オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2016.02.22 Monday

【虎のソナタ】金本監督 初ノック

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ







金本監督が21日の午前中、沖縄・宜野座球場で
オープン戦ヤクルト戦(浦添)に参加しない残留組練習をチェックし、
今キャンプ初ノックを披露した。

 右打ちで鳥谷、西岡らを相手に167スイング。
6度の空振りも見せてしまい、選手側から「おいっ、ノッカー!」
とヤジ!?が飛んで爆笑が起こる場面もあった。
ノック終了後は観客から「あとで居残り練習やで〜」
と突っ込まれ、苦笑いしていた。
金本監督は浦添でのヤクルトとのオープン戦に出かける前に、
宜野座で鳥谷、西岡選手らに自らノックをした。

 左打ちの監督だがゴルフなどは右打ちで、他の練習との関係で
右打ちで務めた。そのためか鳥谷、西岡には合計6度の空振りをして、
そのたびに2人から「おーい、ノッカー!」とヤジられて
笑顔が弾けていた。となると観客席からも
「あとで居残り特訓やでッ」とやられて、また大爆笑となった。

居残り組を担当していたトラ番長友孝輔は「この日は浦添での
初オープン戦なので、宜野座のスタンドは500人くらいと少なかった。
それが移動前に監督がマジでノッカーをやり、空振りをしたりと
いい雰囲気でした。ランチサイン会にはファンの数が少ないから
サインの当たる確率も高く、福留さんはサインの入ったタオルを
配ったり…。練習がすむと帰り際に藤川球児、福原さんらが
『ちょっとやっていこか…』と急きょサイン会の列ができまして…。
宜野座は“おトク感”いっぱいでしたョ」という。
なぜ初オープン戦より先にこの話を書いたか? といえば、
今年の金本阪神が自然体で随所にファンとの交流が漂うからだ。

 となると…当然、浦添もまた5−1と“ほっこり快勝”となった。
司令塔役のサブキャップ阿部祐亮は「試合が終わると
われわれはドドッと監督を囲む。なにしろ12球団一の
ヒートアップですから、イスに腰掛けた監督を
30人ぐらいがワッと囲んで…」。それで監督は何度も
「近い! 近い! 近いぞ!」とトラ番諸氏を制したほど。
想像してもらいたい。これが絶世の美女軍団ならいいけど、
目が血走り、むくつけき男たちが“細大漏らさず聞くぞ”と、
取り囲んでいる図を…。

 「ヤクルトがほとんど『開幕オーダー』を組み、
阪神は若手成長株中心…。それで手応え十分なのですから、
熱くなるのも当然です」

実は阿部はこの日のCD(当番デスク)野下俊晴には
「監督がらみの梅野の上々試運転」をトップに推し、
野下は「五回から3回を抑えた秋山拓巳もいいぞ」といい、
つまり現場とCDとで1面を“綱引き”した。
コレといったパンチの効いたネタがないときと違って、
最前線とデスクとがカンカンガクガクとやるほど
金本阪神はド派手とはいわないが、
確実に『超変革』の手応えがある。

 

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/335128

Trackbacks

Go to top of page