ぶち破れ!おれがヤル ! 虎 想い 2019

北條 開幕スタメン
坂本正捕手へ
才木二桁勝利

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

北條7・13日以来の適時打 

2016.07.31 Sunday

にほんブログ村










阪神8−2中日、17回戦、中日9勝8敗、30日、甲子園)
打球はゆるやかに弧を描き、右前にポトリと落ちた。
北條が後半戦初のタイムリー。試合の流れを決める追加点となった。

 「1ボールだったので、アウトコースを張りました。
ボール気味だったけど、いい打球の遅さになりました」

 四回だ。先頭の福留が中前打で出塁すると、二死から新井が四球で
一、二塁の好機。2球目のスライダーをバットの先に当て右前打とし、
二走・福留が全力疾走で本塁を駆け抜けた。
7月13日のヤクルト戦(神宮)以来の適時打だった。

 試合前までの得点圏打率は・151と見せ場に弱く、
自身も後半戦の課題として挙げていたポイント。
後半戦11試合目にしてようやく一打を放った。
さらに守備でも魅せた。六回先頭のエルナンデスが左翼方向へ
ファウルフライ。遊撃のポジションから背走し、これを好捕した。
鳥谷がスタメンから外れ、遊撃での先発は4試合連続4度目だが、
青森・光星学院高(現・八戸学院光星高)時代から守ってきた定位置。
持ち場で本領を発揮した。攻守に活躍したが、満足はない。

 「ほっとしたとか、そんなのじゃない。毎試合毎試合、
できたチャンスで打てるようにしたい」

 目指すものにはまだ届かない。手に残る感触を道しるべに、
さらに成長していく。 

今季は1軍1年生みたいなもの
どんどん経験値を上げていく歳



データBOX

 ◎…阪神・北條が四回二死一、二塁で右前へ適時打。
適時打は7月13日のヤクルト戦(神宮)以来で後半戦初。
走者を得点圏に置いての適時打は、6月24日の広島戦(マツダ)
の四回一死一、二塁で左翼線二塁打を放って以来。
今季得点圏では54打数9安打で打率・167

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://ps5.tblog.jp/trackback/339253

トラックバック

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other