オススメ

挑む!虎 想い 2017

Tigers Change

北條 巻き返せ
中谷 覚醒中
坂本 正捕手へ
振り向くな

  • 2012.09.21 Friday

掛布雅之氏のことを書く。

彼とは1979年(昭和54年)に「トラ番」を
拝命して以来の付き合いである。

 「掛布はどうして阪神の監督にならないの?」
「なぜ、阪神ファンを裏切って読売系の解説者に?」


 多くの人から質問されるたびに心が痛んだ。

        ●   ●    

 88年に引退して以来24年経ったいまも、阪神から
「監督要請」が来ない最大の要因は、87年3月に起こした
「飲酒運転事件」にある。

 知人の結婚披露宴に出席したその帰り、高速道路での
検問で現行犯逮捕されたのだ。当時、阪神電鉄の社長だった
久万俊二郎オーナー(故人)は「ウチの4番は欠陥商品」
と酷評。そして「私の目の黒いうちは、彼を絶対に
ウチの監督にはしない」と周囲に語ったといわれている。

 阪神復帰への扉は閉じられた。それでも掛布氏は
「ボクはタイガースのファンに育ててもらった人間。
だからまず一番に、阪神ファンに恩返ししなきゃいけない。
他の球団のユニホームを着るのはそのあと」と、ずっと待ち続けた。

  • 2012.09.18 Tuesday

阪神事件史・・・掛布雅之の引退(上)

長男の一言が背中を押した 掛布雅之の引退(上)

[阪神タイガース事件史]



パパ、もう野球をやめていいよ


 当時、掛布雅之の自宅は大阪・豊中市にあった。
後年、長男の啓悟君が高校で本格的に野球を始めたとき
洋風造りに改装したが、昭和63年(1988年)
当時はまだ純日本風建築の家だった。

 9月14日午後7時過ぎ、私は1階の応接間のソファに
1人座っていた。掛布はまだ帰っていない。安紀子夫人も
出かけていなかった。壁には本塁打を放つ豪快な等身大の
写真パネルが掛けられ、数々のトロフィーやバット、
グラブなどが飾られている。「今日までに何度、
この部屋に来たかなぁ」。そんなことをふと考えた。

 この日、午後5時から大阪・梅田のホテル阪神「真珠の間」
で掛布雅之の引退会見が行われていた。「悔いがあれば
ユニホームを着続けます。悔いはありません」。
気丈に答えた掛布に涙はなかった。いつかこんな日が
来ると覚悟はしていたが、いざ、来てみるとやはり寂しかった。

 この年の掛布は左膝(ひざ)の持病からくる腰痛で
悩まされ続けていた。昭和55年4月に負傷した左膝の半月板。
57年に35本塁打、59年には37本塁打を放ち
3度目のホームラン王に輝いた掛布だったが、無意識のうちに
膝をかばっていたのだろう、その負担が腰にかかっていた。
しかも6月14日の中日戦でイレギュラーした打球を
処理しようとした際に左膝をひねり、半月板の損傷部分を
再び痛め、膝痛と腰痛の2つを抱えてのプレーとなった。

  • 2012.09.11 Tuesday

やっとスッキリ〜問題解決

ブログを休止して
しばらくたちますが
前のブログに対し
コメントがつく場合がある
変な宣伝とか
毒ついたことに対して
わざわざウザイ という
言わんでいい言葉が添えてある場合も・・・

私に限らず
もともとブログは
独断と
へんけんに満ちた
内容がほとんどである

ほっといてくれー

嫌なものはみないでいい
運悪く見たらスルーしてください

嫌いなものは
嫌い
好きになれないのである
その考えにブレはない〜笑い〜
(・e・)

  • 2012.09.04 Tuesday

 球児退団!!海外FA移籍へ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




ついに来たかという感じ
自分の権利で海外移籍するという
寂しいけれど
応援したいです

球児本人が少し心残りとおもうのは
クローザー転向したのが07年
それからは1度も優勝できなかったことでしょう
できれば、空振りの取れたストレートの全盛期に
MLBに移籍したかったでしょうね


14年に渡り、袖を通したタテジマを脱ぐ。長年、
公言してきた夢を目指す。守護神・藤川が熟慮の末、
大きな決断を下した。今年4月に取得した海外FA権を
行使する決意を固めていることが明らかになった。

 本人はサンケイスポーツの取材に対し「いまはお答えできません。
シーズンが終わったら、自分の権利なんで自分で判断します」
と話したが、近い関係者によればシーズン終了後、球団に
FA宣言する意向を伝えるという。2007年オフに初めて、
米球界への気持ちを吐露。ポスティングシステムの利用は
認められなかったものの、初志貫徹した訴えに今回は
阪神サイドも思いを尊重するとみられる。

 すでに代理人の選定は終えており、団野村氏と
アーン・テレム氏の強力タッグが務めることも判明。
団野村氏は日本人メジャーの先駆者となった野茂英雄
(ドジャースなど)をはじめ、数々の選手を手がけてきた
キャリアがあり、テレム氏も米国で指折りの影響力を持つ超大物だ。
昨オフ、このコンビは米大リーグ、レンジャーズで活躍する
ダルビッシュ有投手(26)の年俸総額6年約6000万ドル
(当時約46億円)の契約をまとめた。サポート態勢は申し分ない。
超敏腕代理人のもと、準備を進めていく。

 藤川は99年に高知商高からドラフト1位で入団。度重なる
故障に泣かされたが、05年に才能が花開いた。勝利の方程式
「JFK」の一角を担い、後に“火の玉ストレート”と呼ばれる
剛速球を武器にリーグ優勝に貢献。日の丸も背負い、
06、09年のワールド・ベースボール・クラシックに
出場するなど、猛虎の顔として球界に存在感を示してきた。

 今季も44試合で2勝2敗21S、防御率1・44と
安定した成績を残す。通算200セーブを達成し、
救援登板数544試合(3日現在)は球団の歴代1位だ。
しかもリリーフで3点リードを逆転されたゲームは驚異のゼロ。
いくら走者をためようが、最も重要なのは無失点に抑えること。
負けないこと。その要素を持ち合わせる点も米スカウトから
評価されている。

 とはいえ、まだシーズンは26試合ある。前日2日に
“V逸”が決まったが、クライマックスシリーズ進出の
可能性は消えていない。ユニホームをまとった球児が
プレーをおろそかにしたことは1度もない。最後まで
応援してくれる虎党のために全身全霊を注ぐ。

 藤川の口癖は「阪神に愛着がある」という言葉だ。
ファンに本音で語りかけ、ときには涙を流して、
熱い胸の内を伝えてきた。そんな藤川球児を皆が愛した。
虎一筋14年。幾多の思い出とともに新たな舞台へ進む。

今季海外FA権を取得した球児に対して、メジャー球団が
これまで熱視線を送ってきた。球児が権利行使を決断したことで、
争奪戦がさらに過熱しそうだ。


 4日の巨人戦(甲子園)にツインズなど複数の
メジャースカウトが視察に駆けつける。阪神球団に
多くの視察申し入れがあった。特に守護神が定まらない
ツインズは4日から阪神の2カードを注視していくという
熱の入れよう。幹部クラスの視察も検討中だ。

 現状では、ケビン・タワーズGMら首脳が訪れた
ダイヤモンドバックスを含む10球団以上が熱視線を送る。
ある関係者は「複数球団がほしいと言っているようだ」と
明かすだけに、さらに周囲が騒がしくなるのは必至。
というのも、抑えとリリーフが手薄な球団が多いからだ。

 西海岸に本拠地を置くチームの中では、エンゼルスは
シーズン当初はクローザーとして見込んでいた
ジョーダン・ウォルデン投手(24)が期待通りの
働きができなかった。ドジャースはかつてマリナーズの
守護神を務めたブランドン・リーグ投手(29)を
トレードで獲得したが、契約が今季で切れるため、
再契約しない場合は、代わりが必要だ。パドレスは
安定したセットアッパーを求めている。

 ジャイアンツは2010年にメジャー最多の
48セーブを挙げたブライアン・ウィルソン投手(30)
が手術を受けている。アスレチックスも
グラント・バルフォア投手(34)とのオプションを
行使しない場合はクローザーのポジションが空くことになる。

 東海岸のレッドソックスもリリーフ陣が手薄。低迷する
投手陣の起爆剤として、球児に触手を伸ばすかもしれない。
中地区のカブスも防御率4点台のカルロス・マーモル投手
(29)に抑えを託しており、補強策を練る必要がある。

 日本人野手は松井稼や岩村(ともに現楽天)らの
“失敗例”で評価が急落。だが、日本球界で育った投手は
繊細なコントロールや相手打者との駆け引きが冷静に
できるなどの点から通用するとの見方が強い。
火の玉争奪戦のゴングが鳴る。

Go to top of page