オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2016.03.27 Sunday

祝7年ぶり打点!“超苦労人”岡崎、金本監督&家族に恩返し

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ






 (セ・リーグ、阪神7−3中日、2回戦、1勝1敗、26日、京セラD)
岡崎が笑った。目尻のシワの数が苦労の証しだ。打って、守って、
走って…。再び表舞台に立たせてくれた金本監督、
そして家族に恩返しをした。

 「ホッとしました。何とか勝ててよかったです。また、次ですね」

 難しい言葉はつむがない。プロ12年目、正妻としての
初勝利の味をかみしめた。

 開幕2戦目。「捕手は勝たないと意味がない。投手を不安な
気持ちにさせてしまう」と臨んだ。

 先発・能見には「いい球をどんどん使っていこうと思った」
と変化球を中心に配球。七回に高宮のシンカーをそらせる
(記録は暴投)シーンこそあったが、ワンバウンドを体を張って止めた。

 打撃では5−0の五回二死一、三塁でしぶとく三遊間を破り、
7年ぶりの打点。「打つのは二の次ですが、1点でも多い方がいい」
と喜んだ。

 昨年6月末、第3子となる次女が誕生した。「赤ちゃんって
こんなにかわいかったんだと思い出させてくれます」。
自宅玄関には家族5人、契りを交わすように手形をとった紙を
飾っている。
小学2年生になる長男からは25日夜、「かっこよかったよ」
とほめられた。子どもの成長は早い。ついこの間、赤ちゃん
だったのに、もう父親の仕事のことが分かるようになった。
「パパは頑張らないといけないんです」。登場曲は
「HOME MADE 家族」の「サンキュー!!」。
家族への感謝の思いを胸に、打席に向かう。

 金本監督も「本当によくワンバウンドを止めてね。
1球そらしはしましたが、ホントによく止めてくれている。
矢野コーチが推薦するだけある」と必死さをほめた。

 このチャンスを離さない。“超変革”の象徴ともいえる
背番号「57」はさらにチームに貢献すべく、かぶとの緒を締め直した。


岡崎について阪神・矢野作戦兼バッテリーコーチ
「きょうも緊張していたと思うが、勝ったというのがね。
これでまたいい影響を及ぼしてくれる。梅野にも刺激に
なるでしょう。太一にとっても第一歩になった」


★阪神・岡崎の2009年初打点VTR

 2009年4月7日の広島戦(甲子園)に「8番・捕手」
で初スタメン出場。七回二死二塁で3番手・林から中前打を放ち、
二走の関本が生還。初打点を記録した。この日は3打数3安打1打点。
試合は九回に金本がサヨナラ打を放ち11−10で勝利した。

  • 2016.03.11 Friday

岡崎2塁打x2 虎将『レギュラーに一番近い』



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ








オープン戦(阪神5−2DeNA、10日、甲子園)
開幕まで約2週間。阪神のオープン戦は残り8試合となり、
開幕1軍争いも絞り込まれてきた。岡崎太一捕手(32)は
10日のDeNA戦でスタメンマスクを被り、タイムリーを含む
2二塁打。金本監督が「レギュラーに一番近い」と初めて明言すれば、
島本浩也投手(23)も故障から復帰し、2回1失点。
開幕ローテ6番手争いにグッと割り込んだ。
自由枠で入団してから苦節12年目。キャンプから猛アピールを
続けてきた岡崎の初の開幕マスクが、いよいよ現実味を帯びてきた。

 「チャンスをもらえたら、そこで結果を残すことしか
考えていないですし、守っているときは(ゼロに)
抑えることしか考えていないです」

 試合後、必死な表情で汗をぬぐった。

 8番でスタメン出場すると、二回に左翼線二塁打。
四回一死一塁ではエンドランのサインに、三嶋の内角スライダーを
思い切り引っ張った。再び左翼線をライナーで破る適時二塁打だ。
「エンドランはチームで『一死なら強い打球』という
決めごとがあるので」。3打数2安打で、オープン戦打率は
・455まで上がった。

 昨秋キャンプから熱血指導する金本監督も「構えもだいぶ変わったね。
格好いい構えになっている。最初は格好だけやろと思っていたけど、
2本も打つと格好だけじゃなくなってきているのかな」と目を細める。
さらに「守りにおいては、矢野コーチは一番評価している。
彼は打撃さえよくなったら、レギュラーに一番近いとは思うんだけどね。
打てば…ね」。

6日の巨人戦で小宮山が適時打、8日の西武戦で梅野が2安打。
ベテラン鶴岡も12日から合流と、捕手争いが激化するなか、
“注釈付き”ながら正捕手争いに初めて言及した。岡崎が一番、
近いと−。

 岡崎は「(打率・455も)そうなんですか? (それよりも)
投手との間合いとかを意識しています」と懸命なプレーを続ける。
近年は2軍でも出番が減っていた32歳が、不死鳥のように
よみがえろうとしている。 

★本盗許すも…将「どうぞ」

 5−1の六回二死一、三塁。一走・ロペスがスタートし、
捕手・岡崎が二塁送球して一、二塁間に挟む間に三走・荒波に
生還を許す場面があった。金本監督は「3点差、2点差の場合は
対策をしないといけないが、4点差で六回。1点あげてチェンジなら、
僕は『どうぞ』と思う」と確実に3アウト目をとる作戦だったと説明。
高代ヘッドも「あれは二塁送球のサイン。外国人監督なので、
いろいろやってくるというのを見られただけでも収穫」と話した。


正捕手争いについて阪神・矢野作戦兼バッテリーコーチ
「いい競争をしている。この前は梅野が2安打して、小宮山が適時打。
(岡崎)太一も2本。いい悩みですよ。こちらとしては
『どうしようかな』というね」

小宮山が13年目高卒なので岡崎より若いですが
二人にはなんか頑張ってもらいたい

  • 2016.02.14 Sunday

プロ12年目岡崎が正捕手 1番手


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ






金本阪神の正妻は、なんとプロ12年目の岡崎太一捕手(32)に
なるかもしれません。沖縄・宜野座春季キャンプは
中盤を迎えましたが、異変を感じるのが正妻争いです。
藤井彰人捕手が引退し、いよいよプロ3年目の梅野捕手(24)が
正捕手になるのか…と思っていたら、金本新監督ら
首脳陣の視線は別の男に向けられています。昨季、
他球団へのトレード話まで出ていた岡崎の評価が
極めて高いのです。岡崎正捕手ならば、
「超変革」というスローガンの象徴的な人事となるでしょう。

 ある意味、謎が解けました。金本阪神の初めての春季キャンプ。
その一軍メンバーに「えっ?」という名前を発見したのが
1月下旬。それから頭の中にあった「???」は
キャンプ中盤を迎えた段階で解消されたのです。
それも、予想を超える「答え」が弾き出されて、疑問が消えました。

 本気ですね。本気で金本監督ら首脳陣は「岡崎太一」
を正捕手候補として、大いに期待しているのです。
現段階での2016年、トラの開幕スタメン捕手は
岡崎が最有力です。梅野ではありませんよ。

 本人には失礼な話ですが、驚きました。一軍キャンプに
抜擢(ばってき)された岡崎太一捕手はプロ12年目。
社会人の松下電器から2004年、ドラフト自由枠で
入団しましたが、過去の11年は鳴かず飛ばず。
昨季は一軍でも1試合出場のみで、通算でも41試合出場です。

あるチーム関係者は岡崎についてこんな話をしていました。

 「ハッキリ言って、一軍では無理やろう…という評価だった。
昨季は一軍に昇格したけど、それにも理由がある。
決して前向きな理由ではないんだ」

 実は岡崎に対する評価は「うちでは厳しい」というもので、
あるパ・リーグ球団とのトレード話で名前を出したのです。
相手球団に故障がないことを証明するために、
一軍に昇格させた経緯があります。つまり阪神内では
「戦力外」の烙印(らくいん)が押されていた…
と言ってもいいでしょう。

 ところが、金本監督ら新スタッフになって、その存在が
にわかにクローズアップされたのです。しかも、過去の評価を
覆すような高い評価の中で「岡崎太一」は
クローズアップされました。
その証拠が春季キャンプ一軍メンバー抜擢であり、
もっと言うなら、梅野以上の評価が首脳陣間で
定まりつつあるというキャンプ中盤での現状ですね。

 あるチーム関係者は言いました。

 「金本監督は現役時代から、岡崎の野球に対する姿勢を
評価していたんだ。誰にも評価されていない中で、
やることをコツコツやり続けている姿を評価していた。
それが一軍メンバー入りになったし、練習中の指導にも
つながっている。打撃練習でも岡崎にはよくマンツーマンで
指導しているだろう。開幕からメーンで使いたいと考えているはずだ」

岡崎にとっての追い風は他にもあります。
矢野作戦兼バッテリーコーチの評価です。
これもチーム関係者の話です。

 「矢野コーチは梅野の野球に対する姿勢、投手陣に対する姿勢を
かなり疑問視している。梅野はタイプ的にマリナーズから
阪神入りした城島に似ている。矢野コーチにすれば、
苦労人の岡崎の方が投手の気持ちをよく理解できると
思っているフシがあるね」

 岡崎は、これまで一軍どころか戦力としても
全く期待されていなかった選手です。昨年は二軍でも
「岡崎を起用しても、一軍に推薦できないからどうだろうか。
若手を起用した方がいいのでは」と、メーンで起用されなかった
選手です。それが首脳陣が代わったことで一変したわけです。

 11日に行われた紅白戦でも、岡崎は紅軍のスタメン捕手で
起用されました。白軍は小宮山がスタメンで、
梅野はDHからの起用でした。注目が集まる中、
岡崎は2打数2安打。シート打撃を含む実戦では
6打数5安打と結果を出しています。

 金本監督も自身の評価を裏付ける活躍にニンマリです。

 「6の5だろう? 去年の秋からやれと言ったことを
やり通している。やり通す根性を持っているから助言したくなる。
競争に入っていけると思うから、俺も指導する。
開幕ベンチにいないと思ったら教えないよ」

 まるで梅野、小宮山、坂本、二軍キャンプの鶴岡ら
競争相手から抜け出したかのような評価を話したのです。
岡崎がもし開幕スタメンを勝ち取れば、阪神にとっては
超変革でしょうね。戦力外の烙印を押しかけた選手が
レギュラーになるのです。それでチームが勝てば、
金本監督ら首脳陣の眼力は「凄い!!」ということになるでしょう。

 もちろん、途中経過でもあります。岡崎という“刺激剤”
を得て、梅野が黙っているのか。ここで正妻を奪われたら、
梅野のプロ野球人生は相当な試練に見舞われるでしょう。
なぜなら、正妻をがっちり掴(つか)まれたら、
向こう6〜8年は控え捕手になってしまいます。
それが許せるでしょうか。意外な展開となったトラの正妻争い。
今後も競い合ってレベルを上げてほしいものですね。


  • 2016.02.12 Friday

岡崎正妻奪取へ猛アピール 実戦6の5&鬼肩


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ






岡崎太一捕手(32)が正妻奪取を猛アピールした。
11日、紅白戦で岩崎から左中間二塁打と左安を放って2打数2安打。
シート打撃を含むキャンプの実戦形式はこれで6打数5安打だ。

 金本監督は「6の5だろ? 去年の秋からやれと
言ったことをやり通している。やり通す根性を持ってるから
助言したくなるんだ」と絶賛した。「競争に入っていけると
思うからオレも指導する。開幕ベンチにいないと
思ったら教えないよ」。梅野、小宮山、坂本、
2軍鶴岡らとの競争から1歩抜け出したような好印象を口にした。

 04年に松下電器から自由獲得枠で入団して12年目。
ここ3年の1軍出場は昨年の1試合だけで、通算も41試合しかない。
だが監督が買うのは、出番がなくても腐らず頑張ってきた姿。
2軍で埋もれかけていた強肩と、少し直せば大化けする
可能性を秘めた打撃センスだった。

 昨秋の安芸キャンプでは「トップが浅い。
もっとバットを引いて打て」と熱血指導。
岡崎も十分に間を取ってはじき返す打法を体に覚えさせ、
「自分のものにしたい」と開眼を迎えようとしている。

 金本監督は「秋とは別人だよ、明らかに。
頭は薄いままで変わってないけど」とジョークを交えて
攻守の成長を高評価した。守りでは秋山がモーションを
盗まれた3回こそ重盗を許したが、初回は荒木を
二塁の数メートル手前で刺す強肩発動でガッツポーズ。
「今年がラストチャンス。レギュラーを取る」
と意気込む覚悟は本物だ。矢野コーチは
「オレがレギュラーを取ったのは30歳。
太一もこれからや」とエール。
梅野か鶴岡かと思われた正妻争いを、
ダークホースが引っ張っている。

 ◆岡崎太一(おかざき・たいち)
1983年(昭58)6月20日、奈良県出身。
智弁学園で甲子園に出場し、社会人松下電器に進む。
04年ドラフト自由枠で入団。強肩の捕手として期待されるも
昨季は1軍1試合、通算でも41試合出場にとどまる。
180センチ、83キロ。右投げ右打ち。推定年俸850万円。

  • 2009.03.12 Thursday

岡崎 6連続盗塁阻止『率100諭

オープン戦(阪神5−3楽天、11日、スカイマーク)
岡崎がまたまた強肩を見せたグッド
「8番・捕手」でマスクをかぶり、三回一死一塁でカウント2−2から
盗塁を試みた枡田を刺した。これでオープン戦は6連続で盗塁を阻止。
抜群の安定感だ。
たしか、練習試合で1盗塁を許したが投手がクイックしませんでした

「(6連続は)たまたまです。
1年分が最初に来てしまった」と照れ笑い。
「欲を出して強いボールを投げようとすると、
コントロールや握り替えが悪くなるから」と気を引き締めていた。
 
記事はサンスポ
昨年オフ、野口がFAで横浜に移籍
それまでの横浜正捕手・相川がFAでMLB挑戦
大リーグ移籍を希望したがどこからもオファーが来なかった
普通なら、残留だとは思うが
ヤクルトに入団し、横浜の正捕手がいなくなった。

家族を残し、大阪で単身の野口には横浜からのオファーは好都合
阪神からの強い残留要請もなく、すんなり横浜に移籍した。

阪神から第2捕手がいなくなった
矢野の年齢からいってもフル出場は難しい
ここ何年も若手捕手育成といわれていたが、
前監督はなじぇかやろうとしなかった怒りマーク
この馬鹿○○が怒り
北京五輪で矢野不在の1ヶ月の間ですら、野口がほとんどマスクを被り
小宮山、狩野などの若手を積極的に起用するとはなかった
ほんまにもう怒りマーク

話は横道にそれたが。。。もとい
第二捕手不在になったことで、
それを狙う選手がでてきやすい、環境が整った
今のところは野口移籍がいい方向へ向かっているともいえる

伸び悩んでいる小宮山、狩野、岡崎、清水、橋本に
千載一遇のチャンスがめぐってきた。
その中で岡崎が覚醒しつつある。
自由枠で入団 背番号27 捕手のエースナンバー
期待されていた。
1昨年オフ『27』を剥奪『57』に変更されたしょんぼり

その意地も、開き直りもあるでしょう?
岡崎は吉田バッテリーコーチとより正確な送球をするために
フットワークの練習に力を入れたそうです。
もともと強肩で、それに頼り切っていたのをあらためたそうです
 
試合慣れのせいか、最近の岡崎は落ち着いて見える
リードも安定してきたかな?
矢野さんがオフに手術を受けた
しばらくは無理はできないでしょう
第二捕手とはいわず、正捕手を奪うチャンスでもある

前にも書いたが、岡崎にはこの勢いで正捕手の座を奪う気持ちで
やってもらいたい魚


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



  • 2009.03.07 Saturday

岡崎肩でアピール『2度の盗塁』刺したぁ 

オープン戦(オリックス4x−3阪神、6日、京セラドーム大阪)
岡崎が自慢の肩で猛アピールだ。拍手拍手
二回二死二塁のピンチで三盗を試みた後藤を刺すと、
三回無死一塁でも、ヒットエンドランを巧みにかわし、
走った日高をタッチアウト。「(二回は)動いてくるな、とは思いました。落ち着いてストライク送球できました」。先発・白仁田は「助かりました」と脱帽し、吉田バッテリーコーチも「安定感がある」。
矢野に次ぐ、捕手争いでリードを広げた。
記事はサンスポ

狩野が送球で悩んでおり、
盗塁刺殺はまだないしょんぼり

第2捕手争いは岡崎が1歩リード
この勢いで矢野に追いつけ、そして追い越せるぐらいに
なってもらいたいものです

矢野に遠慮?せず
追い越して正捕手に座っても
いいんです桜



ランキング 応援よろしくです!
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.03.07 Saturday

岡崎が久保の虎入りを歓迎

松下電器時代に1年半にわたって女房役を務めた岡崎は5日、
久保の虎入りを誰よりも歓迎した。

 「5年ぶりなんで投球も変化していると思うけど、性格はある程度知っているし、社会人のときのように(バッテリーを)組めたらいいですね」

 入団会見を終えた右腕とは甲子園のクラブハウス内で接触。
「『携帯電話の番号を教えて』といわれた。
実は僕も知らなかったんですヨ」と白い歯をこぼした。

記事はサンスポ
元松下電器(現パナソニック)
バッテリーがセ界を制す!

なんてね楽しい




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.12 Thursday

岡崎ええやん!ダルから先制だぁ!!

晴れた宜野座の空とは対照的に流れた音色が泣いていた悲しい
今キャンプ最多の2万3000人が見守った初陣。
真弓監督の背中に六甲おろしが突き刺さった。
 「勝ちたかったね…。でも練習していることができている。
悔しいことは悔しいが、いい練習はできたかな、と」

 ベンチに立ち続けた。枯れた声と充血した目が真剣モードを物語る。
しかし収穫はあった。だから胸を張った。

 「いいリードだったんじゃないかな。(走塁でも)相手投手がスキをくれれば、いくらでも突こうという姿勢が、ちょっと見られたからね」

 岡崎の名前に反応した。一軍出場のない未完の捕手がスタメン抜てきに応えた。二回一死一、三塁。ダルビッシュの132キロのスライダーを振り抜いた。33球中、150キロ超えは7球。圧巻の投球を見せたWBCの日本のエースから執念で右前に落とした。

 「打つ方はたまたまです。スコアリングポジションだったので、食らいついていきました」

 一走・坂が二塁に封殺され、記録はライトゴロとなったが意地の“先制打”。四回一死走者なしでは二塁内野安打。続く平野の打席でフルカウントからスタートを切った。スキを突く姿勢。指揮官はそれが嬉しかった。

 守備でも一回は岩田のツーシームを有効に使い、9球で三者凡退。藤川が登板した二回は1安打を許して「要求した球がストレートが多くて、タイミングよく打たれた」と冷静に分析した。

 「まだこれから。今の段階で評価するべきではない」。吉田ブルペンコーチの厳しい評価が期待の裏返し。野口の横浜へのFA移籍を受け、第2の捕手は空席。矢野は年齢的に年間100試合出場が限度。残り40試合を誰でしのぐか。V奪回のカギを握る第2捕手争い。狩野、清水らのライバルを尻目に、一歩リードしたことは間違いない。

 「今は結果よりも練習でやっていることを出せるかどうか。思い切ってどんどんいってほしい」

 神戸市内の自宅から沖縄に駆けつけた典子夫人(55)に初勝利を届けることはできなかった。それでも指揮官は前を向いた。先制点はエンドラン、三回は鳥谷と林で重盗を決めた。足を絡めて1点をもぎ取る真弓野球の一端を見せた。象徴が岡崎だった。 

 黒星発進の虎将は1988年の村山実監督(故人)以来だが、今年は孝行息子がいる。捕手育成という“扉”に手をかけた。それだけで十分だ。
記事はサンスポ

期待され自由枠で入団して、はや5シーズン目
1軍経験はまだない背番号も昨季から27から『57』に変更された
私が最も好きな虎ガーさんが今季の岡崎は違うと高評価
『へたな評論家よりも信頼はおけます』
今季は期待できそうですグッド
矢野の第2捕手とはいわず、矢野を追い抜き正捕手を狙う気持ち
でやってもらいたいものです!
プロはそれぐらいのずうずうしさがないと大成できないところでもある
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

続きを読む >>

Go to top of page