オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2016.05.05 Thursday

掛布2軍監督、甲子園で3日連続1万人超え “掛布コール”も

にほんブログ村












 阪神・掛布雅之2軍監督(60)の本拠地甲子園での采配3試合目
となる5日のウエスタン・広島戦の観客数が発表され、
1万721人だった。3日は1万93人、4日は1万2631人で
3日間で3万3436人を動員。3日連続の1万人超えで
掛布人気の根強さを印象づけた。

 3連戦最終日も天候に恵まれたことから、早い時点から開門を待つ
長蛇の列ができた。開門時間は2日続けて1時間繰り上げられ、
午前10時30分にファンは球場入りした。

 試合前には熊本地震への義援金募金活動が行われ、掛布2軍監督
らが参加した。試合前のメンバー交換て指揮官がグラウンドに姿を
見せると「掛布コール」が起きた。

 掛布2軍監督は「若手の励みになるように」と球団営業部に
ハッパをかけ、1万人動員作戦に取り組んだ。来場者には
掛布2軍監督カードや、「阪神タイガースプリッツ(フィギュア入り)」
などを先着で来場者にプレゼントしていた。

 次回のウエスタンの甲子園開催は6月11、12日の交流試合・巨人戦。
ミスタータイガースが指揮官として初めてG倒に挑む。

  • 2016.04.26 Tuesday

5月3.4.5日は甲子園へ行こう!

にほんブログ村











阪神は25日、今季11試合が組まれている甲子園での2軍戦で実施する
ファンサービスの内容を発表した。掛布2軍監督が1試合1万人の集客を
目標に掲げる5月3−5日のウエスタン・広島戦では掛布2軍監督カード、
フィギュア入りの阪神タイガースプリッツ、健康サプリをプレゼントする
大盤振る舞い。営業部が全力を挙げて、ミスタータイガースの目標を
支援する。掛布2軍監督による“1万人集客計画”の全容が判明した。
今季11試合を予定する聖地での2軍戦の中でゴールデンウイーク中に
開催される5月3日からの広島戦は目玉の連続。甲子園初采配となる
3連戦に、背番号31は大きな期待を抱いた。

 「筑後のスタジアムが満員御礼になったけど、1万人プロジェクト
をやっているから、甲子園にも負けないくらいの人に来てほしいね」

 24日のウエスタン・ソフトバンク戦(タマスタ筑後)に3113人
が詰めかけた。負けられない指揮官は言葉に力を込めた。阪神2軍では
前例のない1万人集客へ、来場者プレゼントとファンサービスの2本柱を
準備した。

 5月3日からの3日間は、開門から2時間後までの入場で、
掛布カード(現役時と現在の2種類)を、入場券所持の1人につき1枚を
プレゼント。各日310枚には掛布2軍監督の直筆サインが入っている。
また、虎の歴史に残る選手のフィギュアが入った「阪神タイガースプリッツ」
を先着5000人に。古内亀治朗商店の提供による健康サプリメントは、
先着4000人にプレゼントする。

 選手ともふれ合える。5月3日からの3連戦は熊本地震災害義援金の
募金活動を場内で行う。それ以外の8試合は来場者を選手がお出迎え。
掛布2軍監督も「こんなときだから、なにかやれることがあると
思うんだよ。せっかく甲子園で試合をやるから、多くの人に
来てもらって募金に協力していただきたい」と
先頭に立って募金を呼びかけるつもりだ。

 勝てば2軍では異例のヒーローインタビューも実施し、
1軍戦のような
雰囲気を作りあげる。掛布2軍監督がサプライズでインタビューに
飛び入りする可能性もあるという。1万人クリアへ営業部は一丸で
取り組んでいく。 



甲子園で開催される5月3−5日ウエスタン・広島戦ガイド

 ★開始時間 午後0時30分(予定)
 ★開門予定時間 午前11時30分
 ★料金 大人1000円 こども100円(阪神タイガース
公式ファンクラブ会員は500円、ファンクラブKIDS会員は入場無料)
 ★募金活動 毎試合開門後、5号門屋外デッキにて掛布2軍監督
と選手が参加し、熊本地震災害義援金の募金活動を行う
(監督、選手の参加は20分程度、募金活動は球団職員が
試合開始まで行う予定)
 ★来場者プレゼント 
(1)掛布2軍監督カードのプレゼント
(開門から試合開始2時間後までに入場の入場券を持った来場者全員。
1人1枚。そのうち毎日310枚が直筆サイン入り)
(2)「阪神タイガースプリッツ(フィギュア入り)」を
毎試合先着5000人にプレゼント
(3)毎試合先着4000人に健康サプリ「からだ燃える」
「健康請負人」のスティックをプレゼント
 ★1軍仕様 球団マスコットのキー太やタイガースガールズが
グラウンドや場内コンコースに登場して盛り上げ、
各選手のテーマソングも流す

  • 2016.04.14 Thursday

掛布2軍監督 5分熱弁初抗議

にほんブログ村










ウエスタン・リーグ
(阪神6x−5ソフトバンク=延長十回、13日、鳴尾浜)
掛布2軍監督が13日、ウエスタン・ソフトバンク戦(鳴尾浜)
でコリジョン(衝突)ルールに関して、指揮官就任後初めての
抗議を行った。八回二死一、二塁で二走・緒方外野手の
本塁突入の際の捕手の立ち位置についてのもの。
試合は暴投で6−5のサヨナラ勝ちをおさめ、
こちらも指揮官として初。10勝9敗となり、初の貯金もできた。
勝利への執念が体を突き動かした。掛布2軍監督が指揮官
として初となる抗議。雨が降る鳴尾浜で熱く熱く、
身ぶり手ぶりを交えてコリジョンルールに関する
捕手の立ち位置を審判団に問うた。

 「捕手が完全にホームベースにかぶせてましたのでね。
ブロックしてるじゃないですか、と。今年からブロックしては
いけない、ホームを空けておかないといけないとなっていますから」

 雨中の猛抗議は退場となる寸前の5分近くにおよんだ。
5−3の八回二死一、二塁で二走・緒方が俊介の左前打で本塁突入。
ソフトバンクの捕手・拓也の構えている位置を見て、回りこんで
生還を狙ったが、タッチアウト。追加点は奪えなかった
 「タイミング的にアウトだったという審判団の判断で決めたと。
じゃあ、もしも偶然(走者が本塁に)真っすぐ入ってしまったときに
どうなんだと。でも、きょうはブロックはしているということで
相手の捕手に『警告は出した』と言っていましたから。
しばらく真っすぐ行ってみて、審判がどう判断するか
確認しないといけない」

 1勝を目指して食い下がる将の姿に、選手も燃えた。
直後の九回に2ランで追いつかれ、同点で迎えた十回無死二塁。
本塁打ならサイクルヒット達成の清水にバントを指示し、
一死三塁から連続敬遠で満塁。サヨナラ暴投を呼び込んだ。

 これまた指揮官として初のサヨナラ勝ちにも、背番号31は
「それは別に」と意に介さなかった。自ら動き、
チームに新たな経験値が加わった。先頭に立って、
戦う集団に鍛え上げる。 


八回の本塁突入で憤死した阪神・緒方
「捕手が正面に入っていて、本能的に避けにいきました。
次は真っすぐ行くことがチームの徹底事項になる。真っすぐいきます」

  • 2016.04.09 Saturday

上本、逆転呼んだ1号!掛布2軍監督は評価もさらなる成長期待

にほんブログ村











 ウエスタン・リーグ(中日4−6阪神、8日、ナゴヤ)
上本が8日、ウエスタン・中日戦(ナゴヤ)で七回に今季1号
となる同点ソロを左越えへ放ち、6−4の勝利に貢献した。
掛布2軍監督は手放しでほめず、さらなる成長に期待した。

 流れを一気に引き寄せた。1点を追う七回に先頭の上本が
中日の3番手・岡田の代わりばなを襲った。139キロの直球を
とらえた打球は左翼ネットに着弾。その後の勝ち越しの
呼び水になる価値ある今季第1号だ。

 「キャンプからずっとやってきました。ファームに来てからも
掛布さんに教わってきたので、それを継続していきたいですね」

 背番号4は淡々と振り返った。開幕ベンチ入りするも
途中出場の2試合のみで、2日に出場選手登録を抹消された。
1軍再昇格を目指して、黙々と感覚を磨いてきた。

 掛布2軍監督は「一発は大きい」と評価しつつ、
「それよりも(中日)先発の雄太との打席はなぜ(凡退)
というということを考えていると思うよ」と、雄太に
2三振を含む3打席凡退に抑えられた反省を成長に
つなげることを期待した。

 上本自身も「本塁打が出るかわかりませんが、強く振ることを
意識していきたいです」と満足はしていない。
1軍を目指す戦いはまだまだ続く

  • 2016.03.31 Thursday

掛布2軍監督、ドリス3人斬り「ムチョいいね!」

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ






もうひと枠ほしい



 ウエスタン・リーグ(ソフトバンク3−2阪神、30日、筑後)
ムチョいいね! 
阪神のラファエル・ドリス投手(28)=前タイガース=が
30日、ウエスタン・ソフトバンク戦(筑後)で2−3の八回に登板し、
最速152キロの直球で三者凡退。試合はそのまま敗れたが、
これで2軍では3試合連続無失点となった。明るい性格で
ムードメーカーも務める助っ投に、掛布2軍監督も目を細めた。

ドリスは1点を追う八回に登場。MAX152キロの直球に
130キロ台後半のスプリットやスライダーで緩急をつけ、
三者凡退に仕留めた。

 「ムチョいいね! ファームでも打者はいいと感じるし、
そのなかで抑えられたのは収穫です」

 人懐っこい笑顔で、うなずいた。

 ムチャじゃないの? いや、名曲『ベサメ・ムーチョ』の
ムチョです。ドミニカ共和国の公用語であるスペイン語では「とても」
や「もっと」を意味する言葉。それを日本語とくっつけた
“ドリス語”なのだ。これが今、2軍では大流行で、鶴岡らも
助っ人とすれ違うたびに「ムチョ!」と声をかけるほど。

 これで25、26日の広島戦(由宇)に続き、3戦連続無失点。
試合展開にかかわらず八回を任せられているドミニカンは、
ムードメーカーとしても存在感を発揮している。

 掛布2軍監督は「(ドリスは)明るいからね。チームの雰囲気も
明るい。追う展開でも八回をビシッと抑えてくれると
九回に何が起こるかわからないから」と目を細める。
外国人枠の関係でなかなか1軍に行く機会はないが、
いつ昇格してもいいように「ムチョいい!」結果を積み重ねる。 

  • 2016.03.22 Tuesday

良太再生へ熱血指導

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ








掛布雅之2軍監督(60)が21日、鳴尾浜の2軍練習に合流した
新井良太内野手(32)の再生に取り組んだ。
打撃練習は近くで見守り、
フォームについて熱血指導。若虎だけではなく、
ベテランの復活も後押しする。

 汗びっしょりでバットを振る男に、何度も「いいよ、いいよ」
と声をかけた。掛布2軍監督が新井にマンツーマンで熱血指導。
虎の元気印の再生にやる気をみなぎらせた。

 「あせる必要もないので、じっくりと納得する形で
やっていければいいのかな。ああいう元気は1軍でも
必要なんじゃないの」

 オープン戦13試合で打率・118(17打数2安打)
で打点と本塁打はともにゼロだった新井が鳴尾浜の練習に合流。
ベテランの再生を託されたミスタータイガースは午後からのフリー打撃、
居残り特打を見守り、身ぶり手ぶりでアドバイスした。

 「ちょっと上体が前に出がちなんでね。それが修正できれば、
良太らしい感じが戻ってくると思います」

 25日からの広島遠征(由宇)に帯同しつつ、2人で「軸を使った」
理想のスイングを作り上げていく。新井も「しっかりがんばります」
と前向きだ。チームはオープン戦でわずか1本塁打。
2013年に開幕4番を務めた長距離砲の復活は
指揮官の腕に懸かっている。 


2軍に落ちた選手を即熱血指導
江越のときもそうでした
この1.2軍連携した流れ 
昨シーズンまではなかった
選手のモチベーションも当然違ってくる

  • 2016.03.19 Saturday

『うれしい』初星!掛布2軍監督「メッセで勝つといっただろう」

ウエスタンリーグ(阪神5−0オリックス、18日、鳴尾浜)
掛布2軍監督はウエスタン・リーグのオリックス戦(鳴尾浜)
に5−0で勝利し、開幕4戦目で初勝利を挙げた。虎の背番号「31」
を背負って白星を味わうのは1988年7月12日以来。
1軍開幕投手のランディ・メッセンジャー投手(34)が
7回無失点に封じたため「汚い勝ち方」と苦笑いしたが、
これからも若虎率いて勝ちまくってや!
ついにこのときがやってきた。掛布2軍監督が公式戦初星。
首を長くしていた周囲の大喜びとは対照的に、自虐的に試合を振り返った。

 「メッセ、メッセ、メッセ。メッセで勝つといっただろう。
汚い勝ちと書いといてよ」

 いつもの笑顔だ。ウエスタン開幕3連敗でも、「ファームは育成の場」
という信念を曲げなかった。1軍で開幕投手を務めるメッセンジャーが
調整登板して7回無失点のおぜん立てがあったとはいえ、エンドランや
盗塁などの積極采配で若虎が躍動した。一回、中谷が先制打。
三回には陽川が3号2ランを放ち、五回にも陽川の適時打などで
2点追加。江越も2安打を放ち、5得点で快勝だ。

 「勝ったということは素直にうれしい。江越のバッティングの
状態にいい兆しが見えている。陽川も4番の仕事をするよね」

 引退後、解説者として古巣を見つめる中で、寂しさを
禁じ得なかった。生え抜きの4番が不在。自身は満員の甲子園で
打てばヒーロー、負ければ戦犯のプレッシャーの中で過ごしてきた。
ワラにもすがる思いで毎試合新しいストッキングを履いて験を
担いでいた時期もある。3度の本塁打王、1985年には
日本一に導いた。後継者の育成が使命だと自覚している。
やっぱり日本人の選手が4番を打ってほしいというのがあるんですよね」

 故・中村勝広元ゼネラルマネジャーへの恩返しもある。
坂井オーナーに「カケにユニホームを。あれだけの人材。
タイガースに関わりを持たせたい」と直談判してくれた。
昨秋の急逝前には「左打者を見てほしい。横田を一人前に
育ててほしい」と“遺言”をもらった。

 2013年から2年間の育成&打撃コーディネーターを経て、
2軍監督に就任。28年ぶりに背番号「31」を復活させるにあたり、
前任の古屋現2軍チーフ兼守備走塁コーチのスタッフ残留を希望した。
同級生で同じ千葉出身。「ぼくは広報担当みたいなもの」と笑うのも
信頼の証しだ。

 現役最後の1988年はけがに泣き、67試合の出場にとどまった。
7月12日の広島戦(甲子園、○4−2)の後は2軍暮らしで、
10月10日のダブルヘッダー2試合目、ヤクルト戦(同、●2−8)
が引退試合。虎のユニホームで勝利するのは27年8カ月ぶりだったが、
感慨は一瞬だった。

ウイニングボールはサインを書き入れ、スタンドに投げ込んだ。
「ファンの方がもらった方がいい」。1勝は始まりに過ぎない。
指導方針は野球を教えてくれた亡き父・泰治さんと同じ
「褒めて伸ばす」。これからもミスタータイガースは若手の育成に
全力を注ぐ。 



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




  • 2016.03.18 Friday

掛布2軍監督公式戦初勝利 



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ





<ウエスタン・リーグ:阪神5−0オリックス>◇18日◇鳴尾浜


 阪神掛布雅之2軍監督(60)が公式戦初勝利の
ウイニングボールをファンにプレゼントした。

 試合は1軍の開幕投手に決まっているメッセンジャーが
7回1安打無失点と好投。1点リードの3回には4番三塁で
先発した陽川が、3号2ランを放つなど打線も
11安打5得点と奮起した。

 捕手小豆畑から勝利球を渡された掛布2軍監督は
ボールを見つめてニンマリ。その場でサインを書き込むと、
スタンドに投げ込んだ。まさかの勝利球を手にした50代男性は
「ビックリした。掛布監督にはどんどん下から生え抜き選手を
1軍に送り出してほしい」と、うれしそうだった。

  • 2016.03.18 Friday

マウンドで逃げるな!虎・掛布2軍監督、ファームで異例ゲキも3連敗



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ






 ウエスタンリーグ(阪神1−5中日、17日、鳴尾浜)
阪神2軍はウエスタン・中日戦(鳴尾浜)に1−5で敗れ、
開幕3連敗となった。掛布2軍監督は五回には自らマウンドまで
足を運び、育成先発・田面投手(25)にゲキ。公式戦初勝利は
またもお預けとなった。
2軍の試合で、ほとんど見かけないシーンが広がった。
適時打で5点目を奪われ、なおも五回一死一、二塁。
ベンチで静かに戦況を見守っていた掛布2軍監督が
ゆっくりとマウンドへ足を運んだ。

 「マウンドで逃げてはいけない。最後まで投げきらないとだめだよ」

 そう言って、ほほ笑みながらピンチを背負っていた田面の肩を
ポンとたたいた。自己最長タイの五回に突入した右腕を
指揮官自ら激励した。ミスタータイガースの思いに燃えた右腕は
古本を遊ゴロ併殺。任せられた5回を投げ抜いた。

 「四回(途中)のあの(ピンチ)ときに降ろしてしまうと、
田面の気持ちの中で次につながらない。自分の投げたいイニングまで
投げさせる。途中であきらめさせたくなかった」

 社会人4年目の田面は2014年のオフに育成契約になった。
150キロに迫るいい球を持っているのに足踏みしたまま。
指揮官がそう感じるからこそ2月1日のキャンプ初日の
シート打撃一番手、人生初采配の同11日の韓国ハンファとの
練習試合(安芸)の開幕投手を託した。

ウエスタン開幕3戦目の先発に指名した田面は三回まで
わずか1安打も、四回にボーク、四球、4単打などで4失点。
さらに五回に1点を追加され、5回7安打5失点だった。
掛布2軍監督は「5回まで投げきったことに意味がある。
去年までの田面を考えたらナイスピッチングだよ」と
成長した部分に目を向けた。

 中日先発・小熊を打ち崩せず、六回無死二塁で江越の
左翼線二塁打で1点かえすのがやっと。1−5で敗れ、
開幕カードまさかの3連敗となった。

 「そうは問屋が卸さない。ちょっと野球のあやというか、
こういうものじゃないの」

 ファン待望の公式戦初勝利はまたもお預けとなったが、
焦りは微塵もない。大きな大きな実りの日を求めて、
タクトをふるっていく。

  • 2016.03.17 Thursday

掛布2軍監督、開幕2連敗に「ファームで不思議な勝ちない方がいい」

ウエスタンリーグ(阪神2−3中日、16日、鳴尾浜)
阪神2軍はウエスタン・中日戦(鳴尾浜)に2−3で敗れ、開幕2連敗。
掛布雅之2軍監督(60)はまたも白星を手にすることはできなかった。
七回の好機を森越内野手(27)らがものにできず惜敗。
ミスタータイガースは若虎たちにさらなるレベルアップを求めた
初勝利まであと少しだったのに…。鳴尾浜に詰めかけた阪神ファンの
期待はまたもお預けとなった。公式戦初勝利を目指した掛布2軍監督
だったが、中日に競り負けた。

 「(森越は)初球を仕留めにいくなら、あの高めのボールを
仕留めないといけない。それぐらい準備をしていかないと」

 振り返ったのは2−2の七回一死一、三塁。一走・江越が
二盗を試みたタイミングで森越が2番手・岸本の初球、
高めの直球をスイング。ファウルとなり、奇襲は失敗となった。
結局、森越は見逃し三振。3番・中谷も見逃し三振に倒れ、
この回無得点に終わった。

 森越は「チャンスだったので振りにいった。初球だったので
とらえたかったのですが…」と唇をかんだ。直後の八回に
4番手・二神が勝ち越し点を献上。陽川の左中間ソロなどで
2度のビハインドを追いついたが、1点差で惜敗した。
前日15日のウエスタン開幕・中日戦(●2−9)に続いて2連敗だ。
掛布2軍監督は、野村克也氏の「勝ちに不思議の勝ちあり、
負けに不思議の負けなし」という言葉から引用。「ファームでは
“不思議な勝ち”はない方がいい。あそこで(七回に)
打てずに負けた。特に森越は北條の状態が悪くなったら
上(1軍)に呼ばれる可能性が高い。この経験を生かしてほしい」
と指摘した。

 指揮官から名指しでハッパをかけられた6年目の森越は試合後に
打撃コーチに志願して、特打を敢行。
「スタメンで使ってもらってる以上は打撃も
がんばらないといけない」と汗をぬぐった。守備は1軍級。
あとは打撃のレベルアップだ。

 掛布2軍監督は「徐々に勝ちに近づいているんだけどね。
あと一本だよ」と手応えを感じている。17日は中日との3戦目。
今度こそ初勝利だ。 



森越 祐人(もりこし・ゆうと)

 内野手。1988(昭和63)年8月11日生まれ、27歳。
愛知県出身。愛知啓成高、名城大を経て2011年D4位で中日入団。
13年8月25日の阪神戦(ナゴヤD)で初出場。昨季、阪神へ移籍し、
7試合で0安打。通算47試合出場、打率・091、0本塁打、0打点。
1メートル78、70キロ。右投げ右打ち。今季年俸600万円。
背番号「37」

※なんとファームの試合がニコ生で放送されてます



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ





  • 2016.03.16 Wednesday

晴れの舞台に金銭授受問題…虎・掛布2軍監督、困惑&初陣黒星



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ





 掛布、困惑…。阪神・掛布雅之2軍監督(60)が15日、
鳴尾浜で行われた中日とのウエスタン開幕戦で公式戦を
初めて指揮したが、2−9で黒星発進となった。さらに試合前には
チームの金銭授受問題が明らかになり「ここ2、3年というのは
僕はわかりませんので」と困惑の表情を浮かべた。
ファンが想像した指揮官の晴れの舞台は、試合開始前に崩壊した。
昨季までチーム内で行われていた金銭のやりとりを、
四藤球団社長が公表。ネガティブな話題に包まれた鳴尾浜で、
掛布2軍監督の表情が曇った。

 「僕らの時代はやったことないし、知らないので。ここ2、3年
というのは僕はわかりませんので。社長が言ったことが
全てではないですかね」

 2軍開幕戦の後、言葉を選ぶように話した。

 発覚は試合開始約1時間前の午前11時半。2軍戦の視察に訪れた
四藤球団社長が、巨人と同様の金銭授受が行われていたことを明かした。
試合前の円陣での声出し問題とノックを受ける際のミスでの罰金。
伝え聞いたミスタータイガースは、ただただ表情を曇らせた。

 暗い空気が“伝染”したのか、船出の一戦は2−9。大敗となった。
1軍先発ローテ6番手に期待されている島本に先発マウンドを任せたが、
4回6失点と炎上。打線も13残塁と拙攻が目立った。九回に陽川が
左翼へソロを放ったことは明るい話題だが、暗いムードを
吹き飛ばすには至らなかった。
「勝って終われればすごくよかったんだろうけど、キャンプから
テーマとして自分の野球に責任を持つ、野球の怖さを知る
という形できましたので、そういう意味でこの1敗というのは、
僕も当然重く受け止めますし、選手1人1人が自分の野球に対する
責任を感じていると思う。それが僕はすごく大きいと思う」

 開幕黒星について努めて明るく話したが、掛布2軍監督の表情は
どこかスッキリとしない。

 チームを襲った金銭授受問題。揺らいだ信頼を取り戻すには、
グラウンドでいいプレーを見せるしかない。「そういうことですね」
と指揮官もうなずいた。球界のモラルが問われる中、虎もその渦中にいる。
開幕前日に「全試合勝ちたい」と話した将の思いとは、かけ離れた
現実の中でのスタートとなった

  • 2016.03.15 Tuesday

掛布トーク『言い訳する奴は準備しない』





にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ





−−公式戦初戦を迎える

 掛布2軍監督 「勝ちながら準備と継続ができれば
一番いいと思う。そう簡単ではないけど。選手1人1人が
1軍に上がれるように経験と財産を作って、1日でも早く
1軍に上がれるようになればいい。そのスタートですよね」

 −−ファームの公式戦最初の試合は特別か

 「ファームは勝つための野球ではなく、勝つために
どうしたらいいか。それで勝てばいい。サインを出すけど、
これをやって勝つとは思ってもらいたくはない。同じ右打ちや
バントでも考え方が違う。それを選手にも感じてほしい。
『あっ!! そういえば、あのときやったから勝てた』とかね」

 −−島本が先発

 「2軍でも開幕投手になるのは、すごくいい経験になると思う。
緊張して自分の投球ができなくても、次に生きる」

 −−言い訳をするなというメッセージはチームに浸透してきたか

 「言い訳をする奴は準備をしないよね。ファンは打つこと
抑えることで一喜一憂してくれる。ただ、僕らは結果だけじゃない。
成功の部分だけではなく、失敗の内容も見てあげないといけない」

  • 2016.03.08 Tuesday

掛布2軍監督要望の1軍ミーティング、9日実施

阪神の掛布雅之2軍監督(60)が要望を出していた
1軍ミーティングの2軍での実施が、9日の教育リーグ・
オリックス戦(鳴尾浜)の試合前に行われることが7日、分かった。

 1軍のチーム付きスコアラーが鳴尾浜を訪れ、
試合前ミーティングを行う予定で、井沢武則チーフスコアラーは
「1軍がどんなミーティングをやっているのか、
知らない選手もいるので。実際にどんな記号を使っているのかとか、
1軍同様にやります」と説明した。

 掛布監督が2日に甲子園で金本監督に実施を要望し、
それに即座に応えた形。今回は相手の登板投手に不明な部分が
あるため、野手のデータや傾向を中心に、ミーティングを行う。




にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ










  • 2016.03.04 Friday

『全力疾走』うれしかった

ウエスタン教育リーグ:オリックス1−6阪神>◇3日◇神戸第2


 阪神掛布雅之2軍監督(60)が、教育リーグ開幕戦と
なったオリックス戦(神戸第2)を白星で飾った。
送りバントなしの打線は10安打で6点。キャンプ中の
初実戦など節目で先発に起用してきた育成田面が
4回2安打無失点と期待に応える快勝だった。

 掛布2軍監督は満足顔で振り返った。「今日の試合前のテーマは
走塁だったんだ。柴田や清水がホームまで全力疾走でかえってきた。
ああいう姿を見てうれしかったよ」

 3回無死二塁の場面では、植田にバントさせず内野ゴロで
三塁への進塁打とし、先制につなげた。「あんまりバントってのは
頭になかった。植田も強い右打ちで、自分が犠牲になる意味が
わかってくると思うよ」と振り返り、2安打3打点のペレスには
「上で打てなかったのが不思議なくらい」とほめた。

 春を思わせる陽気の中、勝利を決め、コーチ陣に促されて
ナインを出迎えに出る姿はまだぎこちなさもあったが、
その目尻は下がりっぱなしだった。



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


  • 2016.02.27 Saturday

掛布2軍監督『横田は狂い咲きだね(笑)』



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


 −−高山が1軍でヒットを打った

 掛布2軍監督 「内容がすごくよかった。雰囲気があったし、
(安打は)投手が弾いて安打になったけど、ボールを見る形は
十分だった。いいデビュー戦だった」

 −−見逃し三振もあった

 「相手投手がどういう球を投げるのかわからないし、
振ることも見極めも大事。全ての見逃しがダメってことでもない。
三振も経験」

 −−原口も結果を出し、板山もデビューした

 「原口も、2本(2打数)ともいい形だったし、
板山も形がよくて、崩れていなかったね。それぞれいい形だったよ。
それにしても、横田は狂い咲きだね(笑)」

  • 2016.02.24 Wednesday

掛布2軍監督 『勝負はこれから』

阪神2軍が24日、高知・安芸キャンプを打ち上げた。
この日は午前で練習を終え、最後は選手、
スタッフらで一本締めを行った。

 掛布雅之2軍監督(60)はキャンプの総括として
「けが人が出なかったということが何より。
本当に勝負に入ってくるのはこれから。
その時にどういう答えを出してくれるか。
ここにいるメンバーに期待はしてます」と笑顔で話した。


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



  • 2016.02.20 Saturday

大物ルーキーに“初カミナリ”だ

阪神2軍安芸キャンプで18日、
掛布2軍監督がドラフト1位高山俊外野手にダメ出しした。
ランチタイム特打の際にウインドブレーカーを着用して
打席に入ろうとした高山に「そんなの脱げ」と
身ぶり手ぶりで指令。ユニホーム姿にさせ、練習を見守った。

 「9番の背番号を見せないと。お客さんもいる。
背番号はある意味、自分の顔だろ。肌感覚も覚えておかないといけない。
カッパ着て野球をやることはないんだから。僕らの時は全部ユニホーム。
寒いなら仕方ないけどきょうは暖かかったんだしね。
去年までマートンがつけてた番号だけど
今は高山だっていう印象を与えないと」

 こよなく阪神を愛し、帽子の上からサングラスをかけて
「TH」マークを隠すこともよしとしない掛布氏だけに
ユニホーム、背番号へのこだわりは人一倍。
将来有望のルーキーに、心構えから説いた形だ。

 「9番を自分の番号として見てほしい気持ちはあります。
(プロの)責任を持って頑張りたいと思っています」。
掛布氏が「あいつは大物だよ」という高山も
ケロリとした表情で話した。心身ともにプロの域を目指し、
本日20日西武戦(安芸)で実戦デビューする

雨天中止になり残念

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



  • 2016.02.20 Saturday

掛布流シンキング・ベースボール導入へ

考える人になれ!! 
阪神・掛布雅之2軍監督(60)が19日、
掛布流シンキング・ベースボールの導入を明かした。
20日の西武との練習試合(安芸)から選手が独自の判断で
バントやエンドランを行い、勝利を目指す。
ベンチと選手との一体化を進めるとともに、
自己犠牲が求められる1軍への土台作りが狙いだ。

選手1人1人の“偏差値”があがれば、おのずと
全体のレベルアップにつながる。掛布2軍監督が、
シンキング・ベースボールを導入して門下生たちを
鍛えることを明かした。

 「やらされるバントじゃなくて、選手がやるバントを
経験すれば、犠牲になる意味がわかるやろ。自分たちで
考えてやってもらって、選手の気持ちとベンチが
やろうとする野球がイコールになれば、一番いい」

 早ければ20日の西武戦から行う意向。これまでの対外試合で
ノーサインを貫いてきたが、さらなる試練を与えて選手とベンチの
“誤差”をなくす。背番号31は、現役時代の反省もいかして、
野球脳を鍛え上げる構えだ。
「ベンチは勝ちたい、選手は違うことを考えるというのが、
僕も現役のときは経験したことがある。選手とベンチの
ギャップみたいなものが少なければ少ないほど、(
チームは)絶対にいい方向に向く」

 あ・うんの呼吸を磨くことは、自己犠牲を強いられる
1軍で戦うための“英才教育”でもある。

 「1軍になれば、当然やらされる野球がある。
目的が『勝つ』だから。だから、なんでこんなことをするんだ
ということが自分でわかってから1軍に行けば、
やらされる野球の意味が当然わかるでしょ。
1軍に行くための一つの準備ですよね」

 感じるんじゃない、勝つために考えろ!! 
ミスタータイガースも思考回路全開で、選手の成長のために
“新手”を生み出し続ける




にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ





  • 2016.02.19 Friday

掛布2軍監督 サード守った



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ






阪神春季2軍キャンプ(18日、高知・安芸)
背番号31がホットコーナー守った!
掛布2軍監督が18日、ドラフト5位・青柳投手(22)=帝京大=
の特守で三塁守備についた。異例の“復活劇”にはルーキーの成長を
願う指揮官独自の狙いが…。言葉に加えて行動でも熱血指導を繰り広げ、
門下生のレベルアップを図る。

掛布2軍監督がメーングラウンドから向かった先は、
青柳が特守を行っていたサブグラウンド。特訓を視察? 
と思いきや、なんと! 自らファーストミットを手に
ホットコーナーに陣取り、熱血指導を開始した。

 「目線を動かすな!」「ゆっくり、ゆっくり。急ぐなよ!」

 三塁にミスタータイガース、一塁は古屋チーフ兼守備走塁コーチ。
ボールを転がすのは藤本守備走塁コーチ、久保投手チーフコーチも
側で目を光らせて…と、2軍首脳陣総出の豪華布陣だった。

 14日のJR四国との練習試合で実戦デビュー。
4番手で登板して1回を無安打無得点と好内容で終えた
。ただ、守備面に課題があり、ショートスローの精度を
高めることに取り組んでいる。レジェンドが捕球側にいることで
より集中力を高め、正確な送球をさせる。そんな狙いがあった。

 青柳は「すごい方に集結していただいた」と恐縮。約10分、
現役時代にダイヤモンドグラブ(現ゴールデングラブ)賞6度の
指揮官相手に送球する濃密な時間を過ごし、
「正しい捕り方や、基礎を教えてもらいました」と笑顔を見せた。

「僕と(古屋)チーフがいたらプレッシャーがかかると思ったけど、
全然かかっていなかった(笑)。あれくらい普通にやってくれれば、
やったかいがあったと思う」と将もニッコリ。そのうえで
「投手は9番目の野手。投げ終わった後に(守備の)ミスで
自分のボールが投げられなくなる投手を見てきた。
ショートスローに不安があるようだったので、
早くリラックスさせて(守備が)できるようにね」と狙いを明かした。

 指導を終えると、再びメーングラウンドに戻って打撃指導を再開。
宜野座で金本監督が打った日に、安芸では掛布2軍監督が守った。




掛布雅之ダイヤモンド(現ゴールデン)グラブ賞(三塁)受賞年

 ★1978年 126試合で守備率・956(リーグ三塁手4位)。
失策17は三塁手でリーグワーストも239補殺は最多
 ★79年 122試合で守備率・972(同1位)。失策は10
 ★81年 130試合で守備率・969(同2位)。
原(巨人)、衣笠(広島)を抑えて受賞
 ★82年 130試合で守備率・966(同2位)。
リーグ三塁手最多の272補殺を記録
 ★83年 130試合で守備率・979(同2位)、失策8
 ★85年 130試合で守備率・972(同3位)。



  • 2016.02.17 Wednesday

掛布トーク『高山が中心になるのは間違いない』


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ





 −−高山がシート打撃で2安打

 掛布2軍監督「あれだけ対応できるのは、すごいことであり課題。
どういうタイプの打者になるかは、1、2年やってどういう
数字がついてくるかで見えてくる。今の打撃(指導)の形は、
方向性を決めるためにやっているのではなく、プロ野球のイチのイチ」

 続けて

 「僕も最初から(本塁打)40本なんかを打てたわけじゃなくて、
3年目に3割を打った。(巨人、大リーグで活躍した)松井も、
ニューヨーク・ヤンキースで2番を打った。そのときのチーム状況が
どうなっているかだが、中心になるのは間違いない。核になる。
1、3、4番だと、今は1、3番で、3番が理想だね」

 −−高山は長距離砲への期待が高い。この日のシート打撃の中で
みせた器用さの評価は

 「それは(高山に)いったよ。それをする時期じゃないと。
でもゲームだと自然と出るし、止める必要もない。
そりゃ見逃せばボール球だけど、ああいうのができるというのは、
1軍のバッティングの対応だもんな」

 −−きょうも打撃フォームの確認

 「センター方向中心に飛ばす形を固めていきたい。
ただ、ゲームでは自然体で臨め、意識するなともいっている」

  • 2016.02.14 Sunday

掛布2軍監督“行方不明”の初勝利記念ボール発見 

掛布2軍監督“行方不明”の初勝利記念ボール発見 
審判団捜索で…

掛布2軍監督の記念すべきウイニングボールが14日、
発見された。初陣となった11日のハンファ戦(韓国)
で6―0と完勝したが、勝利球を小豆畑捕手が審判に返してしまい、
行方がわからなくなっていた。

 「返しちゃったんだよな、小豆畑?」と寂しげな
同2軍監督だったが、報道を見た審判団が行方を捜索した結果、
無事に発見された。この日、球団関係者を通じて
本人の手元に渡った模様だ。






にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



  • 2016.02.12 Friday

掛布2軍監督 白星発進!異例のノーサイン初陣

阪神春季2軍キャンプ練習試合
(11日、阪神6‐0ハンファ韓国、高知・安芸)
掛布2軍監督が11日、韓国ハンファとの練習試合で指揮官デビュー。
初陣は異例のノーサイン野球で6−0の完封発進だ。
売り出し中のD6位・板山祐太郎外野手(21)=亜大=は
いきなり3安打の猛アピール。金本阪神の土台を担う、
ミスタータイガースが上々の船出を飾った。

背番号31の指揮官人生が大勝で幕をあげた。四回に、
一二三の押し出し死球と森越の犠飛で2点を先行すると、
七回には5安打を集中して4点を追加。そして5投手の完封リレーだ。
手をたたき、笑顔で選手を次々にベンチに迎え入れた
掛布2軍監督は異例のノーサイン采配で初陣を飾った。

 「選手1人1人が、自分の責任で打席を終わらせようという
気持ちの強さ、その辺りが変わったと思う。
自分たちの野球をやってくれた。
選手のほうが腰をすえてやっていたと思うよ」

 三塁コーチと指揮官の呼吸を合わせるために
ベンチからサインは送っていたが、選手には伝えていなかった。
何の指示を与えなくても掛布チルドレンが大暴れ。
D6位・板山が3安打の大当たり。三回に右前打を放つと、
五回に三塁強襲内野安打。2−0で迎えた
七回無死一、二塁は真っすぐを中前に弾き返し、
初のタイムリーを放った。

 いきなり初の対外試合で固め打ちの21歳は
「まさか3本出るとは思ってなかった。
1本目は自分のスイングができなかった。
練習でやってきたことを出したかった。
まだまだでした」と控えめだったが、
首脳陣の意図は伝わっていた。
ノーサインであっても、状況に応じた打撃で
ヒットを打ち分けた。右翼から試合途中二塁にも入り、
無難にこなした。
掛布2軍監督は「きょうの板山は推薦するに値する結果を出した。
ただもう1試合みたいよね」と金本監督から問い合わせがあれば、
次のクールからの1軍昇格をプッシュする考えを明らかにした。

 朝4時半。ミスタータイガースはファンへ配る掛布カードに
ペンを走らせる。多くの虎党の視線にさらされてこそ、
選手は育つ−。キャンプ中は自身が先頭に立って
ファンサービスを行ってきた。“掛布効果”も手伝って、
2800人が詰めかけた。ファインプレーに拍手を送り、
凡打にはため息がもれた。

 「選手も緊張して、あんないい試合ができたと思う。
負けられないと思ったんじゃない? 
すごくいい空気感が安芸にある」。
背番号31が新たな戦いへの第一歩を踏み出した。 




にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ




  • 2016.02.11 Thursday

掛布2軍監督 初陣 ハンファに勝利

阪神2軍は11日、高知県安芸キャンプで初の対外試合を行い、
韓国ハンファに6−0で勝利を収めた。
昨オフ就任したミスタータイガース、掛布2軍監督の
初陣となった試合は、投打で若手が躍動した。

 先発した田面巧二郎投手(25)以下、
5投手が完封リレーを見せれば、
評価急上昇中のD6位・板山祐太郎外野手が3安打を放った。

 阪神2軍はこのキャンプで残り3試合の対外試合を予定している



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ










  • 2016.02.11 Thursday

掛布2軍監督 初采配は『失敗は成功の母』

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ







阪神春季2軍キャンプ(10日、高知・安芸)11日に初陣!! 

掛布2軍監督が11日のハンファ(韓国)との練習試合(安芸)で
実戦初采配をふるう。自身の監督デビュー戦に向けて10日、
D6・板山外野手を「8番・右翼」で先発起用することを明かした。
失敗は成功の母。ミスタータイガースは“エジソン流”
で選手の成長をチェックする。
現役時代と同じ背番号31を背負い、ついに監督デビュー戦を迎える。
失敗から学べ。掛布2軍監督が“エジソン流”でチームを率いる。

 「コーチ陣にも失敗が多くなるゲームになると思うから、
チェックだけはお願いしますといっています。
ミスをミスで終わらせるのがダメであって、
ミスをすることが次につながることだと思います」

 発明王トーマス・エジソンは言った。「失敗は成功の母」だと。
ミスを恐れずプレーすることが自身の成長につながる。
そんな期待をもって、猛アピール中の板山をフル出場させる。
「(打順は)8番で出す。ポジションはライトから。全部出す」
と明言。守備位置についてはすでに「二塁と半々」と話しており、
内・外野の二刀流で起用する予定だ。
「今までやってきたものを出して、その中でどういう結果が出るか」と、
ルーキーの初陣を見守る。掛布2軍監督は“右打ち禁止令”を
発令しており、強く振ることを意識した実戦になる。
それは板山にとっても望むところ。“デビュー戦”に向けて
「思い切ってやれます」と目をぎらつかせた。

 ミスタータイガースは、今キャンプでは午後に
自主トレ時間をもうけるなど、選手の自主性を重んじて
責任感を植え付けてきた。「選手が育っていって、
僕らは手助けをするだけだと思う」と指揮官は話す。
「自分で野球をやる怖さ」を感じて精神力を鍛えられた選手たちに
水をまけば、吸収力は抜群。大輪の花を咲かすはずだ。

 「あいつらがどう感じて野球をやってくれるか。
負けにいくわけじゃない。勝ちにいくよ!」

 “チルドレン”とともに、指揮官・掛布が春の陣に打って出る。 



板山の安芸キャンプVTR

 外野手登録だが、3日には二塁でも守備練習。
掛布2軍監督は高山とともに第1クールのMVPに選び、
「一番のびっくりは板山。きれいな打球を打つようになった」
と喜んだ。6日のシート打撃では右中間へ推定120メートルの
“プロ初本塁打”。金本監督からの要望もあり、
8日からは三塁の守備にも挑戦している。

  • 2016.02.01 Monday

掛布2軍監督もキャンプイン

阪神2軍が1日、高知県安芸市の安芸タイガース球場でキャンプインした。
掛布雅之2軍監督(60)は午前8時20分にグラウンドに登場。
選手のアップに目を凝らした。式典では安芸市長から花束を贈呈された。

 球場近くにある幼稚園の園児から「フレーフレー掛布、
フレーフレータイガース」とエールを送られたミスタータイガースは、
ちびっこ50人にサイン入りのベースボールカードをプレゼントしていた。

 掛布2軍監督が背番号「31」
の縦じまユニホームに袖を通し、
現役時代に汗を流した思い出の
高知県安芸市のグラウンドに立った。
「見える景色も海の色も変わっていない。
帰ってきたという感じ」としみじみ言った。

 2軍キャンプがスタートしたこの日、室内練習場やブルペンにも
精力的に足を運び、選手とコミュニケーションをとった。
ときには
「雰囲気づくりもわれわれの仕事」と大きな声で盛り上げ役に。
充実の船出となり「いい緊張感を持ってスタートできた」
と満足げだった

阪神2軍は24日までキャンプを行う。

さんすぽから

31番は私の憧れ
今年は1度でいいから生でみたいなあ

鳴尾浜は遠いので行くとしたら聖地かな
甲子園のファームの試合が
11試合もあるし「昨年より2試合増」
これは掛布監督の提案で
ファームもできるだけ甲子園で試合をしたほうがいいという考えで
増やしたそうです


甲子園日程
5月3火 4水 5木 中日ドラゴンズ
試合開始12時30分 

6月11、土 12、日 巨人  24、火 25、水 26、木 中日
試合開始12時30分    試合開始12時30分

7月  22、金  23、土   24、日 中日ドラゴンズ
試合開始 18時   17時    13時30分


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


Go to top of page