オススメ

挑む!虎 想い 2017

Tigers Change

北條 巻き返せ
中谷 覚醒中
坂本 正捕手へ
振り向くな

  • 2011.02.19 Saturday

久保田、右肩痛再発!?紅白戦、登板予定なし

久保田投手(30)に18日、緊急帰阪の可能性が浮上した。
ある首脳陣が「状態が上がらなければ22日に大阪へ帰す」
と言及。故障を抱えていることになれば、帰阪後、精密検査を
受けることとなる。

 猛虎が誇る鉄腕が、厳しい状況に置かれつつある。
宜野座キャンプ中もただ一人、フリー打撃の登板はなし。
打ち上げとなった前日17日も、ノースローのまま
全体練習を終えていた。

 「久保田以外は全員が投げる」

 19日からの紅白戦を前に、首脳陣は登板の
スケジュールを明かしたが、やはり久保田の登板は
予定されていなかった。今後3日間の様子を見極めた上で、
一定の方向性を示すことになる。

 故障箇所は現時点で明らかになってはいないが、勤続疲労もあり
09年の春季キャンプでは右肩痛を発症した経緯がある。
昨年は71試合にフル回転してチームの進撃に貢献したが、
その影響で再び右肩痛が再発している可能性は否定できない。

 「調整法を変えるのは勇気がいる。現状の球数は少ないけど、
開幕までには(周囲と)同じ球数になるだろう」

 前日17日には山口投手コーチが、アクシデントではなく
調整法の変更も示唆していた。チームとしても状態が
上向いてくることを祈るばかり。FA加入の小林宏、
守護神・球児との勝利の方程式“トリプルK”を
完成させるためには、この男の存在は欠かせない。
すぽにち


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング



  • 2010.12.14 Tuesday

久保田 銭闘『投手陣の評価向上』

 チームのために右腕を振り続けた。自負があるからこその
“銭闘”だ。久保田が、真っ向勝負を宣言した。
投手陣のプライドを守る! 
久保田が13日、甲子園のクラブハウスを訪れ、
未更改の契約交渉について言及。球団に対して徹底的に
主張を述べる意志を示した。目的の一つは投手陣の評価向上。
納得いくまでぶつかる構えだ。

 「(年俸を)元に戻してくれたらいいんですけど…。
僕は下がるときにはすぐサインしている。働いた時くらいは
(要望を)言っていいと思う」

 トレーニングを終えると、真剣に漏らした。
12月半ばを迎えて契約は未更改。現在、代理人を通じて
球団と下交渉を行っているが合意に至っていないことを明かした。

 先発転向を目指した昨季は登板1試合。オフには
1億1000万円から30%ダウンの7700万円で
一発サインした。今季は夏場に登板過多からの疲労で
2軍落ちしながらの71試合。V争い佳境の9月は
16試合連続自責点0も続けた。胸を張って意見を
述べる権利があるはずだ。

 「毎年その(投手陣の評価を上げる)つもりでやっているけど、
どこまで伝わっているのか」

 主張の一つは投手陣の評価向上だ。野手は桧山以外が
契約更改を終えた。鳥谷が1億円増の2億6000万円、
平野が倍増の1億6000万円。優勝を逃しながら
個人成果に応じた大幅増が目立つ一方、投手は8勝0敗の
能見が右足骨折による離脱を理由に500万円アップの
5500万円を保留中。

 「昔からそう、結局イメージの問題。
特に、中継ぎは印象がよくない」

 14勝を挙げた久保、球児、下柳、安藤、能見、
久保田の6人が未契約。何人かは、下交渉で
折り合いがついていないもようだ。

 「(来季も)リリーフです。そこで仕事をしたら貢献できる」

 失敗したことばかり強く印象に残る仕事に骨を埋める
覚悟を決めた。阪神での8年間で通算登板は
ちょうど400試合になった鉄腕が、プライドをかけて戦う。
さんすぽ
投手は寿命も野手よりは短いし

勝ち負けは、時の運という要素も含まれている
だから野手より多くあげても
いいと思いますね

投手でよくもらっていると思う選手は
球児たったひとりである
あとは軒並み投全体の評価が低い

久保田の昨年の成績は
勤続疲労の要素もある
その辺のことを球団も理解してほしいものだ

投手陣の契約未更改が多いのも
頷ける

a href="http://blog.with2.net/link.php?543005:1211">人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




  • 2010.02.28 Sunday

久保田今季はセットアッパー

阪神の山口投手コーチは28日、昨季先発に挑戦した久保田について
「短いイニングで力を出してもらう」と、今季は救援として起用する
考えを明らかにした。

 同コーチは久保田のリリーフ復帰の意図を「それはもう(その方が)
絶対にチームにとっても力を出せるから」と説明した。
久保田は救援として2007年に90試合、
08年には69試合に登板した。

 また左ひじを痛めた岩田について「(3月)10日すぎに下(2軍戦)で放れたら。いまのペースやったらいけるやろうということ」
と2軍の試合で登板機会を与える見通しを示した。

さんすぽ
少し決める『明言』時期が遅すぎるんでないですか
アッチソンが抜けた段階で、久保田の中継ぎ再転向
はあたまにはあったとは思うが
少なくてもキャンプ終了するまでに
久保田本人のためには
もう少し早く先発か中継ぎかを『明言』決めたほうが
よかったんじゃないですかね
配慮が足らんのではないかな怒りマーク


人気ブログランキングへ

CoRichブログランキング

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村

  • 2009.05.30 Saturday

久保田、6・7ウエスタン・オリックス戦で先発登板

右肩痛からの復活を目指す久保田が6月7日のウエスタン・オリックス戦(淡路)で先発することが決まった。
中西2軍投手コーチは「(ソフトバンク戦での)内容は関係なく
7日は先発で投げさせる。(7日は)5イニングぐらいかな」と明言。
きょう30日からの同ソフトバンク2連戦(三条)で2イニングを予定しているが、本人は「今はとりあえずこなしていくしかない。
やることをやっていくだけ」と話した。
すぽにち

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
CoRichブログランキング
最近頻繁に赤星をぼろかすにいう人があらわれたが
そうも赤星だけを必要にこけおろす意味がわからない

こう書くとお前は岡田をぼろかすに書いたといわれますが
チームを率いる最高責任者と、主力の一選手としての立場が違う

赤星が怪我のため、最高のパーフォーマンスができないのは
非常に痛いが、盗塁15はリーグ1位 
守備力、とともにチームにかかせない選手だとは思うが。。。

同じコケおろすのなら
三番でふがいない打撃内容を見せている
鳥谷じゃないのかな。。。
覚醒したと思ったのですが!?

  • 2009.05.22 Friday

久保田「肩は大丈夫」実戦復帰で最速148キロ!

右肩関節炎のリハビリで開幕から2軍調整が続く久保田が21日、ウエスタン・リーグの広島戦(マツダ)で実戦復帰した。7回に2番手として登板し1回無失点。MAX148キロを記録した。

3四球を与えて、1イニングに28球を要した。2死二塁から会沢、松山に1球もストライクが入らず連続四球で満塁。それでも、中東を一ゴロに仕留めてピンチを脱したのは2年連続中継ぎタイトルホルダーの意地だった。「ストライクが入らなかった。明らかなボールばかりでは組み立てもクソもない」と久保田。ただ、最も聞きたい一言がその後に続いた。

 「肩は大丈夫です」

 中西2軍投手コーチは投球内容は問わず、復帰マウンドに上がれたという点に重きを置き「やっとスタート台に乗っかった」と表現した。

 先発転向に挑む年だった。スケジュールは大幅に狂ったが、進む方向性は変わらない。「本人が先発で腹をくくっているし、上(1軍)もそうさせてくれと言っている」と中西コーチは話す。今後ファームでは来週中に1、2試合のリリーフ登板をこなした後、6月6日のオリックス戦(北神戸)で
5イニングの予定で先発する算段だ。

 「ブルペンでもチェックして…。とりあえず、やっていくしかないんでね」。ふてぶてしいまでのあの勇姿を早く取り戻したい−。救世主に名乗りを上げるステップは、どんどん大股になっていく。
すぽにち

肩が治って投げられる状態になっても
投球内容がよほどよくないと
1軍昇格は難しいでしょう?

現状阪神の1軍先発枠は厳しい、
福原が『先発』残っているのは不思議ですが。。。
岩田ですら、投球内容が悪いから昇格が見送られている
おそらく、調子戻れば「福原」と入れ替わるでしょうが

絶対的柱『エース』がいないだけで、頭数だけでいえば多い
交流戦は最大4連戦だヵら、先発投手は5人で足りる
安藤、能見、下柳、久保 5人目に福原 
5人目が小嶋でないのが悔しいですがしょんぼり

ファームには先発候補が、テンコ盛り
『先発』手薄なチームなら即1軍昇格ナ投手も。。。
あると思います
ショウ&じぇんの台湾コンビ、
石川もいい投球内容を見せテいる
玉置も故障が治って、投球練習を始めた
1昨年新人王の上園もいる
↑らの投手との久保田も競争である
過去の実績だけでは、決して1軍には上がれないのである
過去の実績だけで1軍昇格させた
前監督とは大違い。
先を見据え戦いを実践している真弓監督の方針にブレはない
負けが込んでいても、真弓監督を批判しないのは
ブレがないと感じているからでもある。
 
鳥谷に代打で騒いでいる見たいですが。。。
三番打者に決めた鳥谷に代打を送るということは
別に特別なことでもない。
不調で打てる気がしないから、打てる確率の高い檜山を選択して
代打を送り出しただけ。間違ってはいないし、
真弓監督にすれば、何を騒いでいるの
当たり前やん と思っている!?
 
あまりにもひどすぎる打撃内容に
喝を入れたただけ

岡田に守られ『途中交代』など考えられなかった
鳥谷の今後にきたいしませう

ナニセ、チームの浮沈は三番打者がキーを握りますから!

阪神の成績に伴って?
人気ランキングも苦戦ちゅーです
訪問の際は
お手数ですがクリック
よろしくおねがいします


人気ブログランキングへ
CoRichブログランキング






  • 2009.05.02 Saturday

久保田、交流戦で復帰イケる...

右肩痛でリハビリ中の久保田投手の復帰プランが、大幅に早まっていることが1日、明らかになった。4日に鳴尾浜球場で、故障後初めてフリー打撃に登板する。当初の予定より1カ月以上も前倒しとなり、早ければ交流戦中に復帰する可能性も浮上した。

開幕から一進一退の攻防を続ける真弓阪神に、思わぬ朗報が舞い込んできた。先発候補・久保田の早期復帰。当初は5月を投げ込み期間に充て、
6月上旬から打者相手の投球練習を再開する予定だったが、順調な調整を
続けてきたことで、首脳陣も前倒しプランにGOサインを出したようだ。
久保田も「やっとブルペンで(ボールが)まとまってきましたからね。
順調にきている証拠ですよ」と手応えを口にした。

春季キャンプ序盤で右肩の違和感を訴え、戦線を離脱した。地道なリハビリを続け、4月4日に故障後初めてのブルペン入り。18日には捕手を座らせての投球練習を再開した。担当の遠山育成コーチは「1歩、2歩と前進している感じ。(打撃投手を)何回か入れて、次はゲームになる」と、実戦復帰が近いことをうかがわせた。

 久保田の先発転向は、真弓監督が就任時に明かしたビッグプラン。
復帰すれば先発投手陣の刺激になり、確実に戦力にも厚みが増す。
「ここからですね。ここからしっかりやっていきたい」と久保田。
猛虎の鉄腕が、間もなく戦線に帰ってくる。
デイリー

人気ブログランキングへ

  • 2009.04.05 Sunday

右肩痛・久保田「2カ月ぶりブルペン」立ち投げ30球

右肩痛で戦列を離れている久保田が4日、沖縄合同自主トレ以来、
約2カ月ぶりのブルペンに入った。
捕手を立たせ、三分程度の力で約30球を投げ込んだ。

 「入ってみただけです。(今後については)分かりません」

 「リリースの感覚をつかみたい」という本人の希望で解禁となった。
前日3日には遠投を再開するなど順調ぶりをうかがわせている。
「抑えに抑えて、ここまでやってきた。状態も悪くなかったのでね。
フォームを呼び起こすために立ち投げをさせた。
投げた後も問題なかったし、これから、という感じ」と遠山育成コーチ。
また、石原チーフトレーナー補佐は今後について
「状態を見ながらやっていく」とした。

スポニチ
人気ブログランキングへ

  • 2009.03.05 Thursday

久保田 前半戦絶望。。。復帰めど立たず

久保田が、今季前半戦での復帰も厳しい状況であることが4日、明らかになった。右肩関節炎を発症し、2月27日に右脇下部の良性腫瘍(ガングリオン)の吸引処置を行ったが、現状でキャッチボール再開のメドすら立たない。中継ぎから先発転向を目指す右腕が、大きな試練に立たされた。

厚い雲に覆われた鳴尾浜で、室内にこもった。トレーニングと並行して右肩のリハビリに励むが、その“先”が見えてこない。「(肩の状態は)トレーナーに聞いてください」。久保田の表情も曇っていた。

「夏場には間に合うと思うけどな。去年からの疲れもあるし、体にシコリもある。まだ(復帰の)メドは立ってない」。杉田トレーナーが厳しい現状を明かした。夏場? これでは開幕はおろか、前半戦の復帰も絶望的な状況だ。

 春季キャンプ第2クール中の5日に右肩関節炎が発覚し、7日から2軍で調整。帰阪後の27日には、大阪市内の病院で右脇下部の良性腫瘍の吸引処置を行った。しかし、昨年までの勤続疲労による筋肉のシコリがなお残っているという。

 開幕1軍どころか、前半戦での復帰すら危うい。ノースロー調整を続け、約1カ月がたつが「キャッチボールするまでにも、まだしばらくかかるだろう」と杉田トレーナー。今後も鳴尾浜や甲子園クラブハウスなどで治療を継続していく。“出口”の見えない戦いが続く。

 早期の回復が待たれる。本来なら安藤、下柳、岩田に続く、先発第4の男になるはずの男のはずだった。キャンプでは石川、玉置、阿部、上園ら若手投手陣が猛アピール。真弓監督の前で結果を残したが、まだ万全の体勢とはいえない。

 経験値は「K」が遙かに勝る。今季から中継ぎから先発への転向を志願した。試合を決める重要な場面で投げ続けてきた男の存在感は、そう簡単には埋まらない。

 「自分のことを頑張るだけです」。右腕が言葉を絞り出した。
2007年に日本記録(90試合登板)を打ち立てるなど、
フル回転の代償は大きかった。果たして復帰のメドはいつ立つのか…。
記事はサンスポ

前岡田監督の困ったら久保田登板の大きなツケ「代償」
が今季にやってきてしまった冷や汗

夏場とはいわず、今シーズン棒に振っても
来季にでも元気な久保田が帰ってきてくれたらいいが。。。

傷めた場所によっては復帰は難しい場合もある
久保田の場合は登板過多による勤続疲労だから、
なおさらである。。。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.20 Friday

久保田開幕アウト・・・

いまさらなのはわかっていますが
岡田が「久保田」つぶした。。。
そう言いたくなります怒りマーク

右肩関節炎でリハビリ中の久保田が19日、二軍キャンプ打ち上げの22日の帰阪を命じられた。真弓監督は開幕構想外を明言。先発ローテで下柳、安藤、岩田に続く第4の男として期待された右腕の長期離脱を受け、虎投再編にさらに拍車がかかることは間違いない。口を真一文字に結び、現実を受け入れた。隣接するブルペンに背を向け、大型のガスヒーターが2台たかれたサブグランドの隅で久保田は久保投手コーチと話し合いの場を持った。結論は“強制帰阪”だった。

「状態を確認した。ずいぶん痛みはなくなっているようだけど、(キャッチボール再開は)1週間かかるかもしれないし、1カ月かもしれない。まだゴーサインは出ていない。(今後の調整は)大阪になる。甲子園や鳴尾浜の方がトレーナーの数がそろっている」

無言だった本人に代わって久保コーチが厳しい表情で説明した。先発転向を志願して挑んだ1月下旬の自主トレ期間中に右肩に痛みを感じてから、ノースロー調整が続いた。ノックを受けても、返球はトスをするだけ。病院で関節炎と診断されたが、何が直接の原因かすら、わからない。

球団関係者によれば「レントゲン写真で見る限り(昨年)11月のものと今のものとでは雲泥の差」。22日の帰阪後、待っているのはリハビリよりも、ドクターによる再チェックだ。

「投手の肩だから、無理をさせるわけにいかない。開幕に間に合うとも思っていない。いつまで、と決めると急がせてしまうから」

真弓監督もハラを固めた。下柳、安藤、岩田はすでに当確。残り3枠がいつ、どのような形で埋まるのか。奮起が必要なのは若手野手だけではない。虎投再編。2月中に何らかの“答え”を見つけたい。
記事はサンスポ

使い勝手がいいからって、前監督は久保田を酷使しすぎた
いくらタフだといっても、投手の肩は消耗品
登板過多からの勤続疲労はいつか故障に通じるとは思っていましたしょんぼり

原因ははっきりしている?登板過多による、勤続疲労からくる故障でしょう
もはや、開幕に間に合うとかの次元ではなく、久保田の投手生命にもかかわる「故障」の可能性も十分ある!?


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




人気ブログランキングへ

  • 2009.02.07 Saturday

久保田 今日から安芸合流 

右肩関節炎でノースロー調整の久保田は、きょう7日に安芸の2軍キャンプに合流する。この日は、アップ終了後、ドーム内でノックを受けるなどして汗を流した。「ゆっくり治します。投げる以外はできる。昨日よりも状態はいい」。真弓監督も「こっち(沖縄)にいると無理をする。肩だし、じっくり治してから、調子を上げてきてほしい」と、完治させることをすすめた
記事はサンスポ
 
安芸キャンプからのスタートだった能見が6日、1軍へ“緊急昇格”した。この日、朝に沖縄行きを命じられた左腕は、目を丸くしながらも気持ちを切り替えた。

 「朝聞きましたよ!全く予想してませんでした。5年目ですからね。やるしかないでしょ」

 ドタバタの沖縄入りだった。練習はいつも通り9時半から開始。ウオーミングアップとダッシュを終えると、突然沖縄行きを通達された。その後、キャッチボールを早々に済ませさっそうとブルペン入り。81球を投げ込み、正午前に球場を後にした。

 また、運の悪いことに高知から沖縄への直行便が1月31日をもって運休。福岡経由での移動を強いられ、到着したのはすでに午後6時を回っていた。

 右肩関節炎の久保田の離脱を受け、平田2軍監督と投手コーチらが推薦。久保投手コーチも「左(投手)が少ないし競わせます」と貴重な1ピースとして期待する。昨年はプロ入り初の未勝利という屈辱を味わった。思いがけぬ形で転がり込んだチャンスをモノにできるか−。能見の逆襲がここから始まる。
記事はスポニチ
のうみんにはあまり、期待はしていませんが『期待する時期は過ぎました』
貴重な左投手だし、出番はきっとあるはずでしょう
のうみんよりは、昨年トレードで日ハム移籍した中村泰広
昨シーズンは怪我で投げられなかった。そして『オフに解雇』
トライアウトで虎に再入団した
怪我さえ治れば、やってくれると思います。
左投手王国?だと思っていましたが
あんがい少なくなりました。。。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.02.05 Thursday

久保田右肩に張り。。。

久保田が5日、右肩の関節炎で、最低1週間のノースロー調整となった。

キャンプ前から右肩に張りがあったという。ここまでブルペンに入っていなかった。久保田は「万全になって、早く戻りたい。悔しいけど、しょうがない」と話した。真弓監督は「投げないし、リハビリの方が多いので」と、高知の2軍キャンプで調整させる可能性も示した。(宜野座)
記事はサンスポ

ついに「きたー!」かという感じ冷や汗
あれだけ投げれば『登板過多』
勤続疲労も手伝って、故障もおきます

赤松のプロテクト漏れ『広島移籍』濱中トレードにつぐ
久保田故障という悲しい出来事がまた起こってしまいましたしょんぼり
もう一年、真弓阪神の誕生が早ければと思いが更に強くなりました怒りマーク


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

人気ブログランキングへ

  • 2009.01.28 Wednesday

久保田 O球発進

投げない久保田!「予定通りです」。
他の投手がブルペンで乾いた音を響かせるなか、
まさかの投球数「0」だった。
先発転向を目指す2009年がイメチェンから幕を開けたのだ。

 「(キャンプインまでにブルペンには)入れれば入ります。球数を投げにキャンプに来ているわけじゃないんで」

 これが鉄腕の“変心”だ。これまで沖縄の先乗り自主トレに参加すると一気にエンジンを加速させてきた。07年には66球、08年には88球を投げ込むなど、自主トレ初日のブルペン入りは“恒例行事”。春季キャンプの総投球数も約3000球(07年)、約2600球(08年)と2年続けて『虎の投げ込み王』に輝いた。投げ抜くことで状態を高めてきたのだが…。

 キャッチボールやウエートなど約3時間のトレーニングで1日目を終えた。「体は自主トレで動いていたので、いい感じに仕上がっています」。今年に入ってブルペン投球はまだ。そんな調整方法の変更にも「そんなことはないです」と言い切った。

 中継ぎから先発転向に向けて、それだけの体作りを行ってきた自負がある。茨城県での井川(現ヤンキース)との合同トレでは持久力を高めるメニューに時間を割いた。砂浜で1日約4キロの走り込みなど、下半身を鍛え上げた。久保田の個人トレーナーを務める伊藤雅浩氏=前阪神トレーナー=も「体は『(ブルペン投球を)いつでもどうぞ』という状態には仕上がっている」と太鼓判を押す。球数という“量”よりも、先発でフル稼働できる肉体という“質”を重視してきた。

 だから初日のブルペン入りにはこだわらない。投げ込み王は返上だ。球数では、はかれないニュー久保田を披露してみせる。
記事はサンスポ

ぜひ、久保田には、ローテの一角に加わってもらいたいものです
スタミナはあると思うので、完投能力はあるでしょう、
先発だったら中6日ごとの登板になる
このぐらいの登板間隔では物足らないかも!?
久保田なら、中4日あけば十分でせうか楽しい


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

Go to top of page