オススメ

挑む!虎 想い 2017

Tigers Change

坂本に正捕手になってもらいたい
北條がブレイクする
もっちーが初先発
夏ごろに1軍へ

  • 2017.03.12 Sunday

坂本リハビリ開始


にほんブログ村












右手親指を骨折し、手術を受けた阪神・坂本が
11日、鳴尾浜の室内で調整し、リハビリを開始。
藤本トレーナーは「ジョグぐらいはできるかもしれませんが、
日々様子をみながらですね」と慎重な姿勢をみせた。
沖縄1軍キャンプスタートを切っていただけに悔しさは募るが、
まずは完治を目指す。

まだ2年目
巻き返してや

  • 2016.08.24 Wednesday

D2坂本、17打席目でプロ初打点「走者かえす打撃できてよかった」


にほんブログ村








DeNA3−9阪神、17回戦、阪神11勝5敗1分、23日、横浜
冷や汗だらだらの井納にD2位ルーキー・坂本も襲いかかった。
4−0の一回二死二塁。外角146キロ直球を、鋭く逆方向に
もっていった。

 「これまでなかなか積極的に打てなくて、結果も出なかったので、
1打席目から積極的にいこうと思っていました。結果が出てよかったです」

 快音とともに打球は右中間を突破。二塁から中谷が生還し、
5−0。プロ17打席目での初打点に二塁上で表情を緩めた。

 「(リードを含め)勝てたことが大きいです」

 4度目となった能見とのコンビも呼吸が合ってきた。
この日の練習中も矢野作戦兼バッテリーコーチが身ぶり手ぶりで指導。
捕手も競争。原口だけではない。

 「投手のために1点でも多くとりたいし、
走者をかえす打撃ができてよかったです」

 プロ入り当初は周囲から「非力」といわれた。そんなフレーズは、
もう不要だ。

もともと。首脳陣からリードを含め守りの評価は高かった
坂本がある程度打てるのであれば
原口1塁へコンバート もしっくりくる

  • 2016.07.24 Sunday

坂本プロ初安打+1 好リード 攻守で存在感

にほんブログ村











この前登録されたときは原口が絶好調で
出番がなく登録抹消

岡崎の怪我でチャンスがめぐってきました
このチャンスをものにして正捕手の座をつかんでほしいものです
なにせ阪神に珍しい、地元の選手でもありますしね


広島7−0阪神、17回戦、広島13勝4敗、23日、マツダ
阪神のドラフト2位・坂本誠志郎捕手(22)=明大=が
プロ2試合目の出場で、日米通算200勝を決めた広島・黒田投手から
七回にプロ初安打を中前に放つなど2安打。マルチ安打でアピールした。
四回から出場した守備でも投手を好リードし5回無失点と、
攻守で存在感を示した。


黒田フィーバーに沸く敵地で一人の若虎が躍動した。
坂本がプロ2試合目で初安打。打った相手はこの試合の主役の黒田だった。

 「うれしかったです」。名投手から放った一打。短いひとことに
喜びが詰まっていた。

 四回の守備から出場して迎えた七回の第2打席。一死走者なしで
カウント1−0から低めに決まったシュートを中前にはじき返した。
3打席目の九回二死では、3番手・一岡から中前打を放ち、
3打数2安打。矢野作戦兼バッテリーコーチはうなずいた。

 「(日米通算)200勝の黒田から打ったことも、九回に
最後のバッターにならなかったことも自信になる。
そういう姿を見るとこっちも使いたくなるよね」

 捕手としての守りも冴えた。四回から松田、島本、高橋、藤川の
4投手をリードし、5回を無失点で切り抜けた。19日の巨人戦
(甲子園)でプロ初スタメン。能見の指名でコンビを組んだが、
思うようにリードできず、三回途中6失点でバッテリーごと
交代となった。胸のつかえを少しだけ取り去った。
「(試合に)出てからゼロに抑えられたことがよかったです。
自分の『こうしてやろう』ということができた。
投手もそこに投げきってくれました」

 同期入団に同じ明大出身の高山がいる。高山は開幕から
1軍の試合に出るなど先を行く存在。大学の卒業式も高山は
試合出場のために欠席したが、坂本はひとり新幹線に揺られて
大学へ向かった。悔しさでいっぱいだった。式が終わると
すぐに寮に帰り、ひとりバットを振った。守備では
1軍のゲームを見て配球を勉強した。

 「しっかりできればこうやって抑えられる、というのが分かりました。
これが続いていくようにしたい」。さらに上を目指して突き進んでいく。



坂本 誠志郎(さかもと・せいしろう)

 捕手。1993(平成5)年11月10日生まれ、22歳。兵庫県出身。
履正社高では1年秋から正捕手。2年夏と3年春に甲子園出場。
明大では1年春からリーグ戦に出場。2年春秋にベストナイン。
チームと大学代表では主将を務めた。2016年D2位で阪神入団。
7月19日の巨人戦(甲子園)で能見とバッテリーを組み、
プロ初出場初先発。今季2試合、打率・500、0本塁打、0打点。
1メートル76、78キロ。右投げ右打ち。今季年俸1200万円。
背番号「12」

  • 2016.05.05 Thursday

坂本捕手 本日1軍登録

にほんブログ村









ドラフト2位・坂本誠志郎捕手(22)=明大=が4日、
ウエスタン・広島戦(甲子園)に出場後、名古屋市内の1
軍宿舎に合流した。5日にプロ入り後1軍初登録される。

 この日、横山投手(22)が昇格し、代わって小宮山捕手(30)
が登録抹消。来週、阪神は変則日程で5試合しかなく、
横山は登板機会がないため、5日に抹消、空いた枠に坂本が入る見通しだ。

 坂本は2月に1軍の沖縄・宜野座キャンプに抜てきされたが、
3月に左脇腹筋挫傷と診断されて2軍降格。4月26日の練習試合
・履正社学園戦(鳴尾浜)で実戦復帰していた。
「体はもう大丈夫です。頑張ります」と力強く話した。

 今年の新人はD1位・高山俊外野手(23)=明大、
同6位・板山祐太郎外野手(22)=亜大=に続き、
6人中3人が1軍昇格した。



坂本 誠志郎(さかもと・せいしろう)

 捕手。1993(平成5)年11月10日生まれ、22歳。
兵庫県出身。履正社高では1年秋から正捕手。2年夏と3年春に
甲子園出場。明大では1年春からリーグ戦に出場。
2年春秋にベストナイン。チームと大学代表では主将を務めた。
2016年D2位で阪神入団。今季ウエスタンでは2試合で
打率・143、0本塁打、1打点。1メートル76、78キロ。
右投げ右打ち。今季年俸1200万円。背番号「12」

  • 2016.03.16 Wednesday

D2・坂本が筋挫傷 今後も状態見つつリハビリ継続

 阪神は15日、ドラフト2位・坂本誠志郎捕手(22)=明大=
がチームドクターに「左脇腹の筋挫傷」と診断されたと発表した。
球団によると軽症という。5日から左脇腹の張りでランニング中心の
別メニューで調整していた。今後も状態を見つつ、リハビリを続けていく。




にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ






  • 2016.02.25 Thursday

坂本 沖縄残留 

 阪神春季キャンプ(24日、沖縄・宜野座)
体調の異変を訴えていたD2位・坂本誠志郎捕手(22)=明大=は、
帰阪せずに沖縄に残留して状態を見ることになった。
25日からの最終クールは一部別メニュー調整となる見通し。



これまでの流れからいえば
帰阪かなあとおもってましたが
それほど
たいした怪我じゃないのかな
競争ですから
当たり前ですけど
怪我したら生き残れない




にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2016.02.24 Wednesday

坂本 2軍落ち

阪神春季キャンプ(23日、沖縄・宜野座)
阪神のドラフト2位・坂本誠志郎捕手(22)=明大=が
2軍落ちすることが23日、明らかになった。
体に不調があった模様で打撃練習を行わなかった。
金本監督は「怠慢で痛めたわけじゃない」と
故障部分について明言を避けたが、脇腹を痛めたという情報もある。
捕手の競争は横一線。堅実な守りと勝負強い打撃で評価を
上げていただけに、本人にとっては悔まれる離脱だ。


これから対外試合という時期に
残念といえば残念かな
これで開幕1軍が少し遠のいたかな



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



  • 2016.02.12 Friday

D2坂本、初H&初タイムリー! 守っては 3回0封リード

阪神春季キャンプ(11日、沖縄・宜野座村)

坂本捕手が1軍の実戦デビューとなる紅白戦(宜野座)で
白組の「9番・DH」でスタメン出場を飾った。
1打席目にプロ初安打となるタイムリーをマーク。
成長著しいルーキーは、守備だけではなくバットでもアピールした。

宜野座の青空の下で守備自慢の男がバットで魅せた。
坂本が1打席目でプロ初安打&初タイムリー。
立ち見が出るほどの盛り上がりをみせた観客席から
温かい拍手がわき起こった。

 「良い球がきたら1球目からいこうと思っていたけど、
ファーストストライクを見逃してしまった。
カウントが悪かったのでどんどん打ちにいこうと思っていました」

 充実の表情で汗をぬぐった22歳の見せ場は1点先制して
なおも二回二死一、二塁だ。先発・岩貞に対して、
カウント3−1から食らい付いた。打球は鮮やかに三遊間を抜けた。
二走・横田が一気に本塁に生還し、プロ初打点もついた。
金本監督の今季初実戦で猛アピールに成功した。

 「実戦の方が(練習よりも)入っていきやすかった。
積極的にいって初めてわかることもあるので、
今後も積極的にやっていきたいです」

 守備では四回からマスクをかぶった。岩崎と1回と鶴2回の
バッテリーを組み、3回無失点。ストライクゾーンを
広く使ったリードでゼロで切り抜けた。

 「これからもいろんな投手と試していきたいです」。
今キャンプではV戦士の矢野作戦兼バッテリコーチから
英才教育を受ける逸材。鶴岡、梅野らとの正捕手争いに
勝ち抜くため。成長著しいルーキーは守りの面だけではなく、
打力も磨きをかけていく。 


捕手争いについて阪神・矢野作戦兼バッテリーコーチ
 「(実戦が始まって)いろんな結果が出てくる。
いい競争ができている。レベルの高い話ができるので、
準備の段階だけど、よくやってくれている」


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ






  • 2016.02.05 Friday

矢野コーチ絶賛・・・

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

阪神春季キャンプ(4日、沖縄・宜野座村)
坂本捕手が、今キャンプ初の実戦的な盗塁練習で、過去2度盗塁王を
獲得した西岡の二盗を阻止した。送球を受けた鳥谷も絶賛。
横一線の捕手陣の中で、ルーキーが存在感を示した。
晴天に恵まれた宜野座で、南国の強い日差し以上にキラリと光った。
スタッフは加わらず、投手も捕手も野手も選手が参加した盗塁練習。
けん制ありの実戦形式でD2位・坂本が魅せた。西岡の二盗を
完ぺきに阻止した。

 「(送球は)あまり良くはなかったんですけど、
少しずつ状態を上げていきたいですね」

 最初の2球は球がやや浮き、最後も送球が少しそれたため、
言葉に不満の色が出たが“勝負どころ”で、本領発揮だ。

 4度目の“対戦相手”はロッテ時代の2005、06年に盗塁王を
獲得した西岡だった。練習開始から二塁手を務めていたが、
走る素振りがなかったことから「サボらせたら天下一品やな」
と金本監督が引っ張り出した。指揮官が「西岡が走ります!」
と大声で告知し、注目度が高まった状況で、完ぺきな送球だ。
無駄のない動きで、コントロールも正確。二塁ベース上へ
糸を引くように白球が伸び、高さも文句なし。
スピードスターを封じ込んだ。

計8度の機会で5度の二盗阻止。見守った矢野作戦兼バッテリーコーチも
納得の表情だ。「送球が遅いとか弱いとかはなかった。大きな癖もない」
とうなずくと、「自分の1年目を振り返っても、よく声が出ている」
と練習姿勢も高評価だ。

 6日の第2クールからシート打撃や紅白戦などの実戦練習が入ってくる。
捕球に続き、送球でも株を上げた坂本は「自分の中で意識を
高めていかないといけない。次(のクール)もしっかりとやりたい」
と気を引き締めた。不慣れで緊張もあった第1クールは終わった。
これから真価を見せる。 


坂本について中日・佐藤秀樹スコアラー
「捕ってから速い。動きに癖がない」

★善波監督が訪問

 坂本の恩師である明大・善波達也監督(53)が宜野座を訪問。
まな弟子について「背番号12のユニホームが似合っていてよかったです」
とうれしそうな表情で語った。「『体は大丈夫か?』というような話はした。
よかったです」とホッとしていた。

後は実戦
打撃はどうかな
まずは守りですけど
ある程度は打たないとね

  • 2016.02.04 Thursday

矢野コーチ がルーキー坂本を泥まみれ・・・

阪神春季キャンプ(3日、沖縄・宜野座村)
阪神・矢野作戦兼バッテリーコーチがD2・坂本捕手に
“炎の238本ノック”を浴びせた。サブグラウンドでの
マンツーマン特守は1時間6分におよんだ。
今キャンプ最長の矢野道場だ

矢野コーチがルーキー坂本を黒土まみれにした。
ノックバットを握る手がまったく止まらない。白球を左右に振る。
クロスプレーの特訓もする。午後2時32分から1時間6分、
のべ238本ものゴロを浴びせた男の声はガラガラになった。

 「できるときにやろうと思った。しんどくなれば足も使わなくなるし、
そうなるとスローイングでもミスをする。
キャンプは疲れるためにやっているんやから」

 三遊間などの内野のポジションで構えさせ、
捕球後のスローイング練習を148本。捕手の位置で90本を追わせた。
「足で捕りにいけ」「いい顔や」「言い訳王子やな」。
ときおりジョークも交えながら、厳しく明るく、
メスを入れていた。

 「(坂本の捕球時の)立ち位置で引っかかるかなというのがあった」

 今季から本塁でのブロックが禁止となることもあり、走者の走路を
完全閉鎖しないよう修正。坂本も「癖で出てしまうと思うし、
しっかり確認したい。(矢野コーチは)何がよくて何が悪いのか
いってくれるし、わかりやすい」と感謝の思いを口にした。

 矢野コーチは帰り際、関係者からのど飴をもらうと
「ちょうどえぇわ」と喜び、口にいれた。
それほど全精力を注いた。梅野、鶴岡らの
正捕手争いは混とんとしている。「捕手が(声でも)
一番目立てといっている」。矢野道場はまだ序盤だ。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




  • 2016.01.31 Sunday

新妻はガツガツ・・・・

阪神沖縄先乗り合同自主トレ(30日、宜野座)欲張りスタートや! 
阪神のドラフト2位・坂本誠志郎捕手(22)=明大=が
30日、沖縄・宜野座村野球場での先乗り自主トレに合流。
ブルペンで能見投手と初タッグを組むと、
ライバルとなる梅野捕手に藤浪投手の相手役の交代を申し出るなど、
合流初日からガツガツと精力的に動き回った。
ガツガツいった。2歳年上の梅野に憶することなく、
経験を欲しがった。ベテラン能見のボールを受けると、
同学年の歳内をはさみ、次は虎の若きエース。
朝からの雨で肌寒かった沖縄で見せた熱い動き。
坂本が、藤浪の球を受けていた梅野に、にじり寄った。

 「僕に受けさせてもらえませんか?」

 かつて大学ジャパンで一緒に戦った先輩捕手に交代を要求した。

 思わぬ申し出に、梅野は大人の対応。
「急に150キロを受けることになるし、
ましてあの身長(1メートル98)からなんでね。
僕も初めて(藤浪の球を)受けたときに脅威を感じた。
とりあえず見ておいたら」との配慮から初タッグは流れたが、
梅野の隣で見学することに。そのやりとりを見ていた藤浪が、
予定より4球追加。“欲張り”が奏功した。

 「(藤浪の球を)捕りたかったですけど、見ているだけでも
怖そうな、恐ろしい球を投げていました。でもいずれ捕るときに、
しっかり捕れればいいなと思う」

 ルーキーはちょっぴり残念そうに話したが、
沖縄入りした前日29日から、投手陣とのコンタクトは順調だ。
宿舎で兵庫・豊岡出身の能見にあいさつにいくと、
「養父のヤツやな」と言われたという。互いの出身地は
車で15分程度の距離。その言葉をキッカケに距離を縮めると、
一夜明けたブルペンで運良く“再会”。31球を受け止め、
「すごいキレがありましたし、伸びがある中での強さもあったので、
やっぱり違う」と、一流投手の力を感じた。

 捕手として、投手陣との信頼関係を築くことは第一歩だが、
一歩目の踏み込みの強さを、初日から発揮。先輩に交代を
申し出る強心臓ぶりも頼もしい限りだ。

 「まだ分からないこともいっぱいありますけど、
でもそういうのもアリかなという感じで。これからいろいろ
分かってくると思うし、そういうのも楽しみながら
やっていければいいと思う」

 分からないことは、これから知ればいい。
“欲張りルーキー”はまだまだ空腹だ
さんすぽから
捕手が固定できれば
優勝に1歩近づきますから
私はこのルーキーに大きな期待を寄せたいと想いますね


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


Go to top of page