オススメ

挑む!虎 想い 2017

Tigers Change

坂本に正捕手になってもらいたい
北條がブレイクする
もっちーが初先発
夏ごろに1軍へ

  • 2009.02.28 Saturday

すきあらば前へ。。。

冷たい雨とは対照的に安芸ドームで真弓監督を中心に熱い練習が行われた。オープン戦開幕を控え、目標に掲げる機動力野球の確認作業を重ねた。

「オープン戦を前に、もう一度『意識を持って(走塁を)やりたい』と
いうこと。盗塁だけでなく相手のイージーミスをついて、次の塁を狙うことをドンドンやらせたいと思っている。初戦だし、なんとか勝ちたい」

 輪郭の見えてきた走塁革命は奇襲あり、王道あり。バラエティーに富んだ4つの柱がポイントだ。

【(1)トリックプレー】「けん引者」に指名した赤星、関本、鳥谷、新井を直接指導。走るそぶりを見せて投手を揺さぶる“偽装行為”を岡野手チーフコーチらとともにレクチャー。ぎこちない鳥谷には『しっかりせい』と腹部に“チョップ”を見舞うなど、真剣そのものだった。

「バッテリーに警戒されるように、オープン戦でもどんどん(偽装の)サインを出します」と山脇守備走塁コーチ。新井には足の運びを追加指導。「先の塁を狙うのは当たり前。足が速かろうが遅かろうが、『常に前を』という姿勢でいます」と20盗塁を“公約”に掲げるA砲も鼻息を荒くする。

【(2)ノーサイン】すでに赤星と鳥谷に自由に盗塁できる“権利”を与えている。「『アウトになってもいい』といわれているし、行けるかどうか見極めたい」と新3番打者は語った。将は、有資格者を増やしたい意向だ。

【(3)スペシャリストの育成】ここ一番で起用する代走の専門家をベンチに置く。紅白戦で2盗塁した上本を抜てきし、大城、坂、大和といったイキのいい若手に「あのメンバーには、やってもらわないといけない」と山脇コーチも期待大だ。

【(4)究極の目標】1番の赤星が50、3番・鳥谷が30、5番・新井が20ならば計100盗塁。昨年の62(リーグ4位)を大幅に上回る。「みんながシーズンで調子よくやれれば、不可能な数字ではない」と岡コーチもソロバンを弾く。

 「練習試合では負けたけど、(オープン戦は)全部勝つ。勝ちにいって(選手が)どんな仕事をするかが、評価になる」

 指揮官は瞳を光らせた。試走は終了し、次は足攻&堅守の真弓野球の構築に入る。練習試合の2連敗を受けての出陣。まずはオリックス戦で、その片りんを見せる。2009年のトラは速攻で影さえ踏ませない。
記事スポニチ

これもあたりまえのことなんですがねえ。。。しょんぼり
いかに前監督が
当たり前のことを当たり前にやらなかった?
やろうとしなかったから
真弓監督のするべきことが多すぎる
捕手育成、先発『ローテ』の確立。。。などなど

昨季までネット裏から解説していて気づいたことも
多かったんでしょう
現場に入って、改めて気づいたことも多いでしょう
あれも、これもできてへんやん冷や汗
たいへんやでぇ!?
実際大変とは『真弓監督』思っていないでしょうが
課題『問題』は、ちと多いすぎるねぐらいは感じているでしょうか!?


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.28 Saturday

阪神・真弓監督「非情」シビアに1、2軍入れ替え

新聞の見出しはシビア「非情」になっているが
ある程度の実績は考慮されるでしょうが
競争=選手の入れ替えは当たり前のことです!
いかに前監督がやろうとしなかったことか怒りマーク

現状の力を正確に把握『選手起用』しなければ指揮官としての能力はない
前監督の「過去の実績重視」のやってくれるだろうでは
『見極めもせず選手起用』落とした試合は数知れず。。。
ここ2シーズン、
あと1歩の弘錣箸覆辰討い襪塙佑┐豚

本気モードにチェンジだ!雨のため安芸ドーム内での練習を余儀なくされた真弓監督が、きょう28日のオリックス戦(安芸)からスタートするオープン戦を前に“鬼宣言”だ。キャンプ終了後には1、2軍の入れ替えも明言。桜井ら当落選上の選手には、安芸キャンプ期間中の実戦3試合で結果を求める構えを見せた。

▼真弓監督 これからは、シビアな目で見ることになる。どうしても仕方のないこと。(レギュラーを)決めつけることはない。ファームも毎日、練習しているわけだから(キャンプから)帰ったら入れ替えを考えている。
記事はスポニチ

指揮官が代わればチームもかわる
2009年は阪神にとってチェンジ元年
新戦力が数多く1軍で見られることでしょう
その中で1人でも多く、1軍定着=
主力となるための1年になっていくでしょう

とっても楽しみな1年になるのは
間違いない!楽しい
『優勝』とはいわなくても
選手は昨年の屈辱は決して忘れてはしない!


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.27 Friday

安藤新球『ツーシーム』に手ごたえ

阪神紅白戦、白組5-1紅組」(26日、安芸)

ねじ伏せる…というよりは、相手の力を懐でいなすような強(したた)かさがあった。打ち込まれる気配がない。走者を許しても、点を取られる気配がない。自信と余裕に満ちた40球で、開幕投手に内定している安藤がエースの貫禄を示した。

 左打者を5人並べた“仮想G打線”を、必殺の新兵器・ツーシームが寄せ付けない。藤本、平野を難なく封じて初回を立ち上がると、二回は2安打を許しながらも、後続を無難に仕留めて無失点。三回も一死から藤本に四球を与えたものの、後続を無難に封じた。3回2安打無失点。とにかく安定感があった。

 左打者のタイミングを手元で狂わせた新兵器。「感触としては使えそうですね。少し体勢を崩してくれる。藤本(一ゴロ)もそうだし、林ちゃんからも空振りを取れた」と確かな感触を口にする。メンチにはシュートを左前に運ばれたが、これにも「ほかのチーム相手ならもっと内を突けると思う」と想定内の被安打であることを示唆した。

「いいね」。真弓監督が短い言葉の中に絶大な信頼を込めた。久保投手コーチも「やろうとしていることが明確にできてる」と即座に合格点を与えた。首脳陣から相次ぐ称賛。必然、ネット裏の007は警戒感を隠さない。
中日・佐藤スコアラーは「どれがツーシームなのか本人の話とかと照らし合わせる必要がある」とこの日の投球の大きな軸となった新兵器に“警報”を発令した。

 次回は3月2日の紅白戦に登板。ここでキャンプの総仕上げを行い、
オープン戦で開幕に向けた最終調整に突入する。

 「この時期にしてはよかったと思う」。控えめな言葉ながら、表情には
笑みがにじんだ。揺るがぬ自信、エースの自負。2年連続の開幕マウンドへ、背番号16は充実一途だ。
記事はスポニチ

よほどのことがない限り、開幕投手は安藤で決まり
開幕投手になると、対戦相手はめぐり合わせでエース級が多くなる
その中で勝ち星を積み重ねるのは容易なことではない
エース同士の対決は1勝の重みが違ってくる

優勝するチームはエースがしっかりと勝ち星を増やしている
優勝するためには安藤が15勝以上負けは一桁まで
勝ち星の半分ぐらいでいけば『優勝』も

あると思います

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.27 Friday

ルーキー上本 存在感キラリ!

指揮官のハートを、またもルーキーの上本がわしづかみにした。
白組の9番・二塁でスタメン出場、4回、金村暁から三塁線を破る二塁打。「いっぱい、いっぱいで覚えてないんです。プロのボールはやっぱり違うな、と。飛んだコースがよかった、ラッキーヒットです」。
初々しいコメントとは反対に、存在感がキラリと光った。

1安打に加え、その後も2四球を選んだ。3度の出塁に、
守備でもそつない動きを見せ、及第点の働きだった。
そんなルーキーに真弓監督も「ゲームに出していて、すごく楽しみな選手。オープン戦もどんどん出していこうかなと思う」とあらためて28日からのオープン戦帯同を明言した。上本は「もっと納得できるように頑張ります」と控えめに話したが、おぼろげながらも開幕1軍が見えてきた。
記事はスポニチ
久々にルーキーイヤーから活躍できそうな選手が楽しい
ポジションはセカンド かなりの激戦区ですが、
「新人で」いきなり、スタメンを奪うぐらいの
選手が出てきてもいいかと思います。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.27 Friday

新井さん『どか〜ん』130メートル弾!

今年はアーチ量産の予感だぁ!楽しい
新井が、初実戦となる26日の紅白戦に白組の「四番・三塁」で出場。
3回無死からの第2打席で、左翼スタンド後方のネットを揺らす
推定130メートル弾の“今季1号”を放った。2打数2安打2打点
三塁の守備も無難にこなすなど最高のスタートを切った拍手

▼新井 (2打席目福原の真ん中外寄りの直球をとらえた打球は高々と舞い上がり左翼席へ)最初にしてはバットに当たってくれました。回の先頭で走者もいなかったので、思い切りいこうと思っていた。(三塁の守備機会は1度)こなしていけば大丈夫。オープン戦のためのオープン戦ではなく、シーズンを見据えて、やるべきことをやりたい。

▼真弓監督 試合で本塁打が出ないと勢いが付かないからね。新井も意識していると思うよ。1本1本の積み重ねだが(シーズンが)終わったら30本以上の気持ちで打たないと。

▼和田打撃コーチ 打撃フォームも、ここ2、3日でこれだというのがあり、形として出た。本塁打は完ぺき。打順に応じた打撃をするから、今年は(4番の)金本を還す打撃をすると思う。気を使うタイプだから(金本が)ゆっくり還すんじゃないかな。
記事はスポニチ

新井さんの怖いのは怪我だけ

無事にワンシーズン乗り切れば
期待には十分応えてくれる
選手です桜


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
打ったのは福原か。。。
割りb手?考えないと
てか銃

  • 2009.02.27 Friday

福原炎上、3回7安打4失点

…初実戦は結果出せず
同じみの見慣れたタイトルになりましたしょんぼり
カーブ投げますよでは【変化球を投げるときにフォームが緩むらしい】
今後『福原』期待はしないほうがいい「できるはずはない」
もう期待する時期はとっくに過ぎた。
ほかに投手がいないチームなら
『福原』にやってもらわないと思うでしょうが
幸い?虎には期待の若手が多い
同じ右なら白仁田、黒田、玉置、阿部、石川、上園がいる
24、5歳までの投手でまだ伸びしろにも期待は持てる
 
ふがいない投球に悔しさをにじませた。紅組先発の福原が、
3回を7安打4失点と炎上。今季初の実戦登板は、
毎回失点という厳しいものに終わった。

 「悔しいですね。今後の課題として直すところがある。やっていかないといけないし、もう少し丁寧に投げないと…」

 初回、先頭・赤星に中前打を浴びると鳥谷、新井の連続タイムリーでまず2点。2回に赤星の中前打で1点追加されると、3回には新井に外角ストレートを左翼席へと運ばれた。

「12、1月と休みなくブルペンに入っていた形を出そうとしたけど、
打者に向かうと全く出なかった。次はいいもん見せてもらわんと困るな」

右腕にかける期待が大きいからこそ、山口投手コーチは厳しい言葉を並べた。昨季は開幕ローテーション入りを果たしながらも、故障が響きわずかに3勝。今季にかける思いは誰よりも強い。

福原の実績を考えれば、開幕までに修正を施すのは決して難しいことではない。幸先良く、とはいかなかったが、今後の発奮材料になることだけは確か。次回3月2日の紅白戦で、汚名返上といきたいところだ。
記事はスポニチ
新聞の見出しになるほどですから、
世間の期待値は高いと思われますが、
わたしの期待値順番をつけてみるとは
小嶋、中村泰、上園、石川、白仁田、若竹、玉置、阿部、
鶴、黒田、金村暁。。。
期待していない選手「お杉、能見、藤田、筒井」の
部類に入る

福原も33歳
前監督のように過去の実績だけでは1軍には生き残れないだろう
オープン戦によほどのいい結果を望まれる
でしょう


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.26 Thursday

はやしくん「キャンプ終了」台湾代表へ合流

WBC台湾代表の阪神・林威助はこの日で阪神のキャンプを終了。
27日に台湾チームに合流する。

紅白戦では3打数無安打。ただ、安藤やアッチソンと対戦し
「いい投手の球を見られて良かった」と表情は暗くない。
WBCに向け「日本は世界一なので、日本とやってみたい」。
記事はサンスポ

対台湾戦は、はやしくんが全日本の投手から安打を放って
結果は日本代表が勝つ。。。で決まり


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.26 Thursday

オーラス登板 球児3連続三振 〆

国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は25日、オーストラリア代表と引き続き強化試合を行い、11−2と連勝した。投手陣13人の大トリとして9回に登板した藤川球児投手は1四球の後、意地の3連続奪三振。猛虎のおひざもとで、守護神の座へ強烈アピールした。

球児(先頭打者を歩かせたが)先頭の四球とか普段ない。
(走者一塁で)いい練習になった。
フォームのこととか探りながらやっている部分もあるし、
試していることもある。あとは時間の問題。本番が勝負。
記事はスポニチ

【球児】気持ちもだんだん本番モードになってきたのでしょう
ただ、相手の打者は代表メンバーではない【格落ち】らしいし、
点差「11−2」も開いていた
そのことは差し引いて考えるべきでしょう
実際
第1回WBC、北京五輪と大事な試合での
球児の成績は芳しくはない汗
今回はやってくれるとはおもうが、
ちと気がかりでもある


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

続きを読む >>

  • 2009.02.26 Thursday

ジェフG倒はツーシーム

ジェフが25日、安芸キャンプ3度目のブルペン入り。
「巨人に対してはツーシームだね」とG倒の“秘策”を語った。
ジェフがギアを上げた。「ブルペンに入る時は目的を持っている。
きょうに関しては横からの投球の腕の位置の確認」。
ここまで上手投げや、下手投げなどを試してきたが一転して、
本来のフォームに戻して、36球。幻惑投法の封印について
「あんまりマスコミに言うと巨人の選手に秘密がバレるから」
とニヤリと笑った。

 昨季の巨人戦を振り返り「ツーシームがしっかりとした腕の位置で投げていなくてやられた」と分析。さらに続けて「去年は簡単に打たれすぎているから、配球とかを読みにくくして、いろいろ(球種などを)交ぜてやっていく」と語った。

 昨年は13差をつけながら、まさかのV逸。ウィリアムスはG戦に8試合登板し、0勝1敗で防御率8.64。その反省が心の支えだ。

 「ツーシームは大きな球種(武器)だし、今回ぐらい投げてくれればあとは実戦という風になってくる」と今季初めて球を受けた矢野が言えば、見守った真弓監督は「心配ないでしょ」と納得の表情だ。

 「順調に思い描いていることはできている」

 ウィリアムスはG倒のシナリオを描きながら徐々にペースを上げていく。
記事はサンスポ

昨年シーズン途中から巨人に勝てなくなったのは、
ジェフが特に巨人に通用しなくなったのも要因のひとつでしょう?
足の怪我の原因か直接かどうかわからないけれど、
以前にくらべ角度のあるボールが投げれなくなったような気がします。
それと以前なら、沈み込んで浮き上がるような投球フォームだったため、
ユニフォームの足の部分に土がついてたのが昨年はついていなかった
投球フォームがおとなしくなったのも
打たれることが多くなった要因のひとつだったと感じます。
 
打倒巨人には、特に左の好打者が多い「巨人」打線を封じるためには
ジェフの力が必要でしょう
ただ、ジェフも今季で37歳 加齢から来る衰えはあると思うし、
勢いだけで抑えられにくくなっているのも事実しょんぼり
記事はサンスポ

ジェフが通用しないとわかれば
真弓監督は次の一手を準備しておく「おける」
指揮官でしょうけれど
その点でも前監督とは違うと思います

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.25 Wednesday

新井さん三塁特守「いい練習できた」

グラウンド不良のため、25日に予定されていた紅白戦が中止に
先発が安藤vs福原だっただけに残念
安藤が実戦でツーシームを試す試合だったのに
明日スライドして投げるかな
福原はきたいしていません
10勝しても10敗する投手ですしね

新井が室内で特守を行った。今季は三塁に転向し、ライン際のゴロをさばくことが必要不可欠。この日は自ら志願して約50分間、逆シングルでノックを受け続けた。「足を使って、(捕球と送球が)連動していくようにしたい。徹底的にやるしかない。きょうはいい練習ができた」と明るい表情だった。
久慈守備走塁コーチは「これまで(捕球の)形がいまいちだった。グラブが寝ていたので、立てるようにしないと。コツさえつかめばできるようになる」と話した。
記事はサンスポ
今季から久慈新守備コーチが就任、同ポジションの鳥谷、大和はじめ、
内野手の守備力はアップするでしょう。
守備は鍛えれば、うまくなりますからね
 


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.25 Wednesday

『19』岩田、“国際デビュー”「緊張感が違う」


WBC・強化試合(日本代表8−2豪州代表、24日、京セラドーム、観衆=33611人)大阪の大声援に包まれながら歩を進めた。
緊張と楽しさ。「どっちもですね」。
岩田が上々の“国際デビュー”を飾った拍手

「すごく応援してもらっているなと思いました。国と国との戦い。
緊張感が違うな、と感じました。ゼロに抑えられたことが一番です」

宮崎合宿での実戦は巨人との練習試合。日の丸を背負って初めて、国同士の勝負に臨んだ。試合前に国歌が流れる厳粛な雰囲気の中、集中力を高めた。

「いい流れを止めたくなかった」。六回から3番手で登板。一死から中前打を許すが、続くライジンガーを三ゴロ併殺に仕留めた。昨年から習得に励んできたツーシームで、狙い通りにゴロを打たせた。打者3人、わずか8球で1回0封。ベンチに引きあげながら思わずグラブを叩いて、喜びを表した。「打たれた球、甘かったぞ」。マスクをかぶった城島(マリナーズ)の言葉を肝に銘じた。

「本格的にチームとしてきょうからスタートした。一人一人にとって調整段階だが、そういうものを見せないで戦ってくれた。(投手陣は)真剣勝負の中で40球をめどにマウンドに上がった。全力で腕を振って投げたところに収穫があった」

原監督の目がいつも以上に輝いていた。
その中にまずは加わることができた。それで十分だった。

「これからもゼロを続けていきたい。やるべきことは一緒です。
与えられたところをしっかり抑えたいです」

 記念すべき8球から始まった“日の丸人生”。
岩田が世界に羽ばたく
記事はサンスポ

「岩田」昨年から投げていたかどうかわかりませんが、
今季は思うとおりのコースに投げれているから拍手
投球内容も安定しているのでしょう
安藤も今日の紅白戦でツーシームを試すという
それほどツーシームは打者を打ち取るのに
有効なボールなのでしょうね!


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.24 Tuesday

上本『足のスペシャリスト』OP戦帯同

真弓監督は23日、新人上本内野手のオープン戦帯同を明らかにした。

「オープン戦は帯同していくんじゃないかなと思います。
打撃と守りはまだレベルアップしてくる可能性はあります」

1、2軍合同キャンプとなった19日以降、指揮官の目はルーキーの動きに釘付けになった。線の細さは否めないが、打撃でのボールに対する対応の仕方に非凡なモノを感じた。何よりひかれたのは走塁でのセンスの良さだった。

 通常よりも大きく取るリード。半歩いや、一歩近く大きなリードで投手を揺さぶる。それでいて、素早い帰塁でけん制をかいくぐる。次の塁を狙う積極的な姿勢とまるで軽業師のような身のこなしに情熱の男も一目ぼれした。

 「盗塁できるんじゃないかと思ったね」

就任以来、盗塁できる代走のスペシャリストを探してきた。どうしても1点を取りたい時、自信を持って送り出せる切り札を。その候補の一人が上本というわけだ。

 切り札に育て上げるためのオーブン戦帯同切符。実戦の中でけん制死OKの特別手形も付けた。

 「逆にけん制をもらいながらランナーはうまくなっていく。けん制もらうのも課題にしたい。何回かアウトになってもね。けん制かホームに投げるのか。走者から見た雰囲気、クセを見分ける」

 オープン戦中はアウトになっても構わない。けん制でアウトになるギリギリのラインを覚えてくれればいい。プロの投手の雰囲気、クセを体験することで、公式戦の緊張した場面で迷わずスタートを切れるようになれ。お宝発掘。この金の卵を大事に育てていく。
記事はデイリー

柴田選手とともに、新人で一桁の背番号は阪神では珍しく
期待のあらわれ『期待大』もあるでしょう。
幸い?セカンドのポジションで絶対的選手はいない
走れて、小技も使えれば2番セカンドのスタメンを奪う可能性は
ないわけではない。
現状では関本が2番打者としては欠かせない存在ですが
残念ながら、足が遅い
せっきーもうかうかしてられないかな?



人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

  • 2009.02.24 Tuesday

『2軍施設』タイガーデン内にトレーニングルーム完成

西宮市内の二軍施設・タイガーデン内に完成していた新トレーニングルームに23日、総額約1500万円の新しいウエート器具の搬入が完了した。

荷物整理で虎風荘を訪れた平田二軍監督が思わず、車を停めた。室内をのぞき込むと「ええなぁ、これはええなぁ」と感嘆の声を上げた。主に下半身強化のため、新たに13個のトレーニングマシンを設置。腕、脚部の左右別々に負荷をかけられる最新型は1台あたり約100万円。石原チーフトレーナー補佐は「右と左の交互を動かせることで、バリエーションが増える。リハビリ選手が、わざわざ甲子園に出かけなくてもよくなった」と効率のいいウエートトレができると説明した。22日に高知・安芸キャンプから帰阪した二軍選手が24日から使用できる。

部屋自体も広くなった。従来、虎風荘内にあったトレーニングルームは80平方メートルだが、120平方メートルに拡張。より多くの若虎たちが一軍を目指し肉体を鍛え、充実した練習を積む環境が整った。
記事はサンスポ

2軍の若手は鍛え放題?いい施設が完成したものです
生かすも殺すも選手の心構えひとつ
1軍で活躍する選手は自分で這い上がってくるものです

もちろん
『監督』起用方法で伸びシロはかわってきますけれど

前監督のように『若手』起用されなければ伸びようがない
ですが。。。

ここにきて、桜井が打撃フォームの改造しているらしい、
いまのままだと速球に対応できないとか。。。
今まで、プロとしてどう過ごしてきたんでしょうかねしょんぼり
桜井がスタメンに定着する日は来るんでしょうか!?


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

人気ブログランキングへ



  • 2009.02.23 Monday

今岡 連日の二塁打、初の一塁守備はヒヤリ

前日の2本の二塁打に続き、この日も貫禄の二塁打を放った拍手
2回、上園の変化球を引っ張り、三塁線を破る。上園から放ったチーム唯一の安打。2試合で3本目となる二塁打に「上園がどんな顔で投げるか、どんな声を出して投げるか、興味あったんですよね」と本人ははぐらかしたが、打撃面の好調ぶりは目立った。

 むしろ心配なのは、一塁手としての守備だった汗この日はコンバートされてから初めての実戦出場。2回の高橋光の三ゴロでは、三塁からの送球を受けるミットの出し方が上向きではなく、下向きの不慣れな一面も見せた。それでも真弓監督は「もともと内野手だから。あとはスローイングだね。(バネ)指との兼ね合いもあるし」と過度の心配もなく、実戦をこなしていくことで心配が解消されることを期待していた。
記事はサンスポ

1塁の守備は慣れたら、それなりには守れるでしょう汗
元は2塁手、飛びぬけてうまくはなかったけれど、
下手ではなかったですから、それに打球は同じ方向やし
3塁手よりは、いいかと思います。
今岡が1塁守れたら、左投手に対する時には、『打線』心強くなる
それには、打ってもらわないとね。。。
紅白戦ですが、若手の投手も1軍生き残るうえで必死ですから
その中で2試合で3本の2塁打は『いい滑り出し』とはいえる楽しい


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村

人気ブログランキングへ



  • 2009.02.23 Monday

阪神・岩田「ラストサムライ」追加招集からWBC切符

◆ 日本代表宮崎合宿打ち上げ ◆

 <日本代表13−1巨人>岩田、侍ジャパンに残った。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表が22日、宮崎合宿を打ち上げた。巨人との練習試合に3回から2番手で登板した阪神・岩田投手は2回を2安打1失点(自責0)。試合後に決まった28人の最終メンバー入りを果たした拍手虎の左腕は追加招集から世界挑戦の切符をつかんだ桜

 ▼岩田(最終メンバーに選ばれ)よかった。でも、まずは予選ラウンドを突破しないといけない。そこで勝つために貢献したい。

代表入りが決まった球児も宮崎合宿を打ち上げた。最終日はブルペン入りはせず、長めのランニング中心のメニューを消化。遠投相手となった松坂には球の回転などを聞きながら投球練習に取り組んだ。「まだ(調整の)途中。やることをしっかりやっていきたい」。前日21日の練習試合・巨人戦(サンマリン)では1回2安打無失点。本番では侍ジャパンの守護神として首脳陣の期待も大きい。
記事はスポニチ

岩田投手 祝WBC全日本代表入り!


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村

人気ブログランキングへ


  • 2009.02.23 Monday

上本『残った』ルーキー唯一の1軍合流

真弓試験をクリアし、8人が1軍に残った。
野手は浅井、新人の上本、藤原、大城。
投手は杉山、藤田(太陽)、金村大、中村泰の4人で
、あす24日から1軍キャンプに合流する。

 開幕1軍がグンと近づいたようにも見えるが、指揮官の考えはそうではなかった。真弓監督は「オープン戦もかなりの入れ替えはあるよ。ずっと同じメンバーとはいかないからね」と、まずは第1弾として予告。シーズンの長丁場を乗り切るための、戦力探しをする腹づもりだった。

ルーキーでは唯一の昇格組となった上本も、前日に比べて紅白戦では見せ場は少なかった。2番・二塁で先発出場したが、初回は二ゴロ併殺。5回の2死満塁のチャンスでも見逃し三振に倒れるなど3打数無安打に終わった。

上本は「まだミスがあるので、一生懸命頑張ります」と気を引き締め直した。頻繁に入れ替えることでチームを底上げ、活性化させる真弓方針。まだまだ、アピールは必要になりそうだ。
記事はスポニチ
戦力の底上げは競争から生まれてくることを
真弓監督は当たり前のようにやっているだけ

いかに前監督が細かな「選手の入れ替え」
もっとも大事なことをやろうとしなかったか
改めて気づかられた


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村

人気ブログランキングへ


  • 2009.02.22 Sunday

第2回WBC日本代表28人決定!


33人の中から、和田毅、松中、岸、細川、栗原、
の5人が外れた

置 印 背 氏名 所属 齢 投打 防御 勝数 敗敗 S
投 手
 18 松坂 大輔 レッドソックス 28 右右 2.90 18 3 0
16 涌井 秀章 西 武 22 右右 3.90 10 11 0
28 小松  聖 オリックス 27 右右 2.51 15 3 0
11 ダルビッシュ有 日本ハム 22 右右 1.88 16 4 0
31 渡辺 俊介 ロッテ 32 右右 4.17 13 8 0
20 岩隈 久志 楽 天 27 右右 1.87 21 4 0
15 田中 将大 楽 天 20 右右 3.49 9 7 1
47 杉内 俊哉 ソフトバンク 28 左左 2.66 10 8 0
14 馬原 孝浩 ソフトバンク 27 右右 2.79 0 2 11
26 内海 哲也 巨 人 26 左左 2.73 12 8 0
39 山口 鉄也 巨 人 25 左左 2.32 11 2 2
22 藤川 球児 阪 神 28 右左 0.67 8 1 38
19 岩田  稔 阪 神 25 左左 3.28 10 10 0

位置 印 背 氏名 所属 齢 投打 打率 本塁 打点 盗塁
捕 手
 2 城島 健司 マリナーズ 32 右右 .227 7 39 2
10 阿部慎之助 巨 人 29 右左 .271 24 67 1
29 石原 慶幸 広 島 29 右右 .265 9 50 6

内野手
8 岩村 明憲 レイズ 30 右左 .274 6 48 8
6 中島 裕之 西 武 26 右右 .331 21 81 25
7 片岡 易之 西 武 26 右右 .287 4 46 50
52 川崎 宗則 ソフトバンク 27 右左 .321 1 34 19
9 小笠原道大 巨 人 35 右左 .310 36 96 0
25 村田 修一 横 浜 28 右右 .323 46 114 0

外野手
 51 イチロー マリナーズ 35 右左 .310 6 42 43
1 福留 孝介 カブス 31 右左 .257 10 58 12
41 稲葉 篤紀 日本ハム 36 左左 .301 20 82 2
35 亀井 義行 巨 人 26 右左 .268 5 23 7
23 青木 宣親 ヤクルト 27 右左 .347 14 64 31
24 内川 聖一 横 浜 26 右右 .378 14 67 2
【注】成績は2008年公式戦のもの

昨季成績からいって、巨人亀井が選ばれたのは不思議
代表の33人すらねぇ〜なじぇ?と思っていたのに
ほかにいなかったのか。。。

阪神・岩田祝日本代表桜


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




人気ブログランキングへ


  • 2009.02.22 Sunday

代表当確!球児1回2安打無失点も不安いっぱい?。。。

<日本代表10−0巨人>
抑え候補の1人だった球児は満を持して9回から登板。
打者4人と対戦して被安打2。
最速も144キロ止まりで本調子ではなかったものの、
無失点に抑えてクローザーの役目を果たした。

「低めに投げることを意識した。他にも、いろいろやることもあった。
体は元気。もう少し時間はあるので、投げ込みとかもやっていきたい」

 先頭打者の高橋由には、絶妙にコントロールした緩い球で勝負を挑んだ。カウント1−1からの3球目。低めに落ちるカーブで二ゴロに仕留めた。
前日20日には原監督も絶賛したカーブ。城島も「いいカーブ。ストレートのイメージなんで(変化球で)いろんなバリエーションをつけられた」と
高評価していたが、この日も思惑通り、カーブで強打者を打ち取った。

 高い順応性で投球の幅を広げたが、一方で速球の切れは影を潜めた。続く小田嶋には137キロを右中間へと運ばれ、円谷にも141キロの速球を中前打。山田投手コーチは「あまり調子は良くなかった」と話した。

 しかし、信頼は変わらない。同コーチは「今のメンバーの中では、そう(守護神に)なってくるということ」と公の場で初めて守護神としての起用を示唆。東京ラウンドまであと12日。重責を任される火の玉ストッパーは実戦の中で調子を上げていく。
記事はスポニチ

山田投手コーチは当確だと示唆しているけれど。。。
選出されているメンバーからいっても、全日本のクローザーは球児しかいないとは思うが、本来のストレートが投げれなければ、代表は自ら辞退してもらいたい。
本来のストレートが投げれない状態では世界を抑えられるほど甘くはないと思うし、ここで無理をしてシーズンの公式戦で影響があったら
そのほうが非常に困る。

球児の代わりは誰もいませんからね冷や汗
球児不在のペナントレースは絶対に考えられない!


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




人気ブログランキングへ




  • 2009.02.22 Sunday

今岡 『2安打(二塁打)4打点』存在感魅せた!

今岡が21日の紅白戦で紅組の「5番・DH」で出場。
2回に先制の左翼線二塁打を放つと、3回には2死満塁で走者一掃の中越え二塁打。2打席で4打点をマークし、かつての打点王の勝負強さを見せつけた。拍手

▼今岡 結果どうこうじゃなく、大事に打つことだけ。1打席目のように打てたら率は上がってくるでしょうね。(真弓監督からミートポイントを2〜3個前にするよう指導され)後ろを小さく、前を大きく。スライダーを前でとらえることができた第1打席は、そのイメージで打てたのかな。

▼和田打撃コーチ(今岡の2二塁打4打点について)1打席目で変化球を打ったのは大きい。粘り強さがあったから、引っかけなかった。2打席目はさすがの一言。ランナーを置くと勝負強い姿を、こちらも思い出した。
記事はスポニチ

まずは上々のすべりだし、現状、今岡の立場からいえば
1軍に生き残るのは厳しい?しょんぼり
ばね指はまだ完治していなく、送球は不安らしいので
守備は×
今岡の残された道は打撃
打つしかない!
今岡の『変態打法』復活を心から祈る!
前日の真弓監督のアドバイスが生きたのかも。。。



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ





人気ブログランキングへ


  • 2009.02.22 Sunday

新人上本『攻守走』で魅了、1軍残留内定

◆ 2盗塁、バント、けん制死誘発…真弓監督「オープン戦でも見たい」 

 あふれるセンスを余すところなく見せつけた。1軍と2軍の混合メンバーで実施された今キャンプ初の紅白戦。2盗塁に中前打、バントに玄人好みのトリックプレー。まばゆいばかりの光を放ったのはドラフト3位、上本博紀二塁手(22=早大)だ。

 「これからどんどん経験を積めば、冷静になれると思う。(盗塁は)消極的にならないよう、思い切ってスタートを切った。バントはしっかり準備してきました」

 まだあどけなさの残る顔立ちだが、ユニホームを着ると誰よりも映えた。1発目の見せ場は初回裏、2死二塁の場面。二塁ランナー・坂のけん制死を呼び込んだのは上本の鋭い洞察力だ。坂が右へ体重移動した瞬間を見逃さない。先発・阿部と見せた抜群のコンビネーション。阿部は「上本が気付いてサインを出してくれた」と感謝した。

 小技でも魅せた。3回表無死一塁から初球をバント。投前へきっちり転がすと、5回は杉山の変化球を芯でとらえ、中前へ運んだ。圧巻は5回と7回に決めた二盗だ。大きなリードを奪うと、ためらうことなく一気にスタート。久慈守備走塁コーチは「(リードは)赤星より1足か半歩か大きい。何かをしてやろうという姿勢がある」と最大限の評価を下した。

 「(盗塁は)常にいける状態にしている。プレーを見てると、オープン戦でも見たくなりますね。実戦でも、どんどん見せてほしいね」

 真弓監督も思わず口元をほころばせた。それもそのはず。6回裏1死二塁のシーン。秀太が放った中前打に飛びつくようにグラブを差し出し、二塁ランナー・大城のスタートを遅らせるトリックプレーを披露、本塁での補殺を“アシスト”した。まさに野球センスの塊。2軍はきょう22日に帰阪するが、今後のオープン戦帯同に“内定”が出たように、1軍入りはグッと近づいてきた。

 新外国人メンチの右翼固定で、一、二塁のポジション争いは最激戦区。ただ、藤本、平野、坂らに割って入る資質は十分に併せ持つ。「一日一日、全力で頑張りたい」。守備と走塁に重きを掲げる真弓野球。その象徴的存在はルーキー・上本なのかもしれない。
記事はスポニチ
広陵高校時代は1年の夏甲子園に初出場「通算4度出場」
3年の夏には全国制覇桜
早稲田大学時は1年生から全試合出場 大学通算100安打以上
なにかもっているものは。。。
あると思います
身長が低いので「173cm」評価が分かれたという?3位入団

今季は1軍定着、夏場ごろまでには、スタメンセカンドに座っているかもしれない!?昨年の巨人坂本『プロ2年目』のように 阪神にも今いるレギュラーを追いやって、スタメンで出れるような選手の出現があってもいいと思います。
鳥との早稲田二遊間になる可能性も。。。
私はそれより大和にショートのポジションを奪ってほしいと
密かに願っている。
ここ何年か、鳥谷がほぼ「遊撃手」フル出場している。
すごいというプレーよりもイージーなエラーが多いという
イメージがどうも頭に残る汗


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




人気ブログランキングへ

  • 2009.02.21 Saturday

阪神蕭が台湾代表入り辞退

WBC台湾代表候補に選ばれていた阪神の新人、蕭一傑(しょう・いっけつ)投手(23=奈良産大)が21日、高知県香南市内の病院で「右三頭筋挫傷」と診断され、代表入りを辞退した。蕭はオーストラリアで行われていた台湾代表候補の合宿中に右腕に打球を受けた。全治は2週間。蕭はこの日から阪神のキャンプに合流したが、22日に2軍とともに高知を離れる予定。「残念です。ちゃんと治して、また頑張ります」と話した。
記事はにっかん

代表辞退は残念ですが、突発の事故みたいな怪我ではしょうがない
4月「開幕」には間に合わなくなりましたが、
しっかり治れば、1軍の戦力にはなると思いますから
いまは1日も早い回復を願うしかないしょんぼり

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




人気ブログランキングへ

  • 2009.02.21 Saturday

蕭一傑 きょう安芸キャンプに再合流…WBC調整優先

15日からWBC台湾代表候補の豪州合宿に参加していたドラフト1位・蕭一傑投手がきょう21日、安芸キャンプに再合流する。合宿では2試合に登板し、通算3イニング無失点と好結果。21日に発表される28人の代表最終メンバー入りへアピールし、20日に日本に戻った。

真弓監督は「(最終メンバーに)残りそうな感じでしょう」と話した。
代表入りした際は「こっちの実戦に無理をして投げさせる必要はない。
調整で投げたいなら投げさせるけど、そうでなければ見なくてもいい」と
3月5日からのWBC東京ラウンド(東京ドーム)に向けた調整を
優先させる考えだ。期待のドラ1右腕が大舞台を経験できれば、
それはチームの財産になる。
蕭は早朝の便で高知入りし、キャンプ地で吉報を待つ。
記事はスポニチ


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




人気ブログランキングへ

  • 2009.02.20 Friday

蕭1回無失点…WBC台湾代表に前進

WBC台湾代表の 豪州合宿に参加している阪神・蕭投手が現地時間17日、オーストラリア代表との練習試合に登板し、1回を1安打2三振無失点に抑える好投をみせた。台湾棒球協会のホームページは首脳陣から上々の評価を受けたと報じており、念願の最終候補入りにまた一歩前進した。

蕭が“代表デビュー戦”で確かな存在感を示した。六回から登板し、ヒット1本を許したが、2三振を奪うなど1回を無失点。代表初戦の緊張感を感じさせない投球で、首脳陣にアピールした。

 台湾棒球協会のホームページが報じたところによると、WBC台湾代表の郭泰源投手コーチは「球速も制球も悪くない。今、彼に必要なのは実戦での調整だ」と蕭の投球を評価。さらに「最終候補に入ったら、日本でのエキシビションマッチ2試合(巨人戦、西武戦)が彼にとって非常に重要になる」と、今後の調整プランにも言及している。

憧(あこが)れの代表入りなるか-。蕭が豪州の地で懸命に「奮投」を続けている。
記事はデイリー

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




人気ブログランキングへ

  • 2009.02.20 Friday

久保田開幕アウト・・・

いまさらなのはわかっていますが
岡田が「久保田」つぶした。。。
そう言いたくなります怒りマーク

右肩関節炎でリハビリ中の久保田が19日、二軍キャンプ打ち上げの22日の帰阪を命じられた。真弓監督は開幕構想外を明言。先発ローテで下柳、安藤、岩田に続く第4の男として期待された右腕の長期離脱を受け、虎投再編にさらに拍車がかかることは間違いない。口を真一文字に結び、現実を受け入れた。隣接するブルペンに背を向け、大型のガスヒーターが2台たかれたサブグランドの隅で久保田は久保投手コーチと話し合いの場を持った。結論は“強制帰阪”だった。

「状態を確認した。ずいぶん痛みはなくなっているようだけど、(キャッチボール再開は)1週間かかるかもしれないし、1カ月かもしれない。まだゴーサインは出ていない。(今後の調整は)大阪になる。甲子園や鳴尾浜の方がトレーナーの数がそろっている」

無言だった本人に代わって久保コーチが厳しい表情で説明した。先発転向を志願して挑んだ1月下旬の自主トレ期間中に右肩に痛みを感じてから、ノースロー調整が続いた。ノックを受けても、返球はトスをするだけ。病院で関節炎と診断されたが、何が直接の原因かすら、わからない。

球団関係者によれば「レントゲン写真で見る限り(昨年)11月のものと今のものとでは雲泥の差」。22日の帰阪後、待っているのはリハビリよりも、ドクターによる再チェックだ。

「投手の肩だから、無理をさせるわけにいかない。開幕に間に合うとも思っていない。いつまで、と決めると急がせてしまうから」

真弓監督もハラを固めた。下柳、安藤、岩田はすでに当確。残り3枠がいつ、どのような形で埋まるのか。奮起が必要なのは若手野手だけではない。虎投再編。2月中に何らかの“答え”を見つけたい。
記事はサンスポ

使い勝手がいいからって、前監督は久保田を酷使しすぎた
いくらタフだといっても、投手の肩は消耗品
登板過多からの勤続疲労はいつか故障に通じるとは思っていましたしょんぼり

原因ははっきりしている?登板過多による、勤続疲労からくる故障でしょう
もはや、開幕に間に合うとかの次元ではなく、久保田の投手生命にもかかわる「故障」の可能性も十分ある!?


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




人気ブログランキングへ

  • 2009.02.19 Thursday

シーツ氏 阪神駐米スカウトに

阪神が、07年まで在籍したアンディ・シーツ氏(37)を駐米スカウトとして起用する方針を固めたことが18日、分かった。まずは今年3月に行う、外国人補強に備えた渡米調査に“試用社員”として加わる予定。国際部門の強化を打ち出している球団は、将来的にオマリー駐米スカウトを米国西海岸担当、シーツ氏を東海岸担当の“両輪体制”にする考えだ。

優良助っ人獲得のために、国際部門の強化を打ち出している阪神が、駐米スカウトの“大物補強”を行う。

 白羽の矢を立てたのは05年から3年間、阪神打線の主軸として活躍したアンディ・シーツ氏だ。07年限りで退団、現役引退したが、現在米国でフリーの立場にあることから、球団関係者は「まずは短期アルバイト的に、3月のアメリカでの調査を手伝ってもらおうか、ということです」。まずは“試用社員”として、オマリー駐米スカウトをサポートする形で調査団に加わり、ノウハウを学ぶことになりそうだ。

 シーツ氏に関して球団は、現役時代から、選手としての実力だけでなく、ほかの外国人選手への面倒見のよさや、人柄も含め高く評価。退団時にもコーチ就任や、フロント入りが検討された経緯もある。

 阪神は昨季まで、自前で獲得した外国人打者の不調が続いたことで、坂井オーナーが「新しいやり方も考えないといけない」と、米国での調査方法や獲得ルートの見直しを指示。その一環として、球団OB助っ人のネットワークを駆使するため、駐米スカウトを増員することも検討してきた。

 「将来的にはオマリースカウトと、東海岸と西海岸を分担する方法もあります」(球団関係者)といい、さらに投手出身の外国人スカウトを増員するプランもある。

シーツ氏も就任に障害はないもようで、虎党に愛された優良助っ人が、再び猛虎のために尽力することになりそうだ。
記事はデイリー



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




人気ブログランキングへ

  • 2009.02.19 Thursday

WBC 球児『今日はよかった。。。』

堂々のパフォーマンスで不安を吹き飛ばした拍手
守護神としての活躍に期待がかかる球児が宮崎合宿初のシート打撃に登板。打者5人を相手に3奪三振で被安打1。ストレートの残像を見せておいて、フォークで強打者を翻弄(ほんろう)した。

 「きょうは良かった。手応えはある。調整遅れでないと思った」

手応え十分の登板内容だった。先頭打者の城島を外角の速球で見逃し三振。圧巻は続く松中への投球だ。2球目には最速150キロを計測。そしてフルカウントからは捕手の細川が出したサインに4度も首を振った。「だいぶ首を振ったのでダマされた」。4番候補の大砲でさえも予測不能だった。ウイニングショットに決めた1球は外角低めに落ちるフォーク。見逃せば完全なボール球で空振り三振に仕留めた。「(フォークは)自信があるから投げている」。世界挑戦を前に驚異の速球に加えて決め球には有効な武器も手に入れた。そのフォークで続く中島も空振り三振に抑えて先頭打者から3者連続三振を奪う快投を演じた。

「足のことがあったんで投げられるか、どうかだと思っていた。でも、これで普通の状態に戻った。あとは微調整。そう時間はかからない。本当の第一歩だと思う」

 沖縄キャンプ中には右足の内転筋を負傷。今合宿には山田投手コーチから現状を不安視する声も飛んだ。しかし、この日の結果を見れば一目瞭然(りょうぜん)。原監督も絶大な信頼を寄せる「火の玉守護神」の実力は健在だった。
記事はスポニチ
まだ、『球児』足の状態は100佑任覆い里任靴腓汗
それが「今日はよかった」発言になったと思います

本大会までに万全な状態に戻ればいいが、
特に投手の足の怪我は長引き、やっかいですからね汗


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ





  • 2009.02.19 Thursday

『19』岩田シート打撃で好投 代表入り当確や!

夜のスポーツニュースより先に、岩田の好投を夕方のラジオ『MBS』
で知っていたので、岩田の映像を楽しみにしていましたが、
松坂、岩隈、ダル有の全日本3本柱が投げていたので残念ながら
岩田の映像はなかったですしょんぼり

解説の佐々木恭介氏が試合後投手コーチ山田久志と会談
岩田はメンバーに入れると話したそうです拍手

WBC日本代表候補の岩田投手が18日、シート打撃に登板し、打者9人に対し、わずか1安打。打者7人を内野ゴロ ※別表
に打ち取り、最終メンバー28人入りへ“当確ランプ”を点灯させた桜拍手拍手拍手
※松中4ゴロ 中島4ゴロ 岩村見三振 阿部4ゴロ
イチロー中前安打 村田5ゴロ 内川4ゴロ 
青木6ゴロ 細川6ゴロ
強打者が居並ぶ打線にも、全くも動じない。鋭い牙を向き出しにする姿は、頼もしくみえる。日焼けした左腕をしならすたびに、鈍い音ばかりが響く。岩田が合宿3日目で最多となった4万4000人をうならせた。

 「きょうはよかったです。球種はフォーク以外全部投げました。
狙ったところに投げて、僕らしい投球ができました」

 打者9人に26球。被安打はイチローに許した1本のみ。
揺れるツーシームで、7つの内野ゴロの山を築いた。松坂(レッドソックス)、杉内(ソフトバンク)、ダルビッシュ(日本ハム)、岩隈(楽天)と豪華リレーの後も、ヒケをとらなかった。圧巻は、岩村(レイズ)への決め球。フルカウント(カウント1−1からの特別ルール)からの5球目。外角ツーシームに、反応できない。

 「ボールがよく動くという意味では、レスターに似ている」

 メジャーリーガーが引き合いに出したジョン・レスター投手(25)=レッドソックス=は、松坂の同僚で昨季ノーヒットノーランを達成した16勝(6敗)左腕。血液がんの悪性リンパ腫を克服したことも、1型糖尿病とも戦う岩田とも重なる。

 度胸もメジャー級だ。イチローにファウルで4球粘られた、7球目。
あえて直球勝負を挑んだ。この日最速タイの147キロは外角へ。
中前に運ばれ、「スゴイの一言ですね」と脱帽したが、持ち味を発揮した。

 「緊張感のある中で自分本来の投球ができていた。リズムもよく、
球の出所が見づらい。この2点は戦力になる」

 原監督が最大級の賛辞で最終メンバー“当確”を示唆した。走者を置いたとき、併殺を狙って内野ゴロを打たせられる。中継ぎとしての素質を感じた。「幅広く使える投手じゃないかな」と、山田投手コーチと期待を込める。守護神・藤川との侍ジャパン版・勝利の方程式が完成だ。

 「レベルアップにつながる? そうならないといけないと思います」

 決して満足はせず、周囲の高いレベルに触発されるように進化を続ける岩田。世界一連覇へのバトンは、『I』から『F』−。タテジマ戦士が、頂点に押し上げる原動力となる
記事はサンスポ

岩田に限らずですが、怖いのは怪我だけで
1シーズン乗り切れば昨年の成績『10勝』(10敗)以上は間違いない
目標の15勝達成、いやそれ以上。。。
あると思います


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




  • 2009.02.18 Wednesday

宜野座「1次」キャンプ 『70点』辛口採点

17日、宜野座での1次キャンプを打ち上げ、真弓監督は『70点』と“辛口採点”をした。「非常に思った通りのキャンプが出来た」と話す一方で、問題はここから。個々のレベルアップを経て、安芸での2次キャンプ(19日〜3月3日)は実戦中心。紅白戦を1、2試合追加し、そこで結果を出すことで残り30点を埋めるよう、ゲキを飛ばした準備期間”は、これで終わった。ここからは結果重視−。静かな語り口から、厳しい姿勢がのぞいた。宜野座での1次キャンプを打ち上げ、「非常に思った通りのキャンプが出来ました」と話した真弓監督だが、採点は辛口だった。

「70点やね。故障者が2人出たし。それに、思い通りのキャンプが出来たといっても、どういう形でOP戦に入っていけるかというのが大事。そこで、10点、20点とプラスしていきたい」

1次と2次のキャンプの意味を、明確に区別。あくまで1次は、「個人技」の鍛錬に重きを置いた。練習試合2試合は、若手にアピールが少ないまま連敗。結果は“不問”としたが、それは沖縄までだ。19日からは安芸で二軍と合流。「今は無理矢理、2班に分かれている。一回一緒になって編成したい。これまでの個人技から、これからはチーム力を上げる時期だから」と、改めて一、二軍の振り分けを行う。
22日にはキャンプを打ち上げる二軍。一軍に残るか、帰阪かの激しいサバイバル。まずは21、22日に行う紅白戦でチェックするが、指揮官は早くも“追試”を明言だ。

「二軍が大阪に帰った後も、多めに(一軍に)残して紅白戦をしたい。その紅白戦まで、ゆっくり見てみたい。残してきた選手を、どのくらい引き上げるか。入れ替えも考えて、(新編成で)OP戦を見てみたい」

25日か26日に1試合、可能なら2試合、紅白戦を増やす。新人も育成も関係ない。若手にとっては言い訳無しのアピールタイムだ。28日、オリックスとのオープン戦初戦(安芸)まで、どれだけ『70点』から加算出来るか。最大4試合の“内部戦争”が、安芸で始まる。
記事はサンスポ

昨年に比べ、天候もよく若干怪我人「久保田、バル」は出たが、
順調よくこなしてきた宜野座1次キャンプ。

真弓新監督は浮かれることもなく『70点』と評価した
いくらやっても100点満点ということはない
辛口というよりも、冷静に見た結果で普通でしょう。
前監督の評価が甘すぎたんじゃないですか?

他球団のことはわかりませんが、
戦力は巨人が頭ひとつ、抜けていることは確かで
後の5球団は紙一重でしょう
横浜は戦力的に苦しいとは思うが「わかりません?」
若い選手が多いヤクルト、新球場の広島は侮れない
中日は投で川上の穴はカバーしたとしても
打線の木&海苔が抜けた穴はそう埋まるものではない
その上、内野の要の井端が怪我をしたらしい
詳細はわからないが、足の怪我は意外と長引く可能性もある
走り込み不足は、シーズンに影響するでしょう
いくら、落合監督でも今季は苦しい。
「中日優勝」はないと思います
となると
普通にやれば、巨人ぶっちりで2位以下混戦
6位横浜は一人旅。。。
逆にそうなるほうが、望ましい?
5割をめどに戦えれば、若手も起用しやすいでせう
結果3位↑なれば、CS出場もできるし
今季はOK なんがなんでもリーグ優勝は望んでいません

この2年夏場から無理をして、最後にいきぎれることは
今季はないと思います
先を見据えた戦いをできる監督だと思いますのでね

2月の末からオープン戦も始まりますし
わくわく度もましてきました温泉



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


  • 2009.02.17 Tuesday

「15秒ルール」疑問、新井選手会長が動く

プロ野球選手会会長の立場で阪神の新井貴浩が16日、「15秒ルール」に疑問を投げかけた。「ルールを決めた側と話し合う必要がある」と、同問題に対して選手会として動くことを示唆した。投手が球を捕ってから投球動作に入るまで15秒以内という15秒ルールは、日本ハムダルビッシュが8日のシート打撃登板時に適用されて表面化した。ダルビッシュを始め、多くの現役選手から不満や疑問視する声が挙がっている。新井会長は「開幕までに解決するように務めたい。スピードアップは必要ですが、みんなが戸惑ったままならスピードアップにつながらない」と話した。
記事はニッカン

いったい誰が、どのような経過をたどって『15秒ルール』を
今季から採用ってきめたのか?どうもわからない
釈然としませんしょんぼり
 
これも、NPB日本野球機構が機能していない、
しっかり組織として成り立っていないからではないのか!?

プロ野球経験者をコミッショナーに就任させ
長年いわれ続けている、プロ、アマ1本化などの問題などの改革を
進めたらいいとは思う。
変なルールができテ問題がおきるのも
オーナー「なべつね」言いなりの?
野球素人の歴代コミッショナー就任が要因の1つではないかと
思うのですが。。。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.17 Tuesday

『19』岩田 WBC生き残りに必死のパッチ!

第2回WBC日本代表合宿が16日、宮崎市のサンマリンスタジアム宮崎でスタート。初の代表候補入りした阪神の岩田投手は初日からブルペンで周囲をうならす投球を披露した。21、22日には巨人との練習試合が急きょ組み込まれたことも明らかになり、25日発表の最終メンバー入りへ左腕を存分に振りまくる。

▼阪神・岩田 (細川を相手に48球)(初日の)感じとしては良かった。いい感じで投げられました。

▼西武・細川 カーブ、スライダーがいい。本当にいい。うち(西武)にはいないタイプの若い投手。
記事はスポニチ
 
岩田には上原がつけていた背番号19を受け継いだからには
ぜひ、最終メンバーに残れるように頑張ってもらいたい

もし、残れなかったとしても全日本に選ばれた選手たちとの練習は
財産になり、きっとこれからのプロ人生にプラスにはなる



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.17 Tuesday

バットを立てろ!真弓監督直接指導

実戦連敗スタートの真弓監督が16日、ついに動いた。

希代のバットマンの魂が、うずいた。速球に力負けするスイングでは、活路は見いだせない−。実戦連敗スタートから一夜明け、真弓監督が早速、動いた。フリー打撃中、ティーを打つ桜井、藤本らに近づくと、直々にアドバイス。カギは『バットを立てる』だった。

「ここ何年間か、阪神は速い球に負けているから。140キロ後半から150キロになると、攻略できていない。それが特に、昨日の試合の初回に出ていたからね」

 負の残像は薄れていなかった。前日(15日)の練習試合・ヤクルト戦(浦添)。立ち上がりから制球に苦しむヤクルト2年目の先発・由規を無死満塁と攻めたが、無得点。初打席のメンチは例外としても、林が遊飛、桜井が捕邪飛と、期待の若手が150キロ近い速球に押し込まれた。

 「試合の流れでいえば、ここは真っすぐ一本(待ち)でいい、という場面だったからね。真っすぐを待って、150キロをとらえられる打ち方を考えたらどうだろうと。そういう話を、きのうから打撃コーチとしていた。(バットを立てるのは)その中の1つです」

 監督就任から自前の若手を育成する方針を繰り返した。勝ちながら、世代交代も推し進める。理想に突き進んだが、17日の宜野座キャンプ打ち上げを前に、若手野手の目覚ましい成長はない。伸びてほしい桜井、林、坂、狩野らは停滞。矢野を追う2番手捕手レースは岡崎が一歩抜け出した感はあるが、日の出の勢いでレギュラーを脅かす野手は見当たらない。どんよりと曇った沖縄の空のように視界は不良。このジレンマに、解説者時代から感じてきた阪神打線の課題が重った。速球派へのひ弱さ。15日は由規の後も、押本、松岡、木田と4月3日の開幕カードで対戦するヤクルトのリリーフ陣の前に沈黙…。

「(バットを)寝かせたら、スピードには対応できても、こすってしまう。ヘッドが立っていれば(球を)おさえられるし、つかまえられる。多少食い込まれても、押し込むことができる」

指導はコーチに任せてきたが、ついにメス。現役時代から貫いてきたバットのヘッドを立てる真弓スタイルを伝授した。

「シーズンに入っても同じ。変化球を終始、低めに決められているなら別だけど」

 当てるだけではなく、強く押し込む。力に対し、力で打開できる打線へ。若手の台頭を待ちたいが、開幕までの時計の針は進んでいく。いつまでも静を決め込んでいるほど、お人よしではない。
記事はサンスポ

櫻井&藤本はプロ入りして何年たっているんや!
2,3年目の若手か怒りマーク
できていないから、安定した成績が上げられない
打撃コーチなどが直すよりも、本人が気づいて取り組まないといけない
その辺に気づいていないことが悲しいことでもあるしょんぼり

監督もできていない選手があまりにも多く、
辛抱できなかったのでしょう。
ここ何年かの打撃コーチも何しているんや!
といいたいですわ『気づかなかったの冷や汗

ワンポイントの指導でも急によくなる場合もある
から今後の楽しみにしておきませう。。。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


  • 2009.02.17 Tuesday

本格派出現や!仙さんが白仁田を絶賛

「練習試合、ヤクルト5-1阪神」(15日、浦添)

 先発した阪神・白仁田投手は直球、変化球ともに精彩を欠き、3回3安打2失点と数字的には不完全燃焼に終わった。それでも視察した星野SDは本格派投手の出現を絶賛した。

 2年目右腕はマウンドでもがき苦しんだ。直球は走らない。変化球の制球も定まらない。立ち上がりから球数が増え、二回は味方の失策も絡んで一死一、三塁。ここで川本に右中間を破られる2点三塁打を浴びた。それでも猛虎軍団を変えた星野SDの目にはダイヤの原石がまぶしく映った。

 「いいんじゃない。久しぶりの投手らしい投手だよ。直球をもう少し磨いていって、ピッと来るようになればさらに良くなる。まだ2年目か。楽しみ楽しみ」と目を細めた。将来チームの屋台骨を支えられる有望右腕への期待に胸を躍らせた。

 結果に関しても悪いばかりではない。光るモノを見せたのは、2点を失った直後だ。「反省を生かしてテンポ良く投げようと思った」。失点後の一死三塁から上田に粘られたが、遊飛に仕留めた。続く野口はこの日最速となった145キロの直球で二ゴロにねじ伏せた。

 三回は本来の姿を取り戻し、わずか8球で三者凡退。練習を始めたばかりで習得中のフォークも交え、投球フォームもゆったりしたモーションを意識して心掛けた。

 久保チーフ投手コーチは「ゲームでやってみたいことをやらせた」と背中を押したこともあり、白仁田は「収穫はありました」と一応は取り繕った。だが最後まで表情は緩めなかった。「気持ちの切り替えはよかったと思うんですけど…結果は良くない。二回の2点はいらないし、長打がいけなかった」と反省の弁を並べた。

 「次はもっと腕を振ってしっかり投げたい」と次回の実戦登板を見据えた白仁田。今後はふるい分けの競争が激化するが、チャンスはそれほど多くないのも事実。ベストを尽くして課題を消化し、1軍に生き残っていきたいところだ。
記事はデイリー
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

続きを読む >>

  • 2009.02.16 Monday

真弓監督、連敗発進…林&桜井ら不発に反省会

◆ 「打つ方は、もう一度(やるべきことを)確認してほしい」 ◆

 シーズンインまで50日近くあることを考えれば、開幕の相手・ヤクルトに負けたことに、それほど大きな意味はない。ただ、やるべきことができず、連敗を喫したことが大きな問題。初白星がお預けとなった後、三塁側ベンチで真弓監督も交え、約10分間の反省会が開かれた。

 「向こう(ヤクルト)も調整段階。今はチームが、どれだけのことをやれるかが課題。打つ方は、もう一度(やるべきことを)確認してほしい」

 初回、1番・藤本が中前打で出塁し、平野、関本が連続四球を選んで無死満塁。ヤクルト先発の由規を攻略する上で、これ以上ない展開のはずが、スコアボードに記された得点は「0」だった。

 指揮官にとって一番、残念だったのは期待を寄せる両雄がそろって結果を残せなかったことだ。初回無死満塁で4番・林は初球の甘い速球を仕留められず、遊飛。「タイミングは合っていたが、こすった感じ。打ち損じ。これからは(打つ)確率を上げていかないといけない」。3回2死一塁でもタイミングは合っていたが、バットの先端に当たって右飛。以後2打席も凡退しての4打数無安打に、林の口から出るのは後悔だけだった。

 6番・右翼で先発した桜井も、いいところなく終わった。ライバルの林、メンチが凡退し、絶好のアピール機会となった初回2死満塁では、フルカウントから速球に力負けし、捕邪飛。「1日でも早く実戦感覚を取り戻さないと。僕は、まだ遅れている」。林と同じく“4タコ”の上、メンチがアーチデビューを飾っただけに、さらに差を広げられる形となった。

前日の激しい降雨の影響でグラウンド状態は決してよくなかった。
「スタートして滑ったりしてもね。(野手は)ギリギリでやっているから、ケガをされても困る。あえて自由に打たせた」。
11日の日本ハム戦では積極的に動いた指揮官も、この日は不動。
3併殺打を記録するなど“奔放野球”は機能しなかった。
「作戦の上でも(次戦以降は)見直す必要はあるかな」。
実戦を積むごとに見つかる課題。
その分だけ、真弓阪神は確実に強くなっていく。
記事はスポニチ
 
スタメンを争う、はやしくん&桜井には相手からいっても
格の違いを見せてほしかった怒りマーク
それが共に4タコでは、お話にならない怒り
監督にはもっと激しく叱咤してもらいたいぐらいだ!

昨日、真弓監督はNHKに出演 天候がいいせいか顔は真っ黒
表情から疲れていることがわかるぐらいでした
監督1年目、それでなくてもやることが多いのに
前監督のもちこしの問題が山済み。。。

優勝してもらいたいたいけれど
勝ちながら、最も難しい選手を育てていかなければならない現状では
あまり『優勝』といわないでおきませう!
21年&18年も待ったファンなら、
まだ4年目じゃないですかね。。。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



  • 2009.02.15 Sunday

復活へ手応え!小嶋30球で3回完全 by安芸

「練習試合、阪神7-1高知」(14日、安芸)

小嶋投手が14日、四国・九州IL・高知ファイティングドッグスとの練習試合に先発し、3回を無安打無四球と完ぺきに抑えた。球数もわずか30球というパーフェクトな内容に「スムーズに投げられている実感がある」と復活への手応えを感じていた。

 小嶋の持ち味が戻ってきた。9つのアウトのうち内野ゴロは7つ。低めにボールを集めて“打たせて取る”投球のお手本のような姿だった。中西2軍投手コーチは「やっとキレが戻ってきた。スピードじゃなくキレで打者が差し込まれていた」と納得顔だった。

 充実したプライベートも復活を後押ししている。昨年12月に結婚したことで「よりリラックスできる。早く寝るようになった」という。この日は、スタンドから妻・直果さんが見守っていたこともあり「良い報告ができます」と笑顔で話した。

 昨季は左肩痛などで悔しい思いをしただけに「維持よりも、もっと上を目指してやっていきます。また甲子園で投げたいという気持ちです」。守るものができた小嶋が順調な一歩を踏み出した。
記事はデイリー

小嶋のルーキーイヤー、開幕からローテにはいり、
4月だけで2勝をあげた拍手
虎新人投手でひさぶりの二桁勝利誕生か
次期エースは小嶋だとブログに書いた記憶がある
6月ぐらいには?2軍落ち
その後小嶋の名前を1軍で聞くことはなかった
ファームでも最近小嶋の名前が聞かれずに
半ば忘れられた?存在でもあった。。。

怪我さえ治れば、中村泰同様、持っているポテンシャルは高いと思うし
1軍のローテにはいる可能性だってある

うれしいインターネット「スポーツ」で
小嶋の名前を見つけて喜んでいる楽しい

頑張れタッチャン桜

千奈美に両親は漫画『タッチ』のファンだったそうで
そこから、名づけたそうです
「実話です」


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.15 Sunday

『勝つために。。。』6年ぶりスクイズ練習

真弓阪神はスクイズやるでぇ! 
宜野座キャンプで14日、真弓監督が初めてスクイズの練習に着手した。
ケース打撃特打の中で、藤本や坂ら野手に指示したもので、
阪神のキャンプで本格的なスクイズ練習実施は6年ぶりとなる。
岡田前監督時代は敬遠された作戦だが、
新生阪神は高校野球に負けない泥臭い作戦で得点を奪いにいく。

一塁ベース付近に待機していた走者役のナインが、小走りに三塁に回った。投球と同時にスタートを切り、打者はバントの構えに移る。本格的なスクイズ練習。教科書や指導書に載っているプレーではあるが、阪神のキャンプ地で行われるのは03年シーズン以来、6年ぶりとなる“珍事”だった。

午後の特打時間帯に、関本、平野、藤本ら野手9人が集められた。打者と走者に分かれ、実戦の状況を設定したケース打撃特打を行った。走者を一塁か二塁に置いてのバント、バスター、エンドランの右打ちなどが、これまでの定石。だがこの日は、自然な流れで走者三塁からのスクイズを徹底させた。

「そろそろ練習試合や紅白戦など実戦の動きが始まってくる。
ただ打つだけなら結構数もこなしているので、これからは細かな動きも
入れていかないとね」

 二塁後方や三塁コーチャー、打席後ろなど細かく立ち位置を変えてにらみをきかせた真弓監督が、スクイズ練習の意図を説明した。あくまで実戦での実行を念頭に、打者にも走者にもスクイズを経験させた。

 山脇コーチは「練習していなければ、試合でサインを出せない。スクイズだけでなく、いろいろな形で点を取れないとだめ」と補足した。打撃投手は変化球やウエストボールを交え、実戦スタイルにこだわった。一通りスクイズを終えると、今度は犠飛狙いの飛球打ち上げやゴロを打った際の本塁突入などを確認した。

04年から5シーズン指揮を執った岡田前監督は基本的にスクイズ策を否定した。6年ぶりとなるキャンプでの本格的なスクイズ練習に、ナインは最初は戸惑いながらも徐々に決めるようになった。藤本は「ウエストされたら足が動かなくて空振りした。練習だけでなく、試合で決めないと意味がない」と引き締めた。

真弓監督は就任以来、なりふり構わず得点力アップに励む。主軸の本塁打増や、チーム全体での走塁、盗塁の充実をうたい、練習を積ませている。大技小技に磨きをかける真弓改革のシンボル的な作戦が、スクイズ敢行とも言える。泥臭く、がむしゃらに点を奪う。宜野座キャンプの最終クールに繰り広げた高校野球さながらの練習は、ライバル球団への宣戦布告でもあった。
記事はサンスポ

当たり前です!勝つために『1点取るために』当然で
ニュースとして取り扱かわれることにびっくりしますわびっくり
岡田阪神であと1点がとれずにどれだけ泣いてきたかわかりませんですがな
しょんぼり


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



  • 2009.02.15 Sunday

昇格へ「チェンジ」井川3度目キャンプ

【タンパ(米フロリダ州)14日(日本時間15日未明)】
ヤンキースのバッテリー組が、キャンプインした。
マイナー契約の招待選手として参加の井川慶投手(29)は、
心身ともに変わって勝負の3年目に挑む。

 やはり今年の合言葉は『チェンジ』だ。
ヤ軍で3度目のキャンプに臨む井川が、心身ともに変化して現れた。

 「去年ちょっと動きが鈍くなり、走るのが辛くなったので絞りました」

 キャンプイン前日にランニングやキャッチボールで汗を流した井川の最初のチェンジは体形。1月初旬の自主トレで宣言した通り、走り込んで減量した。昨季の球団資料では体重95キロ。「キロ数は覚えていないが、一昨年か05年ぐらい」と阪神時代の90キロ前後まで落とした。

 マイナー契約の招待選手とあって、心境や調整法もチェンジ。
「一番、力が出るのは先発だが、コーチに中継ぎといわれれば、
そこを全力でやる」と中継ぎも辞さない構え。
「チーム練習の中で工夫します」と昨春キャンプで行った
早出の投げ込みもしない予定だ。

 「アメリカ(3A)でやっと結果が出てきた。
チャンスがあれば上で投げたい」。
メジャー昇格に向けて、すべてを『チェンジ』させる。(共同)から

まあ、元虎のエースだしメジャーで活躍してもらいたいけれど
元巨人角ミツオ氏『現メジャースカウト』いわく
チェンジアップと140キロ後半のストレートだけでは
MLBでは通用しないと『ばっさり』
あと1つ、球種『落ちる球』を覚えないといけない『通用しない』
と話していました
それに中4日登板、デーゲームに弱いという
データーもあるしね。。。
考え方もさらに進化して、メジャーで成績を残さないと
ポスティングでMLB移籍した意味はない!

 

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ






  • 2009.02.15 Sunday

岩田「やり残したことない」代表入りへ万全仕上げ

球児とともにWBC日本代表候補入りしている岩田は、侍ジャパンの連覇を“公約”に掲げた。ブルペンではツーシーム、カーブ、スライダー、フォークを織り交ぜて68球。万全の状態に仕上がった。

「実感はまだないけど、向こうに行けば変わると思う。(きょうは)協力してくれた皆さんにお礼を言いたかった。“ありがとうございました”と伝えました」

 練習前の円陣で選手やスタッフに謝辞を述べると、温かい拍手を浴びた。「調整は順調にきてる。気持ちよく行ける。投げる時は全部、抑えるつもりです」

 追加招集の身だが、悲願の代表入りへ自信がみなぎる。「(代表に選ばれたら)もちろん連覇。やれることは全部やってきた。やり残しはない」。若き左腕は胸を張って代表合宿に乗り込む。
記事はスポニチ

2年目のジンクスは多少は気になるけれど
渡辺がそうだったように
岩田の場合も実績がイコール、自信になっている感ありで
今季は期待通りにやってくれそうです
目標は15勝らしい「昨季は10勝10敗」
負け数を減らせれば目標の15勝にかぎりなく近づく
安藤&岩田で30勝すれば『優勝』だぁ〜楽しい


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




 

  • 2009.02.15 Sunday

世界一へ!球児が矢野相手に熱投『87球』

◆ きょう15日に宮崎入り、日本代表合宿に合流 ◆
WBC日本代表候補の球児が14日、沖縄・宜野座キャンプでの“最終調整”を完了した。きょう15日に宮崎入りして代表合宿に合流。ブルペンで矢野を相手に87球の熱投を披露した右腕は16日に始まる代表キャンプから、いよいよ連覇を懸けた戦いに挑む。

 ▼球児 きょうは(投球の)イメージができたのが一番。まだ“いよいよ”という感じではない。WBCに行くわけですが、開幕のことを一番に考えてやっていきたい。(練習前の円陣では裏方さんのもとへ歩み寄り)頑張ってきます。
記事はスポニチ

インタビューで「できればいきたくないですよ』とつい本音を漏らした
それだけ、「球児」2度目のWBC、そして3度目の世界の舞台
今回は岩瀬、上原もいない。言いようのないプレーシャーは
容易に想像できないでしょうか冷や汗

また『故障だけはしないで帰って来たい』球児らしくない?
発言も全日本の抑えの重圧を少しても避けたい
気持ちのあらわれでしょう

阪神ファンは球児の性格はわかっているから
怪我だけは。。。に反応しないでしょうが
知らない人は悪意に取られ、誤解されるかも!?汗


人気ブログランキングへ


  • 2009.02.14 Saturday

下さん『チョコ13個』で坑魁,呂笋靴ん2位躍進!

練習を見学に来る、ファンの手渡し分を含めたら、
『個数』順位は変わってくるでしょうけど。。。 
虎大物、独身3人が上位3人を占めたことになる
1軍メンバーで独身は数が少ない 
阪神は14日、1軍キャンプ宿舎に届いたバレンタインデーのチョコレート集計結果を発表し、1位は下柳剛投手(40)の15個だった。下柳投手は3年連続1位。2位は林威助外野手(30)で11個。林外野手は昨年は10傑圏外だった。3位が赤星憲広外野手(32)の10個、4位は金本知憲外野手(40)と桧山進次郎外野手(39)で、ともに8個。6位は矢野輝弘捕手(39)平野恵一外野手(29)藤川球児投手(28)で、いずれも7個。宿舎内や球場で直接、選手が受け取ったチョコレートはカウントされていない。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




 

  • 2009.02.14 Saturday

はやしくん休日返上 ウエートトレーニング調整

はやしくんは休日返上で体を動かした。宜野座ドームで体をほぐした後、ウエートルームにこもって入念に調整。「きょうはウエートだけです」と淡々と話したが、充実の表情を見せた。11日の練習試合・日本ハム戦では中前打を放つなど状態は悪くない。「試合で打たないと意味がない」と普段から話しているように、15日の練習試合・ヤクルト戦に向け気合十分。「頑張るだけです」と言葉に力を込めた。
記事はスポニチ
現状では6,7番の予定でしょう
3番鳥谷を脅かす存在であってもらいたい
打撃のポテンシャルは、はやしくんのほうが上だと思いますので。。。
3番はやしくん、四番アニキ 5番新井のほうが迫力十分!
でせう
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

  • 2009.02.13 Friday

蕭投手プロ初実戦登板で2回 初被弾「1失点 」も合格!

安芸 「2軍紅白戦、白組4-1紅組」(12日、安芸)

 阪神のドラフト1位・蕭一傑投手=奈良産大=が
12日、紅白戦でプロ初の実戦に登板した。
紅組の先発としてマウンドに立ち、一回に浅井に本塁打を打たれたものの、2回を8打者2安打1失点。落ち着いたマウンドさばきは、即戦力右腕としての期待感をさらに高めた拍手

「緊張しました。ボール先行はダメですね。打者有利になるんで。反省することは反省します」

 初回先頭の柴田、続く上本に対していずれもツーボールとした。だが動揺せずに攻め立てて仕留めた。

 「甘い球はいかれる。(高橋)光さんにも言われました」と浅井の一発にプロのレベルを感じたものの、その後は落ち着いた投球を見せた。前日の練習中には右手人さし指にマメを作ったが、その影響もなく「低めに投げていたら大丈夫と言われていたんで」と納得した表情だった。

 平田2軍監督は「慌てない。色んな球種でストライクをとれる。試合が作れる投手」と褒めたたえると、中西2軍投手コーチも「より実戦的な投手と認識した。打たれてもしっかり切り替えていた」と評価を高めた。

 WBC台湾代表候補に選ばれている蕭は、14日にチームを離れ豪州での代表合宿に合流する。

 「きっと勉強になる。投手コーチも郭さんなんで、少しでも何か学べることができたら」

 目標としている郭泰源氏からの直接指導は蕭にとって、最高の経験になる。WBCでも“財産”を得て進化を目指す。
記事はデイリー

はやしくんとともに、WBC台湾代表に選ばれるでしょう
世界の舞台で活躍して、それを弾みにして1軍登録『活躍』
してもらいたいものですグッド


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.13 Friday

新井さん『キャンプ』初の三塁特守

豪快なサク越えだけではない。ユニホームを土で黒く染める様もまたキャンプの風物詩だ。三塁復帰の決まった新井内野手が今キャンプ初めて特守に取り組んだ。真弓監督にも見守られながら64分間にわたって球を追った。

 サブ球場の内野グラウンドで三塁に新井、遊撃に鳥谷と大和、二塁に平野が並んだ。予定にはない真弓監督まで現れ、特守は始まった。昨季は一塁を専門にした新井にとって阪神移籍後は初めての三塁特守だった。

 20本目を過ぎ、そばで見守る指揮官から両足の運び方について身ぶりを交えた助言を受けた。数本後に今度はグラブの出し方、その次はスローイング…。元名遊撃手から次々と手ほどきを受けた。

 三塁線のゴロに何度も飛びつけば、大声も張り上げた。まさに“ホットコーナー”の別称が似合う。疲れで動きが鈍った後は真弓監督のかけ声に後押しされた。100本を超えたところで「腰は大丈夫か?」と聞かれても、「大丈夫です」と即答して続行。鳥谷ら他の選手と同じ時間を守り抜き、計133本のノックを受けきった。
記事はスポニチ

痛めた腰は大丈夫でせうか?
くれぐれも、無理しないように願いたいです
まじめな選手ですから、やりすぎる傾向にある。。。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



  • 2009.02.13 Friday

岡田前監督がオリ・浜中を激励「やれるはず」

昨年まで阪神の監督を務めた岡田彰布氏が評論家としてオリックスキャンプを視察した。

 阪神時代の“教え子”、浜中の調子が気になった様子。
移籍1年目の昨季は85試合の出場で9本塁打に終わったが
「ことしは絶対にやれるはず」とエールを送った。

 浜中はこの日の紅白戦で2打席とも凡退したものの
「うれしいです。2軍からずっと見てくれていましたからね」
と再会を喜んだ。(宮古島)
記事はサンスポ
浜ちゃんにはオリでスタメンを勝ち取ってもらいたいものです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


ひとこと
阪神から追いやった
お前が言うな
この馬鹿○○が。。。

  • 2009.02.12 Thursday

【夢う君たちへ アスリートからのメッセージ】矢野輝弘選手

興味深かったので。。。
そのまま載せました
2月12日16時20分配信 産経新聞から

 ■君のリードが勝負を決める

昨夏の北京五輪日本代表に選ばれるなど、球界を代表する捕手といえる阪神の矢野輝弘選手(40)。懸命に投手をリードする姿や勝利の後に見せる笑顔にあこがれる子供たちは多いはずだ。捕手というポジションのどこに魅力を感じているか、矢野選手のようになるにはどうしたらいいか、プロ野球選手を夢見る野球少年、野球少女に語ってもらった。

「ミスタープロ野球」の長嶋茂雄の時代、子供たちは競って三塁を守った。昔も今も変わらない人気のポジションは投手。逆に「キャッチャーだけはやりたくない」という子は多いという。

「最近はボクみたいな体形の子も多いみたいだけど、昔は捕手といえば太っていて、動けない子がやるというイメージだった。きついわりに目立たないし、投手が打たれて負ければ、『お前のリードが悪い』と監督に怒られる。あんまりいいことはなかったな」

野球をやり始めたのは小学2年。ポジションは遊撃だった。初めてマスクをかぶったのは6年のとき。チームの正捕手がケガで試合に出られなくなったからだ。

 「すごく速いボールを投げる投手がいて、
それを捕れるのがボクしかいなかった」

 それ以来、外野などを守ることもあったが、捕手に魅力を感じながら、
プレーを続けてきた。

 「守るときにひとりだけ反対を向いているのが捕手。打者や走者との駆け引きなど、いろんなものが見えるし、自分のリードで勝敗が決するというのは、責任は重いけど、おもしろさもある」

 捕手は頭脳明晰(めいせき)でなければ務まらないといわれるが、それは違うと力説する。大切なのは投手、チームメートとのコミュニケーションだという。

 「チームメートと、野球のことだけでなく、いろんな話をして性格を知ること。これは野球に限らず、どこの世界でも同じでしょ」

 毎年オフになると少年野球教室に招かれることが恒例行事となっているが、やはり目がいくのはキャッチャーをやっている選手たちだ。

 「小学生には、技術的なことも大事だけど、『大きな声を出すこと』『ピンチでも明るくしなさい』と話している。捕手が落ち込むとチーム全体が暗くなるからね」

少年野球の現状で残念なことがあるという。それはピッチングやバッティングを教えられる指導者はいても、捕手を専門的に教えられる人が少ないことだ。

 「これも捕手をやりたいという子供が少ない理由のひとつ。実際、捕手のドラフト候補生は年々減っている。だからプロ野球の世界で、野球少年のお手本になれるような捕手も少ない。これからは子供たちだけでなく、アマチュアの指導者の方とも幅広く交流をもちたい」

 捕手の育成、ひいては野球界のすそ野を広げる意味でも、自らの頭脳、
技術を披露することはやぶさかではない。

 「プロ野球は同じ相手と何度も対戦するが、少年野球は違うでしょ。
だから、配球や相手とのかけひきは高校生ぐらいから勉強すればいいと思う。ただ、ナイター中継をみても、好きな球団の勝敗に一喜一憂するだけでなく、自分なら、どんなボールを要求するかなど、配球を考えるクセをつける。捕手の奥深さがわかっておもしろいよ」

 何気ないテレビ中継も捕手の視点で見る。矢野選手のような一流になる選手は、こういうところから違うのかもしれない。
 
9個ある守備位置のなかで、捕手ほど奥深く難しいポジションは
ないでしょう
だから、面白みも大きいのでしょう
あると思います
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

                


  • 2009.02.12 Thursday

岩田1回3人斬り、ツーシームに手ごたえ

岩田が11日に沖縄・宜野座球場で行われた日本ハムとの練習試合に先発。1回を3者凡退で抑え、昨季より揺れ幅を大きくして磨きをかけたツーシームへに手ごたえをつかんだ。先頭の鵜久森、続く陽をともにツーシームで三塁ゴロに打ち取り、9球で1回を終了。「省エネですね。バッターが(球の動きに)反応してくれているので、いい動き(揺れ)だと思う」と、今季初の実戦登板に、笑顔で語った楽しい

 この日の試合では、WBC公式球ではなく、メジャー公式球を使用したが、違和感もなくストレート、カーブ、スライダーも投げた。課題に掲げた右打者外角のストレートも「いい感じで決まった。これが僕にとっては大きいです」。応援に駆け付けた母校関大の私設応援団「関大岩田会」の後輩たちの前で、きっちりと仕上げた先輩の姿を見せた。

 試合後は、大阪桐蔭高の後輩、日本ハム中田からあいさつを受け「りちぎなやつだな」と苦笑。余裕さえ漂わせる岩田に、WBCの山田久志投手コーチは「岩田らしいボールがきていた。でも、もっと長く見たかった」と残念そうだった。
記事はサンスポ
岩田は2年目のジンクスには、関係なさそう
プロ3年目、まだ進化の途中ですかね!



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


  • 2009.02.12 Thursday

岡崎ええやん!ダルから先制だぁ!!

晴れた宜野座の空とは対照的に流れた音色が泣いていた悲しい
今キャンプ最多の2万3000人が見守った初陣。
真弓監督の背中に六甲おろしが突き刺さった。
 「勝ちたかったね…。でも練習していることができている。
悔しいことは悔しいが、いい練習はできたかな、と」

 ベンチに立ち続けた。枯れた声と充血した目が真剣モードを物語る。
しかし収穫はあった。だから胸を張った。

 「いいリードだったんじゃないかな。(走塁でも)相手投手がスキをくれれば、いくらでも突こうという姿勢が、ちょっと見られたからね」

 岡崎の名前に反応した。一軍出場のない未完の捕手がスタメン抜てきに応えた。二回一死一、三塁。ダルビッシュの132キロのスライダーを振り抜いた。33球中、150キロ超えは7球。圧巻の投球を見せたWBCの日本のエースから執念で右前に落とした。

 「打つ方はたまたまです。スコアリングポジションだったので、食らいついていきました」

 一走・坂が二塁に封殺され、記録はライトゴロとなったが意地の“先制打”。四回一死走者なしでは二塁内野安打。続く平野の打席でフルカウントからスタートを切った。スキを突く姿勢。指揮官はそれが嬉しかった。

 守備でも一回は岩田のツーシームを有効に使い、9球で三者凡退。藤川が登板した二回は1安打を許して「要求した球がストレートが多くて、タイミングよく打たれた」と冷静に分析した。

 「まだこれから。今の段階で評価するべきではない」。吉田ブルペンコーチの厳しい評価が期待の裏返し。野口の横浜へのFA移籍を受け、第2の捕手は空席。矢野は年齢的に年間100試合出場が限度。残り40試合を誰でしのぐか。V奪回のカギを握る第2捕手争い。狩野、清水らのライバルを尻目に、一歩リードしたことは間違いない。

 「今は結果よりも練習でやっていることを出せるかどうか。思い切ってどんどんいってほしい」

 神戸市内の自宅から沖縄に駆けつけた典子夫人(55)に初勝利を届けることはできなかった。それでも指揮官は前を向いた。先制点はエンドラン、三回は鳥谷と林で重盗を決めた。足を絡めて1点をもぎ取る真弓野球の一端を見せた。象徴が岡崎だった。 

 黒星発進の虎将は1988年の村山実監督(故人)以来だが、今年は孝行息子がいる。捕手育成という“扉”に手をかけた。それだけで十分だ。
記事はサンスポ

期待され自由枠で入団して、はや5シーズン目
1軍経験はまだない背番号も昨季から27から『57』に変更された
私が最も好きな虎ガーさんが今季の岡崎は違うと高評価
『へたな評論家よりも信頼はおけます』
今季は期待できそうですグッド
矢野の第2捕手とはいわず、矢野を追い抜き正捕手を狙う気持ち
でやってもらいたいものです!
プロはそれぐらいのずうずうしさがないと大成できないところでもある
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

続きを読む >>

  • 2009.02.12 Thursday

真弓監督 悔しい初陣●も収穫いっぱい


練習試合、阪神2-5日本ハム」(11日、宜野座)

 阪神にとって09年初の対外実戦となる日本ハムとの練習試合が11日、沖縄県宜野座村の宜野座球場で行われた。真弓監督の初さい配に注目が集まり、今キャンプ最多の2万3000人がスタンドを埋めた。2-5で敗れたものの、ヒットエンドランあり、ダブルスチールあり。
目指す『スピード野球』の一部を披露、期待感十分の初陣となった。

3時間弱の戦いを終えた真弓監督がようやく、ベンチに腰を下ろした。第一声は「勝ちたかったね」だった。2-5の敗戦。「練習試合でも勝ちにこだわる」と公言していた指揮官は悔しさをにじませた。

 練習試合とはいえ、阪神タイガース第31代監督の初さい配。周囲の注目と同じように自身も気持ちの盛り上がりを感じていた。相手は同じ昭和28年生まれで、近鉄では監督とヘッドとして共に戦った日本ハム・梨田監督。試合前には旧交を温めた。グラウンドレベルにある監督室には最愛の妻・典子夫人の姿もあった。

 12時30分。「プレーボール」の声は三塁ベンチ中央、2列目で仁王立ちで聞いた。左側に木戸ヘッド、右側には岡野手チーフを従え、戦況を見つめた。途中からはグラウンドコートを脱いだ。選手がヒットを打てば手をたたき、チャンスではよく通る高音で選手を鼓舞した。隣で将の肉声を聞いた岡コーチは「監督の声が一番出ていた。チームの士気も上がるしベンチも明るくなっていた」と話した。それでも勝利には結びつかなかった。

 だが、真弓監督は誰も責めることはなかった。

 「負けたことは悔しいのは悔しいけど、いい練習ができているのではないかと思います」

 就任以来『守りの野球』を掲げてきた。攻撃においては「スキあらば次の塁を奪う走塁」をテーマにしてきた。この試合では二回一死一塁から一塁走者の桜井と坂の間でヒットエンドランを仕掛け成功。剛腕ダルビッシュをとらえての先制点に結びつけた。

 三回一死一、二塁では二走の鳥谷と一走の林が打者・今岡の2球目に果敢にスタート。投球のワンバウンドもあり、ものの見事にダブルスチールを決めて見せた。

 「“このボールで”というのではなく、タイミングで行けるなら。ああいうところでサインでなくても行けるなら全然行ってOK」

 この時ばかりは目を細めた。掲げた野球が浸透してきている。初実戦の中で見えた目指すべき方向。これこそが最大の収穫といえる。

 勝利のハイタッチは次回にお預け。それでもその手に感じた手応えに間違いはない。
記事はデイリー

試合は負けたけれど、昨年までなかった積極采配は高く評価できます
今季の虎はちぇんじ元年!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


  • 2009.02.11 Wednesday

本日安芸紅白戦に育成枠・野原が四番抜擢

育成枠・野原祐也(24)が2軍安芸キャンプ初実戦となるきょう11日の紅白戦に4番で先発出場する。

 「まずは1本打ちたいですね。簡単には打てないと思うけど、力まず自分のプレーをしたい」

 育成枠での入団ながら、今キャンプで評価はうなぎ上り。八木打撃コーチも「パワーそしてヘッドスピード…。打つことに関してはファームでトップクラス。高橋光にもヒケをとらないんじゃないかな」と絶賛した。

 「初球から思いっきり振っていきたい」。虎のおかわり君、ゴツ丸…チームメートから様々なあだ名をつけられる愛すべきキャラクターが鮮烈なデビューを飾る。プロ入り後、初実戦の舞台で結果を残し、支配下登録、そして開幕1軍へとつなげるつもりだ。
記事はスポニチ

富山独立リーグからの入団
がんばってもらいたいです

打つのはすばらしいとしても
代打なら競争は激しいです
葛城、檜山、庄田、櫻井、高橋光。。。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.10 Tuesday

新井さん、サードコンバート決定!!

真弓監督は「1シーズン、これでいってみようかなと思います」と、
今季は新井を三塁手、関本を一塁手で起用する方針を明らかにした。
関本については二塁手に回る可能性にも言及した上で
「一塁のレギュラーは関本」と話した。

昨季の新井は主に一塁手で出場し、ゴールデングラブ賞を受賞。ただ、移籍前の広島時代は三塁手が本職だった。新井は「やれと言われたところでやるだけ」と前向きだった。
記事はサンスポ

メンチが予想外?に使えるめど【右翼スタメン】がたったため、
新井がサード『固定』サードの関本がセカンドに回り
ファーストには、はやしくん、今岡、葛城【関本】
などで乗り切る
1番センター赤星、2番セカンド関本、3番ショート鳥谷、四番レフト金本

5番サード新井、6番ライトメンチ、7番ファーストはやしくん「今岡」、

8番捕手矢野
なかなか、いい打線ですわ拍手


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.10 Tuesday

明日11日、真弓阪神初陣【勝ちにこだわる】

真弓監督が9日、初陣となる11日の練習試合・日本ハム戦(宜野座)での必勝を宣言。今季の飛躍を期待する桜井や林ら若手野手陣に、先発予定のWBC日本代表候補のダルビッシュ有投手KOを指令した。

▼真弓監督 (11日の練習試合・日本ハム戦)勝負だから勝ち負けにはこだわる。オープン戦や練習試合は(公式戦と)作戦こそ違ってくるが、攻撃では何とかしてつなぐ、走者を進める、本塁に還す。プレッシャーのかかるところでは、シーズンと同じ気持ちでやってほしい。ダルビッシュを5回までにKOしたいな。いうても3イニングくらいしか投げんやろうけど(笑い)。打てば自信につながる。
記事はスポニチ

今年の宜野座キャンプは晴天に恵まれ
順調なようですペン拍手
坂、大和などの若手野手のアピールは物足らないものの
4,5番手のローテ争う、若手投手は元気なようです楽しい
昨年のどら1白仁田、黒田、玉置、上園、石川、あべけんなどなど。。。
楽しみな選手が多いです
故障離脱の久保田もおちおちしていたら、1軍生き残れないかも!?


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.09 Monday

5年目『62』玉置がいいらしい。。。

プロの先輩として負けるわけにはいかない。
白仁田&黒田の売り出し中のコンビとともにケース打撃に登板した
5年目右腕・玉置隆投手が延べ打者12人に対し、被安打0と完ぺきな投球を見せた。

 「ブルペンではできていることを、実戦形式でできるかがテーマ。変わることなくできたのがよかった」

 常に意識してやっている走者を背負ってのクイック投球でも、力強いストレートをコーナーに制球。昨年に習得し、さらなるキレを求めているチェンジアップを2球投げ、坂と葛城から、いずれも空振りを奪った。

 「いいボールを投げていた。いろいろな方面から見ても、リリーフタイプだが、うちはリリーフの層が厚いからね」

 昨秋キャンプで「自分はリリーフ向き」と公言したことにカミナリを落とした真弓監督も、渡辺、アッチソンはじめ、そうそうたるメンバーが揃う中継ぎ陣の一角と競わせる可能性を示唆した。

 2月11日の練習試合・日本ハム戦にも登板予定。脇役のまま終わるつもりは毛頭ない。

 ★玉置 隆(たまき・ゆたか)1986年(昭61)9月11日生まれの22歳。和歌山県出身。市立和歌山商から04年ドラフト9巡目で入団。今季が5年目でウエスタンでは通算91試合に登板、12勝9敗6セーブ。1軍では通算6試合、8回投げて7奪三振、防御率0・00も勝敗に関係なし。1メートル81、79キロ、右投右打。
記事はスポニチ

黒田も同じ23歳 白仁田、石川、小嶋『24歳』
上園、阿部健『25歳』
この年代の投手の1人でも頭角をあらわしてもらいたい
ちなみに歌手玉置成美の従兄弟でもある

市和歌商といえば、阪神唯一の生え抜き2000本安打の藤田平氏の母校

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.08 Sunday

中村泰広投手 練習生から支配下登録選手へ

育成選手として阪神に復帰した中村泰広投手が6日、支配下選手登録に向けて大きく前進した。視察した沼沢球団本部長は「きょう僕が見た中では一番、光っていた。(支配下に)一番近い選手でしょう」と評価。左腕不足のチームを救うべく、安芸で再起を誓う。

独特の弾む投球フォームから繰り出す直球には威力があり、宝刀スライダーにはキレがあった。「うおりゃ」。時折漏らす雄叫びには、今季にかける男の気迫がのぞく。日本ハムを戦力外になり、育成枠で阪神に復帰。平田2軍監督も支配下選手登録に向けて「泰は1歩も2歩もリードしているね」と賛辞を贈った。

悩まされた左ひじ痛も「今は全然大丈夫です」と経過は順調。この日も連日のブルペン入りで、56球を投げた。絶対の武器となるスライダーを最大限に生かすため、シュートとチェンジアップの習得にも励んでいる。

8日にはフリー打撃に登板する予定。1軍合流後の21、22日に行われる紅白戦に向け、実戦感覚を養っていく。「勝負は実戦に入ってから。そこでしっかり結果を出したい」と中村泰。背番号3ケタからの挑戦が始まった。
記事は6日付デイリーから

怪我さえ治れば、貴重なサウスポー
十分戦力になるでしょう。
練習生から先発ローテに加わる可能性も!?
あると思います


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

続きを読む >>

  • 2009.02.08 Sunday

新井全開!『32スイング』11発

新井さんが7日、フルスイングを解禁した。第2クールから参加しているフリー打撃で、この日から全開モードに突入。4連発を含め3連発締め!計11本のアーチをかけた拍手

▼新井(この日、最後の5分間でフルスイングを解禁し)そうですね、最後は確かめたところはありました。とにかく思い切り振ってみようと。振り込んで、振り込んで、それでどうなるのかというのもありますしね。(今後については)監督からはまだ何も言われていませんし、それはこれからやっていく中で決めていけばいいと思う。コンディションは徐々に良くなっているのでバンバンいきますが、慎重にならないといけないでしょうから。
記事はスポニチ

柵越えの数じゃなくて、今の時期にフルスイングできた成果のほうが、新井さん&『チーム』にとっても、大きい出来事だったでしょうか拍手


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.07 Saturday

久保田 今日から安芸合流 

右肩関節炎でノースロー調整の久保田は、きょう7日に安芸の2軍キャンプに合流する。この日は、アップ終了後、ドーム内でノックを受けるなどして汗を流した。「ゆっくり治します。投げる以外はできる。昨日よりも状態はいい」。真弓監督も「こっち(沖縄)にいると無理をする。肩だし、じっくり治してから、調子を上げてきてほしい」と、完治させることをすすめた
記事はサンスポ
 
安芸キャンプからのスタートだった能見が6日、1軍へ“緊急昇格”した。この日、朝に沖縄行きを命じられた左腕は、目を丸くしながらも気持ちを切り替えた。

 「朝聞きましたよ!全く予想してませんでした。5年目ですからね。やるしかないでしょ」

 ドタバタの沖縄入りだった。練習はいつも通り9時半から開始。ウオーミングアップとダッシュを終えると、突然沖縄行きを通達された。その後、キャッチボールを早々に済ませさっそうとブルペン入り。81球を投げ込み、正午前に球場を後にした。

 また、運の悪いことに高知から沖縄への直行便が1月31日をもって運休。福岡経由での移動を強いられ、到着したのはすでに午後6時を回っていた。

 右肩関節炎の久保田の離脱を受け、平田2軍監督と投手コーチらが推薦。久保投手コーチも「左(投手)が少ないし競わせます」と貴重な1ピースとして期待する。昨年はプロ入り初の未勝利という屈辱を味わった。思いがけぬ形で転がり込んだチャンスをモノにできるか−。能見の逆襲がここから始まる。
記事はスポニチ
のうみんにはあまり、期待はしていませんが『期待する時期は過ぎました』
貴重な左投手だし、出番はきっとあるはずでしょう
のうみんよりは、昨年トレードで日ハム移籍した中村泰広
昨シーズンは怪我で投げられなかった。そして『オフに解雇』
トライアウトで虎に再入団した
怪我さえ治れば、やってくれると思います。
左投手王国?だと思っていましたが
あんがい少なくなりました。。。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.07 Saturday

【47】白仁田 フリー打撃で鳥谷のバットへし折る

白仁田投手が沖縄キャンプ第2クール2日目の6日、フリー打撃に初登板。打者2人を相手に44球。鳥谷のバットをへし折り、23球で見逃しのストライクが3球と空振りが1球。長い手足と甘いマスクはWBC日本代表候補ダルビッシュ有をほうふつとさせる。期待の新星が開幕ローテーション入りをアピールした。

 ▼白仁田 (鳥谷を完ペキに封じたものの)いつもブルペンで投げているフォームでなく、悪いフォームが出た。修正できなかった。(藤川から直接アドバイス)投げるときに左肩を入れすぎるなと言われました。

 ▼鳥谷 (僕に)気を使って外ばっかり投げていたし、軽く投げていた。

記事はスポニチ

活躍すれば人気は沸騰?するでしょう楽しい
昨年は虎の織田祐二と騒がれました
まあ、どら1ですからね
活躍してもらわんとね 

同じく2年目の黒田、2軍でノーヒッターの若竹、玉置
1昨年の新人王上園、投手陣は楽しみな若手が多い
崖っぷちのお杉&のうみんもいるし
復活の金村暁、福原もいたなぁ汗
頭数だけは投手王国は間違いなし!?
それがオープン戦、公式戦が始まるころになると
いなくなるのはなじぇ?冷や汗


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.06 Friday

内外野入れ替えシートノック実施

宜野座キャンプで6日、内外野の“入れ替え”シートノックが行われた。
外野手の赤星、林、桜井らが内野を守り、内野手の関本、鳥谷、藤本らが
外野を守る逆転ノック。中継プレーなどふだんとはまったく別の動きに慣れないながらも懸命にこなした。左翼で打球を追った関本は「外野手でもいける? 全然だめでしょう。それがよく分かりました」と笑顔だった。
記事はニッカン

一枝氏いわく、外野手が内野を守ると細かな動きが覚えられるし、
連係プレーの際、相手の気持ちがわかるのがメリット!
昭和60年ごろ、ヘッドコーチ時代によく練習で行ったそうです
ちなみにそのころ、真弓監督は現役の選手だった

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.06 Friday

鄭凱文が阪神テスト合格、支配下登録へ

阪神が第6の外国人としてWBC台湾代表候補の鄭凱文(ジェン・カイウン=20)投手を獲得することが5日、明らかになった。3日に沖縄・宜野座キャンプで鄭の入団テストを行い、ブルペン投球を首脳陣がチェックした。育成枠ではなく支配下登録選手として獲得することを決めて、鄭側と最終交渉を行うことになった。

球団首脳は「テストでは現場も評価していた。将来性もあるし、うちは受け入れやすい環境もある」と話した。ドラフトで指名して日本人扱いの林威助外野手や蕭一傑投手に続き、3人目の台湾出身選手となる。

真弓監督はテスト当日に「球が速くキレもある。後は外国人枠の兼ね合いがどうか」と話していた。中継ぎ投手としての可能性を見込み、ウィリアムスやアッチソンという実績のある外国人投手の控えとして位置づける。鄭は7日から台湾代表の豪州合宿に参加。交渉がまとまれば、合宿中にも阪神鄭が誕生する
記事はさんすぽ

外人枠はあるとは思いますが、即戦力になる可能性もある!?


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.06 Friday

新井、屋外での打撃練習解禁

「第1クール」別メニューのスタートでやや心配していましたが
何の問題もなさそうで5番のポイントゲッターでの
役割は十分果たしてくれそうです

新井さんが5日の第2クールから屋外での打撃練習を解禁した。
初日は85スイングで7発のサク越えを記録。
打撃以外でもウォーミングアップや投内連係など
フルメニューをこなし、本隊へ完全合流した。

 青空の下でバットを振った。周りを見れば一緒に戦う仲間もいる。
昨季の腰椎(ようつい)骨折を配慮されて主に室内での別調整だった
第1クールとは光景が違った。

 「やっぱり外で打つのはいいですね。気持ちよかったです。きょうはまだ慣らしなので、これから徐々にいろんなポイントをチェックしながらやって
いきたいですね」

 ミートを心がけ、センター中心に打ち返しながらフォーム固めしていく手法は変わらない。その打撃で打球を飛ばした。11スイング目で左中間フェンスを超えた一撃を皮切りに計7発。昨春キャンプの初日のフリー打撃が1発のみだったことを思えば、本塁打量産を掲げる今春の“変化”の予兆か。ティー打撃中には真弓監督から助言を受ける場面も見られた。

 「(体は)まったく問題ありません。腰もこのままいければいい。今年は打順も変わる。前の方(金本)をしっかりサポートできればいい。いままでで一番いい成績を残したいという気持ちはいつも持ってます」

 守備練習ではノックの打球に2度、飛び込んでユニホームを汚した。もう制限はない。新井にも球春がやってきた。
記事はスポニチ


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

人気ブログランキングへ

  • 2009.02.06 Friday

メンチいいかも。。。ランチ特打で15発

信用はしていませんが、メンチはオマリー以来の使える外人打者になりそう!?
ただ、ライトには、はやしくんがいてますし、過度の期待はしていません。
メンチがスタメンなら、はやしくんの出番が減りますからねしょんぼり

今度こそ“当たり”や!?ケビン・メンチ外野手が第2クール初日となった5日、来日初となる屋外での打撃練習となるランチ特打に臨み、55スイング中15本のサク越えを放った。敵も味方もうならせる内容で、メジャー89発を放った片りんを見せつけた。

▼メンチ (15本をスタンドへ)サク越えはマスコミが楽しんでくれればいい。自分は自分のトレーニングをするから。最近まで背中の張りがあったけど、それがとれて、いい体調になってきた。

▼和田打撃コーチ これぐらい、いいとニコニコしてしまうね。飛ばそうと思っている感じではないけど、音が力強い。柔らかさの中にもパワーがあるし、体の回転で、スイングで飛ばせる。

▼真弓監督 (11日の練習試合・日本ハム戦)行けそうなら、行かそうと思っているよ。そうなれば(試合の)最初からやろね。
記事はスポニチ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

人気ブログランキングへ

  • 2009.02.05 Thursday

久保田右肩に張り。。。

久保田が5日、右肩の関節炎で、最低1週間のノースロー調整となった。

キャンプ前から右肩に張りがあったという。ここまでブルペンに入っていなかった。久保田は「万全になって、早く戻りたい。悔しいけど、しょうがない」と話した。真弓監督は「投げないし、リハビリの方が多いので」と、高知の2軍キャンプで調整させる可能性も示した。(宜野座)
記事はサンスポ

ついに「きたー!」かという感じ冷や汗
あれだけ投げれば『登板過多』
勤続疲労も手伝って、故障もおきます

赤松のプロテクト漏れ『広島移籍』濱中トレードにつぐ
久保田故障という悲しい出来事がまた起こってしまいましたしょんぼり
もう一年、真弓阪神の誕生が早ければと思いが更に強くなりました怒りマーク


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

人気ブログランキングへ

  • 2009.02.05 Thursday

真弓監督・2.11初陣シフ ト『四番・はやしくん』

真弓監督はキャンプ休日の4日、初さい配となる11日の練習試合・日本ハム戦(宜野座)のオーダーを明らかにした。

1番セカンド藤本 2番サード関本 3番ショート鳥谷 四番ライトはやしくん 5番レフト桜井 6番DH葛城 7番ファースト庄田 8番捕手狩野
9番センター平野 投手岩田

突き抜けそうな沖縄の青い空へ、気持ちよくナイスショットを連発した。
真弓監督はキャンプ最初の休日、大好きなゴルフでリフレッシュ。
心地よい汗を流したあと、1週間後に迫った初陣の一端を明らかにした。

「一塁は庄田も葛城もいる。レフトは桜井。赤星はまだ(試合に)出るのは早いから、センターは平野。ライトは林」

真っ黒に日焼けした顔をほころばせて、スラスラと構想を語った。5日からの第2クールは11日に予定するシート打撃など、実戦的な練習が増えていく。初指揮が近づき、胸が躍った。

 「今、目立っている藤本を使う」と復調気配のかつての3割打者・藤本を1番・二塁で起用。続いて「日本一の2番になれる」と評価する関本でつなぎ、クリーンアップで起用する方針を固めている鳥谷を、早くも3番でテストする。4番は仕上がりが早い林で、林と右翼を争う桜井は5番・左翼に回す。投手はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)組の岩田、球児をスタンバイさせることを明言済み。 「(日本ハムは登板予定の)ダルビッシュがいるから、少し盛り上げていかないと」

 金本らベテラン勢はもちろんまだ出ないが、期待が膨らむ豪華オーダーだ。真弓流の期待、厳しさ、勝負へのこだわりも透けて見える。2・11オーダーから2009年の輪郭が見えてきた。
記事はサンスポ

いよいよ実戦もはじまり、わくわくする度合いも高くなってきました
真弓監督がどういう采配をしてくれるかも楽しみです
前監督は選手まかせ、ほったらかし采配でしたからね。。。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.04 Wednesday

鄭凱文投手入団テスト 合否は保留

WBC台湾代表候補の鄭凱文(チェン・ガイウェン)投手(20)が3日、沖縄・宜野座キャンプで阪神の入団テストを受験。5種類の変化球を交えて42球を投げたが、一発合格を勝ち取ることはできなかった。
スライダー、チェンジアップ、シュート、フォーク、ツーシームを丁寧に投げ分けた鄭は「デキは100%。昔から阪神ファン」と台湾在住の虎党だった事実も明かして猛アピール。だが、沼沢球団本部長は「2、3日じゅうに返事はする。使えることは使えるんと違うかな。ただ、育成枠(での獲得)とは考えていないし…」と結論を先送りにした。外国人枠の問題もあり、決定打がないのが実情。真弓監督は「個人的には今年というより、将来的に考えてどうか」と含みを持たせたが…。鄭は7日から豪州でWBC台湾代表合宿に参加する。
記事はサンスポ
今日4日に日本ハムのテストを受ける
1日だけのテストでは
なかなかわからない部分もあるでしょう
他球団にとられて「しまった」ということにならないためにも
まだ20歳やし、将来性を見込んで、
育成枠でもとりあえず獲得すればいいんでないの!?


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



  • 2009.02.03 Tuesday

岩田「やってしまったな。。。」

岩田、「19」に恐縮…WBC代表候補の背番決まる
 不敗神話継承だ。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表のスタッフ会議が2日、宮崎市内で開かれ、代表候補選手の背番号が発表された。所属チームと異なる背番号の選手が投手、野手とも6人おり、阪神・岩田投手はかつて上原(オリオールズ)が背負った「19」をつける。

「いくつかあった中で19番にしようと思いましたが、よく考えたら、上原さんがつけていた番号ですね。“やってしまったな”と思いました」

国際舞台不敗を誇る上原の番号に恐縮した様子だったが、19番は関大時代に初めてつけた思い出の番号でもある。この日はブルペン入りせず、ネットに向かって投球練習。フォームを確認した。

 きょう3日はシート打撃に登板。「ツーシーム、スライダーはバッターがどんな感じなのか、後で聞きたい。抑えるつもりで投げます」。WBC球で挑む初の“実戦”に腕をぶした。
記事はスポニチ

まだ最終メンバーが決まってないですが
選ばれたら世界の舞台でがんばってもらいたいものです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.03 Tuesday

2・2は僕の『野球人としての』誕生日!!

準備万端!!グッド球児が2日、連日のブルペン入り。
3日のシート打撃の登板に向けて準備を整えた。
「自分のためにやります」。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の守護神が、早くも火の玉発進だ。

 南国の暑さにも増してブルペンが熱を帯びた。球児の火の玉ストレートがうなりをあげた。

 「昨日よりはよかった。昨日、投げる前には(きょう)投げる予定はなかったけど、(昨日の)夕方に考えていたときに投げようと思って」

 キャンプ初日(32球)を上回る52球。打者を立たせて、微妙なコントロールを意識しながら投じた。3日のシート打撃登板へ準備は整った。

 「とりあえず投げて見るだけです。結果とかはどうでもいいんですけど」

 すでに1月の米ロサンゼルスでの自主トレで、打者に対して投げてはいたが「ちょこちょこやっておかないと責任もあるんで」。今回はWBC公式球を使用し、打者5人を目安に行う予定。状態の良さに“球児節”も全開だ。

 「きょうは僕の誕生日だから。2月2日は(背番号)『22』。野球人としての誕生日」

 本来のバースデーは7月21日だが、背番号「22」への思い入れを口にした。この番号をつけた2005年から5回目の“記念日”だった。3月のWBCでも「22」を背負うことが正式発表された。気持ちが高ぶる要素に事欠かない。

 「バッピ(打撃投手)じゃない。シート打撃ですよ。自分のためにやります」。侍ジャパンの守護神が、急ピッチ調整の成果を猛虎打線を相手に披露する。
記事はサンスポ
岩瀬が辞退、上原もいない中ではクローザーを任せられるのは
球児しかいないでしょう。
前回のWBC、北京五輪と日本代表での成績は公式戦の成績から
すれば物足らないしょんぼり
MLB移籍を意識してか?今季からツーシームを投げている
球児としては、WBCで大活躍しテ、メジャースカウトの
評価をあげておきたいところかな。。。

今季は更なる進化した球児が見られそうです見る


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.02 Monday

真弓監督奪冠へ「阪神は帰ってきました」

真弓明信監督が1日、春季キャンプ初日に大相撲の横綱朝青龍ばりのあいさつで「最強」を宣言した。沖縄県宜野座村が主催したセレモニーで「阪神は、帰ってきました」とあいさつし拍手を浴びた。昨年の悪夢の歴史的逆転負けから、4年ぶりのV奪回に向けて、猛虎復活のキャンプが始まった。

 気分は千秋楽、優勝決定戦に沸く国技館の土俵際だったか。真弓監督はスタンドマイクの前に直立し、こう切り出した。

「阪神は、帰ってきました」。そう、激闘の記憶も新しい横綱朝青龍の優勝スピーチをパクリ? 続けたあいさつにも、横綱の闘志に負けない熱を込めた。

「この沖縄のすばらしい気候の中で、宜野座のすばらしい施設の中で17日まで(1次)キャンプをやらせてもらって、最強のチームをつくるべく頑張ります」。

 ワンフレーズだが、自分に言い聞かせるように「最強」の2文字を強調した。ここ3年は最後に優勝を逃すシーズンが続く。悔しさの募るキャンプ地のファンに、V奪回以外の約束事はなかった。

 ベテランの主力も顔をそろえる春のキャンプが、監督業の第一歩だった。前夜の就寝前から、天候を気にしていた。目覚めてカーテンを開けると、初夏を思わせる日差しと抜けるような青空が目に飛び込んできた。

 「初日の天気がどうか心配していたのだけど、非常に気持ちのいい天気でよかった。1年は長いんでしょうが、スタートがこういういい天気でできると今年がいい感じでいける気がする。初日はまず動きを見ようと思っていたけど、選手はしっかり準備してきていて一安心した」。沖縄入りの前から入れ込みすぎを注意していたが「どうにか自分を抑えた1日」。予想以上に仕上げてキャンプインしたナインの動きを見て、高ぶりを抑えるのに懸命だった。

 「そんなに長くないんじゃないか」とソフト練習をにおわせていたキャンプ初日のメニューは、午後5時にようやく最後の特打が終了。すべてを見届け、宿舎ホテルに着くころには東の空が暗闇に染まっていた。最強への階段。立ち会いの1歩目からハードだった。
記事はニッカン

良くぞ、阪神に帰ってきてくれました
それを祝うような、晴れ
天気でよかったばい楽しい


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.02 Monday

真弓願年 初日の天気は『ぴ〜かん』^^

昨年のキャンプ初日は大雨、雨天練習場からのスタート
想えば「初日がペナントレースでの暗転を暗示していたのかも。。。」

◆ 沖縄・宜野座で春季キャンプ開始 ◆

 真弓阪神が1日、沖縄・宜野座で春季キャンプをスタートさせた。歓迎セレモニーで最強のチームづくりを宣言した真弓監督は、今岡を筆頭に初日から熱血指導を展開。“船出の日”から、7時間を超える猛練習を課し、地獄のキャンプが幕を開けた。

 ▼阪神・真弓監督 すべての選手に期待しているが、ここ2、3年、結果を残せていない人には何とか(結果を)残してほしい。今岡は気になるところはない。毎年、もう一つ上のレベルに行こうとして、考えすぎて悪くなる。今のままでOK。(キャンプ初日を終え)いい天気で、これだけ練習できた。今年はいいことがありそうな感じがする。
記事はスポニチ

時間だけではヵれるものではないが、
昨年までは14〜15時ぐらいには終わっていたらしい
内容の薄い?練習『キャンプ』だったんでしょう。

たかだか、これを地獄キャンプというなかれ!
西武などはキャンプでもアーリーワークを取り入れ
早朝から練習している。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.01 Sunday

はやしくん『無休キャンプ』宣言

林威助外野手が31日、沖縄・宜野座の室内練習場で“休日返上”で決意の自主トレを行った。キャンプ中も無休で腕を磨き、右翼奪取を強烈にアピールしていく。

 こだまする打球音が、決戦前の静けさを際だたせる。2月1日までの残り時間を刻み込むように、快音を響かせた。林に“休む選択肢”はなかった。

 「できる限り体を動かしていきたい。できたら、やります」

 27日からの合同自主トレを打ち上げ、キャンプ前日は休養日。体を休めることに努める選手が多い中、自然と手にバットを握っていた。

 「体を動かしてできる限り、少しでもいい状態でキャンプに入れるようにね。ユニホームを着れば、またあしたから気持ちも違うと思う。ずっと気が張っていると思う」

 宜野座ドームで午前10時半からランニング、ノック、ティー打撃で体をほぐすとマシンを相手に40分間打ち込んだ。外野のポジションは残り一枠。右翼を新外国人のメンチ、桜井、葛城らと争っていく。沖縄入り後のフリー打撃では、林特有のライナー性の打球も連発している。

 首脳陣へのアピールのため、最初からガンガン飛ばしていく。初日のフリー打撃から、勝負が始まるつもりでいる。ライバルたちが思い思いの1日を過ごす中、この日林だけが球場に足を運んだ。夕方には、全体ミーティングに出席。気持ちも徐々に高ぶってきた。

 「いよいよですね」

 開幕スタメンをかけたサバイバルが始まる。ただ休むだけの1日はいらない。昨年痛めた左ひざ、一昨年手術した右肩の不安もなくなった。自分を追い込める体がある。まさに無休の鉄人キャンプ。野球づけの1カ月を過ごす。
記事はサンスポ

怪我さえなければ「体調が万全なら」
ライトスタメンに最も近い選手であるのは間違いない!
打撃のポテンシャルからいえば、鳥谷よりも上でしょうか?
ただ、3番打つには怪我がちと多すぎる。
3番はコロコロ変えれないですし
はやしくんには、
怪我をしない、体作りとかを考えてもらいたいものです

3番打者が安定した成績を上げたチームが優勝している
巨人が2連覇したのは、移籍してきた小笠原が3番に座ってから
03年金本、05年シーツ、04年、06年は福留が安定した成績を上げた

昨年小笠原はシーズン当初は怪我のため出遅れ=巨人低迷
新井が活躍しているときは阪神独走楽しい
怪我でリタイア=失速したしょんぼり
今年の優勝のキーマンは3番打者
つまり、鳥谷がシーズン安定した成績を上げることだと思う
悪ければ、臨機応変に変えればいいです。
真弓監督ならできますが。。。
昨年までの鳥谷のイメージは調子悪い期間が長すぎる
傾向にあるような。。。
そこが解消できない限り打率3割は打てない


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.01 Sunday

下さん契約更改

下柳剛投手は31日、沖縄県恩納村のキャンプ宿舎で契約更改交渉を行い、現状維持の1億9000万円プラス出来高払いでサインした。下柳は今季が2年契約の2年目。

 ことし5月で41歳になる下柳は、オフに右ひざの手術を受けたが「キャッチボールで自分の球が投げられているし、順調にきている」と話した。

 阪神では1949年に若林忠志が41歳で15勝をマークしている。「後ろがしっかりしているので、できない数字じゃない」と2005年以来の自己最多の15勝に自信をのぞかせた。

 阪神は全選手が契約を更改した。
記事はサンスポ

下サンのキャンプ先日更改は3年連続
今年は下さんを中7日ぐらい登板間隔をあけて
投げさせることができたのなら?優勝します! 
たぶん。。。楽しい


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

Go to top of page