オススメ

挑む!虎 想い 2017

Tigers Change

北條 巻き返せ
中谷 覚醒中
坂本 正捕手へ
振り向くな

  • 2009.04.10 Friday

石川「勉強4失点」粘投7回6Kも…勝負球が甘く

直球も伸びていた、変化球もさえていた。この日をピークで迎えられたからこそ、こみ上げる悔しさも倍増した。開幕ローテの座をつかんだ石川が
思わぬ落とし穴にハマったのは3回だった。

2死二塁の場面、打席は1番・赤松。カウント1−0から完全に打ち取ったあたりはフラフラっと上がりセンター前へポトリ。不運な先制点を与えると、それまで軽快だったリズムが狂い出す。警戒していた赤松に二盗を許し、なおも2死二塁。カウント2−3から東出に右中間を破られ、追加点を奪われた。

「勝負にいった1球が甘く入ってしまった。力んでしまった?そうですね。そういうところを反省しないと」

 7回で6三振を奪ったものの、7安打4失点で降板。
真弓監督も「ピッチング的には惜しかったけどね」と話した。

 3月22日の広島戦で先発し、6回3失点と好投。開幕ローテをほぼ手中に収めた翌日、石川はオフ返上でただ一人鳴尾浜球場で汗を流した。ちょうど同時刻、WBC準決勝・米国戦が行われていたが、あえて見なかった。「自分のこれからのことの方が大事ですから」。すべてはこの日の今季初戦の勝利のためだった。

 久保投手コーチは「今すぐ切ることはないけど、その要素はある」と入れ替えも示唆。しかし、心配は無用。どこまでもストイックな2年目右腕は、次こそ結果を残してくれることだろう。
スポニチ

この日の石川は1,2回と6人きり、立ち上がりはよかった拍手
ガ3回に投球リズムを崩していった
それは捕手狩野に原因がある
競った展開で1塁に走者がでると、狩野が必要以上に走者を気にする
あまり、配球もストレートが多くなる
そして投手もけん制球ガ多くなる。
昨日1点先制された3回2死1塁走者赤松 打者東出の場面である
当然、1塁走者が盗塁する場面ではあるが、2アウトで打者を抑えれば
すむだけ『この回は終われる』
盗塁はほおっておいて、打者を打ち取ることに重きを置けばいい場面
ワンストライクをとって2球ウエストきみ
カウントが1−2になった。
結局盗塁され、ミンチが浅く守備位置を変えたため
東出に頭を越されてしまった。

一昨日とか、先に点をとり走者が走りにくい試合展開のときはいいが
能見先発、昨日石川のときは先制点を取れなかったために、
走者に気を使いすぎた結果、投球リズムを崩して点を重ねられている

石川はリズムを崩したまま5回まで4失点
も6回3者連続三振、7回も無失点に終わり降板した。
いいイメージを持ったまま、7回まで投げきったことは
次の登板にいきるでしょう。

阪神が勝つためには、先制点を取り、
相手が走れない試合展開に持ち込むこと


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2009.03.01 Sunday

石川3回1安打無失点も。。。反省の弁

◆ 「第4の男」に名乗りも、無駄な四球は反省 ◆

先発ローテ入りへ、大前進した。オリックスとのオープン戦開幕戦で先発した石川が3回を1安打無失点。安藤、岩田、下柳に続く“第4の男”に名乗りを上げた。

「久々にいい緊張感で投げられたし、楽しかった。
いい経験をさせてもらってます」

全く危なげのない投球だった。初回をわずか12球で三者凡退。
抜群の滑り出しを見せると、本領を発揮したのが2回だった。
4番・浜中を内角シュートで三邪飛に打ち取ると、5番・一輝も内角を打たせて遊飛。山口投手コーチが「インコースが彼の持ち味」と語れば、
久保投手コーチも「自分の投球スタイルを持っている」と評価した。

 「(ローテ入りに)近づいたんじゃないか。
去年、大事なところで2勝したピッチャーだから」

真弓監督もハッキリと、貴重な戦力として認識している。巨人と激しい優勝争いを繰り広げていたシーズン終盤に2勝。並の新人なら重圧に押しつぶされそうになる局面を「こんな大事な試合を任されて光栄です」と言い切るハートの強さが、石川にはあった。

 それだけではない。昨年11月の秋季キャンプからはピッチングよりも、下半身強化を重視。12月の鳴尾浜では黙々とポール間を走り込んだ。

 「1年目はキャンプ初日からアピールしないといけなかった。生意気ですけど、今年は2月の後半にピークをもってくるよう調整してきた」

 春季キャンプ中は、何度も首脳陣と調整法を話し合った。状態が上がらず2月11日の日本ハム戦は自ら登板を辞退。異例ともいえる意見が通ったのも、普段の練習態度、姿勢が認められているからにほかならない。

「結果は良かったけど、納得いかないとこもあった。9番へのフォアボールとかですね」

 3回2死から9番・伊藤に与えた四球を、しっかりと反省した。
3回4失点した21日の紅白戦から修正できたのも、課題を克服できたからこそ。適応能力の高さもまた、2年目右腕の大きな魅力といえる。
記事はスポニチ

インタビューを見たが、好投に浮かれることもなく、
渋い表情で受け答えていた。
プロで活躍する選手は生意気ぐらいがちょうどいい
気がいい選手はなかなか大成しない!?

あると思います。

過ぎたことですが
『石川』をもっと早く1軍登録しておけば
もう少し勝ち星『2勝』が増えたかもしれないし
最後にあんな屈辱的な展開をさけられたかも。。。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2008.07.16 Wednesday

虎の俊介『48』 1回〇封 1軍デビューだー

08年虎の新人 大学・社会人D3巡目の石川俊介が
九回1イニングだけながら、一軍初マウンドを踏んだ。

「久保コーチから思い切っていけ、と言われてました。その通りいけました。四、五回から(出番があると)言われてました」

まず田中をこの日のMAX140キロストレートで三ゴロに仕留めた。
飯原には中前打を浴びたが、ウィルソンを遊ゴロ併殺に打ち取って、
敗戦処理ながら、3人で初登板を無得点に抑えた拍手

 「まだまだです。課題が見つかりましたから…。飯原さんへの(ヒットを打たれた)フォークの腕の振りとか…」

先発の適性があれば、石川にW損とかを投げさせるのなら、
2軍で無安打、無得点の若竹、いとこが玉置成美の玉置、中継ぎで頑張っているあべけんに先発投手のチャンスを早くあげてもらいたい。
消化ゲームでの先発ではまったく意味はない!
優勝を争っている今の時期の経験は、今後に大きくものを言う。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ

人気ランキングに参加していますが、
苦戦チューですしょんぼり
お手数ではありますが、ご協力のほどをよろしくおねがいします!


Go to top of page