オススメ

挑む!虎 想い 2017

Tigers Change

北條 巻き返せ
中谷 覚醒中
坂本 正捕手へ
振り向くな

  • 2010.05.19 Wednesday

藤俊、地元でプロ初盗塁

(セ・パ交流戦、ソフトバンク2−4阪神=延長十回、1回戦、
阪神1勝、18日、ヤフードーム)
「9番・左翼」でスタメン出場した藤川俊が、プロ初盗塁。
自慢の快足を、地元・福岡でお披露目した。

 「いけるならいこうと、思っていました。いいスタートがきれました。

(地元に関しては)特別な感情はなく、平常心でした」

 同点の三回。四球で出塁すると、初球から迷わずスタート。
二塁を陥れると、続くマートンの三塁打で先制ホームを踏んだ。

 また、守っては捕殺。2犠打も確実に決めるなど走攻守で
高い能力を発揮した。

 「こういう形を続けていきたいですね」。
日に日に成長を見せるルーキーが、さらなる進化を誓った。



守れる外野手っていいですね
レフトに打球が飛ぶと安心する
ムネリンの勝ち越し打2ベース
も左中間抜けそうなあたりを
抑えて3塁にストップさせた。
同点どまりだった補殺
今季外野手の補殺は記憶にないぐらい
少ない
まさか昨日が今季初の外野手の補殺ってことは
ないでしょうね汗
ローテ投手が3人消えたとはいえ
チーム防御率が3点台後半というのは
藤俊がいないときのザル外野陣のせいもあるでしょうか?
外野手は記録にあらわれない、
「フライ、後逸、取れない」のは記録は安打ですから


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
人気ブログランキングへ
CoRichブログランキング







  • 2010.03.27 Saturday

藤川俊介、赤星氏以来の新人開幕1軍

(セ・リーグ、阪神7−3横浜、1回戦、26日、京セラD大阪)
九回から守備固めで、桜井に代わり、右翼に入った藤川俊介が、
先頭の内川の飛球を無難にキャッチした。
「オープン戦とは違いましたが、緊張はしませんでした。
自分のやるべきことをしっかりとやっていきたい」。
阪神の新人外野手としては、2001年の赤星憲広氏(野球評論家)以来の開幕1軍だったが、言葉通り、自分の仕事をきっちりこなした。
さんすぽ

ドラフト下位指名なら「東芝」に就職が決まっていた
が阪神が5位で果敢に?指名、すこしごたごたしたけれど
下位指名には異例?の背番号7を用意、入団にこぎつけた

キャンプからずーと1軍、開幕戦にも祝初出場した
これをきっかけに、虎の7番は藤川俊介 だ!
といわれる選手になってもらいたいものです


人気ブログランキングへ

CoRichブログランキング


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2010.01.27 Wednesday

大抜てき−。

真弓監督が26日、ドラフト5位ルーキー、藤川俊介外野手=近大=を
沖縄・宜野座の1軍春季キャンプメンバーに加えた。
虎では超異例の“追加招集”。ポスト赤星争奪戦へ、
新たな逸材が緊急参戦だ!
「もう1人を誰にするかを絞り込んでいたので発表がこの時期に
なりました。無理をしてはいけないけれど、若い力で外野手争いを
活発にして、レギュラーを奪うつもりで頑張ってほしい」

 D5位ルーキー、藤川俊が晴れて“追試”に合格だ。
21日のコーチ会議後、キャンプ1、2軍の振り分けを発表したが、
藤川俊とD3位・甲斐(福岡大)の両外野手に関しては、
最終決定を先延ばしにしていた。

 甲斐は左太もも裏の張りでリタイア。藤川俊については前日25日の
コーチ会議で再検討、この日、鳴尾浜の新人合同自主トレの状態をみて
GOサインが出た。キャッチボール、ノック、ランニングと
軽快に汗を流す姿に、1軍で競争に十分耐えうると判断された。

 1位・二神(法大)、2位・藤原(立命大)に続く3人目の
新人1軍キャンプ。しかもメンバー発表後の追加招集は、
かつてない超異例処置だ。昨年末の赤星憲広氏の電撃引退などで、
虎のアキレス腱ともいえる外野に1人でも多く逸材がほしい。
チーム事情が抜てきにつながった。

 「率直にうれしい気持ちです。ただ、選ばれたからといって、
これで終わりじゃない。やれることをしっかりとやりたい。
先輩(広陵高)の金本さんもいらっしゃるんで、少しでも色々なこと
を吸収したいです」

 吉報に藤川俊も引き締まる。アピールポイントは走力と外野の守備力。指揮官も「守備と走塁に関しては、どのレベルでもしっかりとやれる」と高い評価をしてきた。

2005年の赤松(現広島)以来5年ぶりの新人外野手の“1軍発進”。さかのぼれば赤星氏も1年目の01年に、1軍キャンプからそのまま
新庄の後釜として中堅を埋めた。ポスト赤星争奪戦に緊急参戦した
藤川俊にもその姿がダブる。

 何より入団から異例ずくめ。4位指名以下なら社会人東邦ガスのつもりが、悩んだ末の虎入り。昨年12月7日の新人入団会見に間に合わず、
遅れてたった1人の晴れ舞台も経験した。そしてキャンプも異例の
追加招集…、何か“波乱”を感じさせる。

 「それ(開幕1軍)が一番いい形ですが、まずは自分の出来ることをする。そうすれば道は開けるんで…」。30日にも沖縄入り。
『シュンスケ』のドラマチックなストーリーも幕を開ける。

sannsupo

何せ、背番号『7』ですから
期待もより大きくかかるのでしょうか。。。

赤星が抜けてポジションが空いてますから
誰とは言わず、チャンスですからね

たとえレギュラー取れなくても
足が速く、守備がうまければ、控えでも1軍に残れますからね
打つだけの選手はよほど打たないと苦しいかな


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング 

  • 2010.01.12 Tuesday

藤川俊介【7】 バットケース“赤星の本物”持参

阪神に入団する新人8選手(育成枠2人)が11日、西宮市内の虎風荘に入寮した。ドラフト5位の藤川俊介外野手(22)=近大=は、
用具メーカーから提供を受け、昨季限りで現役を引退した赤星憲広氏が
使用していた「RS53」と書かれたバットケースを持参。
グラブやリストバンドも同氏のトレードマークだった赤を使用するプランを明かした。“2代目レッドスター”として、プロの世界を歩んでいく。

  ◇  ◇

 藤川俊が運んできた荷物に、「RS53」と刻まれた赤いバットケースが含まれていた。昨季まで猛虎の切り込み隊長として不動の地位を築いた赤星氏の“本物”のバットケース-。「ゼットの人から目標にして頑張ってくれと渡されました。僕も前から欲しかったので、欲しいと言いました」と笑顔で明かした。

 藤川俊と赤星氏は同じゼット社の用具を使用しており、プロ生活の
スタートにあたりプレゼントされた。さらにバットケースだけではなく、リストバンドやグラブも赤星氏のイメージカラーだった赤色で作成。
スパイクも同氏と同じ300グラム以下の最軽量スパイクを発注するなど「僕も赤が好きなんで受け継いでいきたいというか、自分のカラーにできるように頑張りたい」と“2代目レッドスター”の襲名へ意欲を見せる。

 ドラフト指名後、プロ入りか社会人かで苦悩の日々を送ったことで、
一時は体重が5キロも減った。だがこの日までにベスト体重の71キロ
まで戻してきた。「体調は100%とまではいかないですけど、
その近くまではいっていると思います」。
13日から始まる新人合同自主トレへ向け、体は仕上がってきている。

真弓監督は、状態次第で2月の1軍宜野座キャンプ抜てきを示唆するなど、期待も大きい。レッドスターが残した赤い魂を受け継ぎ、必ず、
外野の一角を奪ってみせる。
さんすぽ

新庄が抜けて、赤星がセンターのレギュラーを確保した
ように、誰がセンターにおさまるのかも
非常の楽しみです楽しい
同じルーキー甲斐雄平も強肩らしいし、
昨年入団した柴田コウヘイも期待
若手の競争あってのちーむ活性化にもなりますから

これでFUJIKAWAがふたりに
球児がKYUUJIにしたらダメなのかな。。。
名前の俊介も石川投手がいますしね

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

Go to top of page