オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2010.11.30 Tuesday

こんなもん・・・誤魔化された?

昨日西村が契約更改した
成績は65試合 7勝3敗 
防御率3,89 7セーブ 14ホールド 

2年目で実績1年でしょうが
勝ちも負け試合も投げさせられて
こんなもんしか上がらないのか
というのが私の感想です
外野を守ったのも
アップに入れたという言葉に
騙された『ごまかされた』
という気がしてならない

昔から阪神球団の中継ぎ投手の
評価が低すぎるん

じゃ怒り

西村が29日、西宮市内の球団事務所で契約交渉に臨み
大幅150%アップの2300万円で一発サインした。
獅子奮迅の中継ぎ登板以外に、9月9日の中日戦(甲子園)
で野手を使い切った非常時に外野を守った“特別ポイント”
もゲット。異例のボーナスは首脳陣のさい配ミスのおかげ?!

65試合登板なのに、なぜか66試合出場。投げなかった
「1試合分」もキッチリ査定に加えてもらった。
西村が満願の大幅アップにニッコリだ。

 プロ2年目の大ブレーク。貴重な中継ぎとして
チーム2位の登板数を誇り、7勝(3敗)、防御率3・89
をマークした右腕だが、あの日を抜きに2010年は振り返れない。

 「評価してもらったみたいです。
自分自身でもいい経験になりました」

 球団が西村の年俸を弾き出す上で考慮した、
いや考慮せざるを得なかったのが、9月9日の中日戦(甲子園)だ。

 首位攻防の死闘は、選手を次々投入する総力戦になった。
真弓監督は九回までにベンチ入りの野手16人を
使い切ってしまう。延長十回の攻撃でブラゼルが審判に
暴言を吐き、まさかの退場処分。超ドタバタ劇の始まりだった。
野手が足りなくなった阪神ベンチは藤川球児の推薦もあって
十一回から西村に外野守備を命じる。まさに窮余の一策だった。

 2イニング。打球がより飛ばない方向へ、ということで
左翼と右翼を守備位置を入れ替えること4度。その間、
マウンドの球児が「西村の方向へは打たせない」
と鬼神の投球。ベンチのミスを、チームの窮地を救い、
2−2の引き分けに持ち込んだのは、紛れもなく
“外野手”西村だった。

 交渉役の沼沢球団本部長は「もちろん査定に入っています。
備考欄にも書いてあったからね」と投手には超異例の
守備手当ての存在を認めた。

 「守備機会がなかったとはいえポイントには加算
されています。金額がいくら、とは言えませんが。
2イニングも守ってくれたんやから、特別ポイント。
普通の外野手の守備固めとは(アップ幅が)全然違いますよ。
打球が飛んでいたら? 守備機会があったら、
さらにアップしているね」

 ドタバタがあったからこそのボーナス。
920万円から1380万円増の2300万円の提示に
球団のお詫びとお礼が込められていた。

 もちろん、こんなプラスがなくても今季の西村は
間違いなく大幅アップだった。

 「一番の思い出は5月1日の巨人戦(甲子園)
に投げさせてもらったこと。いろんな打者と対戦できて
勉強になった1年でした」

 外野を守った試合より、大ピンチを切り抜けて
自信を付けた試合をメモリアルゲームに挙げた。
シーズン終盤に疲労もあり、活躍の場が減った右腕は、
来季への飛躍も口にした。

 「いつでも、どこでも、投げられるようにしたい。
投げられる体力をつけたい」

 勝負の舞台はマウンドだけにするつもりだ
さんすぽ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング






  • 2010.11.19 Friday

Tにしけん「新人王」 たった1票とは。。。

Gながのは確かに活躍しました
128試合打率288 19本塁打52打点
ばっと
Tにしけんも酷使に最後は
ばててしまいましたけど
あと1歩でリーグ優勝に届かずでしたけれど
おおいに貢献しましたよ
65試合 7勝3敗 
防御率3,89 7セーブ 14ホールド 

得票数 
1位 233票 G 長野
2位 5票  D 堂上直
       T 秋山
   3票  Bs 加賀
   2票  Ys 中沢
   1票  C 岩本
       T 西村憲

にしけんの成績からいって
ながのと争ってもいいと思っていましたけれど
こんな大差がつくとは思いませんでしたよ怒りマーク

それにしても
1票しかはいらない
この結果はひどい
どこを見てるんでしょうかね怒り
忘れてんの?
どうかしてるぜ




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




  • 2010.04.12 Monday

西村、気迫0封!新方程式の一角や!!

「阪神7‐3ヤクルト」(11日、甲子園)

 少年のような風ぼう、ひと目華奢(きゃしゃ)にも見えるその体。
しかしその真ん中を、ぶっとい芯が支えている。
中盤と終盤の間に横たわる魔の渓谷に、若き右腕が橋を懸けた。
鋼よりも頑丈な、橋を懸けた。

 阪神の西村だ。

 「1人ずつ打ち取ろうと思って行った。
先頭打者の初球を一番大事にしました」

 今季初となる勝ち場面での登板。2点リードの六回から
マウンドに上がると、先頭・飯原を三振斬り。
2死から味方の失策で走者を背負ったが、右腕は動じない。
4番デントナには迷わず3球勝負。
外角スライダーで見逃し三振に仕留めた。

 「城島さんのサイン通りにしっかり投げることを考えていた」

 2イニング目の七回2死一塁で衣川を迎えた場面では、
カウント2‐2から城島のサインに首を振る強心臓ぶり。
「真っすぐで行こうと思って首振ったけど、
もう一回スライダーのサインが出ました」。
ここも左飛に封じて2回無失点。
勝利の方程式に新たな一角が誕生した瞬間だった。

 先発陣と球児をつなぐ中終盤の難所。
これまでは久保田1人に頼らざるを得なかったが、
西村の台頭は必勝リレーに新たなバリエーションをもたらす。
山口投手コーチも「しばらくはあの辺りを任せて大丈夫だろう」
と今後も勝ち場面で起用する方針を明言した。

 切れ味抜群の直球と強心臓を併せ持つ2年目右腕。
貯金量産をもくろむ猛虎に、貴重な戦力が加わった。

(2010年4月11日)デイリー

嫌な記事を本日付けのサンケイスポーツで見た
2軍で調整していたフォッサムが、
昨日甲子園練習に合流。
キャッチボールやダッシュなどで汗を流した。
前日10日に初実戦を踏んだスタンリッジが調整遅れのため
白羽の矢が立った形、中継ぎで待機する小嶋と天秤にかけられるが
15日(東京ドーム)先発する可能性は高そうだ。

小嶋「2回4失点」初登板の投球内容だけで
判断されてたまらない
もし、フォッサムが登録されると、ひとりが2軍降格される
2軍でも内容の悪いジェンが登録したのは、
このことを想定したのかもしれないが...
フォッサムなんかを先発させるぐらいなら
3試合目の結果は散々だったが
2試合好投した鶴を
阪神の将来を見据えて、
先発チャンスをあげてもらいたい

あくまでも基本線は小嶋に
2度目の先発のチャンスを挙げてもらいたい
のはいうまでもないことですが
せっかく、オープン戦で結果を出し続けたのですからね


外人はあくまでも助っ人
日本人で戦力がまかえるのなら
それにこしたことはない
安い外人でも最低5000万円以上は費用がかかる
無駄金は使わんほうがいんじゃない
でしょうかね


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング






  • 2010.03.28 Sunday

【43】西村プロ初勝利!劇勝呼んだ激投

<阪神4x−3横浜>◇27日◇京セラドーム大阪

 ジョーもほめた、喜んだ! 2年目、西村投手がプロ初勝利を挙げた。3−3で迎えた白熱の延長11回。必死継投を続ける真弓監督から
大事な7番手を託された。横浜の内川、村田らをキッチリに3者凡退。
その裏の城島弾を呼び込んだ。肝っ玉の座った若武者右腕が、
記念すべき初お立ち台を城島とのコンビでつかんだ。

 プロ初勝利という理由だけではない。チームに大きく貢献した証し
として、西村が自身初のお立ち台に、城島と2人で上がった。
投入の際には城島に声を掛けられていた。
インタビューでその内容を問われると
「思い切っていけと言われました」。
隣から城島が「そんなこと言ってないよ!」と割り込んだ。
ジョークで笑いを誘ってくれた先輩の気遣いがうれしかった。
城島に手首をつかまれると自然と、勝者のガッツポーズをつくっていた。

 わずか7球だが、価値ある投球だった。息詰まる展開での今季初登板。メッセンジャー、球児ら勝ちパターンの投手6人をつないできた後の
延長11回だった。横浜早川を三ゴロ、内川を遊ゴロ。そして4番で
日本屈指の長距離砲、村田を迎えた。同じ福岡出身の先輩に真っ向勝負。「4番ですし、昨日の安藤さんからの本塁打を見ているので、
力が入りましたけど、自分の投球ができたら大丈夫だと思いました」。
追い込んでから最後はスライダーで空振り三振。
いつもはポーカーフェースの若虎が、右拳を握りしめるほど熱くなった。

 福工大城東高時代は補欠投手。九産大に進学してもでも
「140キロ出ないとプロには行けない」と言われ続けた。
転機が訪れたのは2年時に出場した明治神宮大会の1回戦、上武大戦。
この日と同じ3−3のスコアだった9回からマウンドを託された。
15回までもつれた試合で球速は140キロ台中盤を連発。
相手打線を3安打に抑え最後まで点を許さなかった。
阪神で同僚となる石川に投げ勝った。ここ一番で周囲を驚かせる
底力を発揮することを、この日も確かに証明した。

 小さいころから大のダイエー(現ソフトバンク)ファン。
あこがれの目で見てきた城島とともに、記念すべき日を迎えることが
できた。城島の日本復帰1号ボールは、西村にとって初白星のウイニングボール。行方不明となっているが、発見されれば優しい先輩は記念球を
譲ってくれる手はずになっている。
「手元に来たら実家に送りたいと思っています」。
福岡の両親に預けているコレクションの中に大事な勲章が加わる。
さんすぽ
 

 

人気ブログランキングへ

CoRichブログランキング



Go to top of page