オススメ

虎 想い 2017 挑む

Tigers Change

来季はもっちーがブレイクする。
坂本に正捕手になってもらいたい
ぐっちーはファーストでお願いします


  • 2016.12.09 Friday

横田が台湾1号!掛布2軍監督、満面の笑み「完ぺき」

【台中(台湾)8日=新里公章】阪神・掛布雅之2軍監督が視察した
アジアウインターリーグで、ウエスタン・リーグ選抜の一員として
出場した横田慎太郎外野手(21)が「1番・中堅」で先発し、
八回の第5打席に右越えへ同リーグ1号。掛布2軍監督は「完ぺき」
とうなった。師匠の前で豪快に決めた。弾丸ライナーは台湾の
冷たい夜風を切り裂き、右翼スタンド最前列に突き刺さる。
横田が八回先頭、カウント2−1から真ん中やや低めの
140キロの直球を仕留めた。確実に成長中の大砲候補が、
初本塁打という最高の形で成長の証を見せつけた。

 「一発が出てよかったです。初球はファウルで、変化球も
頭に入れながらでした。いつもは差し込まれるんですが、
真っすぐ一本に絞って、結果が出ました」

 汗をしたたらせながら、10試合目でのアーチに白い歯がこぼれた。
この日は4打数1安打で打率は・333に落としたが、
2四球、1本塁打に加えて、2盗塁と快足でも猛アピールした。
8盗塁はリーグ最多と盗塁王への道もひた走っている。

 本塁打の瞬間、VIPルームから見守った掛布2軍監督も
拍手を送った。前日FA加入した「糸井のようになれ!!」
とゲキを飛ばしていたミスタータイガースは「打率も残していて、
長打もほしかった。ある意味完ぺき。やや低めの直球をね」
と満面の笑みで称えた。21歳は今季開幕を2番で迎えながら、
結果が出ずに2軍で打撃修正に明け暮れた。宮崎フェニックス・リーグ、
高知・安芸の秋季キャンプを経て、異国の地でも課題と向き合う。
「真っすぐに差し込まれたり、(秋季)キャンプまでは上半身で
打撃をしていました。(金本)監督や平野コーチにもっと
『下(半身)で』といわれました。練習でも試合でも意識してやっています」

 左肩が早く出る癖を修正するため、下半身主導の打撃フォームの
確立を目指している最中。掛布2軍監督も「上で戦うためには
1球目のファウルを仕留めないとね。まだ左肩が衝突しているよ」
と注文をつけた後「(横浜の)筒香も本塁打の固め打ちがあるし、
ホームランバッターは1本出ると変わることがある。
この試合の後でああいう打球が出るかどうかだね」と楽しみにしていた。

 横田は「凡打の内容も悪い。(掛布2軍監督は)あしたまでいるので、
いいところをみせれるように頑張りたい」と力を込めた。
好調を継続し、将の期待に応えてみせる

  • 2016.05.15 Sunday

横田、進化の3安打!掛布2軍監督「第2章の始まりだよ」

にほんブログ村











ウエスタンリーグ(阪神3‐1中日、14日、上富田)
横田(20)が14日、ウエスタン・中日戦(上富田)に
「4番・右翼」で先発し4打数3安打の乱れ打ち。
掛布雅之2軍監督(61)は「横田の第2章の始まりだよ」
と進化を予言した。2369人が集まった試合は、
先発秋山拓巳投手(25)が7回無失点と粘投。
3−1で勝ち、貯金を5とした。

横田の3安打はいずれも追い込まれてからのヒット。
そこに進化の鍵があった。

 「追い込まれてからは、追い込まれてからの打撃を心がけていました」

 20歳は表情を崩さずに淡々と振り返ったが、掛布2軍監督は
「横田の第2章が始まった」と新たなスタートと位置づけた。

 二回はカウント2−2から三遊間を抜いた。四回には0−2から
外のボール球をしぶとく左前打にし、八回は2−2から崩されながらも
強く振って右前にもっていった。将は「(3安打の)内容は
よくなかったけども、メリハリを自分でつける形でやっていた」
と対応力の向上を認めた。

 誰もが認める飛ばす力を持ちながら、1軍では結果を求めて、
当てにいく打撃が目立った。2軍落ち後はミスタータイガースに
4番を任され、二人三脚で打席の中でしっかりと“強弱”を
つけることを覚え始めた。流し打つだけではなく、
右方向への強い打球を意識。一皮むけようとしている。

 試合前にも掛布2軍監督から上半身と下半身の連動性を説かれた大器は
「1軍同様、追い込まれてからも結果を残したいです」と話した。
ファームだからという意識はない。3安打を放ち、開催地の
和歌山名産の梅干しセットを贈られた。自身を追い込み、
日進月歩で内容を求めていく。

  • 2016.05.07 Saturday

掛布2軍監督横田にメス

にほんブログ村











ウエスタンリーグ(中日3‐5阪神、6日、ナゴヤ)
掛布2軍監督が、6日に2軍降格した横田外野手の再生に乗り出した。
ウエスタン・中日戦(ナゴヤ)の試合前練習でトップの位置など、
打撃フォームにメス。適時失策はあったものの、
1打数1安打1打点と結果を出した将来の大砲候補の出直しを
サポートする。また、試合は七回雨天コールドとなり、
5−3で勝利した。

 2軍降格となった横田の打撃再生へ、掛布2軍監督が
さっそく動き出した。
曇天のナゴヤ球場で、身ぶり手ぶりを交えて熱血指導を開始した。

 「(アドバイスは)トップの位置ですね。下半身の足の使い方は
いい状態。
弓を張るような状態というのかな。それがちょっと作れないんだよね」

 トップが浅くなっていることで、タメができない。だから、
引っ張った強い打球がない。指揮官の目にはそう見えた。
トップを深くすることで生まれる“間”が、1
軍復帰への第1歩となる。
背番号24もさっそく結果で応えた。二回の第1打席で先発・岩田の
初球カーブを、中前へ鮮やかにはじき返した。20歳は
「競争に負けたので。悔しさを持ってやっていきます」と悲壮感を
漂わせたが、将は「1打席目は、パッと止まって打った。
あの“張り”を作れってこと。思っているよりも悪い状態では
なかった」と評価した。

 トリプルスリー達成を期待され、開幕から2番打者に抜擢されたが、
30試合で打率・212、本塁打0。掛布2軍監督は「(打撃で)
転がしてということは、絶対にするな」と指令を出し、
「本当の横田になっていかないといけないと思う。
時間はかかるかもしれないけど、一回、積み木をばらして」。
大器の可能性を信じるからこそ労は惜しまない。
掛布道場で逆襲への下地を整えていく。

  • 2016.04.05 Tuesday

横田が適時内野安打「結果はなんでもいい」




にほんブログ村












<巨人−阪神>◇5日◇東京ドーム


 阪神横田慎太郎外野手(20)が泥臭い勝ち越し打を決めた。

 同点の3回無死一、三塁で当たり損ねのゴロが大きくはね上がり、
投手への適時内野安打となった。「きれいなヒットではなかったですけど、
ランナーをかえせたら結果はなんでもいいと思っていたので、
点が入ってよかったです」と喜んだ。

  • 2016.03.27 Sunday

超早出”実った!横田、プロ初ヒット&マルチ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ






(セ・リーグ、阪神7−3中日、2回戦、1勝1敗、26日、京セラD)

突っ走って、突き抜けた。一塁ベースを大きく走り抜けると、
陸上選手がタイムを確認するかのようにチラッと電光掲示板を見た。
「H」の文字が点滅。横田らしくどこまでもがむしゃらに、
内野安打でプロ初安打だ。

 「うれしいです。前の2打席が凡退だったので、あれ(内野安打)
しかないかなと。(記念球は)わからないです。どこかへいきました」

 プロ7打席目だった。2−0の五回一死。山井の112キロ変化球に
バットを合わせ、振り終わらないうちに一塁へ疾走。慌てた遊撃手の
グラブから一瞬だけボールが飛び出し、勝負ありだ。塁審の両手が
広がった。金本監督は「エラーっぽいけどね。でも横田の足、
全力疾走。そこですね、一番大きいのは」と苦笑いしたが、
その後のゴメスの3ランなど4得点は、横田からだった

前夜の開幕戦後、鳴尾浜の虎風荘へ帰ったのが午後10時半。
そこから夕食をとり、床に就けたのは午前0時だったが
「6時半に起きました」と、ケロッと“超早出”練習に現れた。
北條、江越とともに午前9時09分から約30分間、
香田投手コーチらが投げてくれた球を気持ちよく打ち返した。

 六回の第4打席には三遊間を華麗に破って左前打。ひたむきさで、
一気にマルチ安打とした。直後に無死一、三塁からのヘイグの左犠飛で、
一走として二塁にタッチアップ。暴走気味に憤死し周囲を仰天させた。
だが指揮官は、そんな横田だからこそ使っていく。

 「前向きな失敗というのは正直、怒れないよね。失敗して覚えていく
というのはこのことであって。もう一回くらいやらかしそうだね」

 金本監督が背中を押し、横田はますます加速する。「チャンスで
打てなかったので、チャンスで打てるようにしたいです!」。
一歩目を刻んだ感慨に浸ることもなく、突き進む。 

  • 2016.03.18 Friday

横田猛打賞!首位打者に浮上




にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ






オープン戦(中日−阪神、18日、ナゴヤドーム)
プロ3年目の横田が、中日戦に「2番・中堅」で出場し、
3安打猛打賞。犠飛による1打点も挙げ、打率は・432まで上昇。
オープン戦通算打率で、ついに12球団トップに立った。

 横田は一回無死一塁で、中日の先発左腕・浜田達の6球目、
緩い変化球に食らいつき右へ二塁打を放った。4番・福留の
中前打で、チーム2点目のホームを踏んだ。

 三回先頭で迎えた第2打席では、またも緩い変化球に崩されず、
中前に運び2打席連続安打。二盗には失敗し、得点には絡めなかったが、
打率は・429まで跳ね上がった。

 その後、第3打席は投ゴロに終わったが、七回無死一塁の
第4打席では、投手強襲の内野安打を放ち、打率・432とした。
九回無死一、三塁では、左犠飛を放ち打点1も挙げた。

 試合前までオープン戦打率・400ジャストで、西武・坂田の
・419に次いで2位だったが、オープン戦首位打者に立った。

  • 2016.03.18 Friday

横田 打率4割 2番起用『ある』

オープン戦(ヤクルト1−1阪神=九回規定により引き分け、17日、神宮)
開幕スタメンに突き進むプロ3年目の横田がヤクルト戦(神宮)
に「2番・中堅」で先発し、内野安打2本を放って打率を
オープン戦2位の4割ジャストまで上昇させた。
金本監督は2番での起用について「ありえると思うよ」と明言。
俊足で併殺知らずのニュー2番が誕生しそうだ。

勢いが止まらない。2月の練習試合を含めても初の2番起用に、
期待の若虎が結果で応えた。主力の休養日に横田が輝いた。

 「基本的に初球から打つつもりでした。2番については
特に意識はありません。普通です」

 まずは一回。先頭高山が初球を捉えて二塁打を放てば、
続く横田も小川の投じた1球目、137キロに反応した。
二塁ベース付近へゴロを打ち返すと、全力疾走で一気に加速。
内野安打を奪い、ヘイグの先制タイムリーをお膳立てした。

 五回一死でもHランプを灯した。叩きつけた打球が、
高くバウンド。全力疾走すると二塁手・山田がチャージも
白球はグラブに収まらず、送球できなかった。オープン戦打率は
・400まで上がり、セ・リーグトップ、12球団2位まで上昇した。

 金本監督は「シーズンで打って欲しいね。(内野安打が)
いい意味で特長になって、長い目で見ると、もっと大きく
育って欲しいけどね。いまはそれで、結果が出ているから、
全然(問題ない)」と納得顔。この日2本放った内野安打は
オープン戦の16安打中7本と半分近くを占める。2番起用が
併殺の可能性が低い脚力が理由であることを「そうそう」と
認めた指揮官は「ありえると思うよ。ちょこちょこは」と
2番構想を明らかにした。




にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ






  • 2016.02.26 Friday

横田開幕1軍あるでぇ〜打率563

阪神春季キャンプ(25日、沖縄・宜野座)
横田慎太郎外野手(20)が25日、日本ハムとの練習試合に
「8番・右翼」で先発出場し、3安打2打点。
対外試合全4戦でマルチ安打を放ち、打率・563だ。
金本監督は大絶賛。高山俊外野手が1軍に合流して
激しさを増す外野争いの中で、初の開幕1軍へ
期待の若虎がさらに加速した。

外野争いの“風雲児”が、合流したライバルを突き放すような
猛打ショーだ。横田が4戦連続のマルチ安打&打点をマーク。
開幕1軍へ猛アピールが止まらない。

 「意識はもう、結果を出すだけなので。新しい選手も来たので、
結果を出すだけです」

 1軍キャンプに参加したばかりの高山と試合前のフリー打撃で
並んで打ち、打順も7番・高山のすぐ後ろ。
競争心をかき立てられる状況で、快音を響かせた。

 1本目は0−1の五回一死。日本ハム・加藤の外角高めの
変化球に食らいついた。鋭いライナーで三塁手のグラブを
はじき飛ばすと、ファウルグラウンドをボールが転がる間に
一気に二塁を陥れた。

 七回一死では、しぶとく二遊間を破って出塁し、
3本目は九回だ。無死一、二塁から屋宜の145キロをとらえ、
左中間への2点二塁打。打線が奪った7点のうち、
3得点2打点の大暴れ。守備でも九回に中堅への浅いフライに
飛び込み好捕。攻守で気迫をみせた。

 金本監督は大絶賛だ。「必死さが結果として出ているよね。
技術を超えた気持ちというもの。絶対に打つんだという、
いい例よね。ああいうガッツがある、何が何でもという
プレースタイルは、タイガースには今までいなかったんじゃないかな」と、
賛辞を惜しまない。

野手19人を起用した中で、フル出場は指名打者だった
高山と横田だけ。「こんだけ打っていて誰が代えるの?
 横田に失礼でしょ」と当然の扱いと強調。
対外試合4試合で16打数9安打の打率・563、
1本塁打5打点と、指揮官は高く評価している。

 メンバー最年少の20歳も、プロ3年目で初の1軍の空気に
慣れてきた。2月1日のキャンプイン当初は「緊張しました」と、
表情をこわばらせていた。右も左も分からず、江越にくっついて
動いていた姿はもうない。この日も合流初日だった2歳上の高山に
練習の流れを教えながら、自らも汗を流した。

 落ち着いた姿は打席でも同じ。片岡打撃コーチは
「打席の中で周りを見る余裕が出てきた」と話し、
自身も「別に1打席打てなかったからといって、
気持ちを切らないようにしている」という。この日の試合も
空振り三振のスタートから快音を連発。必死な中にある冷静さが、
好結果を生んでいる。

 「まだ試合も練習も続くので、どんどんアピールなので、
気持ちを切らさずにいきます」

 開幕1軍を視界に入れても、勢いは止めない。
ガムシャラに、泥臭く。横田が“外野戦線”を突っ走る。 

大和も打撃好調やし、板山もいいとなれば
江越も居場所なくなるで〜


横田について中日・佐藤スコアラー
「若いし、自信がいい方向にいくのでは。これだけ打っていたら、
(1軍に)残さざるを得ないと思うし、今後も見ていきたい」

巨人・中里スコアラー
「ガツガツ引っ張るだけと思っていたら、
逆方向にうまく打ったりしていた」

横田 慎太郎(よこた・しんたろう)

 外野手。1995(平成7)年6月9日生まれ、20歳。
鹿児島県出身。鹿児島実高では1年秋から4番を任され、
通算29本塁打も甲子園出場はなし。2014年D2位で阪神入団。
公式戦で1軍出場はなく、昨季は2軍で103試合に出場し、
打率・213、9本塁打、36打点。父・真之(まさし)さんは
元ロッテなどで外野手。1メートル86、92キロ。左投げ左打ち。
年俸720万円。背番号「24」




にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


  • 2016.02.20 Saturday

横田2安打1打点『1打席、1打席が勝負』

阪神春季キャンプ練習試合(20日、楽天6−2阪神、沖縄・宜野座)
3年目の20歳、横田が楽天との練習試合で2安打1打点と
好結果を出し「一打席一打席が勝負。一球も甘い球は逃せない」
と熱い思いを口にした。

 16日の練習試合でもソロ本塁打を放っている
186センチの大型左打者。金本監督は
「とても試合で打てそうな形には見えないけど。
予想外に実戦向きなのか、たまたまなのか」と言いながらも
「(1軍生き残りの)競争で勝ちに向かっているわけだから」
と評価した。



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



  • 2016.02.18 Thursday

横田外野手 福留から指導


にほんブログ村




阪神春季キャンプ(18日、沖縄・宜野座村)
左翼の位置でフリー打撃の打球を捕球していた横田が、
昨季ゴールデングラブ賞に輝いた福留からマンツーマン指導を受けた。

 「グラブを叩いたり、飛球のときに無駄な動きをしてしまう。
助言をしてもらってありがたいです」

 あこがれの大先輩から身ぶり手ぶりで飛球の落下地点に
最短で行くようにアドバイスを受け、必死で体に叩き込んでいた。



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



  • 2016.02.14 Sunday

3年目横田が2日連続での早出守備

阪神春季キャンプ(13日、沖縄・宜野座村)

3年目の横田が2日連続での早出守備に参加した。

 35分間、ノックを受けて「数をこなさないといけないので」。
期待のバットだけでなく、守備でも先輩たちに追いつくべく汗を流す。
きょう14日の紅白戦に向けては、「結果を出すだけです」
と力を込めた。11日の紅白戦は2打数1安打。
さらなるアピールを狙う



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



Go to top of page