オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2007.03.31 Saturday

福原が2軍戦で好投!

阪神2軍が今季初勝利を挙げた。本日31日のウエスタン・サーパス戦(北神戸)で、先発した福原が5回5安打無失点と好投。2番手上園啓史が3回、ダーウィンが1回を投げ、サーパス打線を無得点に封じた祝平田新監督が初勝利拍手3戦目での初勝利に、平田監督は「きょうは忍(福原)が投げたから」と1軍主力の登板だったことをふまえながらも「大和や野原も打ったしね」と、若手の好打を喜んだ拍手野原3打数1安打1打点。大和4打数2安打拍手 スコアは6−0 しのぶっち、はやくかえってきて〜
ボーグルソンの1週間に1度の先発よりも、中継ぎで常にスタンバイできる、D−さんのほうがよかではないですか・・今の先発投手のメンバーじゃ中継ぎが足らないよ冷や汗

人気blogランキングへ

  • 2007.03.31 Saturday

兄貴が打って、球児が締めた!

祝07年度公式戦初勝利!金本が今季1号の逆転2ランを放った。3回裏2死三塁で、内角高めの速球を右翼5階席まで運んだ。「(2回に)広島の新井選手がホームランを打ちましたので、負けずに打ちました」。オフには同じ広島市内のジムでトレーニングする後輩の先制弾に、ライバル心を燃やしていたグッド 野球の神様はいました。OB木戸氏の試合後のラジオ番組のことば。2失点好投の青木、昨日3安打の倉を7回に代えた.先頭打者の倉が出塁ー代走。青木に代打、送りバントを久保田が2封ー次打者梵は併殺打.流れは変わる要素はあった。直後の7回2死から関本が粘り四球で出塁。代打はやしくんが右に2塁打、2,3塁。鳥谷四球で満塁。 赤星が押し出しの四球を選び勝ち越し拍手 8回はジェフが3人で抑えグッド9回は球児が2死から2人走者を出すも、最後は空三振でしめてくれました拍手 勝利投手は6,7回と0封に抑えた久保田拍手 キャンプで誰よりも投げ込んだことが実った拍手神様はいたんだと・・・木戸氏。 能見も緊張の初登板、何とか5回2失点でゲームを壊さなかった拍手 久保田は得意?の先頭打者出したが何とか0に抑えた汗久保田劇場も6,7回ぐらいのほうが余裕を持って見れるかな。あ〜しんど勝った楽しい                                                               人気blogランキングへ

  • 2007.03.31 Saturday

07年度 開幕黒星 スタート・・・★1

1シーズンを戦う上で不安なとことろが目に付いた試合でした。 その1@150キロを超える『本格派』投手にあいかわらず弱い。打線に工夫がないので点は取れない『好投手からチャンスは少ないのは当然』その2:外野手の肩が弱すぎる。先制点の広島梵のあたりはセンターライナーを前進して捕球、ダイレクト返球でなく、シーツがカット『楽にホームイン』走者が2塁で定位置ぐらいの右飛ー返球は2塁へ返すだけ『2走者は余裕で3塁へ汗』その3:1.2番と左なので9番「代打」から始まるときに相手に左投手をぶつけられる。走者なしで高橋光はもったいない。
 下さんは一枝氏の解説からいわせるとローテ4番手の投手で打線の援護で勝ち星を増やす投手、対戦相手がエースだと苦しいしょんぼり早く、福原か安藤が戻ってこないとだめ。前田智のいない広島打線は怖くない、中継ぎも頼りない、内野も失策が多い。黒田以外の先発も実績がない、後は勝利「1点」に貪欲にいけるかで貯金を稼げます。この試合たらればをいえば、吉野のとき緒方盗塁ータイミングはアウト、鳥のタッチが甘く?判定はセーフの場面 その後追加点を取られただけに痛かった。無死1,2塁で鳥谷のセカンドゴロー6−3と渡り併殺打にショックセカンドベースに入るショートの足が離れるのガ早いし、1塁も鳥の足がはやい、無死満塁になるところが、2死3塁にしょんぼり 一番いいところで打てなかったほうが悪いんですけど・・・
 開幕負けは想定内とはいえ、ライバルである虚人と中日が逆転勝ちといい勝ち方をしただけに、阪神の負けかたが悪く、開幕スタートに不安がよぎる冷や汗                             人気blogランキングへ

  • 2007.03.30 Friday

31日・1日(土・日)の広島戦の試合開始は14時からですよ〜

昔ながらの、雨天『打てん』中止?4安打じゃね〜冷や汗ちゃっぷいx2  明日,あさっての試合開始は14時からです、お間違いのないように願います。                                                                         人気blogランキングへ

  • 2007.03.30 Friday

打線不発・・・開幕★は想定内

相手の黒ちゃんはよかったです汗7回矢野の適時打で1点差。8回から吉野登板。1死から緒方に1球ファール後ボール4つで四球、盗塁を決められ、尾形に適時打を打たれてしまった。かわった(おっさん顔)さじーも追加点を与えた。スコア1−4しょんぼり8回1死から3四球で1死満塁。かわった永川に金本、浅い左飛ー今岡三振でもらったチャンスをいかせなかったショック広島は8番倉が3安打1打点、梵ガ先制犠飛 ボン・クラにやられたしょんぼり 広島の先制犠飛はセンター赤星の浅いあたり『楽にホームイン汗』走者2塁、ほぼ定位置の右飛で3塁に楽に進塁されたショック はやくも外野の弱肩ガ露呈した冷や汗 それと微妙な判定がすべて広島有利に。。。ショック 03年05年、古くは85年優勝したときも開幕は負け試合、負けは想定内ですしょんぼりでも負け惜しみです悲しい明日はかちませうね 世・露・死・苦 寝                                                  人気blogランキングへ

  • 2007.03.30 Friday

星野五輪監督が「緊張した」始球式

2008年の北京五輪出場を目指す日本代表の星野仙一監督が横浜スタジアムで始球式を行った。特製の金色のボールに不慣れだったためか、投球はベースの手前でワンバウンド。仕切り直しの2球目はダイレクト投球だったが、打席に立った代表チームの山本浩二コーチが右方向へ打ち返し、球場内の笑いを誘った。
星野監督は「祈 優勝」と刺しゅうされたグラブを手に「駄目だね。こんな投手は(代表に)選ばない」と苦笑い。「久々に緊張したが、あの雰囲気はいい。次は甲子園で直訴する」と、うれしそうに話した。                                           人気blogランキングへ

  • 2007.03.30 Friday

あと2時間が待ち遠しい

いよいよ、セリーグが開幕する。1週間前にパ・リーグが始まったが、この間に世界フィギュアや世界水泳、蹴球の北京五輪予選ありでパ・リーグだけが開幕しても盛り上がりに欠ける?のはしょうがないかも。しょんぼりなんで、セ・パ同時開幕にできないものかなあ。阪神の試合は本日の試合が18時開始「土、日」が14時開始ですよ皆さん、お間違えのないように!                                                                   人気blogランキングへ

  • 2007.03.30 Friday

謎将の鍵は5,6番『今岡ー浜中』?

岡田監督の鍵はこわれてはしないか?汗私が聞いたり、見たりした中で赤星2番で働けるかどうかで「打線はつながり大量点はとれる。」と多数の評論家の人は発言していた。すでに決まっているから?強くはいわなかったけど。「赤星は1番のほうが持味はでる」とは発言していた。「虎バンで対談した、吉田義男氏だけ2番赤星を賞賛?していたが。。。」今の打線なら誰が何番打とうがそれなりの働きをしてくれそうであるガ。『打順がそんな単純なものではないのは、誰が考えてもわかる。』 「5番今岡、6番浜中」は出場さえすれば数字は計算できる。あえてカギとは言わないのではないだろうか汗 岡田監督になって,毎年なかなか2番打者が決まらず、苦労しているのではないか。昨シーズンの快進撃がはじまったのは2番に関本が定着してから。昨年も開幕2番藤本にしたため、毎試合打順を変える羽目になった汗そのことをすっかり忘れている。3,4,5番『シーツー兄貴ー今岡』と固定できる打線だからこそ。つながり重視「赤星ー関本」の1,2番で打線組んでほしい。鳥は7番打者でも走者がたまっているケースも多く、そのほうが大量点に通じるでしょう。打線の鍵は1.2番。特に「2番打者」ではないでしょうか・・・そう思ってるのはわたしだけでせうか冷や汗                                                               人気blogランキングへ

  • 2007.03.30 Friday

下さん「球団最年長」開幕投手へ

きょう30日の開幕・広島戦(京セラドーム大阪)に、下柳が先発する。
「何日か前に(開幕ローテの)6人を呼んで、順番を言った。今まで5年間は変わらなかったけど、誰がしても初めて。一番いいピッチャーが開幕に投げるのは当たり前。『開幕は任せた』の一言よ」
岡田監督が口にした、揺るがぬ信頼。昨年までは5年連続で井川が大役を務めてきたが、今季はベテラン左腕に大事な一戦を託した。
昨年10月には左ヒジを手術したが、チーム1の練習量できっちりと仕上げてきた。10日の巨人戦(甲子園)でオープン戦初登板を果たすと、その後は2試合に登板。3試合10イニングを2失点、防御率1・80の安定感を見せた。加えて、右の両輪・福原と安藤が、キャンプ中に相次いで離脱。チームの“危機”を救えるのは、下柳をおいてほかにないだろう。
開幕前日の全体練習では、ブルペンには入らずノースロー調整。ダッシュ系のメニューを中心に、大粒の汗を流した。「何もない、何もない、何もない!」いつも通り沈黙を貫いたが、余計な言葉はいらない。38歳10カ月での開幕投手は、2リーグ分立後の球団最年長記録。自身にとっても初めてとなる晴れ舞台で、背番号42が猛虎に大きな1勝をもたらす。 私てきには関本がプロ11年目で「初の開幕スタメン」が非常にうれしいです拍手 去年まではおさるさんと差があまりなく?監督がお気に入りの人が先発して痛(いた)ですからね。。打順は2番の方がいいんと違いますか。。。                   人気blogランキングへ

  • 2007.03.29 Thursday

シーツ&ボーグルソンは食べすぎ!

体調不良のため28日の練習を回避したアンディ&ボーグルソンが29日、開幕前日練習で復帰した。ナインとともに体を動かすなど、復調をアピール。シーツは「体調は万全じゃないけど、昨日よりは全然いい」と頭をかいた。ボーグルソンも「大丈夫さ。全然、問題ない」。2人は28日に吐き気を訴えて、通院したあと療養した。27日夜に催された決起集会で、食べ慣れない焼き肉を食べたことが原因と見られていた。
                                 人気blogランキングへ

  • 2007.03.29 Thursday

今季 今岡 セブンはやってくれます!!

当然やってもらわないと困りますけど。本日サンテレビ、熱血タイガース党特別番組の中ではじける笑顔をみせてくれました楽しい その中で3つの公約がありました。1:高打率を残す。 2:お立ち台でパーフォーマンス『サンテレビ・湯浅アナのとき、お立ち台で「阪神ファンは一番や!」といってくれるそうです 時期は8,9月くらいに』 3:全試合出場 全試合出場できれば、自然と数字は残るでしょうから。 怪我さえ治れば、持っている技術は球界でもトップクラスでしょう。特に先発投手は去年に比べて、不安が多いのだから打線がカバーしないといけないでしょう。つながるかどうかは2番赤星しだいでしょう。それと、今年は監督采配が勝敗を分けるポイントになることが多くなりそうで、そこだけがいちばんこわーい冷や汗                                    人気blogランキングへ

  • 2007.03.29 Thursday

開幕戦 水川あさみが始球式

30日の阪神−広島開幕戦(京セラD大阪)で大阪出身の女優水川あさみ(23)が始球式を務めることが28日、発表された。ドラマ、CM、映画などで活躍中の人気女優で現在、NHK大河ドラマ「風林火山」に出演中。夏には映画「西遊記」の公開が予定される。氷川あさみが事務所をかわるとき、改名して「水川」あさみになったんだって、へぇ〜         ダイヤ水川あさみ(みずかわ あさみ、本名:佐藤啓子(さとう けいこ)、1983年7月24日 - )は、京都府生まれ大阪府茨木市育ちの女優・タレント。血液型はAB型。堀越高等学校卒業。アトランティス・キャスト所属。
                                 人気blogランキングへ

  • 2007.03.29 Thursday

福原 戦力復帰が見えた!!

右ふくらはぎの張りで2軍調整を続けている福原が28日、岡田監督が見守る中で97球の熱投。1軍復帰へ向け順調な回復ぶりを披露した。次回登板は31日のサーパス戦(北神戸)での先発に決定。最終テストでの状態次第では開幕3カード目となる4月6日からの巨人3連戦で1軍復帰する可能性も出てきた。大きな出遅れが心配されたエース右腕が猛虎に帰ってくる。
 岡田監督・別に今日が良かったからと言ってすぐに(1軍に)上げるわけじゃない。もう1回ファームで投げてな。                                                 人気blogランキングへ

  • 2007.03.29 Thursday

「ファン喜怒哀楽」 日刊スポで募集

さあ、セ・リーグ開幕。岡田阪神07年の戦いがいよいよ始まります。日刊スポーツの紙面では「ファン喜怒哀楽」として、阪神ファン、野球ファンの意見を募集します。建設的な意見、厳しい指摘をメールでお寄せください。

 件名に「ファン喜怒哀楽」と記入し、住所、氏名、年齢を明記の上、メールでnaniwa-web@osaka.email.ne.jpまでお送りください。

人気blogランキングへ

  • 2007.03.28 Wednesday

希望枠撤廃は今季のドラフトからに決定

ドラフト希望枠廃止
プロ野球の根来泰周コミッショナー代行は二十八日、今秋のドラフト会議から希望入団枠を廃止すると発表した。

とりあえずよかった。いつまで虚人の手下?見たいな、根来氏をコミッショナー代行にしておくの怒りほかに都合のいい適任者がみつからないのか?一刻も早く野球界のためになる、力のある人が就任しないと、野球界もよくはならないでしょう。                                                       人気blogランキングへ

  • 2007.03.28 Wednesday

阪神が西宮神社に必勝祈願!!

 阪神ナインが必勝祈願のため西宮神社を参拝した。開幕を2日後に控えた28日、兵庫・西宮市の同神社に宮崎オーナー、岡田監督を始め、1、2軍首脳陣、選手らが訪れ、1年間の無事と優勝を願った。 祝詞を読んだ吉井良昭宮司 は「シーズン直前ですし、みなさん厳しい顔つきでした。私どもはケガのないよう、シーズン通して全力で働けるよう、お祈り致しました」と話していた。
人気blogランキングへ

  • 2007.03.28 Wednesday

暴 グル損・・・

短いイニングでも、失点することが多い、ボーグルソン「通称ボギー」先発ローテにいれてもいいの冷や汗D−やんなんか1回悪いだけでxだったよしょんぼりライアン・ボーグルソン投手が27日、紅白戦(スカイ)で開幕前最後の実戦登板をした。初回に3失点し、ベンチのイスを蹴り上げる場面もあったが、その後は立ち直って4回3失点で調整を終えた。「今日は練習だし話すことはないよ」と言葉少なだったが、岡田監督は「イスを蹴り上げて、冷静になったやないか」と2回以降の変身を評価していた。

岡田の偏った?評価はこまったx2冷や汗 かわいい子だけ?過大評価雷

  • 2007.03.28 Wednesday

西宮市内で決起集会!!

阪神選手会は開幕前恒例の決起集会を西宮市内で開催した。裏方スタッフも含めて約50人が集まり、赤星選手会長が「優勝目指して頑張りましょう!!」とあいさつ。2年ぶりの地元開幕に向けてグッと結束を強めた。
座敷で焼肉に舌鼓を打ち、最年長の金本、下柳らを中心にビールで大いに盛り上がった。30日の開幕広島戦(京セラD)へ一丸ムードだ。
1軍登録メンバーも決まり、いよいよ開幕まで後2日ですね。わくx2・どきx2が始まりますね。いらいらも・・・冷や汗


人気blogランキングへ

  • 2007.03.27 Tuesday

6.24日「虎検定」が関西大学で実施

愛する阪神タイガースのことを、あなたはどこまで知っていますか。株式会社ルートは26日、阪神球団承認の「阪神タイガース検定」を、6月24日に関西大学千里山キャンパス(大阪府吹田市)で行うことを発表した。試験内容は4答択一式100問(作問・監修はデイリースポーツ)。 4月2日から受け付け開始で、先着3000人。 80点以上が合格で、最高得点者は「トラキング」として認定される。
正真正銘の“虎知り王”が誕生する。株式会社ルートでは、昨年12月と今年3月に、「阪神タイガース・ネット検定」を行ったが、受験者は25歳から35歳の“若者”が中心。今回、より幅広い年齢層に受験してもらうために、故村山実氏の母校でもある関西大学を使用しての会場試験を開催することになった。
 資料持ち込み不可 ネット検定は、設問50問で受験時間は60分間。資料を眺めながらの“受験”も可能だったために、1回目の合格者(80%正解)は2400人中1800人だった。だが、今回は設問の難易度が、グーンとアップ。問題は100問、受験時間は75分間で、資料の持ち込みもできないため、真の虎知識が試されることになる。
 合格ラインは80点。受験者の中で、最高得点をたたき出した人は「トラキング」と認定され、合格証と、金の“キング”バッジが渡される。次点者は「トラ博士」(合格証と銀バッジ)、80点以上の人は「合格者」(合格証と銅バッジ)として、認定される。「今後も継続的に開催していきたいと思っています。今回はできませんでしたが、東京開催や地方での開催も検討していきたい」(ルート営業本部長・田村直史氏)

関西大学といえば三倉まな、かな。フィギュアスケートの銀メダリスト高橋大輔、織田信成が在学中。昨年の自由枠1位の岩田稔『最近名前を聞きませんなあ・・・どうしたんでしょうか汗』がそうですね。
受けたいのですが80点以上は自信がないし、テストは嫌いなたちで・・・冷や汗                                                               人気blogランキングへ

  • 2007.03.27 Tuesday

小嶋「29」ルーキー開幕1番☆を狙う!

開幕3戦目となる4月1日、広島戦(京セラドーム)での先発が確実な小嶋がプロ初先発初白星を狙う。開幕カードで白星をあげれば、1950年の2リーグ分立以降、52年・三船正俊、55年・西村一孔に次いで、虎投3人目の快挙となる。「うちは素晴らしい抑えもいるし、六回まで試合を作れば、何とかなると思っている」。全体練習オフのこの日は、完全休養しリフレッシュ。開幕カードでの初星で、ルーキー一番星も手に入れたい。
投手としては異例とも言える「マイバット」の作製。小嶋がこだわりを見せたのは、グリップだった。「しっかりと握れるので、細い方がいいんです。何本かバットを持ったが、しっくりくるものがなかった」長さは33・5インチ(約85センチ)と通常のバットと変わらないが、グリップは細みのものを、さらに、ひと回り削った仕上がり。「細く軽いものにしてほしいとのことだった。投手はもちろん、野手でも、あそこまで細いのは珍しいと思う」とミズノ関係者が説明する。
光輝く黄金左腕だが、打撃センスも抜群。遊学館時代はクリーンアップを打つなど高校通算26本塁打。史上最速となる創部2年目で甲子園出場を決めた石川大会では打率・429をマークしている。社会人での3年間はDH制のため、打席に立つことはなかったが、プロ初打席となった24日のヤクルト戦(京セラドーム大阪)では、ファウルになったが、ライトに強烈な打球を放つなど、9人目の打者の片りんを見せている。
 投手でバットまで気を使う選手はあまりいないでしょう?この面から言っても虎の「エース」になる可能性は大きいといえる!?                                          人気blogランキングへ

  • 2007.03.27 Tuesday

〜金本知憲の家族旅行の夢かないます〜詳細

金本知憲の新プレゼント企画が26日、球団から発表された。昨年まで3年間続けた温泉旅行が今年は何と豪華海外旅行へ発展。甲子園で本塁打を放てば、1家族を招待する。過去最多だった2004、05年の15発に当てはめれば、約1500万円の出費だ。さすが現役最高給。虎の主砲は太っ腹だ。
▼阪神・金本(アニキの新企画名は「〜金本知憲の家族旅行の夢かなえます〜第2弾 甲子園で1発!そのままハワイへいくぞ!)温泉からグレードアップ。遠すぎず近すぎずという点でハワイに決まった。リゾート地を満喫して喜んでもらえたらいい。ファンのみんなに還元したいから。

 ◆応募方法 官製ハガキに(1)本塁打を打った日付と、第何号本塁打か(2)〒住所(3)氏名(4)電話番号(5)旅行する希望人数と全員の年齢(4名まで)を書き、〒550−8790大阪西郵便局私書箱181号「金本の家族旅行の“夢”かなえます!」係まで。2007年度セ・リーグ公式戦終了まで受付。本塁打を打った3日後の消印まで有効。応募対象は近畿2府4県(大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山)在住者。締切後10日前後で抽選し、当選者はABC「虎バン」番組内にて随時、発表される人気blogランキングへ

  • 2007.03.26 Monday

兄貴 今年はハワイ旅行招待!!

金本知憲がファンをハワイに招待する企画が26日、球団から発表された。「〜金本知憲の家族旅行の夢かなえます〜第2弾『甲子園で1発! そのままハワイにいくぞ!』」を銘打ち、金本が甲子園で打った本塁打1本につき、1家族(大人2人、子供2人)をハワイに招待する。04年から「ファンに喜んでもらいたい」と3年連続で静岡・熱海の老舗旅館に招待してきたが、今年からハワイに変更となる               よっ!兄貴 ふとっぱら楽しい
                                  人気blogランキングへ

  • 2007.03.26 Monday

球児 流石ですね・・・お杉は×

いろいろ試しながらでも0点に抑えてしまう、球児はすごいびっくり「あとは気持ちの分だけだと思います。1年間頑張れそうな気もする。(連投は)全然関係ないですよ。体に関してはすごくいい状態です」。オープン戦7試合に登板して7回無失点、防御率0.00で締めた。連投テストもクリア。宮出を143キロの直球で二ゴロに打ち取ると、宮本は初球のカーブで中飛、福川もカーブで三ゴロに仕留めた。打者3人への初球はすべて変化球。全14球のうち空振りは1つもなかった。「分かっていても打てない直球」と評された昨季と比べて気がかりだが、この問題もすべては球児の思惑通りだ。「変化球でストライクが入った。そういうのが調子が悪いときに生きてくる。いろいろと想定して練習できた」。シーズンに入れば肩の消耗は避けられない。問題はいかに乗り切るか。そのためにも、オープン戦で変化球に確信をつかんでおきたかった。「ドキドキと楽しみがある。あと5日が長いように感じる。この勢いでパパっといきたい。開幕ダッシュができるように頑張ります」。準備は万全に整えた。あとは“そのとき”を迎えるだけ。3・30が待ち遠しくてたまらない。
 二軍で調整していた杉山が五回から2番手で登板。2回を3安打1失点で再び鳴尾浜行きとなった。「反省点はカウントを取る真っすぐ。とくに悪くなかったけど、すぐに帰ってこれるように頑張ります」。キャンプから不振が続き、2月24日に帰阪を命じられた。滑り込み一軍入りの可能性もあったが、最後のチャンスをモノにできなかった。いつも春先が悪い、悪すぎる汗安藤も福原もいないのだから右のエース的な存在感を示してほしかった。。。しょんぼり
                                  人気blogランキングへ

  • 2007.03.26 Monday

虎の代打の切り札は高橋光『50』

「さすが」と拍手したくなるほど高橋光は素晴らしかった。6回2死二塁。代打で起用されると、内角低めの難しいスライダーを左前に運び一矢を報いた。15イニングを数えたチームの0行進にもピリオドを打った。
「自分のスタイルは変わりません。与えられた立場で仕事をするだけ。いつでもいけるよう準備をするのが…」
これからが本番だ。そんな気持ちなのか、代打の神様の異名を取る高橋光は誇らしげにしてもいいのに、そのそぶりさえ見せなかった。
それにしても、凄い。オープン戦はDHでの先発出場が3試合で、代打では9試合に登場。結果は8打数4安打、3打点。1死球。5割の打率は頼もしい限りだ。長いペナントレースで再三、苦境に立たされることもあるだろうが、高橋光の一振りが猛虎を救うのは間違いないグッド                                         スターティングメンバーが普通の状態なら交代させるところは限られてくるでしょうね、投手か矢野がスタメンから外れたときしかない。                                       人気blogランキングへ

  • 2007.03.25 Sunday

福原が2軍戦に登板

右ふくらはぎを痛めて2軍で調整中の福原が25日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦(鳴尾浜)で今季初めて実戦のマウンドに上がった。2回を投げて4安打1失点。高めに浮いたところを痛打されたが球威自体はあった。「足はもう悪くないし、ボールも思ったよりいった。あとは細かいコントロール」と明るい表情だった。投げるイニングを増やしながら、あと数試合2軍戦に登板する予定。試合は2−4で敗れ、ソフトBに連敗しょんぼり先発投手江草、ダーウインも投げた。                                               人気blogランキングへ

  • 2007.03.25 Sunday

能見炎上 3回途中KO 開幕大丈夫?

先発能見、5回の予定が3回途中「2回0/3」8安打3死四球9失点で降板ショック4番手登板杉山は2イニング1失点しょんぼり打線は高卒ルーキー増渕 に5回4安打無得点に抑えられたショック 結局今日も鳥谷ー赤星ーシーツと打線が機能せず、9回を6安打「代打高橋の適時打」の1得点に終わってしまった汗この日も兄貴が代打で登場、レフト線の幸運な2塁打を放つが全力疾走には程遠く「3.30日開幕に出場するとは思うが」ちと心配冷や汗 赤星の状態が上がってこないのなら1番鳥谷ー2番関本にしたらどないですか?せきだったらいいつなぎしまっせ桜                    
                              人気blogランキングへ

  • 2007.03.25 Sunday

平田新2軍監督 黒星発進

イースタン・ウエスタンの両リーグが24日開幕。ウエスタンで3連覇を目指す阪神が鳴尾浜でソフトバンクと対戦。 9回に6点を奪われ「5−8」逆転負けを喫したしょんぼり平田2軍監督は開幕を白星で飾れなかったショック先発中村泰は6回2安打無失点拍手7回以降の渡辺ー伊代野ー筒井が打たれたみたいしょんぼりやっさんも2軍ではいいピッチングするんだけどね汗高卒2年目大和が8番遊撃『4打数2安打1打点』ルーキー野原は7番三塁『3打数無安打』で先発出場。三遊間コンビも将来楽しみです楽しい


人気blogランキングへ

  • 2007.03.25 Sunday

今季は球児が守護神だー!!

わざと走者を出して、抑えるグッド球児しかできない芸投?「きょうはやりたいことができた。ランナーを置いた状況で、あまり投げてなかったので、それを確かめた」計算した上で、もたついた。地元登板を果たした2月25日のオリックス戦(高知市営)で、アレンに左翼線二塁打を許して以来、13人連続して封じてきた。だが万全のデキが物足りなかった。
先頭の福川に5試合ぶりの左前打を許す。一死から代走・飯原が二盗失敗。その後、青木に左前へ運ばれ、田中浩に四球を与えて一、二塁のピンチを招いた。「四球はわざと…みたいなところがあるし、青木に打たれたのも低めがどうか試したから」わざと走者を背負い、本気モードに切り替えると、最後は宮出を144キロ直球で捕邪飛に仕留めた。「結果や0封は、シーズンに入ってからでいい」といいながらも、格の違いは歴然。「スピードが出るか、力を入れて投げた」代打・真中への1球は、今季最速の150キロをマークした。「ちょっとズレがあった」。試合後にビデオでフォームをチェック。修正点を頭にたたき込み、25日のヤクルト戦も投げて、開幕に突入する。「不安って、(新聞に)書いてください。その方が、がんばれますから」九回登板→全力投球。最後は連投。球児は己が描いたシナリオ通りに、3・30を迎える。
 岡田監督もどうやら球児をクローザーに起用するみたいで安心しました。 これで8回ジェフ、9回球児は万全 グッド1昨年は80試合登板、昨年は38試合連続無失点の日本新記録達成の球児。今年はセーブで記録つくりませう楽しい



人気blogランキングへ


  • 2007.03.24 Saturday

「1番鳥谷ー2番赤星」機能せず・・・

思い込みだけで、最強の並びとは違うねんショックお・か・だ怒りマーク先発投手が「左の石井」相変わらず苦手意識が強いのかチャンスも作れなかったしょんぼりこの試合のポイントはスコア0−1の6回。先頭打者鳥谷が2ベース、無死2塁で赤星の場面。引っ張る意識はあったができずに投ゴロで走者を進められなかったショック結局後続も凡退。直後のヤクルトは無死2塁。送りバントをきっちり決め「結果犠打野選となった」1.3塁。次打者の青木に犠飛で簡単に追加点を奪われてしまった。スコアが0−2となり、流れの上で勝負あった。ただ漠然と打つだけでは点はなかなか入るものではない。それでなくても大砲不在なのだから。去年も散々ぼやき続けたことである。この試合、無死2塁が3度あったが、いずれの場合もその打者で3塁には進められなかった。無死2塁では無安打でも得点をもぎ取れるようにしてもらいたい。よく打つ打者でもアウトの確率は7割もある、安打が続く期待するほうがおかしい。進塁打が打てないのなら、送りバントもしなければならない。好きとか嫌いとかの問題ではない。野球は点取りゲーム、相手より1点でも多くとったほうが勝ち。4点も5点も多くとる必要はあまりない。1点を大事にしないチームに日本一などありえない怒り1点をもぎ取るための作戦「采配」1点を防ぐための細かな投手継投ができない、指揮官は御免こうむりたい冷や汗                                                         人気blogランキングへ

  • 2007.03.24 Saturday

兄貴 ぶっつけ本番も・・・

左太もも裏の張りを訴えている金本)が23日、残りオープン戦2戦を欠場する可能性を示した。患部の回復を優先し、最悪なら最後の実戦調整を見送ってまで3月30日の開幕戦(対広島、京セラドーム大阪)に臨む決意。鉄人が、ぎりぎりの状態でプロ16年目も開幕を迎える。
誰よりもアクシデントに敏感だから、金本は連続出場を続けてこれた。オープン戦の大詰め段階で覚えた、左足太もも裏の張り。前日22日の横浜戦(横浜)を欠場して緊急帰阪した主砲は、24、25日と残り2戦となったオープン戦の出場にもこだわらなかった。「まだ“腹”は痛いな。残りのオープン戦? 様子を見てだな。出ない可能性はあるよ。さあ(大阪桐蔭)中田のホームランでも見てスカッとするか」
横浜戦を欠場する際に「腹が痛い」と話したように、この日も冗談まじりの口調に悲壮感はない。だが、想定する最悪のケースには「ぶっつけ開幕」もある。24、25日のヤクルト戦(京セラドーム大阪)を欠場する可能性を口にした。
 23日のチーム練習でも、アップやダッシュのメニューでは本体を離れ、患部をいたわるようにストレッチ、マッサージをした。ティー打撃とフリー打撃は通常通り行い「前よりはよくなっている」(広沢打撃コーチ)と回復を確かめた。それでも全開ではないだけに、実戦再開には慎重。練習前には岡田監督とも協議して、開幕まで無理しない方針を確認した。

 岡田監督は「(オープン戦は)指名打者で出る手もあるけど、投手も打たさんとあかんしな。27日には紅白戦もやるし、そこにはな」と話した。最終オープン戦を見送ったとしても、開幕3日前の練習で紅白戦を行い、打席に立つ機会は作り出す。開幕戦出場に問題はないと見られるが、直前になって、かつてない実戦から離れた調整を強いられる。

フルイニングの記録はありますが、今年はゲーム後半で体調万全=ベンチということも視野にいれないといけないでしょうね。


人気blogランキングへ

  • 2007.03.24 Saturday

虎移籍 正田の入団発表

日本ハムから交換トレードで阪神入りした正田樹投手(25)が23日、西宮市の球団事務所で入団会見を行った。02年オフに同じく、日本ハムから交換トレードで阪神に入団し、在籍4年間で44勝を挙げた下柳に追随する格好で、新天地での飛躍を誓った。早ければ27日の紅白戦(スカイマーク)で、タテジマデビューを飾る。紫と白のストライプネクタイが首もとを彩る。色は違えど、気持ちはすでに虎色。新天地には己と同じ道を歩んできた大先輩の下柳がいる。正田が飛躍を遂げるための理想の教材がそこにあった。「いいところは吸収して変わっていきたいと思う。シモさんはチームが変わっていい成績残してるんで、お手本みたいなものです」
 00年から3年間をとともに過ごした。日本ハム時代の下柳は在籍7年で32勝(32敗)。97年と01年の9勝が最高だった。ところが、阪神移籍後は昨年までの4年間で44勝(24敗)。井川の抜けた今季は開幕投手の有力候補に挙がっている。
 正田は、日本ハム在籍の7年間で24勝37敗と負けが先行し、06年は一軍登板がなかった。傾向としては似ている。下柳のブレークエキス吸収で07年を転機にしたい。「(トレード決定後に)向こうからお電話頂いて、『申し訳ないです』と言ったら、『待ってるよ』といわれた」
 一昨年オフに携帯の番号を交換し合って以来、下柳の方から連絡を入れ、入団を歓迎された。
「27日の紅白戦に投げさせるかもしれん」
岡田監督は開幕直前にも“デビュー戦”の舞台を用意。『背番号20』でリスタートする甲子園の元エースが、下柳の歩んだ道をたどっていく。
 再び聖地でかっての輝きを取り戻せるか?密かにちゅーもくしませう見る                               人気blogランキングへ

  • 2007.03.23 Friday

福原復帰は4月ーCHU?

それにしても故障期間が長すぎる。とても「右のエース」にもなれない気がするしょんぼり右ふくらはぎ痛で2軍で調整中の福原が、4月中に1軍復帰のめどが立った。22日、鳴尾浜でシート打撃に初登板。打者のべ10人に対して28球を投げ、被安打3、2奪三振の結果を出した。直球の最速は142キロをマーク。次回は25日のウエスタン・ソフトバンク戦(鳴尾浜)に登板する。開幕には間に合わなかったが、4月中に1軍復帰の道が開けた。
 25日は2イニングの予定で、それ以降は登板内容、故障の回復次第でイニング数を増やして行く。この日福原の投球を見守った中西投手コーチは「投げたあとに足の状態が悪くないとわかったのが大きいよ。1軍昇格を検討するのは、5回くらいを投げられるようになったとき」と見通しを示唆した。投げ終えた福原の表情も、明るかった。「浅井には全力で投げたけれど、カンカン打たれましたわ」と外野に2本飛ばされた当たりに苦笑い。ただ「足の方は大丈夫です。きょう投げて打者との感覚や間合いなどをつかむことも出来ましたし、出来るだけ試合に投げて行きたい」と語った。昨季12勝右腕の復活が、軌道に乗り始めた。【堀まどか】記事は日刊スポ   
関西スポーツ紙で唯一?の女性記者の堀さんが虎番『阪神担当』に帰ってこられたのかな楽しい
人気blogランキングへ

  • 2007.03.23 Friday

24,25日ヤクルト戦の当日券あります

 3月24日(土)3月25日(日)オープン戦・対ヤクルト(京セラドーム大阪)は当日券発売があります。
発売席種は次の通り。発売開始時刻は11:30の予定。

<3/24(土)25(日) 対ヤクルト戦 販売席種>
○ 中央特別指定席(1塁側・3塁側)4000円
○ 特別指定席  (1塁側・3塁側)3000円
○ 内野自由席  (大人・こども)2000円・1000円  
○ 外野自由席  (大人・こども)1000円・500円
車椅子 内野エリア 1000円 外野エリア 500円
                                  人気blogランキングへ



  • 2007.03.23 Friday

ひーやん 開幕絶望

17日の横浜戦(横浜)で左ふくらはぎに強い張りを訴え、別メニュー調整を続けている桧山は22日、回復状態が思わしくなく、練習は行わずに甲子園球場内で治療に専念した。20日に再開した練習ではフリー打撃も開始したが、前日21日も張りは引かず、予定していたベースランニングもキャンセルしていた。この日、岡田監督は「あんまりよくないみたい。開幕に間に合わんみたいやな」と広島との3・30開幕戦(京セラD)は絶望的との見解を示した。桧山は今後も病院へ通う予定はなし。 23日からは鳴尾浜球場で練習を再開する見通しだ
去年も打率200なかったし、今季もだめだと。。。しょんぼり1歳上の39歳トリオ?ががんばっているので、暗黒時代に四番を打ったひーやんには、代打の切り札として「もう、ひと花」存在感を見せてほしいです。            人気blogランキングへ

  • 2007.03.23 Friday

脅威の8番打者? OP戦・球団初8連勝だ!!

関本が22日の横浜戦(横浜)で『8番・二塁』で先発し、2安打2打点と勝負強さを発揮した。オープン戦8連勝は52年以降では球団史上初。セ・リーグ首位にも浮上した拍手
総移動距離はなんと2800キロ。どんなハードスケジュールでも“猛虎の桜前線”は止められない。疲れ知らずの打線がオープン戦初の先発野手全員安打もマークして、ロード8連勝でフィニッシュだ。「長かったな。移動ばっかりやったしな。甲子園に帰ったら、落ち着いて練習できるやろ」
本拠地をセンバツの高校球児に明け渡し、11泊12日という長期ロードが終わった。帰阪の途に着く岡田監督に疲れの色はみえない。「投手(9番)の前で、3割近く打ってるからな」。“脅威の8番”がドッシリと構える打線に、手応えをにじませた。
07年新打線で光ったのは関本だ。まず二回一死二、三塁。先発・土肥の外角変化球を、関本が右前へ技ありの先制適時打。四回にも無死一、三塁から、真っ直ぐを引っ張り左翼線へ適時二塁打を放った。「外のシュートと、内の真っ直ぐを頭に入れていた。コースに逆らわずに打てた」と、2安打2打点に胸を張った。
昨年後半は不動の2番を務めた。33犠打はチームトップで、岡田監督も「陰のMVP」と絶賛した。今季も当初は本命視されたが、鳥谷、赤星の1、2番コンビ誕生とリンクしてに“降格”した格好。だが、下位でも59打数19安打で、打率.322と輝きを増す。8打点は鳥谷の9打点に次いで、今岡、林に並ぶチーム2位タイ。快進撃の陰の原動力になっている。
すでに岡田監督は開幕オーダーを明言しているが、関本の耳には直接届いていない。「オレって8番なの?」と、試合後になって逆質問してきたほど。打順へのこだわりを捨てていた。
「2番も8番も同じ。状況に応じた打撃をするだけ。チャンスでは大振りしないことを考えている。当てにいくつもりもない」と関本。打席でも常に冷静でコンパクトスイングだけを意識。勝負強さの要因を自己分析してみせた。「開幕が近づいて、みんな分かっている。開幕に向けて、個人個人が調子を上げていったらいいんやからな」岡田監督はまだ八分咲きを強調。一時はオープン戦単独最下位に転落したが、総合3位でセ・リーグ1位に浮上した。
常に進化している関本「いつまでたってもポップな人とは完全に差がつきましたね。」8番におくのは、もったいないぞ!お・か・だ


人気blogランキングへ





  • 2007.03.22 Thursday

本日のオープン戦「兄貴」欠場

金本が22日、左足太もも裏の張りで横浜とのオープン戦(横浜)を欠場した。試合前練習には参加し、先発出場する予定だったが、大事をとって離脱。練習後に1人で大阪に戻った。常川達三チーフトレーナー補佐によれば、前日21日の広島戦(倉敷)で張りを訴えた。幸い軽症で、病院にいく予定もない。
人気blogランキングへ

  • 2007.03.22 Thursday

日ハムから移籍の正田樹『先発』を狙う!

日本ハムから阪神へ移籍する正田樹投手(25)が発表から一夜明けた21日、新天地での先発を志願した。日本ハム2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷で練習を行い、「阪神では先発? もちろん」と話した。20日には元日本ハムの下柳から電話をもらい「『かわいがってやるから』と言われた。怖いですね」と戦々恐々としながらも先輩の心遣いに感謝した。23日に入団会見に臨む予定。また日本ハムの高田GMは正田とのトレードで獲得した金沢健人投手(28)に関し「先発かもしれない。長いイニングも投げられるから」と話した。22日にヒルマン監督も交えて再検討する。
まだ若いし、可能性はおおいにあるかも!?  金澤は先発のチャンスがありそうや、がんばれ!                                                      人気blogランキングへ

  • 2007.03.22 Thursday

虎8連勝!勝ちすぎですねぇ・・・

横浜vs阪神ともに14安打で4点vs6点、ピストル打線では安打の割りには得点は少ないのもしょうがないかしょんぼりだからつながり重視、きめの細かな作戦、点を取る工夫が必要ではないか、おかだはん冷や汗中村紀、木と大砲2枚そろえた中日打線「ずる休み孝介もいたか」とここの部分だけ差が出ると思います。先発ジャンは、初回先頭仁志に左安打、石井がサードへの犠打の1死二塁、3番金城に中前適時安打を浴び、先制点を与えた。その後も4番村田の右安打で1死一、三塁と攻められたが、後続の5、6番を抑え1失点で切りぬけた。
2回表今岡二塁内野安打、浜中左二塁打、矢野三振に倒れた1死二、三塁に関本の右適時打で同点とした。その裏、ジャンは横浜を三者凡退に抑えた。
3回表も土肥を1死二、三塁と攻め、林の内野ゴロで勝ち越し点を奪った。
4回表は、浜中、矢野が連続安打の無死一、二塁、関本の左翼適時二塁打、鳥谷の左犠飛で2点を追加した。その裏ジャンは2死から古木に中安打、自身のボークでピンチを招き、相川の左適時打で1点を与えた。
5回表にも追加点を挙げる。シーツ左二塁打、林の右前打で無死一、三塁と好機をつかむと5番今岡が左犠飛を打ち上げ1点を追加した。ジャンは6回裏、村田の安打などで2死三塁とピンチを招くと、古木の遊失で1点を返される。先発ジャンは6回を9安打、3失点、自責点2で降板した。
7回裏からは吉野が登板。吉野は1死から種田に安打を許したが、続く金城を三塁併殺打に打ち取りピンチを切り抜けた。
打線は8回表、吉野の代打葛城が右翼越えへ2号ソロを放ち追加点。8回裏からは3番手で相木が登板。相木は先頭村田に右越えへソロ本塁打され1点を奪われる。9回裏からは橋本健が登板。橋本は1死から仁志、種田に連打されピンチを招いたが、後続を打ち取りゲームセット拍手 これで8連勝ですか、負けたら負けたで心配ですが。勝ちすぎるのもまた心配でおます。14安打で8点しかとれないのは打順の並びがわるいせい!?


人気blogランキングへ

  • 2007.03.22 Thursday

『1番鳥谷・2番赤星』ほんまに理想のオーダー?

岡田だけやでいいとおもってるの冷や汗皆さんはどうお考えですか?「こういう形でいくと思う。別に変える必要もない。クリーンアップ以外は違う形もやってきたけど、ここからはある程度固定してな。どこからでもチャンスが作れるしかえすこともできる。つながり的にはものすごくいいと思う」 岡田監督が21日の広島戦(倉敷)の試合後、今季の開幕オーダーを“発表”した。1番はOP戦チーム3冠王の鳥谷で、2番は赤星 この打線で8−3で快勝し、「つながり的にはものすごくいい」と指揮官は手応え十分だ。
鳥谷は何番打たせてもいいぐらい成長したでしょう。でも赤星ー関本のほうが絶対打線のつながり、全体的のバランスはいいと思う。1,2番を左にすると変則、左投手をぶつけられると苦しい。下位打線に左打者がいなくなるから、鳥は最強の7番打者のほうがいいとおもいますけど。。これだと2番赤星、8番関本の持ち味が出にくい。。。最悪の並びや冷や汗

人気blogランキングへ


  • 2007.03.22 Thursday

「希望入団枠撤廃」 来年からかよ!!

「中村紀のため?」練習生でも1軍のオープン戦に出場できるように、規則をすぐかえたやん、やればできるのにやらんということは「日本プロ野球組織」に今後も大きな期待できないでしょうショック                                            日本プロ野球組織は21日、西武を除く11球団で代表者会議を開き、「希望入団枠」を来年から撤廃することで合意した。今秋のドラフト会議の実施方法については継続審議となったが、暫定的に現行制度を維持するとみられる。この結果に対し、即時撤廃を求めてきた日本高野連の田名部和裕参事は同日、大阪市内で記者会見し「断固受け入れられない。アマ側の総意と受け取ってもらっていい」と強く反発した。
所詮、野球素人で自分の利益しか考えない『日本プロ野球組織』に明日はないショックコミッショナーに権限をもたせないのも、オーナーが自由に自分本意?にできないことを防ぐためなんでしょうね怒りマーク 本当にプロ野球を愛するオーナーが数多くいたら、いい方向にかわって行くんでしょうけど、現状では現場とフロントの温度差がありすぎる。
このままでは、「ファンが離れていく」という危機感がオーナーに感じられないのは長年プロ野球を楽しんで愛してきたわれわれにとって非常に淋し過ぎる.                                人気blogランキングへ

  • 2007.03.21 Wednesday

阪神7連勝!抑えは久保田にするの?

5点差あるのに3人で終わらせられへん奴が「日本一を狙うチーム」の守護神でいいのか?オープン戦だけで公式戦は中継ぎに戻すことはまだシンジラレナ〜イ冷や汗阪神が4回先制した。広島先発は青木高。先頭シーツ、金本が連打で無死一、二塁のチャンスで、今岡が左翼へ2点適時二塁打を放ち先制した。続く浜中が右安で1点追加。また矢野が打撃妨害により出塁し、無死一、二塁の好機で再び、関本が左翼へ適時二塁打を放った。さらに捕逸もあり、走者が帰りこの回5点目の追加点を奪った。
阪神先発ボーグルソンは4回、2死から二塁打を許し、栗原に左翼へ2号2ランを運ばれてしまった。ボーグルソンは5回も2死三塁から東出に左安適時打されて1失点した。結局、ボーグルソンは6回を投げて、7安打3失点の内容だった。前田智がいないし、合格点あげるのはちょっとx2しょんぼり
阪神は7回、広島河内から追加点を奪った。広島の連続失策で無死二、三塁の好機を迎え、シーツが四球を選んだ。金本は遊飛に倒れ1死満塁で、今岡が左中間へ3点適時二塁打を見事に決めた。今岡はこの日2安打5打点の活躍をみせた。
7回、2番手ウィリアムスが登板して3者全員を二ゴロに抑えた。
8回は球児が登板し、3番緒方、4番新井、5番嶋を外野飛球に打ち取った。9回、最後を締めたのは久保田。2死から倉に中安、代打尾形に四球を与えピンチを背負ったが、梵を二ゴロに抑えて、8−3で広島に勝った。阪神はオープン戦7連勝、成績を8勝6敗2分とした。

アバウトな久保田では中継ぎでゲームを壊す可能性は大きいですねショック打たれても『打たれっぱなし』細かく継投するような技?は岡田には、ありましぇんし。。。冷や汗                        人気blogランキングへ

  • 2007.03.21 Wednesday

これで太鼓判なの・・・へぇ〜

久保田が紅白戦、OP戦を通して登板直後のイニングで「3者凡退」で0に抑えたことがありましたか?「私はあまり記憶にございましぇん汗」無死から走者を出し、簡単に走者をかえされる「点をとられる」イメージしかありません。それでも監督がいいというからいつまでたっても、アバウトな久保田でしかないのではないでしょうか。昨日はたまたま相手のミスに助けられて、土俵際で抑えられた。最後は151キロの内角速球。森笠のバットはピクリとも動かず、見逃し三振でゲームセットを迎えた。9回2死二塁。一打同点の場面でリードを死守した久保田は、ホッとした表情でナインとの握手に応じた。7回に逆転に成功し、5−3で迎えた9回。岡田監督がマウンドに送り込んだ。さながら“守護神テスト”。先頭の嶋は三振に斬ったが、ここから苦しめられた。栗原に安打。緒方には左中間を割られて、1点を許した。打たれた球は、ともにストレートだった。「打たれたのは高くなってしまったけど、調子は悪くないです。」 JFKの大トリを任されていた右腕は、プライドをかけてストレート勝負を続けた。1死一、二塁から広島が仕掛けた重盗が失敗するラッキーにも恵まれたが、最後は森笠に対して150キロ台を連発した。カウント2−2からの鮮やかな見逃しK締めに、岡田監督は納得の表情だった。「ああいう球がいくようになったんやから。ボールは大丈夫。あとは気持ちの問題やろ」気持ちの問題?ふ〜ん『違うと思いますけど。。。』キャンプから、指揮官は「以前のような球が投げられるか」という一点だけを注目してきた。高松のマウンドで示したMAX153舛旅箋紊蓮∧兇譴發覆ぁ繁槓”の力量。シーズンへ、メドは立った。リリーフエース・藤川を中心とする勝利の方程式に名を連ねて、逆襲に燃える久保田の07年が始まる。こ、これが?本物なの冷や汗これでは今シーズンも思いやられるわ怒りマーク球だけが速ければそれでいいの?久保、中西両投手コーチは久保田中継ぎ、球児抑えと決めたと聞きましたけど。謎将監督は悪魔でも久保田は抑えなんでしょうね。『アンフェアの篠原涼子風に言うと』『馬鹿か!おまえは!怒りと大声で叫びたい、気分ですね                                    人気blogランキングへ

  • 2007.03.21 Wednesday

虎戦士 07年テーマ曲 決定!

00 秀太 前略道の上より
一世風靡SEPIA
0 中村 豊 TOMORROW
岡本 真夜
1 鳥谷 敬 バードマン
FIRE BALL
2 野口 寿浩 ENERGY
ロードオブメジャー
3 関本 健太郎 リトル・グリーン・バック
ジョージ・ベイカー
4 アンディー・シーツ BOOM SHACK A LAK
APACHE INDIAN
5 濱中 治 JESUS OF SUBURBIA
GREEN DAY
6 金本 知憲 SANDSTORM
DARUDE
7 今岡 誠 GET DOWN(YOU'RE THE ONE FOR ME)
BACKSTREET BOYS
8 浅井 良 PUMP IT
BLACK EYED PEAS
9 藤本 敦士 LET'S GET RETARDED
BLACK EYED PEAS
12 三東 洋 君がくれたもの
HOME MADE 家族
13 中村 泰広 Walk this way
エアロスミス
14 能見 篤史 BRAND NEW WORLD
D-51
15 太陽 The Battle
Hans Zimmer
16 安藤 優也 元気出していこうぜ!!
スーパーバンド
17 金村 大裕 GOLDEN MIC
ZEEBRA
18 杉山 直久 My First Kiss
Hi-STANDARD
19 筒井 和也 innocent world
Mr.Children
20 金澤 健人 TIGER HOLE
TORA
21 岩田 稔 1,000,000 MONSTERS ATTACK
SOUL'd OUT
22 藤川 球児 EVERY LITTLE THING EVERY PRECIOUS THING
LINDBERG
24 桧山 進次郎 WOMAN
WOLF MOTHER
25 渡辺 亮 千年センネンメダル
↑THE HIGHーLOWS↓
26 江草 仁貴 怒りの獣神(獣神ライガーオープニングテーマ)
弘妃由実
27 岡 太一 Dreamland
BENNIE K
28 福原 忍 恋人
氣志團
29 小嶋 達也 HERO
Mr.Children
30 久保田 智之 May
The Spice of Life
31 林 威助 Have A Nice Day
BON JOVI
32 前田 忠節 キズナ
ORANGE RANGE
33 葛城 育郎 ROCK'N ROLL IS DEAD
LENNY KRAVITZ
34 橋本 健太郎 応援歌
湘南乃風
35 坂 克彦 チャカチャカ
エレファント・マン
36 ライアン・ボーグルソン Bodies
Drowning Pool
37 野原 将志 はじまりの合図
ケツメイシ
38 橋本 良平 TOKYO DRIFT
TERIYAKI BOYS
39 矢野 輝弘 マイペース
サンセットスウィッシュ
40 桟原 将司 WHO'S THAT GIRL?
イブ
41 上園 啓史 Light Your Fire
RIZE
42 下柳 剛 RUNNING
STARDUST REVUE [登板時]
成せばナス〜THEME OF SHIMO-SAN〜
INSPi [打席時]
43 上坂 太一郎 超!
DJ OZMA
44 藤原 通 桜島
長渕 剛
45 清水 誉 Mama said knock You Out
LL Cool J
46 鶴 直人 テンプラチャー
ショーンポール
47 吉野 誠 PHOTOGRAPH
NICKELBACK
48 相木 崇 Bootylicios
Destiny's Child
49 若竹 竜士 Your eyes only
EXILE
50 高橋 光信 ワールド
ザ・ベイビースターズ
51 桜井 広大 DOOR〜The knock again〜
コブクロ
52 赤松 真人 MINORITY
GREEN DAY
53 赤星 憲広 Because We Can
映画『ムーランルージュ』挿入歌
54 ジェフ・ウィリアムス Ladies and Gentleman
Saliva
55 喜田 剛 NO WAY OUT(アントニオ・ノゲイラの入場曲)
ZZ
56 田村 領平 VADER
TRY
57 大橋 雅法 3月9日
レミオロメン
58 高橋 勇丞 晴伝説
湘南乃風
59 ダーウィン・クビアン Los Mate
Tego Calderon
60 小宮山 慎二 RISKY
ASIAN2
61 辻本 賢人 20th Century Boy
T.REX
62 玉置 隆 ココロオドル
nobody knows+
63 大城 祐二 スティルD・R・E
ドクタードレー
64 庄田 隆弘 Hung Up
MADONNA
65 水落 暢明 FOREVER
PUSHIM
66 大和 お願い!セニョリータ
ORANGE RANGE
67 伊代野 貴照 青空
H-MAN feat. keyco
68 横山 龍之介 FLIPSIDE
FREEWAY
92 エステバン・ジャン PA'LO'MEMBERO
Julian Oro Duro
99 狩野 恵輔 ANOTHER NIGHT〔TYPE-R REMIX〕
DJ TORA + R-seq
人気blogランキングへ

  • 2007.03.20 Tuesday

金澤「20」投手が北海道・日ハムにトレード

金澤健人投手(28)と日本ハム正田樹投手(25)との1対1の交換トレードが成立したと20日、両球団から発表された。それぞれ先発左腕、中継ぎ投手を補強したい双方の思惑が合致した。金沢は98年ドラフト2位で阪神に入団、主に中継ぎとして活躍しプロ通算146試合、9勝7敗1セーブ。正田は99年夏の甲子園優勝投手で、同年にドラフト1位で日本ハムに入団。主に先発でプロ通算84試合で24勝37敗。02年にはパ・リーグ新人王を獲得したが、昨季は1軍登板がなかった。
最近見かけないと思ったら、トレードだったのねしょんぼり新天地では望まれていくのだから、残念ですけど本人にとってよかったでしょう。中継ぎとして活躍して、交流戦で聖地に凱旋登板できるように活躍を願ってます。                               人気blogランキングへ

  • 2007.03.20 Tuesday

鳥谷逆転3ラン!6連勝や!

高松
広020 010 001=4

神001 000 40X=5

<試合経過>
先発江草は、2回1死一塁から6番栗原に中堅への先制本塁打を浴び2点を失った。その後も緒方、尾形に連続安打を許すが後続を断ちこの回を切り抜けた。打線は3回1死から赤星、関本の左翼への連続二塁打で1点を返した。江草は4回を投げ、4安打2失点4奪三振でマウンドを下りた。5回からは橋本健が登板。いきなり尾形、森笠に右翼に連続二塁打を浴び追加点を許した。打線は7回、1死から代打葛城の中前打と赤星の四球で走者一、二塁とし、関本の右翼線適時打で1点差とした。なおも1死一、三塁で、鳥谷が右中間へ逆転3ランホームランを放った。
9回表、5番手の久保田は1死からの連打で1点を失った。こんなんじゃ、抑えも中継ぎもできるかい怒りまともに3人でおさえられへんやん、しかも簡単に点を与えてしまう。153キロと球速は出ていても、簡単に打たれるのではいけないんですよしょんぼり「投球術」「制球力」をつけないと1軍投手として生き残れないよ! 去年は岡田の温情で1軍にいられたことを忘れたら、あかんx2冷や汗

人気blogランキングへ

  • 2007.03.20 Tuesday

兄貴 「本塁打0」は吉兆や!

金本がオープン戦での“不発”を歓迎した。19日までに出場した6試合計17打席で0本塁打。「そういう時の方がシーズンでは打ってる」と本番での爆発を自ら予感した。振り返れば、自己最多の40本塁打を記録した05年、阪神移籍1年目の03年がともにオープン戦0発で、リーグ優勝を果たした記念の年とも合致する。主砲は静かに力をためながら開幕を待つ。
 金本はこれまでもオープン戦で本調子となるケースは少なく、00年以降を見ても打率3割以上は01、04年の2度のみ。ちなみに阪神移籍後オープン戦0本塁打に終わった03、05年はともにチームはリーグ優勝、特に05年は自身初の40本塁打もマークしている。
出場試合も打席数も少ないからでしょう。それにホームラン打者でもないし。虎打線に40本以上打てる右の大砲がいたら、もっと楽に戦える「勝てる」でしょうね。ここいちでは、「とくに投手戦では」ホームラン打者の存在が勝敗を分けることが多いですから。采配もあまり考えなくてもすみますし、必然的に謎采配も少くなくなりますしね。            人気blogランキングへ

  • 2007.03.19 Monday

赤星今年も車椅子贈呈!!

赤星が今季も盗塁の成功数に応じて車いすを全国の施設・病院にプレゼントすることを19日、発表した。1盗塁につき車いす1台で、盗塁王を獲得した際はリクライニング機能付の車いす「赤星号」を1台、追加する。プレゼント先はシーズン終了後に抽選で決定する。 赤星は03年シーズンからこれまで4年間で、自走式車いす201台とリクライニング式車いす3台をプレゼントしている。

 希望する施設は1施設名2住所3電話番号4代表者名5大人用・子供用の希望を明記し〒663−8152 西宮市甲子園町2の33 阪神タイガース営業部「赤星選手車椅子プレゼント事務局」まで。1施設につき1通のハガキのみ有効。締め切りは7月19日の消印有効。

人気blogランキングへ

  • 2007.03.19 Monday

お杉 逆転1軍が見えた?

二軍調整中の杉山は教育リーグ・四国アイランドリーグ選抜チーム戦(鳴門)で6回を投げ、3安打5三振の無失点。結果を伝え聞いた岡田監督は「京セラで投げるそれまでに見てみるという手もある。もともとローテの力を持っている」。24日か25日のヤクルト戦(京セラD)の結果次第では、滑り込みの先発ローテ入りも視野に入れた。
安藤が福原が開幕に間に合わず、私が密かに期待していた太陽が先発(ローテ)にはいるには、いまいち?の投球内容『このチャンスを逃すと・・・』次はないかもしれない冷や汗「実績のある」お杉にチャンスがめぐってきた!?ところで金澤はなにしてるの。。。

  • 2007.03.19 Monday

「9番赤星-1番鳥谷」もある・・・

岡田阪神が07年シーズンの超攻撃オプション、「8番・投手」「9番・赤星」の仰天プランが浮上した。18日の虚人戦(東京D)では、9番に入った赤星が“裏1番”として3安打2得点と活躍し、1番・鳥谷も、センターバックスクリーンへオープン戦1号2ランを放つなど猛打賞の大暴れを見せた。満点の予行演習も完了し、気分そう快のG倒で5連勝、勝率5割だ。 悪くはないと思いますが、これだと赤星の盗塁のチャンスは減るのでは・・・いろんな打順を試したいと思うのはいいのですが、シーズンに向けて、打順を固定してつながり重視「右、左のバランス(並び)」も考えてほしい時期ではないでしょうか?去年の開幕から50試合以上の「日替わりオーダー」が頭をよぎる冷や汗                                                                                       人気blogランキングへ

  • 2007.03.18 Sunday

虎5連勝、5割に戻した!

阪神 0 0 2 1 0 2 0 0 0 5
虚人 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2
観客: 23711 人
阪神 : 能見-吉野-桟原-藤川-相木
虚人 : パウエル-久保-豊田
阪神 : 鳥谷1号[ツーラン]
虚人 : 谷1号[ソロ]
[勝] 阪神 : 能見 1勝 1敗
[負] 虚人 : パウエル 1勝 2敗
[S] 阪神 : 相木 1勝 1S
オープン戦とはいえ5連勝、5割復活!ほぼベストメンバーの当面の敵に勝ったのは素直にうれしいですね。能見,今年は先発でやってくれそうかな楽しい なんで「OP戦とはいえ」地上波の放送がないんや,読売TV怒りマーク調べたら日本テレビは放送してたやんしょんぼり萬田銀次郎も面白かったけど・・・                                                           人気blogランキングへ

  • 2007.03.18 Sunday

[途中出場]浜ちゃん第2号本塁打!

「自分の形で打つことができた。きょうに関しては最高結果を出すことができた。でも、あした。あしたも試合がある」
痛烈な一撃は8回に飛び出した。1死から迎えた第1打席。長身左腕の那須野がカウント0−2から投じた3球目。内角よりの143キロをジャストミートした大飛球は左翼スタンド中段に着弾。14日の中日戦(小牧)以来3試合ぶりとなるオープン戦第2号は推定飛距離125メートルのソロアーチとなった。「自分の打ち方は“これだ”というものが今日で再確認できた。それが収穫」
 試合前、虎ナインが三塁側のベンチ前で準備運動を開始した直後だった。室内練習場には打球音が響き渡っていた。本来の調子を取り戻せていない若き主砲は、誰もいない空間で打撃投手を相手に約30分間の特打。その後は屋外で通常のフリー打撃にも取り組んだ。
13日から前日16日までは打撃時に左足をあまり上げない打撃フォームで打っていたが、この日は本来の高々と上げるフォームに戻っていた。「調子が悪いときは動きを小さくしたりして対応していた。でも、今日からは今まで通りに足は上げる」。これまでも不調時には打撃フォームの微調整で対応していたが、左足でタイミングを取る本来の姿で放ったアーチは完全復活へ向けて価値のある一発となった。岡田監督は「右投手でもあれだけ振れればな。開幕は調子がいいやつから使う」と話した。
ライバルの林も結果を残した。だが、開幕スタメンの座を奪われた昨年と同じ過ちは繰り返さない。「右投手に苦手意識はない。右の方が相性はいいと思う」。完全に暗闇からは脱出した。本来の打撃フォームで復調の兆しを見せた和製大砲がもう立ち止まることはない。 岡田監督の言葉は関係ない?開幕6番右翼浜中は信じています。昨年みたいに日替わりで打順をかえるんでなく、1番から『赤星ー関本ーシーツー金本ー今岡」5番まではせめて固定してほしい。6番浜中も当然ですけど。。そうでないと安打の割りに得点がとれないことになりかねません。ホームラン打者はいないのだから、つながりだけは大事にしてほしい。先発投手陣に未知数の選手が多いだけに「1点にこだわった」野球をやっテほしい。「岡田にとっては超難関でしょうけど冷や汗」                          人気blogランキングへ

  • 2007.03.18 Sunday

下さん「球団史上最年長」開幕投手へ

下柳が3月30日の開幕・広島戦(京セラドーム大阪)に先発することが決定した!?プロ17年目、38歳10カ月で迎える初の大役。2リーグ分裂以降では球団史上最年長の開幕投手となる。17日の横浜戦(横浜)では4回を3安打1失点と安定感をアピール。今後は24日のヤクルト戦(京セラD)に登板し、本番に備える。下柳『まだまだや。ちょこちょこと直さなアカンところはあるわな』。今年は中5、6日で投げるんではなく、最低でも中7日以上登板間隔をあける采配を望みますね。「たとえ福原、安藤がいなくてもですね。。。」                                                        人気blogランキングへ

  • 2007.03.17 Saturday

甲子園の「つた」の代打は緑のパネル

第79回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の開幕を待つ阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で、改修工事のために伐採された名物の蔦に代わって緑のパネル2000枚が外壁に取り付けられた。17日にはセンバツの甲子園練習がスタート。“代打”の蔦が球児らを出迎えている。
既に内野と一塁アルプス部分で蔦は伐採済み。ただ、むき出しのコンクリート壁のままでは味気ないと、蔦をイメージしたパネル(1枚当たり180センチ×85センチ)で伐採部分を覆った。球場の正面右手には、1924年8月の完成当時と現在の球場の航空写真に加えて改修後の完成予想図を掲示して、甲子園の変遷を紹介している。球場本体のリニューアルは09年春に終了予定。
                                                                   人気blogランキングへ

  • 2007.03.17 Saturday

安藤「右肩炎症」開幕アウト・・・残念

阪神球団は17日、右太もも裏を痛めて2軍で調整中の安藤が、16日に大阪市内の病院で右肩が「肩峰下滑液胞炎」(けんほうかかつえきほうえん)と診断されたと発表した。キャッチボール再開まで1週間かかる見込み。
岡田監督は横浜戦の後に「無理して働いても1年もたない。開幕何カードかは入れていない」と話し、じっくり調整させる方針を示した。福原もいないから少しあせったのかなショックこれでは福原と共に『エース候補』のままで今シーズンもいきそう・・・しょんぼり小嶋がシーズン『怪我なく』乗り切れば『エース』に一番近いかも!?                                             人気blogランキングへ

  • 2007.03.17 Saturday

悪魔でも?鳥谷が1番なの・・・

昨日の試合。赤星ー関本でつながっていい流れを作ったやないの。。。なんで鳥を1番にしたいのかよ〜わからんしょんぼり ぼちぼち、打線を固定して戦わんといけないんじゃないですか汗先発の三浦に3回1死から矢野が左翼線へ二塁打。2死二塁から鳥谷が四球。後続赤星とシーツが好機を生かして中堅へ連続適時打を放って先制点を奪った。続く金本は四球を選ぶ。2死満塁から今岡が右翼へ2点タイムリー。林も続いて左中間へ2点適時二塁打を放ち、この回一挙に6得点をたたき出した。
先発下柳が3回、先頭鶴岡に左安、続く三浦に三犠を決められ、暴投もあり1死三塁のピンチを迎える。仁志に中安適時打を許し1点を献上した。下柳は4回を投げて3安打1失点で1四球2三振の内容だった。
 2番手の希望枠ルーキー小嶋は5回は三者凡退。6回は、この回から交代した清水と新人バッテリーで挑んだが追加点を奪われた。先頭石井の一ゴロをシーツが失策。左安、四球と続き無死満塁の場面で鈴木尚の中犠飛で1点を失った。8回、浜中はこの回に投手交代した那須野から左翼へ2号ソロを放った。
小嶋は8回、横浜打線につかまる。先頭村田に二塁打、石川に中堅への適時打を許す。さらに2連続四球で再び無死満塁を迎え、鶴岡の左犠飛で追加点を奪われた。小嶋は4回を投げて4安打3失点、2三振5四球の結果。
9回、久保田が2死から左翼へ二塁打される場面もあったが最後を締めて、7−4で横浜に勝ち、オープン戦4連勝で5勝目とした。

久保田も抑えにするつもりなの冷や汗

人気blogランキングへ

  • 2007.03.17 Saturday

ジャン4回「無四球」 0封!

エステバン・ジャンが16日、ロッテとのオープン戦(千葉)に先発し、4回を無失点。球数を抑える打たせて取る場面と、走者を背負っては三振を奪う使い分けの投球術を見せた。故障で調整遅れの安藤、福原が開幕ローテーション入り絶望的だが、心配はご無用。阪神では1965年(昭和40年)のバッキー以来,42年ぶりとなる外国人投手の開幕白星を目指す。
振るなら、どうぞ。初回1死。ジャンの持ち味と魅力が発揮された。青野を初球、内角145キロ直球で三ゴロに打ち取る。続く里崎も初球、外角直球で遊飛。早いカウントでも細心の制球は、バットに当てさせても安打にさせない。たった6球で三者凡退のスタートを切った。
走者を背負えば、三振を狙う。2回裏2死一、二塁。早川をフルカウントから落差のあるフォークで空振り三振に取る。両手でガッツポーズを作って、マウンドから駆け下りていった。相手打者のバット軌道を常に支配していた。4回無失点の全45球。開幕へ、自信は高まるばかりだ。
ジャン「(阪神と)契約したときから先発として来たし、楽しむためだけに来たわけではない。チームを勝たせるために来たので、(ローテの)中に入れるようにしたい」。迫力十分の巨体に加え、いかつい風貌だが、投球は実に繊細だ。前回9日オープン戦(対日本ハム)では3回を無四球無失点。そしてこの日も無四球。岡田監督は「あれだけ少ない球数でアウトを取ってくれるから守ってる方も楽やで。で、攻撃につながっていくよな」とニンマリ。テンポのいい投球は、野手にもいいリズムを与え、攻撃に移れる。福原、安藤の開幕ローテ入りが絶望的となった今、下柳と共に先発の柱であることに違いはない。
開幕投手もいまや、最右翼に浮上している。岡田監督はこの日、「言う必要ないやろ。予告先発ちゃうで」と開幕投手について言葉を濁したが、ジャンが投げるたびに評価を上げているのは確かだ。阪神で外国人投手の開幕投手が実現すれば、87年のキーオ以来となるが、白星は65年のバッキー以来となる。すでに首脳陣は開幕ローテーションの陣容を固めつつあるが、ジャンに大役を任せられる信頼感が生まれていることは間違いない。強く繊細なマウンドの魔術師が、30日の開幕マウンドに君臨する可能性は日々高まっていく。





人気blogランキングへ

  • 2007.03.16 Friday

関本2番で打線爆発!!

決して偶然ではないでしょう? 阪神が1回に先制した。先頭赤星が四球、二盗を決めて、関本の二ゴロで三進。1死三塁からシーツが左翼への適時打を放ち先制した。先発のジャンは初回を3者凡退に仕留め上々の立ち上がり。2、3回は安打を許したが、4回を無失点に抑えた。 打線はロッテ先発の呉から5回まで毎回安打。5回には1死から5連打を浴びせ4点を奪い、呉をマウンドから降ろした。2番手の球児は5回の1イニングを1奪三振含む3者凡退に抑えた。6回にはD−さんが登板。いきなり先頭の西岡に三塁打され、青野の適時打で1失点。なおも2死一、二塁で橋本にも適時打された(2失点)
7回1死一、三塁で代打高橋光が左適時打を放った。9回にも1死一、三塁で代打葛城が適時打で加点した。4番手の太陽は8回を無失点で切り抜けたが、9回、2死からの連打で1点を失った。
16安打で7得点 得点した1、5、7、9回にいずれも関本が絡んでいる。「進塁打あり、適時打あり。。。」開幕は「1番赤星、2番関本」でいかなあかんでしょうグッド何が文句があるの!?お・か・だ・はん
 試合は7−3で阪神がロッテに快勝した拍手
人気blogランキングへ

  • 2007.03.16 Friday

ボーやんに弱点・・・

弱点が浮き彫りとなってしまった。オープン戦初先発のボーグルソンが、楽天の足攻に揺さぶられた。初回にいきなり2盗塁。ネット裏の広島・畝スコアラーは、辛口コメントを発した。「これまでクイックはそんなに遅くないと思っていたけど、今日は遅かったね。他の課題があったのなら仕方ないけれど、(モーションが)あまりにも大きすぎるとね」2年連続で盗塁阻止率4割を誇る矢野を持ってしても、楽々セーフだった。無死一塁から塩川に二盗を許すと、2死からは足が速いとは言い難いフェルナンデスにも二盗を決められた。「大体1・4秒台だった」(畝スコアラー)。1・3秒台なら合格と言われるクイックだが、わずかなスキにつけ込まれた。開幕ローテ候補として調整を続けるが、開幕カードの広島には東出、梵の俊足コンビが1、2番に君臨。2カード目のヤクルトにも、昨年のセ盗塁王・青木がいる。助っ人右腕は「自分のピッチングに集中していたからね」と意に介さなかったが、オープン戦登板はあと1試合。一抹の不安はぬぐえない。
高い潜在能力を見せつけたことも確かだ。初回の速球主体から一転、変化球を交えた2回以降の3イニングは無失点。2回には礒部をカットボール、ウィットをチェンジアップで連続の空振り三振に仕留めた。4回を3安打1失点。最速も148キロをマークした。
「課題は出てくるものやからね。初回が終わってから話し合いを持ったし、今後も話すよ」矢野は課題を認めつつも、素早く改善に着手する考えを明かした。残された時間は2週間あまり。弱点の克服が、日本での成否のカギを握る。
何も無理して外国人を2人ともローテに入れる必要がない。ジャンだけでいいやん。ボーやんは2軍でD−さんを「中継ぎで登録」するほうがいいと思いますけどね。
人気blogランキングへ

  • 2007.03.16 Friday

まだ打順決めてないの?

                                「(右肩は)大丈夫です。(今後については)あした起きてみないと分からないですけどね」満を持して座った1番の座も、適性試験は2打席で打ち切られた。三回一死二、三塁の第2打席で、楽天先発・有銘の138キロ真っ直ぐが右肩肩甲骨付近を直撃した。その場に両ひざをついてうずくまり、しかめた顔を隠さなかった。ヒヤリとした一瞬。大事を取って次の守備から交代した。ベストメンバーで戦った岡田阪神。1番起用は意外や、鳥谷だったアイシングと電気治療を施したが、病院には行く予定はない。16日の出場は当日の様子を見ることになるが、大事には至らず、早期のテスト再開が期待できる。今はメンバーがそろって、まだ順番(打順)は決めてない。調子が上がってくるのはもうちょっと後やろう」
岡田監督はテスト段階だと強調した。この日は1打数無安打も、ОP戦打率.368。11試合で猛打賞3回の固め打ちといい、03年の今岡型1番のイメージが膨らむ。今岡は同年の盗塁数が「1」。走らないトップバッターとして従来概念を覆した。一方の鳥谷には50メートル5秒台のスピードがある。走塁技術が身につけば、バットに足技を絡めた攻撃も可能だ。
昨季からの流れでいえば、『赤星、関本』の1、2番が基本線かと思われたが、ともにバットが下降気味。『鳥谷、赤星』はすでにОP戦で3度目だが、主力もそろった状況では初めてだ。これが第一選択肢に違いない。正田打撃コーチは「まだまだこれから。最終的なオーダーは24、25日の京セラドーム(対ヤクルト)で試しますよ」と説明した。テスト期間は残り6試合。個人の適性に、前後の循環にも考慮する必要があるだろう。3・30開幕日にいかなる完成形が拝めるか。まだ分からない。

もうぼちぼち、打順を決めないといけないでしょう。赤星の2番はx 下位打線に左打者がいなくなるので、絶対に1番鳥谷にしないほうがいい怒りマーク

また今シーズンも変なこだわった采配などにいらいらさせられるんでしょうね冷や汗


人気blogランキングへ

  • 2007.03.15 Thursday

プロ野球もドーピング検査導入

プロ野球で今年から本格的に導入されたドーピング(禁止薬物)検査の詳細が15日、明らかにされた。
 選手全員に、検査の意図や方法を説明したガイドブックと、使用できる市販薬などを示した携帯用の選手手帳を配布。検査の対象となった試合では、五回終了時にチームの担当者がくじ引きを行い、対象選手を決定する。陽性となった場合は、選手本人らの弁明を聞いた上で制裁を決める。
 選手への制裁は、無期限、1年以下、10試合以下の出場停止とけん責があり、日本プロ野球組織(NPB)では違反があった場合は「氏名の公表もありえる」としている。

人気blogランキングへ

  • 2007.03.15 Thursday

秀太決めた!勝ち越し打&決勝本塁打!!

先発ボーグルソンは1回、楽天先頭の塩川に死球を与える。その後エラーなどで1死一、二塁とランナーを背負うと、フェルナンデスに右前へ適時打され先制を許した。4回3安打失点で降板
打線は楽天先発有銘の前に1、2回を3者凡退と簡単に仕留められた。しかし3回に安打と死球などで1死満塁と好機をつくると、赤星の遊ゴロの間に1点を返し追いついた。5回からはウィリアムスが登板。ウィリアムスは2死から連打で一、二塁とピンチを招いたが、4番フェルナンデスを三振に仕留め失点は許さない。6回は能見が登板し、2死から安打と四球で一、二塁とピンチを招いたが続く藤井を捕邪飛に抑えた。
7回表、先頭林が左中間へ二塁打、関本の二ゴロなどで1死一、三塁とチャンスをつくると、この日鳥谷が3回に死球を受け交代した秀太が、右前へ適時打し勝ち越しに成功した。さらに1死一、三塁と好機は続いたが、赤星三振、藤本は三飛に倒れ追加点はならなかった。
能見は7回裏、同点に追いつかれた。四球と安打で1死一、三塁とピンチを招くと、4番フェルナンデスに高々と中犠飛を打たれ同点とされた。
 8回裏からは4番手で相木が登板。相木は2死からウィットに右前打されたが、ウィットに代わる代走の森谷をけん制で刺しピンチを切り抜ける。
阪神は9回表、勝ち越しに成功した。7回に勝ち越し適時打を放った秀太が2死から、楽天守護神の福盛から右翼越えの1号ソロを放ち勝ち越しに成功した。9回裏は橋本健が登板し、1死から竜太郎に安打を許したが、後続を打ち取りゲームセット。阪神は3−2で楽天に勝利し、オープン戦の成績を3勝6敗2分とした。
鳥の代役?秀太が大活躍拍手でも1軍枠に残れるかどうか微妙。以前「出してくれないのならトレード出してくれ」といった気持ちはよくわかる。オリバの北川は今では選手会長ですから。。。
人気blogランキングへ

  • 2007.03.15 Thursday

虎さん・ご当地選手限定販売

阪神公式のタイガースショップ高知店、名古屋店、横浜店の3店舗でご当地選手の限定グッズが販売されることが14日、明らかになった。関係者によると「現段階で製作中ですが、開幕に合わせて売り出します」と3月下旬に各店舗で同時発売する方針だ。
まずは高知店。高知市出身の球児グッズが販売される。開店記念で限定発売された「本塁打厳禁Tシャツ」が好評で、その第2弾として白地の左胸部分に「土佐魂」とプリントされたものを売り出す。裏には投球フォームが描かれている。
名古屋店では愛知・大府高出身の赤星Tシャツが売られる。2タイプを用意し、赤色を基調としたものはバックプリントに大きく「盗塁」の2文字。白色を基調としたものは、表に背番号と同じ53個の星が並べられ、背中の腰部分には盗塁をスタートする赤星がプリントされている。
横浜店は関東出身の鳥谷Tシャツ。大きなプリントはなく、3選手の中ではベーシックなものに仕上がる予定だ。また、3店舗限定で林、浜中、下柳、シーツの「虎戦士Tシャツ」も開幕前後に発売開始予定となっている。

 サイズはすべてSからXXLの5サイズで、値段は各2625円(予定)とお買い得な一品。07年の必須アイテムとなりそうだ。

人気blogランキングへ

  • 2007.03.15 Thursday

球児が渡瀬マキさんto「初対面」

球児が14日、個人テーマ曲「every little thing every precious thing」を歌う、元リンドバーグの渡瀬マキさん(38)と甲子園球場で初対面を果たした。憧れの人と会い、我を忘れて声を弾ませた。球児「メチャクチャうれしいです。まさか、こんな機会をもらえるとは…。感激しています」。
 マウンドでのクールな表情は完全に崩れていた。甲子園でマウンドに向かう際に流れる、ファンの間でもお馴染みのソング。球児にとっても、英子夫人との思い出が詰まった青春そのものだ。高知商3年の時に交際を始め、何度も一緒に聞いた曲。支えてくれた夫人への感謝をこめて球場で流している。
14日は、渡瀬さんに家族の名前を刺しゅうしたグラブをプレゼント。「名前が書いてあるのは(普通)あげられないんですけど。今回はあげられます」。喜び、そして勇気を与えてくれたボーカリストに感謝を伝えた。渡瀬さんは「曲を深く理解してくれている。すごく応援する。今度は球場で(ファンが)歌っているところを生で聞きたい」と話す。観客を喜ばせる点は共通する。球児は言う。「僕も誰かの力になりたい!」。 さわやかなメロディーに乗せて、ひたすら豪腕をしならせる。
球児のテーマ曲 リンドバーグが96年7月1日にリリースした曲で、渡瀬マキさんが作詞、川添智久さんが作曲した。陸上400メートル日本記録保持者の高野進(現東海大助教授)と由美夫人の夫婦愛を描いたもの。91年の世界陸上で入賞を果たした高野を、由美夫人が「私が彼に金メダルをあげたい」とねぎらったシーンに渡瀬さんが感動して、生まれた。

スペード球児と渡瀬マキさんの対面の模様は、読売テレビ「HEROたちの音色〜スポーツミュージックセレクション〜」で3月31日の深夜24時50分から放送予定。
かならず見る
人気blogランキングへ

  • 2007.03.15 Thursday

江草は1軍に必要な戦力です

野手を温存した落合竜を、江草がバッサリ斬り捨てた。レギュラー野手がウッズ1人という中日打線に対し、先発で4回を投げて3安打1失点。ウッズ以外の打者8人には、英智の1安打しか許さなかった。「中日相手?試合前は意識してたんですけど、メンバーを見たら主力が出てなかったんで…。やりたかったです」悔しい思いは、投球にぶつけた。スコアボード上の旗がちぎれんばかりに揺れる強風の悪条件もお構いなし。ウッズに対しても、見応えのある勝負を演じた。2回は結果は中前打だが、切れ味鋭いスライダーでバットをへし折った。4回は変化球のサインに首を振ってストレート勝負。タイムリーを打たれたが、意気込みをこれでもかと見せた。「四球を出さなかったんで良かった。ポンポン投げられて、あれでストライクも入った」
5四球を出した前回8日の楽天戦(松山)の反省を生かした左腕に、岡田監督も満足げ。「1軍戦力になる。配置は外国人や、故障者の治り具合を含めて決めるけど、江草の力は当然、必要よ」と開幕1軍入りに太鼓判を押した。ローテ入りは開幕を目指して調整を急ぐ安藤との兼ね合いになるが、豊富なリリーフ経験も生かしてフル回転する。 去年もシーズン当初、先発で起用したことが1シーズン働けなかった原因のひとつともいえます。江草のテンポのいい投球は中継ぎのほうが持ち味はでるでしょう。本人は先発したいでしょうが,勝ちゲームでも2点ぐらい負けているときでも流れを変えてくれそうな投手ではあるので1軍で必要な戦力であるのは間違いないです。たまにストライクが入らなくなるときがあるのだけがちょっとね。。。   人気blogランキングへ

  • 2007.03.15 Thursday

安藤は1軍「暫定合流」 福原は・・・

安藤が14日、一軍に“暫定合流”。甲子園での居残り練習に参加し、15日の教育リーグ・サーパス戦(鳴尾浜)に備えた。また福原は鳴尾浜でフリー打撃に登板したが、制球に苦しんだ。安藤に笑顔が戻った。1週間前に再び丸めた頭をなでながら、約1カ月ぶりとなる一軍の空気を堪能した。
「まるで、新人みたいな気持ち。せっかくここまでやってきたから、開幕は一軍にいたいです」これまで調整を続けてきた鳴尾浜ではなく、甲子園での居残り練習に初参加。アップのため、室内練習場に顔を出した瞬間、まずは久々に会ったアニキから笑顔の“先制パンチ”が飛んだ。「なんや、VIPやな」。下柳からは、「いい調整しとんなぁ」。そんな祝福のイヤ味も心地よかった。投内連係など約3時間の練習で汗を流し、サーパス戦に備えた。予定は2イニング。「明日は結果をあまり考えず、普通に投げられたらいい」。出遅れて虎党をヤキモキさせたが、心配は不要。いよいよ安藤が“球春”を迎える。
福原はブルペンで42球を投げたあと、故障後2度目のフリー打撃に登板。高橋勇に27球中13スイングで安打性3本。小宮山には26球中16スイングで安打性2本。制球に苦しみ、苦笑いを浮かべ、その後、再びブルペンに入り、46球を投じた。「ストライクを入れる感覚を試したかったけど、入らんかったなぁ。投げる分には不安はないけど、まだシート打撃もしていないし、何とも言えない。あとはジャンプしたり、ダッシュしたりもしないと」
安藤だけでも開幕にまにあえばいいかな、こんなに故障が長引くとはね
とてもシーズン200イニングは投げれましぇんよショック                                人気blogランキングへ

  • 2007.03.15 Thursday

浜ちゃん・お待たせ第1号本塁打

浜ちゃんが3回、中日吉見から左中間へ先制2ラン。「打ったのはシュート。直球を待って来た球を振っていった。原点に戻りました」と笑顔を見せた。不振を見かね、6日から甲子園で打ち込みをさせた岡田監督も「1本出て吹っ切れたんやないか」とホッとした表情だった。
ようやく、ここにきて調子が戻りつつありますね楽しい はやしくん、赤まっちゃんにはがんばって活躍してほしいけど、6番と右翼はゆずれにゃい                   人気blogランキングへ

  • 2007.03.14 Wednesday

岡田監督は「完全ウエーバー」球団は否定的

この意見だけは同じかな。岡田監督が13日、ドラフト制度改革に関して、歯に衣(きぬ)着せぬ岡田節で早期の完全ウエーバー制移行を訴えた。同制度が導入されれば、今秋ドラフトでの指名を目指す大阪桐蔭高・中田翔投手(3年)の獲得も厳しくなるが、球界浄化のためならやむなしの姿勢。不正の温床となるドラフト制度はもううんざり、とばかりに爆発した。
「ええかげんにせなアカン!そろそろはっきりせなアカンやろ!」-。
遠征先のナゴヤ球場での練習中。西武のドラフト裏金問題を受け、東京で開催された12球団代表者会議の結果を聞いた岡田監督が、意を決したように語気を強め、抜本的改革にいたらないドラフト問題を斬り捨てた。
会議ではドラフト希望枠の存続が白紙となったが、巨人が代替案として高校、大学・社会人で指名順を入れ替えるクロスウエーバー方式を提案するなどした。これに岡田監督は「いつまで同じことやってんねん。ホンマに平等にやるんやったら、完全ウエーバーしかないやろ」と断じた。

岡田監督は完全ウエーバー制導入を訴えたが、宮崎オーナーは「監督の決めることではない」とクギを刺し「(完全ウエーバーでは)優勝目指して企業努力をしている球団が何のために頑張っているかわからん。悪平等にならんようにせんと。どの球団も特色がなくなってしまう」と監督の意見に否定的な見解を示した。
「希望枠にこだわっているわけではない」とした上で、この日巨人側が提唱したクロスウエーバー制には「1つの案かもしれない」と理解も示した。「12球団全体を考えなあかんし、阪神らしさをなくすのもまずい」と複雑な胸中も明かし「(各球団の)代表が知恵を出し合えばいい」と話した。
コミッショナーに権限をもたせ、いろんな制度、ルールなどを確立できるようにしたらいいとおもいますけど。コミッショナーは野球素人で権限も何もない、オーナーも自分の球団のことしか考えていない。本当に日本プロ野球を盛り上げたいと思っているのか!? 
                                 人気blogランキングへ

  • 2007.03.14 Wednesday

ドラフト「希望枠」撤廃へ

日本プロ野球選手会の宮本慎也(ヤクルト)会長は13日、日本プロ野球組織(NPB)との拡大選手関係委員会(労使交渉)に出席。NPB側の現行ドラフト制度の白紙撤回に、一定の評価を示した。
この日、選手会では希望枠撤廃を改めて要望。約2時間の折衝を終えた宮本会長は「希望枠は“無くなりました”と聞けるかと思ったが、そこまではいかなかった。しかし後退ではない。こちらの見解としては撤廃(の方向)でしょう」と話した。今後も折衝を続けるが「ここで変えなければボクらの前にファンが黙っていない。スピーディーさが必要」と早期決定を求めた。制度変更がなされなかった場合には「何らかのアクションを起こすことはある」と、対抗措置も辞さない構えを示した。
希望枠撤廃の一方で、フリーエージェント(FA)権取得年数の短縮問題については「今はFAは頭にない。とにかく早い信頼回復のためにドラフトを変えることから始めるべき」と主張。あくまでドラフト制度の改変を優先させたい方針だ。                                                                           人気blogランキングへ

  • 2007.03.13 Tuesday

浜ちゃん 明日「14日」から四番復帰!

浜中が14日の中日戦(小牧)から4番で先発復帰する。打撃不振からチームを離れ、甲子園での打ち込みで再生を図ってきた。11日の巨人戦での代打二塁打でつかんだ上昇気配を、実戦で確実にする。13日のフリー打撃では49スイングし、ナゴヤ球場の左翼場外フェンスに7本の放物線を届かせた。「がんばります」と短いコメントに決意をにじませた。
清水誉捕手に英才教育が施される。岡田監督が13日、清水を1軍に帯同させてセ・リーグ各球団とのオープン戦を体験させる方針を明かした。「清水はセ・リーグ相手に見させる。2軍スタートになったとしても、急に呼んだときに1度見ておけば違うから」。清水は「1試合でも多く出たいし、見たいです。ビデオでも研究していますが、打者や投手のクセをしっかり見たいです」と意気込んだ。
人気blogランキングへ

  • 2007.03.13 Tuesday

今岡 今年は自然体で・・・

今岡が12日、今季の打撃スタイルについて言及。「打率を残していたころは、ヒットを3本以上打つ意識を持っていた。今年もある程度、固め打ちしていければ」。     2002年にはセ・リーグ歴代5位となるシーズン21回の3安打以上を記録した“安打製造機”。 ケガに泣いた昨年の分まで、今季は打って打って打ちまくる。
今岡 昨年のように状況に応じて打ち方を変えるんじゃなく、今年は自然体でいきたい。(高い)打率を残していたころは、固め打ちが多かった。今年もある程度、固め打ちができればね。(ヒットを)3本以上打つことを意識している。元来は得意としている方だから。                                                人気blogランキングへ

  • 2007.03.13 Tuesday

お立ち台からサインボール投げ!

お立ち台から感謝のサインボール投げ。阪神は今季から勝利試合のすべてでヒーローインタビューを行った選手がサインボールをスタンドに投げ入れるファンサービスを検討している。酒井清史広報部長が12日、明らかにした。昨年は夏休み期間中に同様のサービスを行い、好評だった。警備面で支障がないなど問題がクリアされれば、今季は全試合で実施する方向だ。
     
  人気blogランキングへ                            

  • 2007.03.13 Tuesday

抑え?セットアッパー?さあどっち!!

スペードサンケイスポーツ: 中西投手コーチが12日、甲子園球場での練習後、球児を今季抑えで起用する方針であることを明かした。「(後ろの起用法は)もう決めてるよ。藤川がストッパー? そうなるやろな」。 ブルペンを預かる中西投手コーチが、抑え問題の最終結論を明かした。開幕まではあと半月余り。ここまで実戦で見極めを行ってきたが、首脳陣間の了解事項としていち早く、火消しの名前が定まった。球児は昨日、甲子園球場でランニングなど軽めの調整で体をほぐした。「僕の性格上、セットアッパーの方が合っているし、面白い」。常々このように話すが、「チーム状況もあるんで、(中継ぎ、抑えの)どっちもできる準備はあります」と戸惑いはない。連投に耐えられ、最大3イニングを任せられる久保田をできれば抑えで、藤川は僅差リードの七回に投入して相手の反撃を阻止する。岡田監督が、キャンプ当初に描いた構想とは異なる決定だが、「久保田とジェフの順番はまだ流動的やな」と中西投手コーチ。“JKF”か、“KJF”かの並びは、今後の久保田次第。先発調整からリリーフに戻った久保田はOP戦2試合で計4回を1失点ながら、被安打6。勝ちパターンでの投入が難しいと判断した場合、安定感のある橋本健との組み合わせも考えられる。
ダイヤスポーツニッポン:久保田が、リリーフに専念する方針が12日までに固まった。中西投手コーチが同日、今後のオープン戦での先発チャンスについて「ない」と明言した。ただ、岡田監督の構想はあくまで「久保田=リーフ」。何度も「ええ時のボールを思い出せ」とハッパをかけ、復調ぶりに目を凝らしてきた。キャンプ最後の2月28日の紅白戦では152キロの豪球が復活。先発起用にも含みを持たせていたコーチ陣と指揮官との間でこのほど意思統一がなされ、先発では使わない方向性が出された。オープン戦では過去2試合、いずれもリリーフで登板で計4回1失点。「分かるやろ。今の起用法を見たらな」と中西コーチは話した。今後の焦点は05年優勝時に名トリオを結成した藤川、ウィリアムスとの組み合わせ方。同コーチは「藤川が一番後ろ?そうや」と持論を展開したが、岡田監督はかねて、最も力のある球児を試合の分岐点となる7回に置きたい意向を示している。
クローバー日刊スポーツ:中西投手コーチは久保田の起用法に「もう決めてるよ。今の起用法で分かるやろ。藤川が抑え? そうや」。藤川をストッパー起用することを明言した。昨季の故障から再起を目指している久保田の調子が完全には戻っていない。守っている野手とベンチに、開幕から最終回の安心感を運ぶのは、1人しかいないと判断された。

昨季は勝利の方程式「JFK」の先陣を切った。7回から相手打線の闘争本能を奪ってきたが、久保田の故障後は抑え役に回った。5勝0敗17セーブの結果が、役割を果たしたことを証明する。今季は完投能力のある福原、安藤がキャンプ中の故障で出遅れており、開幕からリリーフ陣に負担がかかる。スタートダッシュ成功のためにも、試合終盤にもたつくわけにはいかない。
球児は昨季63試合登板で防御率0・68の驚異的な数字を残した。1点差でもベンチは全幅の信頼で送り出せる。 9回の1イニングを抑えることが大前提だけに、ブルペンでも中継ぎより余裕を持って試合展開を見極めた準備ができる。球数もこれまでより抑えられるだけに、球児にとって右肩への負担も軽減できる利点がある。 中西コーチは球児を絶対に抑えにしたいと公言しているし、球児の今後のためにもいい選択だとおもいます。あくまでも、決めるのは、変なこだわりのある監督だから始末に悪い!?冷や汗




人気blogランキングへ

  • 2007.03.12 Monday

小嶋「29」開幕ローテ当確や!

小嶋が開幕ローテーション入りを確実にした。11日、教育リーグ(2軍)のソフトバンク戦(鳴尾浜)に先発し、5回を投げ1安打無失点。初回の3者連続を含む6奪三振の快投を見せた。キャンプ中の紅白戦や練習試合を含めると、13イニング連続無失点。同一リーグとのオープン戦が多くなる今後は、遠征にも帯同して相手打者の分析に入る。
もはや、2軍のレベルではない。小嶋が力の違いを初回から見せつけた。辻、金子の1、2番を直球で見逃し三振。荒金はややシュート回転した外角直球で空振りを奪い、3者連続三振とした。キャンプ最終日まで封印を続けたフォークで小斉を空振り三振に取るなど、全くスキを見せないまま5回で計6奪三振の無失点。序盤は雪がちらついたが、快投は空さえ青に変えた。
紅白戦など含めると13イニング連続無失点となった。スライダーの変化の鋭さには、鳴尾浜球場の観客もざわめいた。だが本人は反省を口にする。
 小嶋「始めはスライダーがワンバウンドしていた。ちょっとボールを離すのを遅らせたりして、途中ストライクが入るようになったけど、4、5回で浮いた。先発するなら、もうちょっと長い回を投げないといけないし、4、5回に、ああなったらダメだと思う」1度は修正に成功したが、完全ではないことを悔やんだ。スタミナ面については「ウチは6回まで投げたら、後ろが素晴らしいですから、気持ちは楽。任された試合は6回まで投げられるようにしたい」という。完全にプロの舞台で先発するイメージができていた。
シーズンを見据え、あえて甲子園で行われた巨人戦登板を外した。岡田監督は小嶋の快投を聞き「まあ本来ならこっち(甲子園)で投げてるんだけど、見せる意味もないし」とうなずく。球筋をお見せする必要はない。逆に指揮官は「今度からはセ・リーグとの試合も続くし、帯同させて打者を見さす」。見せないが、見る。自身の目で相手打者を分析する段階に入る。
 30日からの開幕カード(対広島)での先発が現実味を帯びてきた。次回は17日の横浜とのオープン戦で2番手として登板する見込み。先発争いに打ち勝った新人左腕は、開幕に向けて調整段階に入る。心配性の虎ファン「不安」は逆にいま、出来がよすぎるのだけが不安じゃないでしょうか・・・


人気blogランキングへ

  • 2007.03.12 Monday

浜ちゃん 駆けつけ1本 

出口へと急ぐ虎党の足を、寒空に響く快音で釘づけにした。やっぱり、この男には、聖地が似合う。ウップンを晴らす一撃で、浜中が息を吹き返した拍手「甘い球でした。これからもがんばるだけです。」試合後も、表情は硬いまま。まだまだ、こんなもんじゃない。短いコメントに、反骨心がにじみ出ていた。
 3点ビハインドの九回一死一塁。4試合ぶりの出番が回ってきた。針金を通したように、背筋をピンと張り、ニラみをきかせる。2日間の特打から得た教訓だ。カウント2−2からの5球目、虚人4番手・真田の真ん中低め、126キロスライダーをとらえた。屈辱の思いを乗せた白球は、中堅・松本の頭上を軽々と越え、ワンバウンドでフェンスに達する二塁打。2月24日、OP戦開幕オリックス戦(安芸)の第1打席の中前打以来、15日、8試合、15打席ぶりに「H」ランプを灯した。
大忙しの1日だった。甲子園で虚人戦の試合前練習が始まった午前9時20分。 浜中は鳴尾浜球場にいた。前日10日に続き教育リーグ・ソフトバンク戦に出場するためだ。午後0時30分開始の二軍戦に3番・右翼で先発。3タコ目を喫した六回の打席を終えると、「がんばります」と言い残し、ユニホーム姿のまま、タクシーに飛び乗った。行き先は、約3キロ離れた甲子園。五回裏には一塁ベンチに入り、そのときを待った。 「ここで打つのと打たんのでは、全然違う」とダブルヘッダーを課した岡田監督は、起用法にこだわった。「(浜中は)左投手のときは出さんかった。左専用とちゃうからな」。六回から登板した左腕・前田には、あえてぶつけなかった。一軍で使うなら、代打ではなくスタメン。右投手を打たないことには、話にならない。厳しく接する指揮官の親心に、孝行息子は応えて見せた。「あした(12日)からは、4番を打たす。本人にも、チームにとっても大きい」と岡田監督は、4番回帰を明言した。OP戦1勝6敗2分けの最下位。ここ5試合で10得点。虎の得点力不足は深刻だ冷や汗浜ちゃんが救世主になってくれるだろう!?



人気blogランキングへ

  • 2007.03.11 Sunday

おさむ「帰ってきたが」イ打線。。。

浜ちゃんが9回1死1塁。代打で登場「教育リーグ帰りかな」センターオーバーの2ベース拍手2.3塁になったが次打者投ゴロ3走者飛び出し真田の3塁悪送球の間に2点をもらっただけ。主力にベテランが多いとはいえ10安打でタイムリーなしとは、今日の気温同様なんと寒いことか・・・                                                                    人気blogランキングへ

  • 2007.03.11 Sunday

やはり、打たれてしまった?・・・

ヤンキース井川慶が2度目のオープン戦に先発した。パイレーツ相手に3回42球を投げ5安打2失点。3回に3番ポーリノに甘いチェンジアップを左中間スタンドに運ばれる2ランを許した。それでも無四球4奪三振。全体的には押し出しを含む3四球だった前回よりも良い内容だった。
「キレとかも今回は良かった。一番は真っすぐが、しっかり腕を振って投げられた。あとはチェンジアップの精度」と、本人も収穫の方を多く口にした。向こうでは少しでもボールがうわずると即長打「本塁打」になってしまう冷や汗制球力にもっと磨きをかけないと、MLBでは勝てる投手になりましぇんよ。。。
                                 人気blogランキングへ

  • 2007.03.11 Sunday

9番関本 広角猛打賞!

ベストメンバーとはいえ、9番に“降格”した関本が3安打。広角に打ち分ける技ありで、意地をみせた。「イメージ通り?徐々に近づいてきた。センターに打ち返そうと思ったら、勝手に散ってくれた」
3回1死、外角低めの難しい球を左前にチーム初安打。続く5回2死二塁からは、タイムリーにこそならなかったが、外の球をおっつけ、得意の右前打。8回無死からは140キロ速球を中前にはじき返し、鳥谷に次ぐ、今オープン戦2人目の猛打賞を記録した。
3日のオリックス戦の第3打席に内野安打を放って以降、9日の日本ハム戦の第2打席で左前打するまで、13打席無安打。「心配や」と憂いていた正田打撃コーチも「よくなってきた」と、ひと安心の表情。「明日に続けていかないと」と、全開宣言は、お預けにしていた。 今から調子あげていけばいいでしょう。開幕スタメン「2番セカンド」は関本しかいてないのですから。。。                              人気blogランキングへ

  • 2007.03.10 Saturday

浜ちゃんは教育リーグ出場

オープン戦で15打数1安打と不調の浜中が10日、鳴尾浜で行われた教育リーグ・ソフトバンク戦で実戦復帰した。「4番右翼」でスタメン出場して4打数1安打。先頭打者の2回に甘く入った星野のスライダーをたたき、鋭い打球で三遊間を破ってヒットを放ったが、その後3打席は凡退。8回の最終打席では一死一、三塁の好機で併殺に倒れて天を仰いだ。平田2軍監督は「1本出たが、まだまだ。納得できてないと思う」と話した。
完全復活はお預けだが、糸口は見えてきた。試合後は自ら志願して約25分間のロングティー。見守った立石2軍野手総合兼打撃コーチには「(感触を)つかみました」と手ごたえを語ったという。11日も教育リーグ・ソフトバンク戦(鳴尾浜)に出場するが、12日から始まる1軍の遠征には帯同する予定。帰りは口元を引き締めて「頑張ります」と短い言葉に気合を込め、足早に引き揚げた。

                                 人気blogランキングへ                

  • 2007.03.10 Saturday

ヒンダ ヒンダ〜 ヒンダ ヒンダ 貧打ぁ〜

先発下柳は2回を投げ、巨人打線を打者6人で完ぺきに抑えた。
手術後初の実戦登板、開幕投手もOK!?
3回からは久保田が登板。いきなり連打で無死一、三塁となり、9番脇谷の二塁への併殺打の間に1点を失った。4回も先頭打者に中前打され、2回3安打1失点で降板した。
久保田はあいかわらず、簡単に先頭打者を出してまう怒りマークデビューから5年たつが進歩が見られない気がする「投げてみないとわからないでは困るんですけどね冷や汗」150舛出ても簡単にはじき返されては意味がない。下さんは138キロでも抑えられるのと正反対、いい加減投球術を身につけろよ怒り150曾个討睛泙┐蕕譴覆い里世ら・・・
 阪神打線は7回、1死から今岡が中前打し、代走赤松が二盗に成功。鳥谷が左中間を破る適時三塁打を放って同点とした。
 8回、5番手筒井が炎上した。高橋由、ホリンズの連打と阿部の送りバントで1死二、三塁となり、代打木村拓に左翼への勝ち越し2点適時二塁打を許した。 なおも1死一、二塁で小関にも2点適時打され、この回計4点を失った。これで1軍争いで筒井が脱落、小嶋、江草、能見とみくらべても、だいぶ差がある今季で背番号「19」はく奪やショック

試合は1−5のまま終了し、阪神は今季の甲子園開幕戦を白星で飾れなかった.最下位転落かなしょんぼり ほんまに打てましぇンなぁ冷や汗                                  人気blogランキングへ

  • 2007.03.10 Saturday

赤松「52」走攻守に魅せた!

「9番・左翼」で先発出場した赤松が、2安打1盗塁に加え、守りでも補殺1をマーク。走攻守の三拍子で、開幕1軍生き残りレースで存在感をアピールした。「思っていました、飛んでこいと。ランナー二塁のときはいつも思うようにしています」
 まずは2回に守りで魅せた。1死一、二塁から日本ハム・高橋のやや浅め三塁線へ落ちた左前打を前進してグラブに収めると、すぐ本塁へ送球。レーザービームで先制点を狙った二塁走者・金子洋の突入を阻んだ。
得点圏に走者がいる際は、どんなときも“自分が刺す”という気持ちで守備位置についている。「飛んで来るなと思ったときは飛んで来ることが多い。だからいつも飛んでこい。刺してやると思うようにしています」
 3回には持ち前の俊足で稼いだ。1死後に打席に立つと、カウント1−1からボテボテの当たりを三塁内野安打にした。「あれを打ったらセーフになりますね。ヒットはヒットですから」。直後には、サイン通り鳥谷の初球でスタートし、前日の楽天戦に続く2日連続の盗塁も決めた。先頭で迎えた6回にも、中前打で出塁。鳥谷の左越え二塁打で、一塁から快足を飛ばして本塁を踏んだ。吉竹チーフ野手コーチも「外野だったらどこでも守れるということを見せてくれたね。チャンスをつかんでいけば1軍も見えてくる」と手応えを口にした。「どこでも守れるようにしないと。1軍?まだまだです。そうなればうれしいけど、自分で納得して残りたい」                                            1年目ウエスタンで首位打者を獲得し、2年目の昨年私の中では1押しでした、butウテンサーを契約したためもあってか?1軍枠がなく、出場機会もあまりなかった。「岡田が積極的に起用しなかったのも多いにある怒りマーク」キャンプでの2年連続リタイアも印象を悪くしたかな。素質からいって,赤星を脅かす存在ではあるけれども、今季スタメンでは金本、赤星、浜中、の外野陣にはナカナカくいこめないだろう。でもスーパーさぶ「あるいは、赤星、浜中が調子を崩した時はスタメンが見られそうである」的存在は十分はたしてくれそう。ただし、怪我をしなければの話。 走攻守すべてにそろった選手はそうはいない。私が監督なら、たとえ最初は打てなくても、守りで足で魅せてくれそうだし、スタメンで辛抱して使いたい選手ですね。はやしくんもいるし阪神だけ外野は4人守れないかなびっくり代わりに内野は5人で?・・・                    人気blogランキングへ

  • 2007.03.09 Friday

はしけんもいるぞ・・・

橋本健太郎が8日の楽天戦(松山)に2番手で登板。直球とチェンジアップのみで、1回を無安打1三振。OP戦4試合(4回被安打1三振5)連続無失点だ。05年のVに貢献後、昨季は右肩故障でわずか2試合の登板に終わった3年目右腕が、完全復活を印象づけたグッド「自分でも今の状態は勢いがあると思う。最終的には気持ちだから、それを表に出す。気迫で押していかないとダメ」
 五回、先頭・嶋を直球で力のない二邪飛に抑え、塩川はチェンジアップでタイミングを外して三邪飛。巧打者・鉄平には再びチェンジアップで、空振り三振に仕留めた。投げた球種は、たった2つ。MAX141キロの直球と最遅110キロのチェンジアップ。12球で打者3人を一気に片づけた。
「力を抜いているという球は1球もない。チェンジアップも、低めに投げられれば、安打を打たれないと思ったから」

「1年目の良いときに戻っているわ! 投げおろす角度もあるし、相手がチェンジアップがあるのがわかっているから、余計に直球が来ている」
岡田監督も、05年に中継ぎとして51試合に登板し、Vを支えた橋本健に改めて期待を寄せた。
 昨季は右肩鍵盤炎を発症し、2試合のみの登板。リベンジを期する今春、安芸2次キャンプで久保チーフバッテリーコーチらから、球をリリースする際、右ひじから上部分を、さらに高く意識することを教わった。投球に角度をつけ、長身を生かすようにモデルチェンジしたというわけだ。

 人気blogランキングへ

  • 2007.03.09 Friday

あかんx2 変な?「こだわり」理想型

岡田監督が昨年から「1番・鳥谷、2番・赤星」を挙げるようになった。これを評して「阪神が一番強くなるオーダー」一発長打のある鳥谷を1番に置けば、プレーボール直後から相手にプレッシャーをかけられる。併殺の可能性が低い快足・赤星が2番なら、鳥谷が一塁に出てもバントの必要がない。凡打で鳥谷が二封されても赤星が一塁に残れば、二盗が計算できるからだ。
85年虎が唯一日本一のときの真弓を理想型と思い込みすぎ?と違いますか。。。2番赤星では持ち味がでない、赤星は器用そうであまりそうではない。送りバントはうまくないししょんぼりなぜだめかというと。ケース1:鳥谷安打(四球)ー赤星安打(打球の方向性)でも1.3塁になりにくい。1.2塁だと赤星の足が生きない。次打者シーツが打ちずらい?ケース2:走者が入れ替わった場合。3番シーツだと盗塁しずらい(打ちにくい)それと5番以降 今岡、浜中、関本と右打者が並んでしまう。1.2番を左打者にしないのもある(左投手のときはx)岡田の頑固なこだわりはうまくいっていないことのほうが多い!?たとえば藤本2番、久保田の抑えなど 。。。昨年の能見中継ぎ(失敗)もあったなあ冷や汗誰かとめて〜
人気blogランキングへ

  • 2007.03.08 Thursday

安藤が今季初の実戦登板へ

安藤が9日、鳴尾浜で2軍のシート打撃に登板する。安藤は沖縄・宜野座キャンプで右太ももを痛め、実戦に近い形式の練習で投げるのは今年初。8日は鳴尾浜のブルペンで、52球の投球練習を行った。「明日は結果よりも、打者との距離感や試合カンを確認したい」と語った。患部の回復次第では、15日の教育リーグ・サーパス戦(鳴尾浜)で投げる。
福原泣き?今は開幕投手はアンドーしかいない。個人的希望では虎の39トリオの一角の下さんvsくろちゃん(広島)のほうが面白い対戦になるでしょうけど・・・                                                                                               人気blogランキングへ

  • 2007.03.08 Thursday

やっさん・9回2点リード守れず・・・

先発の江草は立ち上がり制球を欠き、初回一ゴロを挟む3四球で1死満塁のピンチを招いたが、5番大広を二塁併殺打に打ち取った。3回表には1死から二塁打と四球を許し、ダブルスチールも決められた。だが後続を断ち、無失点で切り抜けた。阪神が1回に先制した。先頭鳥谷が右翼へ二塁打し、赤星の一ゴロで三進。関本の左犠飛で生還した。3回裏には1死から赤松が四球を選び、二盗にも成功。鳥谷が左前打し、赤星の左犠飛で2点目を挙げた。 江草は楽天打線を4回1安打無失点に抑え降板。でも5四球に反省。5回からは2番手橋本健が登板し3者凡退に抑えこの回で降板した。6回からは筒井が登板。筒井は四球と安打で1死一、二塁としたが、続く牧田を投併に抑え、無失点で切り抜けた。
 打線は5回裏、2死から赤松が四球を選び、この日1番に入った鳥谷が中前打で一、二塁の好機をつくった。しかし続く赤星は左飛に倒れ追加点ならず。7回からは4番手金沢が登板し1四球は許したが無失点で抑える。8回は5番手吉野が登板し3者凡退に抑える。9回からは中村泰が登板。中村泰は安打と四球などで無死満塁のピンチを招くと、草野に左前へ2点適時打を打たれ同点。さらに1死一、二塁とピンチは続いたが、高須を一直に仕留め逆転は許さない。
打線は6回以降、楽天投手陣の前に無安打、無得点に抑えられ2−2でオープン戦初の引き分けに終わった。やっさんは1軍争いから脱落しょんぼり江草の先発ローテは微妙「中継ぎのほうが持ち味は出る」筒井は何とか残った?吉野はこの間のリベンジを果たし1軍の可能性は残ったでしょう。この前は捕手のリードが悪かった。。。
                                                                                                     人気blogランキングへ

  • 2007.03.08 Thursday

やるしかないですから・・・

冷たい凛とした空気が張りつめていた。甲子園の新室内練習場。浜中の荒い息づかいと、乾いた打球音だけが響く。静かに神経だけを研ぎ済ませ、一心不乱にバットを振り続けた。「きょうから、打ち込みます。こういう形で1人で打ち込めことはないので。気持ちを切り替えてやるしかない」
 開幕『6番・右翼』が最有力だった男が、前日6日のソフトバンク戦で、初のスタメン落ち。オープン戦通算15打数1安打。極度の打撃不振から、岡田監督から“強制帰阪”を命じられた。まだ薄暗い午前6時25分。福岡市内のホテルから片道切符を握りしめ、1人新幹線に飛び乗った。孤独な再生の旅の始まりだ。「修正点は自分で分かっているので。バットの軌道というより、始動が遅い。それで打つポイントが悪くなっている」
誰もいない室内。真っ暗な空間が広がっていた。照明の付け方すら分からず、記者にスイッチを入れてもらう一幕も。マシン相手に約40分、1球1球の打感を確かめるように、打ち込んだ。途中からは「集中したいから、一人にさせて」と、報道陣を完全シャットアウト。計247スイングを振り込んだ。まるで突き放したかのような“強制帰阪”。だが首脳陣は悩める浜ちゃんの『再生プログラム』を描いていた。8日から2日間は居残り組と共に練習。10、11日は教育リーグにフル出場する。自信をつけさせることが狙いだ。「打つポイントが悪い。それは、自分の感覚で『これだ』というのをつかまないといけない。甲子園で(の居残り組練習)は、金本とかいるから」正田打撃コーチがいう。“親心”は二軍での実戦調整だけではない。開幕に向けて、順調に調整する鉄人は、まさに生きたお手本になりうる。アニキのそばで自分を見つめ直す機会を得て、自分で手応えをつかむことが復調への最短距離となる。どん底からはい上がろうとするチルドレンの姿に、岡田監督も「練習するしかない。それだけやろ」とゲキを飛ばす。額の汗をタオルでぬぐった浜中も「やるしかないですから」と言葉に力を込めた。一軍合流は早くても12日の巨人戦(岐阜)。背水のプリンスが復活する姿を、誰もが心待ちにしている。
3割20本の打者をよほどのことがない限り「スタメン」をはずさないでしょう。まあ同じことが「2番セカンド」関本にも言えると思いますけど。。。今岡が5番に座り、赤星が本来の調子が戻ってきたら打線のポイントは2番打者でいいつなぎができるかで全然違ってくる。その上で「2番関本」は四番兄貴以上にはずせないところだと思う。「本当は金本は3番タイプで四番ではないかと。。。岡田の思い込みで四番を打っているが。ちなみに私の持論は3番打者最強説。1回に必ず打順が回ってくるし、そのチームで一番いい打者が3番を打つほうがいいと思っている。去年リーグ制覇した中日は「ずる休み」孝介、日本一の日ハムは個性が消えた?「ひげがよかったのに」小笠原がチームをひっぱった。 ちなみに理想的な打順は赤星(赤松)関本 兄貴 浜中 鳥谷 今岡 りん 矢野(清水)。。。はやしくんがどこか守れないかと思いますね。あの打撃は代打だけでは、もったいない。りんの7番は魅力的でしょう。                                                                    人気blogランキングへ

  • 2007.03.07 Wednesday

移動は「めずらし」高速船で・・・

8日の楽天戦(坊ちゃんスタジアム)に向けて阪神は7日、福岡から松山に移動した。広島までは新幹線、広島から松山はチャーターした高速船を利用した。阪神ではめったにない船での移動に関係者は戦々恐々。それでも予定通りに宿舎に到着し、岡田監督は「ぜんぜん揺れんかったよ」と約70分の快適な船旅を楽しんだ様子だった。
愛媛・松山北高出身の筒井が8日の楽天戦(松山・坊ちゃんスタジアム)でリリーフ登板する予定だ。「両親や親せきが来てくれると聞いてます。でも意識しないで自分のピッチングをしたい。地元だからといって球が速くなるわけでもないですからね」。親孝行は1軍生き残りで果たす気構えだ。能見、小嶋がほぼ「ローテ」決まり?残りは1枠あるかないか・・・安藤は間に合うし、福原は微妙? 安藤ー下さんー小嶋ージャンー能見で残り1枠を(福原)江草、筒井、太陽で争う。お杉もこの中にはいってこないとしょんぼり                                                    人気blogランキングへ

  • 2007.03.07 Wednesday

はやしくんがオープン戦第1号本塁打

リン・ウェイツゥが6日のソフトバンク戦(ヤフードーム)の7回、代打でオープン戦第1号本塁打を放った。試合前には母国・台湾のヒーローでもあるソフトバンク・王監督が「彼が打てば台湾球界も盛り上がる」とエール。いい感じで打てて良かった。うまく回転できましたね。カウント0−3から真っすぐが来て、(次も)真っすぐの軌道で行こうかなと思っていた。変化球を打ったことは自信になります」
5日の楽天戦(倉敷)は4番に座ったが、この日はベンチスタート。少ないチャンスでも確実に結果を残すあたりが、成長だ。今春キャンプでは、変化球への対応をテーマに掲げていた。速球を待ちながらも、変化球を的確にとらえた打撃内容が、林の充実ぶりを物語る。岡田監督も「実戦でしっかり結果を出しとる」と目を細めるなど、印象度は群を抜く。不振に陥っている昨季のレギュラー浜中に対し、現時点で大きなリードを奪った。
凱旋(がいせん)弾でもあった。福岡は、柳川高時代を過ごした地。「ここで打てたことはうれしい。高校も福岡にありますから」と声を弾ませた。  プロ入り後も、不思議と因縁があった。2軍でレベルアップに励んだ04年10月。当時のダイエー1軍との練習試合に臨んだ際、王監督から直接指導を受けた。「左足に体重を残して打ってみなさい」。助言を受けた感激があった。それから2年6カ月。林の母国・台湾でもスーパースターと崇められる王貞治。その目の前で放った初本塁打は「恩返し」の1発となった。王監督も「近大から入ったんだよね。よく飛ばしていたね。彼が活躍すれば、台湾球界のためになる。頑張って欲しいね。すごいホームランだったね…」と成長を認めた。

 
                                                                   人気blogランキングへ                                                               

  • 2007.03.07 Wednesday

安藤 開幕投手に「ダッシュ」!!

2軍調整中の安藤が6日、右太もも裏を痛めてから初めて、鳴尾浜球場でスパイクを履いてダッシュを敢行。 「走れなあかん」とする岡田監督の復活条件をクリアし、3月30日の広島戦(京セラD)登板に向けた青写真が、にわかに見えてきた。
「走れるよ、あれぐらいわ。これから(ピッチを)上げていくだけ。10日までには、アップとか全体メニューに入っていって…」
ランニングの後、スパイクに履き替え、キャッチボールに遠投。その後に変化が生じた。レフトの芝生上で、約10メートルのダッシュを繰り返すこと数本。違和感も見せず、次メニューのノックも難なくこなした。
「ダッシュらしくなっていた。ノックも左右に動けている」。復活の道のりをアシストする石原チーフトレーナー補佐も、右腕の順調な回復を強調。「投げる方は順調にきている。まだ決めていないが、天候なども見て」と葛西2軍投手コーチは、早ければ9日にもシート打撃に登板させる考えを示唆した。
今後は投内連係など徐々に実戦練習にも加わり、15日の教育リーグ・サーパス戦(鳴尾浜)に登板する。もう1人の候補・福原のピッチが上がってこないだけに、出来次第で再び開幕候補に浮上することになりそうだ。

人気blogランキングへ

  • 2007.03.07 Wednesday

浜ちゃん「強制帰阪」再調整

悩める浜中に岡田監督が情を捨てた。「連れて行っても落ち着いて練習できんやろ。帰って甲子園で、金本らと打ち込みさせるよ」ベンチで打線にイライラの岡田監督。ついに浜中を強制送還7日、チームは福岡から松山へ移動の予定だが、悩めるプリンスの強制帰阪を決断。居残り組と一緒に甲子園で打撃練習に専念させる“荒療治”を施す。
我慢の限界だ。オープン戦5試合目で初めてスタメンから外した。使う予定すらなかったが、九回二死という最後の最後で代打起用。しかし初球カーブにむなしく回る。結局、右方向への打球は二塁正面への詰まり気味のハーフライナー。14打数1安打…。トンネルの出口が見えなければ仕方がない。
「今の状態じゃ使えん。初球のカーブを空振りして、打席でパニクっている。精神的に自信がないように見えへんか。リフレッシュさせんと」
かすかな期待も裏切られ、リフレッシュの意味も強調。右翼を争う林が今季1号を放ち、「ああいうの見て、焦るかもわからんし」と本隊から隔離する。昨年開幕直前にも不振に陥り、桧山を開幕スタメンで起用。それでも浜中は右翼のレギュラーを奪い返した。その反骨心に最後の望みを託した。
浜中は帰阪命令に「もういいでしょ…」と言葉少なに帰りのバスに乗り込んだ。早ければ9日の日本ハム戦(スカイM)で合流の予定だが、復調の兆しが見えなければ…。どん底からはい上がってくることを、将は心を鬼にして待つ。
はやしくんの調子のよさだけが目立つ程度で全体的に打線は低調かなしょんぼりクリーンアップの3人「シーツー兄貴ー今岡」がでていないからでしょう。心配はしなくていい!? 疲れが出るところで開幕までまだ日にちはある?はやしくんがいくら打とうが、開幕スタメン「6番右翼浜中」は絶対はずせない!                       人気blogランキングへ

  • 2007.03.07 Wednesday

井川 本当にだいじょうぶなのか?

それより、浜ちゃん不振、吉野5失点のほうが気になりますけど・・・ヤンキース井川慶がメジャー初登板。タイガース相手に1回0/3、打者8人に2安打3四球2失点。押し出し四球を与えるなど、制球に苦しみ40球を投げた2回途中で降板を告げられた。それでも3奪三振と力のあるところも見せ「バラつきはありましたけど、全体的には真っすぐとスライダーが良かったと思います」と手ごたえを口にした。
MLBで活躍するには課題が多すぎる?と思います。その1:デ・ゲームに弱い。「昨日は遠慮してサングラスは着用しなかった」からxのように言っていたが。。。 日本では付けていてもだめだった「防御率が極端に悪い」その2:球数が多い。押し出しは気にすることはないが、ストライクのコースを試して投げたため?2回途中で40球を超えてしまった。MLBは先発投手は100球をめどに投手交代するらしい。そうなると5,6回で交代させられ勝敗に関係なくなる。当然勝星の数は増えない。その3:苦手の中4日の克服 その4:日本では空振りを取れた高めの速球は即=本塁打になりやすいショックその5:ありそうでなかった、微妙な制球力冷や汗昨日コースを試したというが苦しんだ。年棒のわりにいまいち活躍できなかったら「野次」は日本より辛辣らしいよ!? 気おつけろ汗                                             人気blogランキングへ

  • 2007.03.06 Tuesday

太陽 口撃にもめげず・・・

先発・太陽が5安打を許しながら4回無失点の粘投拍手「粘りというか、風が強かったので、ゴロヒットはОKと思って投げました。今まで裏切ってきたので、今年から太陽が昇るように頑張ります」MAX143キロと直球が走らず、加えて強風が襲うコンディション。だからこそ左打者の外角に逃げるシュートを低めに集め、打たせて取った。三回一死一塁で4番ウィットを二ゴロ併殺に打ち取ったのは、そのシュートのサインに首を振っての直球勝負。「狙い通りでした」。配球を組み立てる余裕もあった。
「この親不孝者。お前は詐欺師やな。肩、悪いのにドラフト1位で入ってなあ」試合前、強烈な“毒ガス”に見舞われた。01年ドラフト1位。当時阪神の指揮官が、楽天・野村監督だった。巨人の誘いを断り、鳴り物入りしたが、右肩痛で戦力になれなかった。“生みの親”に成長した姿を見せることで、恩返しできた。
「投手とは絶対に打たれるもの。走者を出してからが勝負です」
 少々の皮肉ではビクともしない。はや7年目。太陽が燃えている。
野村監督が優秀だとおもったのはヤクルト時代まで、阪神時代「シーズン終盤」カツノリをえこひいきで先発起用し3年連続最下位に決定付けさせた「5位以内の可能性は充分あった」ことは忘れない怒りマーク楽天でも打てない、守れないカツノリをスタメン起用怒り担当記者は誰も何もいわない(いえないのだろう?)えこひいきな選手起用をして何が名監督なものか怒り野村監督の時代は完全に終わっている。人間だから多少は好き嫌いはでてもしょうがないとは思いますけど「プロは結果優先=数字の世界」だからわかりやすくないといけないでしょうね!・・・おかだはん
                                  人気blogランキングへ

  • 2007.03.06 Tuesday

浜ちゃん6番降格も・・・

不振に悩む浜中に、快音が戻ってこない。オープン戦4試合目で初めて4番から降格。6番指名打者で先発出場した。しかし三ゴロ、三邪飛、三ゴロと崩された当たりばかりの3打数0安打。復活を臨んだ岡山のファンからため息が漏れる。4試合で14打数1安打。岡田監督が4日に「今やったら林、赤松が上よ」とハッパをかけたが、即効薬とはならなかった。
「う〜ん、まあ、これからですよ…」。昨年もオープン戦は不調だった浜中は冷静に言葉を選んだ。付きっきりで指導を続ける正田打撃コーチも「すぐにはよくならないよ。コツコツやっていくしかない」と辛抱強く話すしかなかった。同じように不振の鳥谷は1安打でたが、正面のゴロをはじいた(記録は内野安打)守備に、打撃以上に不安が(昨年最多失策21個)残ったのは私だけでしょうか!?
                                  人気blogランキングへ

  • 2007.03.06 Tuesday

安藤 開幕間に合うぞ!

右太もも裏痛で2軍調整中の安藤が、早ければ15日の教育リーグ・サーパス戦(鳴尾浜)で登板することが4日、分かった。順調に回復すれば10日以降にシート打撃をこなし、その後、実戦マウンドに立つ見込み。一時は不安視されていた開幕ローテ入りも、視野に入ってきた右腕。“開幕投手”候補が、巻き返しの第一歩を記す。
▼阪神・安藤(順調な回復ぶりに手応え)(足の状態は)7、8割は戻っているよ。15日?そこに合わせるんじゃなくて、うまく重なるだけだけどね。うまく重ねられるようにはしたいと思っている。

                                   人気blogランキングへ          

  • 2007.03.05 Monday

本日 楽天vs阪神 テレビ中継有り!!

試合開始13時〜15時25分まで(中継延長なし)サンテレビ「36ch]
 実況湯浅アナ、解説真弓明信氏                 先発太陽がいい投球内容をみせて、開幕ローテ入りしてほしいものです。去年から約10キロの減量に成功し、7年目『勝負の年』と位置づけ1軍定着をねらっている。


人気blogランキングへ

  • 2007.03.05 Monday

本日 楽天戦(倉敷)に太陽が先発

5日の楽天OP戦(倉敷)に先発する太陽が、恩師に成長を見せつけるときがやってきた。楽天・野村監督は自身が入団した01年当時の阪神の監督だ。「どんな相手でも低めに強く投げるだけ。試合で100%の力をだすだけ」。試合前日のこの日、甲子園球場のブルペンで50球。恩師との対戦に準備を整えた。
春季キャンプでは紅白戦3試合、先月16日のヤクルトとの練習試合と4試合の実戦に登板、計9回で1失点のみ、と好投している。「ゼロで抑えるのが前提。そのために、腕を振って低めに全力で投げる」。先発の太陽が4回を投げた後は、久保田、相木、金沢が継投する。太陽が恩師との対戦で弾みをつけ、開幕ローテを確実にする。

本日3月5日(月)倉敷マスカットスタジアムでのプロ野球オープン戦「阪神−楽天」は予定通り開催いたします。当日券は午前11時から球場チケット販売所で全席種発売します。また、本日の試合にはタレントの熊田曜子さん、山本梓さんが来場。始球式やトークショー(試合終了後)などで登場します。お誘いあわせの上、ぜひご来場くださいませ。本日の試合に関する問い合わせは、電話086−463−3389までお願いいたします。

山本梓は阪神ふあんだそうです、この間イベントで虎柄のラムちゃんの水着をきてうれしかったそうです。                                                                                       人気blogランキングへ

  • 2007.03.04 Sunday

「必勝祈願」広田神社を参拝

阪神は4日、必勝祈願のため、兵庫・西宮市内の広田神社を参拝した。宮崎オーナー、牧田球団社長や首脳陣、ナインが参加。 多くのファンが見守るなか、V奪回を誓った。 赤星選手会長は「毎年、ここに来るといよいよという感じ。 身の引き締まる思いがします。 昨年優勝できなくて、今年はチーム一丸となって優勝を目指してやっていきたい」と意気込んだ。
                                 人気blogランキングへ

  • 2007.03.04 Sunday

赤松『52』開幕1軍どころか・・・

開幕スタメン右翼もあるぞ!?6回、代打で打席に向かう赤松は初球から打ちにいく気持ちを固めると、高木をにらみつけバットを強振。嬉しい今季初安打は右中間二塁打となった。「真っすぐでした。初球?ボクらには時間がありませんからね」8回にも、ガムシャラぶりをみせつけた。三塁手の後藤がいつもより後方で守っているのに気づくと、初球を三塁前にセーフティーバント。一目散に一塁を走り抜けて2安打目をマークすると、今度は俊足でスタンドのファンを魅了した。藤原が左中間二塁打を放つと、一塁からためらいもなく本塁を駆け抜けたのだ。「ファウルになってもいいからやってみようと思っていました。(打球が)高く上がったのが良かったのかも…」
 ここまで阪神のゼロ行進は23イニングを数えていた。その不名誉な記録に終止符を打ったこともあってか、赤松はしてやったりの表情だった。
 期待されながら昨年はひ弱さが解消し切れず、1軍では6試合に出場しただけ。そんな赤松がいま、結果を恐れず打って、走って、守っている。1年前と大きく違うのは、心身の両面でたくましくなったことだ。ケガに悩むことなく沖縄と安芸のキャンプを乗り切れば、首脳陣がオープン戦の初戦から積極的に起用していることも赤松の変身ぶりを物語っている。
 もちろん、岡田監督はノー文句だった。それどころか、「ああいうのを見せてくれればええんや」とご満悦だった。
 ライバルの桜井や喜田がもたついているだけに、赤松の活躍は光った。開幕1軍が見え始めたといってもいいのに、「まだまだです」と本人は首を振った。だが、大きな手応えをつかんだのは間違いない。 持っている能力からすれば赤星より上かもしれない、怪我さえなけば1軍定着は間違いないでしょう!?                                                             人気blogランキングへ

  • 2007.03.04 Sunday

小嶋『29』 開幕ローテが見えた!

小嶋がオリックス戦で初先発し、4回を被安打1の無失点。紅白戦、練習試合からの連続無失点を「8回」とした。
 また「ゼロ」を続けた。誰もが緊張するOP戦の初陣。しかし小嶋は何事もなかったかのように“初仕事”を終えた。「打たせて取ることもできたので、良かったです。目標は4回をきっちり抑えることだったので、100点だと思う」満点をつけた。そしてちょっぴり胸を張った。実戦だから味わう“試練”が2度。それを、ことごとく切り抜けたとあって、自己採点の「100」に重みがあった。
一回一死。大引に四球を与え、北川には実戦初被安打となる中前打を浴びた。いきなりのピンチ。しかも失点につながる危険性の高い四球がらみ…。
「きょうはやってもうた、と思った。でも、試合前に、ピンチでも落ち着いてやろうと決めた」アレンを直球で空振り三振。続く大西を、この日最遅の103キロのスローカーブで投ゴロ。「抑えて、そこから楽になりました」。乗っている男は鮮やかなフィールディングも見せた。
0ー0で迎えた三回一死。左打者の坂口が三塁線にバントを敢行。マウンドを降りる。背中越しに一塁ベースの位置を確認した。振り向きざまの送球。間一髪。反射神経が自らを救った。セットでの投球に奇襲への対応力。スコアボードに4つ並んだ「0」よりもベンチは価値を見いだす。
「ローテはまだ考えてないけど、一軍の戦力でいけるのは間違いないわ」
真剣に考えてくださいよ、今まで投げた投手の中で投球内容が一番いいじゃないですか。岡田監督は公式戦での起用法については明言を避けた。逆に言えば、それだけ可能性を感じているという証し。昨年2月、打球を受けて左あごを骨折し、約半年間まともに食べることすらできず走り込んだ。そんな強靱な下半身が最大の武器でもある。「ドンドン、実戦で投げないと…。次があれば、自分の力を出していきたい。収穫? スローカーブです」「あと1、2回はいけたと思う」 謙遜しながらも頼もしいセリフが飛び出した。

★家族も感無量
三塁側スタンドには両親、弟、祖母と“小嶋一家”が大集合。「息子が、あのマウンドで投げているのが、いまだに信じられない。普段は優しくて、のんびり屋。兄弟げんかも一切したことがない。でも、野球になると目が変わる」と父・恵之助さん(53)。石川・遊学館高校進学前にキャッチボールをしたことを思いだし「カーブを投げられたんです。もう全然捕れなくて」。4年ぶりの観戦となった祖母・さか江さん(71)も感無量の表情だった。


人気blogランキングへ

  • 2007.03.04 Sunday

浜中∩鳥谷が・・・

浜ちゃんどうしたしょんぼり四回一死一、二塁の第2打席、カウント0−2から直球を見逃し。続く外角低めの直球をファウル。追い込まれると、最後はボール球のカットボールに空振り三振。さらに七回には希望枠・小松の内角直球に見逃し三振を喫するなど、あっさりと料理された。「実戦の中で自分の形を見つけたい」
試行錯誤を繰り返す日々。なかなか復調の兆しが見えてこない。安芸キャンプでは、昨年よりも構える際のグリップの位置をこぶし一つ分だけ下げる、03年時の“うねり打法”に回帰。活路を見出したように思えたが、不振脱出に至らなかった。これでOP戦は10打席連続無安打。打率は.091と、ついに1割を切った。試合後は、悔しさを押し殺し、無言でバスに乗り込んだ。
「3番」を打つ鳥谷も結果が伴わない。この日は、2三振1併殺打と散々な内容の4打数無安打。OP戦では9打席で。まだHランプを灯していない。許した2つの内野安打に「いい参考になりました」と守備の収穫を強調したが…。ベストオーダーでは、中軸のあとに控える2人。打線のつながりのカギを握るだけに、早く浮上のきっかけをつかみたい。「タイミングが全然、合ってない。浜中はずーっと悪いよな。悪すぎる。ちょっとひどい。最後もなあ…」4打席凡退。過去2試合を合わせて計11打数1安打の数字が残る。9回の最終打席ではカウント0−2から山口の146キロを左飛。打者有利の局面から真ん中に近い絶好球を打ち損じた凡打が深刻さを物語っていた。重なるのは昨春だ。右肩故障から完全復活を遂げながらオープン戦では絶不調。一時は2軍降格の可能性も浮上したほどで開幕戦は無念のベンチ待機に甘んじた。
沖縄1次キャンプ中には岡田監督自ら1時間を超える直接指導に当たったことも…。「オレは打てるやつは教えへん。打てへんと思うから教えるんや」。半月以上が経過しても上昇の気配は見えない。むしろ、「フリー(打撃)を見てても飛ばんようになった」と心配は膨らむ一方だ。
「6番・右翼」の定位置が基本構想。ただ、このまま低空飛行が続けば修正という事態も招きかねない。「外野の方が(定位置を奪う)可能性あるヤツは多いんやから」。浜中の危機感をあおるように岡田監督はつぶやいた。
同じようでも鳥は無風状態「競争なし」なのね。。。怒りマーク       人気blogランキングへ

  • 2007.03.03 Saturday

あいもかわらずですね・・・

今日の0P戦1番赤星2番藤本に注目してました。4回スコア0−0で先頭赤星安打で無死1塁。カウント0−2から赤星スタートしたが藤本はファール怒り 2−2と追い込まれて1球ファール後に投ゴロ。相手が失策「2塁悪送球」したため1,2塁オールセーフになった。があらためて2番藤本に適性がないことがわかった。2番打者のいちばんの見せ所なのに。。これでは打線がつながらない「いい流れを作れない汗」案の定後続が鳥谷ー浜中ー林と倒れ無得点だった.それとスコア0−0の6回無死1.3塁でレフトへの浅い「得意の」ポップフライ。ここでも流れをきってしまったしょんぼり岡田の変な考え「こだわり」の1つに「2番藤本」もある?非常に困ったものである。。。冷や汗               追記:監督の変なこだわり。その1:なんといっても久保田をクローザーにしたいこと[05年優勝の久保田抑えで成功したと思っているんだろうか?]その2:鳥谷1番 その3:藤本2番。。。                                         人気blogランキングへ

  • 2007.03.03 Saturday

球児 登場テーマ曲が『笑顔の行くへ』に・・・

 球児が07年の甲子園での登場テーマソングに、同じ高知県出身の女性デュオ・スーパーバンドの「笑顔のゆくえ」を採用することが1日までにわかった。同楽曲は藤川も支援する「骨髄バンク8万人運動」の応援歌。さらに、同郷のアーティストの作品という縁もあり“コラボ”が実現した。
目の前で行われた生ライブに心を奪われた。ギターから流れる音色が鼓膜を揺さぶった。「やっぱり目の前で聴くと違いますわ。もう決めました。今年はこれでいきます」。球児が一瞬にして、「スーパーバンド」の魅力に引き込まれた。
安芸キャンプ中の出来事だった。「スーパーバンド」が安藤の06年テーマソング「元気だしていこうぜ!!」を作製した縁もあり、安芸市内で初対面。高知県出身のミュージシャンとアスリートの異文化交流が行われた。地元のコアな話題から始まり、一気に意気投合。互いに骨髄バンクのドナー登録を呼び掛ける運動にかかわってきたことも、大きな後押しとなった。

 05年のシーズンオフ、藤川は実家のある高知に帰省。そこで難病と闘う1人の青年の存在を知った。土佐高校野球部の元エースで、現在高知大2年生の戸田浩司さん(20)。 全国に2000人しかいないという「慢性活動性EBウイルス感染症」を患っており、治療には骨髄移植が必要という事実を知ったことがすべてのきっかけだ。「責任ある」 藤川は真剣だ。人の生死にかかわる重要な問題に携わるだけに、慎重かつ積極的な態度でスーパーバンドとのコラボを決めた。「やるからには責任ある態度で取り組まないといけない。言動にも自覚を持たないといけないし、何より野球でしっかりしないといけない」。責任感の強い男らしい立ち位置が球児らしい。

 昨年まで甲子園での登場BGMに使っていたリンドバーグの「every little thing every precious thing」がファンに浸透していることも考慮した。「あまりにもなじんでもらってますから、1試合ごとに交互に流してもらおうと思ってます」と球場側に要請する。夫人と結婚する前からの思い出の曲でもあるだけに、男としての優しさもみせた。

抑えとして、一日でもはやく『火の玉ストレート』の復活がみたいですね!

人気blogランキングへ

  • 2007.03.03 Saturday

今季は勝てばビクトリーロード・・・

勝てばビクトリーロードを誇らしげに、負ければ“避難通路”をトボトボと…。甲子園球場の改修工事に伴って、本拠地での試合後、選手が一塁側のベンチからグラウンド内を通って新クラブハウス内のロッカールームに引き揚げる方向であることが2日、明らかになった。ただし、ファン心理は読みづらく、身の危険を感じた場合の抜け道も新設されている。
マンモスを揺るがす六甲おろしの大合唱の中を、金本が、今岡が、赤星が、スタンドに手を振りながら“ビクトリーロード”を引き揚げる。六甲おろしの大合唱の前に…。新たな至福の時が甲子園を彩る。球場に隣接する新クラブハウスの完成に伴い、今季は試合後、グラウンド内を通ってロッカールームへと向かう方針が固まった。
「今のところ、グラウンド内を通って帰る案が濃厚と聞いています。来年にはベンチ裏からロッカールームへの続く通路ができる予定なので、今年だけのファンサービスです」とは沼沢正二球団本部長。

 昨年までは、ベンチ裏からバックネット裏方向に位置するロッカールームに引き揚げていたため、試合後、お立ち台に上がる選手以外は入場者の目に触れることはなかった。だが、今季は一塁側アルプス席の後ろに新設されたクラブハウスにロッカー室が移転。一塁側のブルペン、新室内練習場への渡し廊下を経由する新たな動線が引かれた。ベンチを出て一塁側ファウルゾーンを歩く、神宮でのヤクルトの選手のようなスタイルで、ファンと喜びを分かち合おうというワケだ。

 その一方で、別の通路も設置された。球団職員通路を改修した抜け道は、一塁側コンコース上を通り、新室内練習場への渡し廊下に直結する造り。「大雨のときとか、何かあったときのためですよ。昔は(暴動が)あったけど、今のチームではないでしょう」(沼沢球団本部長)。ただ、連戦連敗なら、裏道が有効利用されるはず?


人気blogランキングへ

  • 2007.03.03 Saturday

鳥谷 1番構想・・・ちょっと待った!

熱血タイガース党「サンテレビ・金曜日20時〜同54分」岡田監督のインタビューの中で鳥谷を1番に赤星を2番にしたい考えを語っていた。何でもできるし,バントはしなくていいからが理由らしい。久保田の抑えといい『一度こうと決めたら貫き通したい』みたいですね冷や汗鳥谷はタイプとしたら3番で1番打者ではない。赤星は2番では持ち味が出ない。バントはしなくていいといっても、大事な場面では(バント)必要不可欠です。それには赤星は送りバントがうまくない冷や汗1塁に走者をおいても引っ張りきれない。と理想的な1,3塁のかたちにならない。この1,2番だとあまりメリットがない。鳥に1番を打たせるぐらいなら将来のことも考えて3番にしたらいいのでは。赤星ー関本の1.2番が現状ではベストでこれ以外考えられない。「犠牲的な打撃」をできるのは関本しかいない。盗塁を助けたり、結果追い込まれても粘れ四球も取れ、右打ちもできバントの成功率も高く3割打てて本塁打もある2番はほかにいない。他球団から見てもいやなタイプと思いますけど。インタビューを見ていて『また今年も変なこだわった考え』で虎不安を怒りにさせてくれるんでしょうねショック                                            追記:久保田がいい状態に戻れば抑えに。。。そのときでも3回に1回ぐらい?の確率で劇場ぽいのがあったんですけど・・・冷や汗                                人気blogランキングへ

  • 2007.03.02 Friday

開幕が待ち遠しい・・・今岡誠

安芸の空は青く澄んでいた。球場から望む太平洋も青く広がっていた。心の底から晴れ渡っていたのだろう。愛用の青いマスコットバットを抱えた今岡はかみしめるような笑顔を浮かべた。
「充実した1カ月でしたね。やるべきことが完ぺきにできた」
苦闘の日々が脳裏に甦る…。昨年6月に持病だった「バネ指」の治療のために右手薬指を手術。9月の1軍復帰以降も満足なスローイングができず、三塁の守備に就くことはなかった。
守備強化−。その一念で昨秋からの自主トレを送ってきた。成果を示すために乗り込んだ今春キャンプは初日からシートノックに参加して首脳陣に回復を証明。チーム最初の実戦にも出場した。雨中に内野ノックを受けた日も…。文字通り泥にまみれた。「その一点に絞ってやってきたと言っても過言ではない。点数は秋に付けるもの。去年の悔しさをぶつけるシーズンにしたい」
昨秋、公式戦終了時点で今岡の定位置を白紙とせざるを得なかった岡田監督に不安はもう一片もない。昨春、右肩故障から完全復活した浜中を最大の“補強”に挙げたように今春は新生今岡が最大の収穫だった。キャンプ総括の会見でも寄せる期待の大きさをあらためて言葉に込めた。
「去年の今岡は故障があって120打点(05年の147打点から06年は29打点へ)がなくなったから。前にも言ったように新外国人みたい。それくらい重みあるポジション」
 正田打撃コーチが「クリーンアップは決まっている」と明かすように07年猛虎打線の中軸は既に固まった。3番シーツ、4番金本、そして5番今岡。セ界を制覇した05年の並びが復活する。
 キャンプ最終日。安芸最後のフリー打撃に臨んだ今岡はカーブを集中的に打って感覚を磨いた。守備で鍛えた下半身は職人芸とも言える打撃をさらなる高みへと押し上げるのか。「守備の意識を高く持ってやっていれば間違いないから。後は開幕へ向けてやっていくだけ」。雪辱を誓う2007年。春開幕が待ち遠しい。 6人目の外人として期待通りに活躍してくれるのは間違いない。先発投手が多少点を取られてもある程度は打線でカバーできる。鳥谷次第では、浜中7番も。正田コーチが言われるとおりWクリーンアップもうなずけます。赤星、関本、シーツ、金本、今岡、鳥谷、浜中、矢野
と一応並べてみましたけど打線のキーは関本『スタメン=2番固定』で、うまくつながるし大量5点打線が完成するでしょうグッドとにかく楽しみ。。。だー楽しい


人気blogランキングへ

  • 2007.03.02 Friday

小嶋 フォーク解禁

伝家の宝刀を最後に解禁した。高知・安芸キャンプ打ち上げとなった1日、小嶋投手『29』がプロ入り後初めてブルペンでフォークを披露した。全90球中、魔球は9球できっちりと低めにコントロールされた。開幕ローテーション入りを目指し3日のオープン戦(対オリックス、京セラドーム)で先発デビュー。ここまでのフォーク封印には、新人らしからぬ理由があった。
 小声だった。小嶋はブルペン捕手に「フォーク行きます」と、人さし指と中指で挟んだボールを見せながら伝えた。1カ月間のキャンプ最後の日に、1度も投げなかった魔球を9球。低めへワンバウンドする球が、ほとんどだった。「決め球に近い」と話していた自信が、大きな落差に出ていた。
解禁の理由ははっきりしている。「最後なんで(球種を)全部投げておきたかった」。なぜ「決め球」をキャンプ最後まで首脳陣にさえ見せなかったのか?小嶋「ボクはフォークとかで三振を取るより、チェンジアップで打たせて取るタイプだと思う。(打者の)前後を使いたいんです。投球の幅を出したい」。「打者の前後を使いたい」。言い換えれば、緩急で打者のタイミングを狂わせて打ち取りたい−となる。派手な三振を取るより、バットに当てられても抑える。そんな理想の投球を完成させるために、「決め球」よりも、タイミングを外すことができるチェンジアップ習得を優先した。
 それでもフォークが武器であることに変わりなく、いつでも投げられる自信も持っている。先発デビューとなる3日のオリックス戦では4回を投げる予定。まず、打たせてとること。その上で空振りが欲しい状況になれば、宝刀を抜く可能性も十分ある。
 この日は今キャンプから覚え始めたチェンジアップも感触を確かめた。修得を初めて間もないが、すでに紅白戦で試投。「まだ3、4割ぐらいですね」と完成度に満足はしてないが、開幕から使おうとしている。小嶋のチェンジアップは人さし指、中指、薬指と3本の指を広げて挟む握りで、一見フォークにも見える。だがあくまで、低めへの制球とタイミングを外すため。実戦にフォークが加われば打者への上下、左右、前後を網羅できる。

 初のキャンプを終え、自己採点は「80点から90点です」と話した。「野球のことはまだこれからたくさんありますけど、ケガなく1カ月できた。沖縄でのキャンプは長く感じました」と、ホッとした表情を見せた。約1カ月後に迫った開幕へ、100点満点を目指す実戦調整が始まる。間違いなく『福原、安藤が戻ってきても』開幕ローテにはいってくるでしょうね。阪神でルーキーイヤーの二桁勝利を上げた投手は過去、そうはいてないでしょう。

人気blogランキングへ

  • 2007.03.02 Friday

「ポスト矢野」に新人清水『45』が名乗り

清水誉捕手が高知・安芸キャンプ打ち上げの1日、3日のオリックスOP戦(京セラD)の先発マスクに指名された。岡田監督も惚れた新人が、ポスト矢野に名乗りだ。
“ポスト矢野”をにらんでの大抜てき。買われたのは秀逸な頭脳、周到な準備に裏付けられたリードだ。初のキャンプを打ち上げたこの日、新人・清水にOP戦先発手形が授与された。「今やっていることを継続してやっていくだけです。結果を残さないと(開幕)一軍には残れないと思います。(キャンプ時とは)投手の状態も変わっていきますし」
 高知・安芸での1カ月を全力で駆け抜けた。最終日もブルペンに足を運び、一軍投手陣の球質、球種をしっかり頭にたたき込んだ。2月1日は二軍で迎えたが、これは疲労性の右ヒジ痛に配慮した首脳陣の配慮だ。19日に満を持して昇格。巧打と堅守で評価を上げ、それを高めたのが前日2月28日の紅白戦だった。
「(OP戦は)スタメンで使うよ。そりゃ当然よ。あれ見せられたらなあ」
2月28日の紅白戦で、吉野(マウンド)とコンビを組んだ清水。このリードに指揮官が惚れた。キャンプを総括した岡田監督は、その目にまだ残像を残していた。虎将をうならせ、ホレさせたわずか19球。白組で途中からマスクをかぶり、吉野と組んだ五回のリードだ。変則左腕の代名詞といえるスライダーを1球も使わず、直球とシュートで左打者3人を料理した。「大したもんよ。ストレートは基本線や。何の裏もかいてない」。絶賛は止まらなかった。
プロ入り以来、投手の特徴を『清水ノート』に記してきた。吉野は同じ途中昇格組で、キャンプ序盤からブルペンで受けてきた投手だ。「初めて受けていたらできなかったと思う」。積み重ねが“ここぞ”で生きた。文武両道を志して地元の公立進学高・小野高から関学大に進んだ素地もある。大学では3年間で卒業単位を全取得。すべてに準備と用意ができる男だ。
 今年で39歳になる矢野の後釜として、浅井、狩野らが競ってきた。しかし正妻を脅かすどころか、次代を任せられる存在も定まっていない。沖縄帰りの一軍組との競争で、気付けばルーキーが2番争いに参戦。開幕一軍も大きく見えてきた。
 3日のオリックス戦(京セラD)から、矢野が登場予定の10日の巨人戦(甲子園)までがテスト期間。2日は3日に新人バッテリーを組む先発予定の希望枠左腕・小嶋と鳴尾浜で“予行演習”を行う。備えに憂いなし。未来の正捕手はどこまでもしたたかだ。

やっとポスト矢野が見つかった!?
人気blogランキングへ


  • 2007.03.02 Friday

兄貴  病院から球場直行

金本が高知・安芸キャンプの2月28日朝、両目に痛みを訴えて同県内の病院に向かった。診断は「目に異物が入ったための痛み」で、両目を洗浄した後に遅れて球場に到着。予定通りランチ特打を行い、89スイングでサク越え14発を放った。またしても鉄人ぶりを証明した形だ。
 早朝に姿を消し、周囲が騒げば、遅れて球場に現れ、ランチ特打で豪快弾を連発する…。その経過を簡潔に記せば『病院→球場→14発』だ。ヒヤリとさせて、最後は鉄人ぶりを見せつける。金本にしかできない芸当だ。
「(目は)大丈夫、大丈夫よ」
この日の早朝、アニキが両目に痛みを訴えた。トレーナーとともに高知県内の病院に直行。前日27日の夜から違和感を覚えていたもので、診断結果は「目に異物が入ったための痛み」だった。

 常川チーフトレーナー補佐は「痛いと思い、さらに目をこすってしまったため」と説明。両目を洗浄し、それで痛みは治まった。ジャージー姿のまま球場に向かい、30分遅れで練習合流。急いでユニホームに着替え、何事もなかったかのように練習をスタートした。
 野手陣で唯一、この日の紅白戦に出場しないため、たった1人のランチ特打が組まれていた。予定通り登場すると、5スイング目で早くも右翼席に着弾させる。重さ1キロのマスコットバットを振りかざし、終盤にはバックスクリーン2連発を含む3連続アーチも披露。センターから右方向へ高弾道のライナーを連ね、結局89スイングでサク越え14発をブチ込んだ。
 練習後には、選手宿舎でキャンプの打ち上げパーティーが催され、お祭り隊長としてもちろん参加。両目が充血しているわけでもなく、問題はなさそうだ。3月10日の巨人戦(甲子園)に設定するOP戦初登場シナリオにも狂いなし。やはり鉄人は鉄人だ。

 
人気blogランキングへ

  • 2007.03.01 Thursday

太陽&吉野もいるんやで・・・!!

先発転向を希望している太陽投手。去年ウエスタンで中継ぎばかりで先発なし、もちろん1軍でもしょんぼり実績はあって「昨年」開幕1軍を勝とった吉野。登板機会もなく2度も2軍へいくはめになってしまった怒り球児がリタイアしているときにプロ初セーブをあげたが、球児、久保田が復帰するとまた出番がなくなってしまった。セリーグは左にいい打者が多く、吉野は貴重な中継ぎだと思う「やる気の出ない「なくさせる」ような采配は今季は御免こうむる怒りマーク昨日の紅白戦白組3番手で登板した吉野が1回無安打無失点拍手スライダーを1球も投げないまま、赤星、鳥谷、坂をおさえたグッド 同じく白組4番手の太陽は2回を1安打無失点に抑えた拍手坂に中前安打を打たれたが、続く赤星を遊ゴロ併殺打にしとめ、打者6人でまとめた。「今は低めにいくことを心がけている。Ma升隠苅境繊スピードにはこだわりないよ。」今後太陽に先発のチャンスはめぐって来るのだろうか?太陽にもっと光を・・・吉野にもっとタイガース愛を・・・                                                              人気blogランキングへ

  • 2007.03.01 Thursday

復活?まだ1回だけやん・・・

久保田が2月28日、紅白戦・紅組の3番手で登板。2回を投げ、5三振を奪い、高らかに復肩を宣言した。MAX152キロの剛球に、岡田監督は「力あるどころちゃうやろ」と大絶賛。白紙だった今季の定位置に、ようやく答えが見えてきた。断崖絶壁に立たされていた右腕が、光を見いだした。久保田に、絶対不動の守護神だった05年の力強さが戻ってきた。キャンプ最後の実戦となる紅白戦で2回を投げ、5奪三振。『K』の山を築いた。「今年の実戦の中で一番良かった。真っすぐで空振りを取れたのは大きい。力みとか迷いもなく、思いっきりいけた」
 六回、先頭の赤松をこの日のMAX152キロ直球で空振り三振。藤本に左前打を許したが、高橋勇も直球で空振り三振に。二死二塁、林の右前適時打で1点を与えたものの、二死一塁、藤原は直球で見逃し三振に切ってとった。七回は中村豊、清水を連続で三振斬り。ラストの秀太は151キロ直球で中直。2安打1失点も、威力十分の直球を低めに集めた奪三振ショーだ。
 虎投の右腕は、福原、安藤が二軍での調整を強いられ、杉山も鳴尾浜へ強制送還。久保田も11日の日本ハムとの練習試合で3回5安打2失点、21日の紅白戦でも3回3安打1失点。岡田監督からは「けがが治っただけじゃ投げさせん」と二軍行きを示唆する“最後通告”まで受けていた。
球数にこだわった今キャンプ。その数は断トツの約3000球に到達。「高校球児でも僕より投げている人はいないはず」。右手甲骨折で離脱した昨季の空白を埋めるため、テークバックを素早くする理想のフォームを求めて投げ続けた。しかし、結果が出ない。不安と焦りの中、安芸では敢えてブルペンから足を遠ざけた。ひたすら走り込み、7日間でわずか500球。「『久保田故障』とでも書いて下さいよ」。自暴自棄になったかのような言動。それだけ追いつめられていた。
「何かを変えないと。気分転換の意味もあるけど、今はあえて投げてない」。前日27日には雄叫びを上げながら、80メートルの遠投を繰り返した。荒々しさを取り戻す開き直りの儀式が、功を奏した。全28球のうち5球が150キロを超えた。「力あるどころちゃう。球が戻ったということ。気持ちが実戦で出ていた。積み重ねてもがき苦しんで、最後に一番良い結果が出た。やってきたことが正しかったということや」

岡田のお気に入りの選手?には評価が甘いですなあ冷や汗2回6つのアウトのうち5つを三振で奪ったのは魅力はあるでしょうが、紅白戦で登板直後の回に1点取られたわけですよ。抑え失格じゃないですか?球児は147キロでも抑えれるけど、久保田の152キロは出ていても打たれたら意味はない怒り1回好投?しただけで抑えに。。。冷や汗9回で逆転されるほうがショックは大きいです。劇場は今季は開幕してほしくない・・・                                                                                                      人気blogランキングへ

Go to top of page