オススメ

挑む!虎 想い 2017

Tigers Change

北條 巻き返せ
中谷 覚醒中
坂本 正捕手へ
振り向くな

  • 2012.10.26 Friday

「阪神に入る気がした・・・」

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング


阪神からドラフト1位指名を受けた
大阪桐蔭高・藤浪晋太郎投手(18)は25日、
大阪府大東市内の同校で会見し「阪神に入る気がしてました」
と相思相愛であったことを初めて打ち明けた。
虎と運命で結ばれていた153キロ右腕は、
高校時代9連勝で春夏全国制覇を果たした甲子園で
多くの勝ち星を重ねることを誓った

和田監督のガッツポーズを画面越しにのぞいた藤浪は
一呼吸置いたのち、満面の笑みを広げた。
今ドラフト最多の4球団の競合の末、虎入り−。決まる、
この瞬間まで口外しなかったが、実は胸の内では相思相愛だった。

 「あまり、ドラフトの始まる前にはそういうのは
言わないようにしてましたが、なんとなく
阪神に入る気がしてました。自分の中で、
直感的にうっすらあったので、やっぱりか…と」

 冷静な右腕からの意外な“告白”。
「強いて言えば巨人ファンでした」というが、
さすが地元・大阪で生まれ育った金の卵だ。
2005年のリーグV(巨人戦)も甲子園で観戦。
「けっこう(勘は)当たるタイプです」。
大阪桐蔭高3年時の夏の全国大会は「3回戦あたりで
熊本に当たりそうな気もしてました」と予想が的中し、
3回戦で済々黌高(熊本)と激突。今回もタテジマとの縁を
ビンビン感じ取っていた。

 それに、甲子園のマウンドは大好きだ。
「自分としては甲子園のマウンドは投げやすい。
そういう意味では阪神に入団することができてよかったです」。
3年時には史上7校目の春夏連覇。最速153キロの直球を
武器にチームをけん引した舞台が本拠地になるのは、
大きな利点だ。さらに現在、聖地9連勝と無敗記録継続中。

 「いずれは負けると思うが、できるだけ負けないように
頑張りたい」と誓いを立てた。

 「もちろん、阪神は人気球団ですし、プレッシャーも
かかりますが、その代わり、しっかり応援していただける。
そのプレッシャーを力に変えていきたい」

 このタフな精神力があれば、注目度抜群の阪神でも大丈夫。
自分を見失わないストイックさも持ち合わせている。

 「もちろん、周りの方の期待は開幕1軍とかにいくと
思いますが、自分のペースを乱したり、自分の考えを苦しめたら、
実現しないと思う。焦ることなくやりたい。
頑張って日本一の投手になりたい」

 “恋のキューピッド”となった指揮官のもとで、
藤浪のプロ野球人生が幕を開ける。



★両親は観戦約束

 指名会見を見守った藤浪の父・晋(すすむ)さん(49)
と母・明美さん(48)も喜びいっぱい。
晋さんが「いろんな期待に応えられる選手になってもらいたい。
一日でも長くやってもらいたい」と話せば、明美さんは
「甲子園でも、鳴尾浜でも、応援に行きやすいです」
と早くも応援態勢を整えていた。

★恩師からエール 

 藤浪と並んで会見に臨んだ大阪桐蔭高・西谷浩一監督(43)は、
引き当てた和田監督の姿が印象的だったようで
「喜んでくださっているのをテレビ画面で見て、
気持ちが伝わってきた。光栄です」と満面の笑み。
そして「OB(岩田、西田)もいるし。
阪神ファンに認めてもらえる投手になってほしい」
とエールを送った

  • 2012.10.26 Friday

どら1 藤浪 晋太郎「大阪桐蔭」 背番号「19」 に決まる

阪神は26日、和田監督や中村ゼネラルマネジャーらが
大阪桐蔭高を訪れ、藤浪晋太郎投手に
ドラフト1位指名のあいさつをした。

 ことしの甲子園大会で春夏連覇した大型右腕は
「プロ野球選手になるんだなと思った」と実感が湧いた様子。
球団は異例の早さで背番号「19」を提示し、
藤浪は「18はプロ野球のエースナンバー。
その18番を超えてほしいと言われた。
すごくいい番号をいただいたなと思う」と笑顔をのぞかせた。

 初めて藤浪と対面した和田監督は、ドラフト会議で使用した
IDカードの裏に「再び輝け、甲子園のマウンドで!」
とメッセージを書き込んで手渡した。将来のエース候補に
「タイガースだけでなく、球界を代表する投手になってほしい」
と大きな期待を寄せた。(共同)

阪神で背番号19で思い出すのは
小林 繁氏と 現1軍投手コーチ中西清起
小林氏を超えるぐらいの活躍をしてもらいたい
真のエースになってもらいたい

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング



  • 2012.10.20 Saturday

や〜まだコーチ おかえりなさい

阪神は16日、13年シーズンの監督、コーチ全スタッフを発表した。
兵庫・西宮市内の球団事務所では、山田勝彦1軍バッテリーコーチ
(43=前オリックスバッテリーコーチ)が就任会見。
戦力の底上げを誓った。

 阪神に復帰した山田1軍バッテリーコーチは「準備野球」
をたたき込む。阪神での現役時代と楽天コーチ時代に
野村監督の指導の下で腕を磨いた。就任会見では試合までの
準備で勝負が決まるという教えである「準備野球」と
いう言葉を繰り返した。「捕手は準備野球です。
試合時間は3時間だけど、そこまでにいかに時間をかけられるか。
試合が終わってからの反省を大事にしていきたい」。
さらに、叱る、褒めるを使い分け、以心伝心の関係を
築く自己流も加える。小宮山、今成ら、藤井彰に続く
若手捕手の育成に期待が集まる。

 ◆山田勝彦(やまだ・かつひこ)
1969年(昭44)7月2日、愛知県生まれ。
東邦から87年ドラフト3位で阪神に入団。
92年には114試合に出場し、2位躍進の立役者になった。
03年に日本ハムに移籍し、05年引退。実働16年で795試合、
360安打、21本塁打、130打点、2割5厘。
引退後は楽天コーチを経て、今季はオリックスコーチを務めた。

 [2012年10月17日11時1分 紙面から]

暗黒時代で優勝まであと1歩まで
戦った92年 、 
山田捕手のスタメンが大いに貢献した
ことを思い出した
あまり打たなかったけれど
好きな選手の一人でした
昨年濱ちゃんが引退
今季は今岡誠・・・金本は言うまでもなく
浩鏤里またひとりユニホームを脱ぐ
球児は残ってほしいな



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング

Go to top of page