オススメ

挑む!虎 想い 2017

Tigers Change

坂本に正捕手になってもらいたい
北條がブレイクする
もっちーが初先発
夏ごろに1軍へ

  • 2010.03.28 Sunday

葛城 惜しい!幻の決勝打。。。

(セ・リーグ、阪神4x−3横浜、2回戦、27日、京セラD大阪)
 惜しい…。
七回の代打から一塁に入った葛城がサヨナラを逃した
延長十回一死二塁。山口の139キロを振り抜いた打球は、
左翼線へポトリ。一走・藤川俊が一気にホームインかと思われたが、
白球はファウルゾーンに作られた観客席に飛びこび、二塁打に。
一死二、三塁で再開された。

 「ラッキー(安打)はラッキーだけど、あれが入っちゃうのが、
おれだよね。入らなければ…」

 試合後はニガ笑いも、これで開幕から2戦連続安打。
存在感を示す男は「打ち損じでも、出るに越したことはない。
あしたはキレイなヒットを打とう!!」と気合十分だ。
さんすぽ

桜井が送りバントで1死2塁にしておけば
当然サヨナラ打になっていたんですけどね

前日3番鳥谷に送りバントの策で1点を
取りに行く作戦をとったのなら
延長戦 無死1塁の場面では
当然8番打者にバントは当たり前と思うのですが

桜井の打撃内容も思いっきりさも欠けていた
フリーで打たすなら
的確に桜井に伝わるべき「右打ちしようとしていた」
勝ったからよかったではいけないと思う

それと、8回表上位打線から始まる攻撃
7回2死走者無しで「久保田」代打はいらない
久保田からメッセンジャーの継投は
結果を見ても采配ミスである。
7回の久保田の投球内容からみれば
8回も続投してもよかった「そうすべきだった」
久保田は2イニング目のほうがいい時のほうが多いのもある
 
空振りの取れない
メッセンジャーの大事な場面の登板は
やめたほうがいい

昨日みたいなケースよりも
散々な結果は今後十分起こりえる冷や汗
他に強力な中継ぎ陣
筒井、クボタ、渡辺、江草、西村がいるのだから
別にメッセに頼らなくてもいい!


人気ブログランキングへ

CoRichブログランキング




  • 2009.08.22 Saturday

大差負け試合の裏には。。。 不運の判定

阪神0-9広島」(21日、京セラ)

微妙なプレーが流れを奪い去っていった。二回2死一、二塁。
東出の打球は高くバウンドしながら二塁前へ。
捕球した平野は走りながら一塁へ送球した。
わずかに高く浮いたが、アウトのタイミングで、
送球を受けた葛城の足はベースについているようにも見えた。
しかし、判定はセーフとなった。

 試合後、久慈守備走塁コーチは「審判のジャッジミス。
スローで見ても足は離れていない。平野に非はない」と声を荒らげた。
平野も「エラーになってセーフにされて悔しいです。
悪いプレーじゃなかったし、ちゃんと見て欲しい」と話した。

 一方で、一塁塁審の吉本審判員は「(捕球時は)離れていて、
その後ベースについたんですけどセーフに見えましたので」と説明。
アウトならばチェンジで2失点止まりだっただけに、
悔やまれるプレーとなった。

1つのミスジャッジともいえる判定で
試合は一方的な大差のげーむに
怖いものですショック

が4安打〇封負けは、いかがなものかな


CoRichブログランキング

人気ブログランキングへ

  • 2008.05.08 Thursday

『すきま産業』イクローが攻守で大活躍☆にじゅうさぁん〜

もつれた試合に決着をつけたのは、葛城だったグッド
スコア4−4
8回1死1・3塁
マウンドには左腕山口『代打はいない?』
打った打球は快音を残し、一、二塁間を破った拍手
右前適時打ガ決勝点になった。
ベースをまわると自然と左拳を強く握り、雄たけびを上げていたグッド

今季初めて左腕から放った安打は
貴重な勝ち越しの一打になった拍手
「初球から打ちに行こうと思っていた。
前進守備で目の前にはヒットゾーンが広く開いていたんで。
決勝打?特にうれしいですね」
と連日のG倒に満足そうな笑みを浮かべた楽しい

また守備でもいろいろ魅せてくれた楽しい
2回2死満塁 坂本のライトフライ 
落下点に入りこけた『ひやひや』捕球

4−3と1点差に詰め寄られた
七回一死満塁では好プレー。『1走者阿部のチョンボ?』
ゴンザレスが放った詰まった打球はワンバウンドで葛城の前に
一、二塁間で打球を見ていた阿部を二塁で封殺拍手
1失点にとどめた(記録は右ゴロ)。

この回結果同点どまりで終わったのは、
このワンプレーのおかげといっていい。

先発右翼葛城が打点を挙げた4試合は4連勝
矢野が打点を挙げれば20連勝中
新井が。。。14連勝中

昨日の勝利で祝東京ドーム 通算100勝楽しい



人気ブログランキングへ

勝ちの3の倍数と3のつくときだけ、平仮名になります汗

続きを読む >>

Go to top of page