オススメ

虎 想い 2017 挑む

Tigers Change

来季はもっちーがブレイクする。
坂本に正捕手になってもらいたい
ぐっちーはファーストでお願いします


  • 2016.06.07 Tuesday

原口捕手 育成『野手』出身 初の月間MVP

にほんブログ村









阪神・原口文仁捕手(24)が7日、5月度の「日本生命月間MVP」
を受賞し会見に臨んだ。4月27日に支配下再登録され、翌月に即受賞だ。
育成枠を経験した野手では史上初となるばかりか、阪神の捕手では
月間MVPが設けられた初年度、1975年4月の田淵幸一氏以来
41年ぶりの受賞だ。虎のシンデレラボーイが、大きな大きな偉業を
成し遂げた。

 「上がってきた月に取れたということで、うれしいの一言です。
(1カ月前は)まったく想像がつかなかったですね。本当に…。
ファームで6年間やってきたこと、教えていただいたことが、
いまの結果につながっていると思うので、本当に関係者の方には
感謝の気持ちしかありません」


5月度打撃成績

24試合 79打数30安打 5本塁打 17打点 .打率380 

以下、会見コメント



Q.おめでとうございます。

A.有難うございます。

Q.今の率直な気持ちをお聞かせください。

A.(一軍に)上がって来た月に獲れたということで、
ほんと「嬉しい」の一言です。

Q.月間MVPという響きはいかがですか?

A.本当にすごいなと思います。

Q.5月の成績を振り返ると、打つ方では打率が3割8分、5本のホームラン、
そして17打点。この結果に関しては?

A.打つことに越したことは無いですし、それで結果が残って
とてもよかったと思います。

Q.打つ方では何がよかったのですか?

A.一打席、一打席、食らいついていくという気持ちで
必死でやったのが結果に出たと思います。

Q.5月は、5月1日以外23試合連続でスタメンマスクを被りました。
守備に関してはいかがですか?

A.5月中は、いくつかいいプレーもあったりして思い切りやれたかな
と思います。

Q.5月の1か月を振り返って、打つ方ではプロ初ホームランもありました。
サヨナラでお立ち台のシーンもありました。何が一番嬉しいシーン
として印象に残っていますか?

A.やっぱりサヨナラ打は打ったことが無かったので、
それはすごく自分の中でも印象に残っています。

Q.育成を経験して支配下から復帰したのが4月27日でしたが、
それからおよそ1か月での初受賞となりました。
この1か月はどんな1か月でしたか?

A.まず、支配下に登録していただいて、試合に使ってもらえたことが
大きかったなと。感謝の気持ちでいっぱいです。



Q.ほんの少し前まで3桁のユニフォームを着て鳴尾浜で
練習されていました。今の姿は想像つきましたか?

A.いや、全く想像つかなかったですね。

Q.あらためて思いを聞かせてください。

A.自分の中での驚きもありますし、周りの人への感謝しかないですね。

Q.ご自身の弛まぬ努力もありますし、周りの支えもあったと思います。
そのあたりいかがですか?

A.6年間ファームでやってきたこと、教えていただいたことが
今の結果につながっていると思うので、関係者の方には感謝しかないです。

Q.それを踏まえて、この喜びを誰に報告したいですか?

A.一番は、家族に報告したいと思います。

Q.原口選手にとって一軍での野球人生は始まったばかりで、
これからが大切になると思いますが。

A.今いろんな経験をさせていただいているので、どんな試合でも
一試合も無駄にしないように自分の財産にして、
これから活かしていきたいと思います。


Q.ゆくゆくはどんな選手になりたいですか?

A.もちろん阪神を背負って立てるキャッチャーになれるよう
日々やっていきます。

Q.そんな中で、目標のキャッチャーはいますか?

A.たくさんいろんな方を見てきましたし、一緒に野球を
やらせてもらった先輩方もたくさんいるので、いいところは
どんどん真似していきたいと思います。

Q.ここまで駆け上がってきた自分の軌跡を振り返ると
どういう感じですか?

A.鳴尾浜で6年間、こういう日を目標に、途中心折れそうな時も
ありましたが、周りの人にも支えていただいて継続してやって
来れたので、今思えばよかったなと思います。

Q.一軍に上がられたとき毎日幸せな気持ちで野球をやっていると
仰っていましたが、少し時間が経った今、毎日どんな気持ちで
野球に取り組んでいますか?

A.もちろんそれはこれまでと変わりないです。そら厳しいことも
たくさんありますが、それを味わえない人もいる中で、
厳しい言葉だったり、自分の責任で良くないプレーもあったんですが、
そういうことを感じられることに新たな幸せを感じて今やれています。

Q.6月戦線もスタートしていますが、今後の目標をお願いします。

A.もらったチャンスを絶対にものにするという気持ちで
やっていきたいと思っていますし、毎日責任をもって
試合に出ていきたいと思います。

  • 2016.05.20 Friday

原口サヨナラ絶叫お立ち台「最高です」一問一答

にほんブログ村











<阪神3−2中日>◇19日◇甲子園


 阪神原口文仁捕手(24)がサヨナラ打を放った。同点の9回、
1死満塁。中日又吉から中堅手の頭上を越えるプロ入り初の殊勲打。
チームメートに水をかけられ、金本監督と思いっきり抱き合って喜んだ。

 お立ち台のインタビューは次の通り。

 サヨナラやりましたー!

 −今の気持ち

 最高でーす!

 −お立ち台

 最高でーす!

 −大歓声

 ほんと、しびれるくらいの展開だったんで、

皆さんの応援が力になりました。

 −サヨナラ

 ここで絶対決めてやるという気持ちで、必死のパッチで打ちました。

 −8回、田面が登板。ともに育成からはい上がった

 2人でやっぱり、苦い経験を味わってきたんで、もう最後思い切り、
サインも合って攻めていきました。

 −7年目、初のお立ち台

 ほんと、いい経験ができた6年間だったんで、これからその経験を、
どんどんここで、1軍の舞台で生かしていきたいと思います。

  • 2016.04.28 Thursday

原口、即初ヒット!支配下登録即昇格&即出場でユニ間に合わず

にほんブログ村









「YAMADA82」のユニホームを着たシンデレラボーイだ。
支配下再登録を告げる電話を受けてから24時間も経たずに、
原口が打った。異例の登録即昇格から怒涛の一日を駆け抜けた。

 「しっかり芯で捉えられて、1本出たので次につながると思います」

 支配下選手復帰と初の1軍昇格を知らされたのは前日の午後10時ごろ。
一夜明け、0−6の五回二死一塁から代打でコール。金本監督の即断に加え、
特別に「輝流ラインユニホーム」を着用するカードだったため
新背番号「94」の手配が間に合わず、場内アナウンスが
「本日は山田(2軍)バッテリーコーチのユニホームを着用します」
と補足説明した。

 背中は自分では見えない。思い切り振った。この打席は痛烈な中飛。
八回先頭の第2打席はライナーで左前へ運んだ。金本監督も
「きょうの収穫は原口が2本ともいい当たりをしたこと」
とうなずいてくれた。

 打撃だけではない。六回からはマスクもかぶった。
5失点してしまったが、指揮官は24歳の成長に期待をかけてくれた。
「そこを怖がったら、前に進めないから。何と言われようと、
育てると言っているんだから」。
高卒7年目。2010年のD6位入団から好打の捕手と
目をかけられたが、腰痛に悩まされ13年から育成枠へ。
「成長痛もあったかもしれない。1メートル79だった身長が、
1メートル82になったんです」。リハビリで一緒になった
城島(引退)やマートン(退団)にも臆せず質問し、
腐りそうな日々を未来へつなげた。

 14年秋には右肩を負傷。「病院で『関節唇を痛めている』
と言われて『あ、終わった』と思いました。先輩たちもみんな
7年目に辞めていったので」。早すぎるプロ人生の終わりを悟った。
「手術せずに治るよ」と言ってくれた医師にすがり、患部の
ほぐし方を教わると、魔法のように治った。腰も含めたストレッチは、
それから一日も欠かしていない。こだわり続けた捕手にもう一度トライし、
ようやく開いた1軍への扉だった。

 「これ以上ないうれしさと悔しさと。きょうを忘れないように、
成長していきたいと思います」

 捕手としての課題は残したが、まだ始まったばかり。
遠回りはしたが、虎の扇の要を目指す。 


原口について阪神・矢野作戦兼バッテリーコーチ
「よく声が出ていたし、ヒットも出たしね。
彼の持ち味は出してくれたと思う」

昨日の凡打と安打 2打席とも
スタメン出場していたメンバーよりも
誰よりもいい当たりだった

打てるはずの梅野が打てず2軍へ

昨年にまでなかった競争
ガ頻繁に感じられる
今季は優勝 とあまり言わなくていいシーズン
次々とプロ初の冠
40年以上阪神を応援していますが
こんなわくわく楽しいシーズンは
いまだかつてない楽しい

  • 2016.04.27 Wednesday

育成原口捕手 支配下登録『94』


にほんブログ村











阪神は27日、育成選手の原口文仁捕手(24)と
支配下選手契約を締結したと発表した。

 背番号は「124」から「94」に変更される。
原口は帝京から09年ドラフト6位で阪神入団。
13年から育成選手となっていた。今季の2軍戦では18試合に出場し、
打率2割9分8厘、3本塁打を放っている
高卒7年目だったら
大卒3年目梅野と同級生
打つほうもいまいちの梅野にとって変わる可能性も

原口本日1軍登録 梅野抹消
わたし的には
早く坂本上がってこいよ

  • 2016.04.03 Sunday

虎育成・原口が満塁弾!掛布2軍監督も絶賛「完璧、素晴らしい」

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ







阪神2軍練習試合(2日、鳴尾浜)阪神の育成枠・原口文仁捕手(24)
が2日、日本新薬との練習試合(鳴尾浜)で七回、満塁弾を放った。
支配下登録を目指す若虎の一発を掛布2軍監督(60)も絶賛した。
試合は13−0で阪神2軍が勝利した。
大量リードの展開でも集中力を切らさなかった。
しばき上げた白球は高々と舞い上がり、左翼ネットに着弾。
原口が満塁弾で勝負を決めた。

 「打球が上がりすぎたと思いましたが、(感触は)
いったかなっていうのはありました」

 日本新薬の5番手・三木の137キロ直球を持ち前のパワー
で運んだ。支配下登録を目指す背番号「124」が
グランドスラムで猛アピールだ。

 掛布2軍監督は「本塁打は完璧。素晴らしいのひと言だよ。
少ないチャンスをものにすることで自信につながる。
1人でやる練習にも強いし、あきらめることがない。
1番大切なものである継続する力を持っているよね」
と称賛の言葉を並べた。
右打ちの24歳。左足着地後にスイングを始動することで
安定感の向上を目指している。ただ、練習の感覚を実戦に
持ち込むと結果が出ない。3月30日のウエスタン
・ソフトバンク戦(筑後)で2打数無安打に終わったこと
が教訓になった。

 「きょうは練習と試合を分けて、タイミングと腰のキレ
を意識していました」

 反省と正面から向き合い、昨日の自分を超えてきた。
新たな課題も出た。七回の先頭で死球で出塁。一死後に
小豆畑の右前打の間に二塁で止まってしまった。
掛布2軍監督は「あそこは三塁まで行かないと。
二塁ベースでけがでもしたのかと思うくらい、
すごい落ち込んで反省してたね」と注文をつけた。

 今季は育成枠ながら1軍キャンプも経験。足踏みしている
時間はない。原口は「守備でも走塁でも、バットでも
負けないようにアピールしたいですね。頑張ります」と意気込んだ。 

  • 2016.02.27 Saturday

育成原口支配下登録復帰 検討

阪神が育成契約の原口文仁捕手(23)の支配下登録復帰を
検討していることが26日、分かった。球団関係者は
「その話は出ています」と説明。順調にアピールを続ければ、
開幕前に現在3桁の背番号124が2桁に戻ることになりそうだ。

 原口は大型捕手の期待を受け、09年ドラフト6位で
帝京高から入団した。だが12年に椎間板ヘルニアを患い、
同年オフに育成契約となった。その後も左手骨折や右肩脱臼など
ケガに泣かされ続けてきた。だが今春は2軍安芸キャンプの
シート打撃でチーム1号本塁打を放つなど猛アピール。
25日から初の1軍昇格を果たした。

 金本監督は就任間もない昨年10月からパンチ力を評価。
視察した甲子園の秋季練習で打撃を見て「若手で一番振れる感じ。
楽しみな選手」と話していた。

 1軍デビュー戦となった25日の日本ハム戦では7回からの
途中マスクで3投手の完全リレーをアシスト。
9回には初安打の左前打も放って存在感を示した。
この日は金本監督が昨秋に続き、「肩のラインと腰のラインを
平行に回せ」と手本を示しながらアドバイス。
1軍監督が育成選手を熱血指導するという阪神では
珍しい光景が展開された。

 原口は「去年秋から監督に言われていることを意識して
やっています。でもまずは守備。守れないと使ってもらえない」
とがむしゃらだ。高校全日本代表の正妻も務めた男が
4年ぶりの支配下復帰を勝ち取り、一気のブレークを目指す。

 ◆原口文仁(はらぐち・ふみひと)1992年(平4)3月3日、
埼玉県生まれ。帝京から09年ドラフト6位で阪神入団。
13年から育成選手となり、昨季はウエスタン・リーグで
自己最多の59試合に出場し4本塁打。182センチ、86キロ。
右投げ右打ち。



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

  • 2016.02.24 Wednesday

育成原口捕手が1軍昇格

阪神2軍春季キャンプ(23日、高知・安芸)超異例の大抜てき!!

掛布2軍監督が23日、育成枠の原口文仁捕手(23)が
1軍に昇格することを明らかにした。昨年10月の秋季練習で
指導した金本監督の要請に応えたもの。安芸キャンプでは
持ち前の長打力を発揮しており、横一線の正捕手争いに割って入る!! 
阪神2軍は24日に打ち上げ、帰阪する。



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



Go to top of page