に走らせていく。



阪神・監督の初陣あらかると

 ★2002年(星野監督) 2月23日、西武とのオープン戦(安芸)。
最終回に一挙4点を奪い、4x−3でサヨナラ勝ち
 ★04年(岡田監督) 2月11日、広島との練習試合(宜野座)。
阪神4番・桜井が1打席目にバックスクリーン直撃のソロ。
試合も14−7で勝利
 ★09年(真弓監督) 2月11日、日本ハムとの練習試合(宜野座)。
岡崎が日本ハム・ダルビッシュから先制点を奪うが、2−5で敗戦
 ★12年(和田監督) 2月12日、日本ハムとの練習試合(宜野座)。
初回にバスターエンドランを仕掛けるなど、打者一巡の猛攻で一挙6点。
試合も8−5で勝利



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/335013

Trackbacks

Go to top of page