オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2016.02.09 Tuesday

3塁も守る! 板山三刀流に挑戦

阪神春季2軍キャンプ(8日、高知・安芸)三刀流に挑戦だ! 
ドラフト6位・板山祐太郎外野手(21)=亜大=が
8日、金本監督の要請で急きょ、ゲームノックで三塁守備についた。
外野、二塁に加えて大学時代にも数試合しか守ったことがない
ホットコーナーで新たな可能性に挑む。11日のハンファ(韓国)
との練習試合(安芸)の出場も決定した。

亜大時代は外野手。成立学園高では二塁手。
そんな板山がゲームノックで三塁の守備につき、
新たな可能性に挑んだ。

 「(三塁の経験は)大学時代に1、2回くらいです。
全然ダメでした。いろいろなところを守れたら、
それだけチャンスが増える。しっかり守れるようにしたいです」

 正面からのゴロは無難にさばけても、挟殺プレーで送球ミス…。
“急造三塁手”の内幕を、掛布2軍監督が明かした。



それだけ、期待のあらわれ
私のひそかに期待の選手
あと中谷、岡崎 荒木





にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ






 「8日、金本監督に『板山は面白い。高山も順調です』と報告しました。(その時に)監督から『(板山は)サードもやらせてもらえませんか』という要望があったんだ」

 1軍の二塁手争いは西岡、大和、上本と層が厚く、次世代に21歳の北條がいる。一方、三塁はヘイグ、新井、今成と候補はいるものの誰もが定位置を確保できていない。次世代を育成する意味でも、挑戦させたようだ。

 板山は打撃は引き続き好調。11日の練習試合の出場について、掛布2軍監督は「使おうと思っている。楽しみだね」と期待大だ。三刀流の存在が、虎の新たなカンフル剤になる。 (新里公章)

  • 2016.02.07 Sunday

掛布2軍監督 絶賛!『1軍の予備軍』

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ








阪神春季キャンプ(6日、高知・安芸)掛布のお墨付きゲット!!
D6位・板山外野手=亜大=が6日、シート打撃で右中間へ
推定120メートルの“プロ初本塁打”を放ち、猛アピールに成功。
掛布雅之2軍監督が「1軍の予備軍」として高い期待を口にした。
また、臨時コーチの江夏豊氏(67)が安芸入り。
さっそく選手宿舎で1時間の“江夏塾”を開いた。
逆風を切り裂いた。板山がシート打撃で持ち前の強打を発揮。
掛布2軍監督を強烈な“アピール弾”で喜ばせた。

 「カウントもよくて、思い切って振ろうと思っていました。
ちょっとこすったけど、振れて(打球が)伸びていきました」

 いきなり魅せた。1打席目。カウント3−1から
伊藤和の真ん中付近の直球をフルスイング。
打球はグングン伸びて電光掲示板を直撃した。
さらに4打席目は内角低めの変化球に窮屈な体勢ながらうまく反応し、
打球はセンターの頭上を越えて楽々と二塁に到達した。
4打数2安打。第2クール初日は上々の滑り出しだ。

 プロ仕様の打撃フォームが身についてきた。キャンプでは、
掛布2軍監督と筒井打撃コーチの指導を連日受け、
スタンスを狭め、右膝を柔らかくする打法に挑戦中だ。

 「前は、強く打ちたくて、点で打っていたんです。
(タイミングが)変化されると崩れていました。
今は自分の打てる幅が広がる感じです」

 踏み込む際に伸びていた右足に柔軟性をプラスできれば、
変化球にもアジャストしやすくなる。
駆けつけた両親にも成長した姿をみせた。

掛布2軍監督は「2軍ということではなく、
1軍の予備軍として戦っていけそうな感じがする。
なにか1軍でトラブルがあったときにすぐ上がれるようにね」
と高い評価を口にした。

 だが、21歳はまだまだ先を見据え
「1本打ったらOKの世界じゃない。
まだまだ(好不調の)差があるので、
もっと反復練習していかないといけないですね」
と気合を入れ直した。豪快にのろしをあげ、
ドラフト6位からの下克上を目指す。 

今年は例年にないような
活気があふれている感じ・・・
監督が変わるとこうも
いい雰囲気になるものなのでしょうかねぇ〜



Go to top of page