オススメ

挑む!虎 想い 2017

Tigers Change

北條 巻き返せ
中谷 覚醒中
坂本 正捕手へ
振り向くな

  • 2013.04.12 Friday

榎田プロ先発初勝利 ! G連戦史上初ゼロ封!!

 


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング


聖地で、巨人に手も足も出させなかった。
これほどまで胸のすくカードが、かつてあっただろうか。
いや、史上初だ!! 歴史的なG3連戦を榎田が
復活星で飾った。ファンの声援に押され、
お立ち台に上がった26歳の声は、うわずっていた。

 「正直“できすぎ”だと思うんですが、甲子園で
伝統ある巨人戦で勝てて、すごく嬉しいです! 
(9日から)能見さん、スタン(リッジ)が頑張っていたので、
1回ずつしっかり抑えることを考えました」

 9日の能見の5安打完封から、前夜の延長12回
執念のリレーを経て、バトンを受けた左腕も冴えわたった。
八回二死一、二塁で降板するまで、わずか2安打に抑える好投で、
先発としてプロ初勝利。チームも巨人相手に3試合
30イニング連続のシャットアウトで、伝統の一戦はもちろん、
宿敵に球団史上初の「同一カード3試合連続無得点」
の屈辱を叩きつけた。

「緩急もつけて、真っ直ぐもしっかり投げられました」

 抜群の制球力とテンポでコーナーを攻めた。今季先発転向し、
これで2試合15回2/3を自責0(失点1)、防御率0・00。
昨年9月の左ひじ遊離軟骨除去手術を苦しいリハビリを経て
乗り越えた左腕が、覚醒した。

 常に這い上がってきた野球人生だ。東京ガスでは同期入社の
美馬学(現楽天)が中大出の快腕。中央球界では名の知れた
存在だった。一方、九州出身で方言の抜け切らない左腕は、
仲間から、「お前は大学(福岡大)で何をやってたの?」
とからかわれた。実家の家族に「自分はスタートラインが
下だから頑張らないと」と誓った。持ち前の反骨心で
エースとなり、抑えの美馬とのリレーで、アマ球界に
名をはせた。そしてプロでも、しっかり先発の座をつかんでみせた。

殊勲の左腕を、和田監督も「低めに集めて、緩急も使って
榎田らしい投球だった」と称えた。そして
「相手うんぬんより投手陣がバッテリーを含めて
粘り強く投げてくれた。
それが2勝1分というところにつながった」とうなずいた。

 正念場だった。借金2で迎えた甲子園開幕、相手は
開幕7連勝だった巨人−。移動日の8日に全体練習を
行うなど気合を入れて臨んだ3連戦。そこで、
今季初の連勝&初のカード勝ち越しで借金を完済した。
しかも歴史的な3試合0封だ。

 決断も冴えた。八回のピンチでは、迷わず福原にスイッチ。
捕手も日高から藤井彰に代えて後続を断つと、
九回は久保が初セーブ。本来の守り勝つ野球が見えてきた。

 「やっと5割に戻った。気持ちを新たに、もう1度
開幕ぐらいの気持ちでやりたい」と語気を強めた和田監督。
16日には東京ドームで巨人と再戦する。先発陣は同じ顔ぶれと
なる見込みだ。もちろん記録継続を狙う。そして一気に順位も、
ひっくり返してみせる。

  • 2012.02.24 Friday

エノゴリ君2回完全「徐々に。。。」

阪神春季キャンプ(23日、宜野座)
これが、2年目の風格なのか。
マウンド上にどっしりと構えた榎田が、打者をバッタバッタと
斬った。白組の最終4番手として登板した左腕は、
2回を無安打無失点。順調な仕上がりをアピールした。

 「状態は徐々に上がっているというところです」

 まだまだ全開ではない。それでも、状態のよさを見せつけた。
六回からマウンドに上がると、手始めに赤丸急上昇中の
若虎を打ち取った。先頭の中谷を内角低めの真っすぐで
見逃し三振。藤井彰、俊介をともに三ゴロに打ち取り、
七回も田上、平野、関本を三者凡退に仕留めた。

 今年で2年目を迎える左腕。球界でよく言われる
『2年目のジンクス』を打ち破るためにも、入念な下準備を
してきた。今キャンプに向けて、昨年の秋から減量に取り組み、
東京ガスでの自主トレではランニング漬けの毎日。
91キロから入団時の体重に近い85キロまでダウンさせ、
ベスト体重で沖縄入りした。昨年は中継ぎでフル回転。
1年目で経験した濃密な時間も、左腕を後押ししている。

 「もうちょっと腕を振ったときに(ボールが)高めに
浮いてしまう。ストライクがいかないことには
どうしようもないので。ボールのキレとコントロールを
磨いていきたい」。昨季見せたマウンド上での度胸。
2年目に入り、さらにパワーアップした。先発転向案も
浮上していたが、現状では中継ぎに落ち着きそうだ。
もちろん、前でも後ろでもOK。7年ぶりのリーグ優勝には
背番号「13」の力が必要だ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング

  • 2011.12.06 Tuesday

榎田倍増以上で契約更改「評価低いんちゃう」

榎田大樹投手が6日、兵庫県西宮市の球団事務所で
契約更改交渉に臨み、年俸1500万円から
倍増以上となる3400万円でサインした。

ドラフト1位の新人左腕は中継ぎの役割を担い、
球団の新人最多となる62試合に登板して3勝3敗1セーブ、
リーグ新人記録の33ホールドをマークした。
来季は先発転向の可能性もあるが「自分の願望は、
チームにはいらない。任されたところでやりたい」
と話した。

 小嶋は600万円増の1600万円、
藤原は200万円増の1500万円で更改。

ほんま阪神は中継ぎ陣の評価が低すぎる
他球団なら最低でも4千万、
5千万ぐらいもらってもいいぐらい
先発より、毎試合ベンチ入りする
大変さを
もっと考慮して欲しいものだ怒りマーク


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




  • 2011.04.21 Thursday

エノゴリ君3人きり。。。初星が逃げた

「きょうは特に(緊張は)なかった。1回(公式戦で)
投げていたので。応援が投げているときだったからか、
意外と静かだなというのはありました」

 試合後の喧騒の中も、マウンド上も冷静だった。
2−2の七回から初めて聖地のプレートを踏みしめると、
虎に流れをもたらした。先頭のライアルを平凡な右飛に打ち取り
坂本は平野の背走ダイビングキャッチに助けられて二飛。
続く脇谷はキレのある外角直球、136キロで見逃し三振に仕留めた。

 わずか10球での3人斬り。小気味いいピッチングで
味方打線をリズムに乗せた。直後に鳥谷の犠飛で1点を勝ち越し、
勝利投手の権利を得た。左腕は、「そうだったんですか? 
全然、気にしていなかったです」と少し驚いて振り返った。
結果は逆転負け。プロ初勝利はお預けになったが、新人離れし
頼もしさが光った。

 足が震えたプロ初登板の16日の中日戦(ナゴヤD)では、
3四死球2安打を許しながら2回を無失点に切り抜けた。
2戦目は初の甲子園で堂々のマウンドさばき。虎ファンの脳裏に、
榎田の2文字を刻みつけた。

 「結果が良かったと言っても1イニングだけなので。
これを続けていければ自信になると思うので、きょうのような
投球を続けていきたい」

 榎田は謙虚に、それでいて力強く前を向いた。転がり込むのを
待つつもりはない。勝利の2文字へ向けて手を伸ばし続ける。
さんすぽ

昨日のピッチングを見て
ひとこと
先発させろ!

異常です怒りマーク

絶対きっちり登板間隔をあけて投げられる
ローテにいれるべきだと強く感じた


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング



  • 2011.04.17 Sunday

エノゴリ君2回無失点デビュー

(セ・リーグ、中日1−1阪神=規定により十一回引き分け、
2回戦、阪神1勝1分、16日、ナゴヤドーム)
絶体絶命の状況下でも、大きな両目は力強く開き、輝いていた。
緊迫感の中で巡ってきたプロ初登板。ピンチを脱し、
飛び跳ねるようにガッツポーズを作った阪神・榎田に笑顔が戻った。

「こんなに緊張すると思わなかった。準備はしていたけど、
マウンドに上がると足が震えた」

 デビュー戦で大役を任された。同点に追いついた直後の六回。
動き始めた試合の行方を左右するマウンドに指名された。
先頭の森野には左前へ。和田を四球でいきなり無死一、二塁を迎えた。

 「自分が招いたピンチ。自分が抑えないとチームが勝てない」

 グスマン、ブランコを仕留めて二死。その後死球で満塁としたが、
谷繁は、この日最速の内角143キロ直球で空振り三振に斬った。
六回も0封で2回1安打無失点。3四死球は反省材料も、
危機脱出は見事の一言だ。真弓監督は「初めてでゼロに抑えた。
いいでしょう」と合格点を与えた。

 開幕前の対外試合は20イニングで自責点1。問答無用で
開幕1軍を勝ち取った。最初の目標達成を知ったのは意外な形。
首脳陣からのメンバー発表はなく、日本プロ野球機構(NPB)
の公示を見た両親のメールで正式に認識した。

 同じ東京ガス出身の楽天のドラフト2位・美馬学投手と
電話で「こんなふうなんだな」と笑い合った。開幕戦の
ベンチ入りも笑顔。ブルペンで味わった公式戦の空気にも
重圧はなかった。「観客みたいな感じです」。強心臓ぶりを
見せ続けていた左腕だが、この日は別人。マウンドに駆け寄った
新井や城島の助言も「あまり覚えていない」。それほどの緊張だった。

 「内容は悪いけど、0に抑えられてよかった。次は
もっとしっかり投げたいです」。貴重な経験値を得たが
金の卵は、これからもっと大きな一歩を刻み続けていく。
さんすぽ

プロ初登板としては非常に難しい場面での起用
中継ぎで登板のため準備することは、
慣れていない新人にとってはより難しい。
明らかに緊張感は伝わってきた中
無得点に抑えたことはよかったです拍手

やはり、大きく育てたいのなら
先発ローテに入れ、十分な登板間隔をあけて
投げさせるべきである

昨日メッセ略5回1失点と好投のように見えましたけれど
全く期待はしておりません、メッセの枠に榎田、小嶋
若竹、鶴、秋山、ショウ、ジェンに
先発ちゃんスをあげたほうが
よほど阪神の将来のためになる

今日は下さん先発予定?
落ちるのは、良太か岡崎かな
昨日メッセガ登録されて、
わたし一押しの柴田ガ登録抹消されたのは
残念で仕方がないしょんぼり

本日下さん先発は文句はつけませんが
なんで苦手のデ・げーむに
登板の順番を決めたんでしょうかね

真弓監督が金本に謝ったとの記事が。。。
采配に信念があれば、よほどのことがない限り
選手に謝る必要がない!
監督も人間、間違うこともあるでしょうが
謝る場面は「過去にも」もっとあっただろう
あれで長年積み重ねた連続出場ガ
途切れてしまったのはやんごとない

あの場面でしてはいけないことをのちにやってしまった怒りマーク
俊介ガの走ったのはベンチのサインでないということを
世間に知らせたことを「首脳陣」は大いに反省してもらいたい
たとえ俊介の独自の判断で走ったにせよ
かばうような発言をしてもらいたかった。
そういう細かな配慮が今の首脳陣に欠けているところ
でもっとも、選手操縦する上で大切なところでもある。

だから、優勝という声は聞かれても
監督を胴上げしたいう主力の声は
一切聞いたことはない!!
のであるよの真弓はん


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




  • 2011.03.30 Wednesday

エノゴリ君はジョーカー

榎田投手が29日、中日との練習試合(京セラドーム大阪)に先発し、
5回64球で無四球1安打無失点と好投した。
同戦に先発予定だった能見が前日28日に発熱ダウン。
急きょ回ってきた先発マウンドで対応能力の高さを証明し、
竜キラーを襲名した。

 榎田 今日投げることに変わりはなかったし、
普段通りの投球をしようと思っていた。和田さんに
森野さんにと、雰囲気があったけど、自分のことを
しっかりやるだけでした。

 当初はこの日ウエスタン・リーグ広島戦(鳴尾浜)
に登板予定だった。相手、イニング数が変わっても、
まったく意に介さない。5回を3奪三振で1人の走者を
許しただけ。3番森野からは外角直球を勝負球に使い、
2打席連続で見逃し三振を奪った。

 首脳陣は開幕中継ぎスタートを決定済み。東京ガス時代から
経験している救援登板が増え、レベルアップに必死だ。
1歳下ながらプロの1年先輩にあたる藤原から
救援の心得を勉強。「良いお手本です。中継ぎは何度も
肩を作るので試合前のブルペンの球数、キャッチボールの
球数を少なめにしたり…」。そんなまじめルーキーに対し、
首脳陣の評価は高まるばかりだ。

 山口投手コーチ ジョーカーで使える。
先発ローテに入る力はある。(中継ぎ起用は)編成上の問題。
6連戦で3試合ぐらい大事なところを投げてくれたら。

 中継ぎはもちろん、ロングリリーフも可能。
スクランブル先発では竜を軽々抑え、ローテ入りを狙う素材だ。
万が一の有事が起こった時、虎にはジョーカー榎田がいる。


投手コーチに一言
先発で使えるならそうしろ!
使えるからといって中継ぎにしたら
昨年の西村「途中リタイア」
見たいになりかねン
大事に使え怒りマーク


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




  • 2011.03.29 Tuesday

榎田は7番手なの。。。

スクランブル、予行すればこわくない!? 
榎田が今日29日の中日との練習試合(京セラドーム大阪)に
「緊急先発」する。当初、先発予定だった能見が体調不良を訴え、
代役に指名された。

 「この前はボール先行だったので、ミスを減らして、
仲間に信頼される投球が出来ればいい。1軍に残るチャンスでも
あると思うので」。

 23日の広島戦は3回1失点。3安打と2四球で走者を許した。
精度を高めた投球が求められることは自分が一番分かっている。

 29日はもともと、ウエスタン・リーグ広島戦(鳴尾浜)
で登板予定だった。急きょ巡ってきた1軍先発。
すでにオープン戦などで、中継ぎ適性は発揮している。
14日巨人戦(岐阜)では2番手で登板し3回2安打無失点。
首脳陣も先発、中継ぎ兼用での起用を画策しているところだ。
緊急先発もこなせば、「何でも屋」としての地位を確立できる。

小嶋を中継ぎで起用するから、
榎田は5番目の先発だと思ってました
残り2枠は下柳、メッセ略に決まり見たい
福原にこだわり続け、メッセもローテ入り
2軍で結果を出している、ショウ、ジェン
小嶋、榎田を先発として育ててもらいたいのに
阪神ファンの大半は育てられない投手コーチの存在に
気が付いているのに、なぜ球団は解らないのか。。。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




  • 2011.02.26 Saturday

エノゴリ君 3回1安打無失点

オープン戦、阪神0−1オリックス、26日、安芸)
ドラフト1位、榎田が実戦初先発で3回1安打無失点。
試合は敗れたが、ルーキーの好投が光った。

 榎田は初回を三者凡退、二回は李承ヨプに安打を許したが、
三回も三者凡退に抑える好内容。打者10人に対し、
1安打、無四球、3奪三振の好投を披露した。

 試合は四回表に2番手の小嶋が1点を失い、0−1で惜敗。
投手陣は好投を続けたが、打線が奮起せず、4安打無得点に終わった。

藤井彰(榎田について)

「低めに球が全部集まって良かった。テンポも良かった」

阪神・坂井オーナー(榎田について)

「安定した投球で、期待させてくれる。
うまく滑りだしてくれたらと思っていた」

マートン(二塁打を放ち)

「実戦の最初のうちは外角の球をしっかりとらえることを
考えている。今までやってきたことを実戦で
洗練しないといけない」

小嶋(2回1失点)

「(五回に)四球を二つ出したのが問題です。
それがこれからの課題」
「ボール自体はまあまあですが、
多少力みがあった」と反省していた。



相変わらず、走者が出ても動きませんね
結果は出ませんでしたが
俊介は進塁打の意識は感じ取れたが
2番に入るであろう平野が
進塁打の意識は感じ取れなかったのは
非常に残念でもあった
「初回無死1塁 左フライ」
上げてはいけないし、左方向の打球
もダメ怒り
練習試合このオープン戦
を見る限りは
全般的に1点を取る野球をやろうと
する意識は感じられません


赤星さんが
優勝できる戦力は十分ある
問題は線になるかどうか
と話していた
チームが一丸になって
戦えるかどうかにかかっている

結局、選手が監督を胴上げしたいという気持ちが
本気になれば優勝できるんじゃないかと思う

エノゴリ君は低め目にボールが集まっていたが
比べると、小嶋のほうがばらつきがあった
見劣りしてしまったのは残念でもある


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング


  • 2011.02.14 Monday

エノゴリ君 1回〇封も『反省』

阪神春季キャンプ(練習試合、13日、宜野座)
ドラ1ルーキー榎田(東京ガス)がヤクルトとの練習試合に登板。
「緊張してあっという間だった」というプロ初の対外試合を
1回無安打無失点で終えた。

 ややボールが多く内容はいまひとつだったが、
収穫はあった様子。
 「あっという間の1イニングでした。打者有利のカウントを
作ってしまったし(投球は)30点ぐらい。
けん制する機会もあまりないので、できればいいかなと」
と意欲的に話した
8000観衆の前で初マウンド。一死から川島慶に
カウント3−0(3ボール)。そのまま四球を許したが、
ここから秘めた力を見せつけた。

 続く飯原の初球の前に一塁へけん制球。逆をつかれた
川島慶が間一髪で帰塁する姿にどよめきが起きた。
さらに1球目と2球目の後にもけん制。そして飯原に対する
5球目を投げようとした時だった。セットに入ると、
すぐにプレートを外してクイックで一塁へ。
けん制死は奪えなかったが、次の球で飯原を右直。
スタートを切った川島慶が戻れず無失点で役目を終えた。

 「何かひとつ覚えて終えたかった。(けん制は)本当は
『あんまりするな』と言われていましたけど(笑)」。
開幕ローテ入りを実現すれば、開幕カードでの対戦も
考えられる相手。その前で、すべてパターンの違うけん制で
打者への12球以上のインパクトを残した。真弓監督の信頼も上昇。
「うまいしクイックもしっかりできる。そういうとこは
心配する部分はない」と言わしめた。

 「高校時代から『考えて、間を利用しろ』といわれていた」

 けん制が上手くなったと自負する宮崎・小林西高時代。
チームに投手は榎田のみ。連戦を投げ抜くため、
走者との駆け引きにも、力を入れてきた。磨き上げてきた持ち味が、
プロでも通用することを証明した。

 本業は3人の打者にすべてボール先行。相手の走塁死に
助けられた形だが、久保投手コーチは「走者が出ても
(投球の)タイミングを変えながら、意識(投球の意図)
がしっかりしている」と評価した。

 「投球はいいところがなかった。緊張せず、持ち味を出したい」

 今度は打者を驚かせる。開幕ローテ入りを狙う即戦力左腕が、
次々と可能性を示していく。
さんすぽ

昨年のルーキー二神も評判は良かった
ですが、開幕直前に故障
1シーズン棒に振った。
監督も煽らず、怪我をしないように
細心の注意をしてもらいたいものだ

と思う

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング


  • 2011.02.08 Tuesday

とら1今年は活躍できるかも。。。

小耳にはさんだんですが。。。
榎田投手は
エネゴリ君に似ているところから
エノゴリ君と呼ばれているらしい

榎田投手(24)が7日、フリー打撃に登板した。
プロ入り初めて打者を相手にした投球で小宮山、野原将を
相手に61球。安打性の打球は9本に抑えた。
直球に緩急を付ける“1人時間差投法”で打者を幻惑。
見守った真弓監督も、開幕ローテ入りについて
「入る力を持っている」と絶賛する内容だった。

  ◇  ◇

 ボールとバットの衝突音が鈍く、重く球場に響いた。
ドラ1左腕の初フリー打撃登板。息をのんで見守った首脳陣、
ファンの前で榎田は躍動した。打者のタイミングを外すフォーム
と独特に動くボール。“デビュー戦”は圧巻だった。

 「結構詰まったり、差し込まれたりしている打者が多かった。
その部分はいいかなと思います」

 加藤、能見、川崎と左腕が続き、榎田は4番手で登場。
まずは小宮山と対した。「最初はやっぱり緊張しましたね」
と2球続けて高めに大きくそれたが、ここから本領発揮だ。
内にはカット、外にはツーシーム気味に動く直球で、
打者の的を絞らせない。野原将を合わせて全61球で、
19球のファウルを奪う内容だ。

 ケージ横から見守った真弓監督は
「この段階では十分です。
注目されながらだからね」と評価し、
開幕ローテについての質問には
「入って欲しいとかじゃなく、入れる力を持っているよ。
競争に勝って、入ってくるんじゃないかな」と“断言”。
能見、久保、スタンリッジ、岩田に続くローテの一角として
、高い期待を寄せた。

 オール直球勝負のマウンドで、
目を引いたのは独特のフォームだ。
13球目からのセットでは、右足の上げ方や左足のタメ…
ボールの緩急など、打者との間合いを変えながら投球。
直球だけで緩急をつける“1人時間差投法”で、
野原将からは空振りも奪った。
「これができるのは下半身がしっかりしているから」
と久保投手コーチが評価すれば、山口投手コーチも
「初めてでなかなかできない。社会人までやってきたと
いうことやな」と即戦力に太鼓判を押した。

 カーブ、スライダー、カット、スクリュー、フォーク…。
5種類の変化球に直球での緩急が加われば、
投球の幅は大きく広がる。
「外は外、内は内にというのが僕の軌道です。
コントロールには
ある程度、自信がついたと思います」と榎田。
第3クール中にはシート打撃に登板する。
開幕ローテ入りへ、
ルーキーが階段を駆け上がっている。

(2011年2月7日)デイリー
「思ったより打者の反応を見て投げられた。
緩急をつけて投げたら、打者も多少は
戸惑っていたような気がします」

 入団以来、初めてプロの打者を相手にした。
小宮山と野原将へ62球。安打性はわずか8。
注目すべきは打者の反応だ。直球のみだが、
変化球を混ぜているように体勢を崩すシーンが多発した。

 「足の上げ方や、クイックとかで間を考えて投げました」

 直球に“変化”を加えていた。右足の上げ幅を変える。
軸足でタメを作る間をずらす。セットからはクイックも駆使。
「内角はファウルを取るために少しスピードを抜いた」
と明かした。多彩な球種を封印しても十分な緩急。
新人らしからぬマウンドさばきで先輩を翻弄した。

 1日の初ブルペンに続き、改めてライバルの007も驚愕だ。
視察した巨人・山本幸二スコアラーは
「考えて投げていて、
頭がよさそう。色々球種もあるみたいで、
両サイドに投げ分けられて的が絞りづらい」と注目。
中日・佐藤秀樹スコアラーも「チェックしないと」
と警戒を強めた。

 同じ沖縄の名護では日本ハムのD1位・斎藤佑樹投手(早大)
が大人気だ。だが、タテジマの1番星は“実務レベル
での力を示している。

 それは味方も感じている。対峙した野原将が証言した。
「直球が動いて厄介。変化球が入ってきたら嫌だと思う」。
右打者の外角は逃げるように、内角はくい込むように。
緩急と合わせ直球が2段階に変化していた。

 「(変化は)ナチュラルです。『外は外、内は内に』が僕の軌道」

 さらっと言ってのけた。縦横7種類の変化球だけではなく
次々と引き出しを披露するルーキーを
久保投手コーチもベタ褒めだ。「(緩急が)十分にできている。
投げられるのが分かっているから
打撃投手もやらせた。面白い存在」。
真弓監督も
「(ローテに)入ってほしいだけじゃなく、
入れるだけの力をもっている」と力を認めた。

 16日の練習試合(対日本ハム、名護)では登板予定。
まだ引き出しがあるのか。期待は膨らむ。

 「キャンプ、オープン戦でアピールして開幕1軍に残りたい」

 休日以外は毎日ブルペン入り。元気な虎の“新鮮力”
の快進撃が、勢いを増していく。
さんすぽ

真弓監督&久保コーチの言葉だけなら
昨年の二神などのこともあるし
信用性にも欠けますが
ただドラ&きょさんの スコアラーの言葉は
信用してもいいかなあとは思う

ただ、まだ実戦に登板していない
今の時期に指揮官がいう言葉ではない

なんか、違うンだなあ。。。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング


  • 2011.01.31 Monday

やっぱ捕れない!【13】榎田の無回転魔球

魔球は本物だった。ドラフト1位の榎田大樹投手(24=東京ガス)
が30日、沖縄・宜野座の合同自主トレで初めて捕手を
座らせてブルペン投球した。28日に初披露した
「ナックル・フォーク」が再び猛威をふるい、
早くも2人目の“犠牲者”を出した。

 小宮山 清水さんが捕れないって言うのを聞いてて
「本当かよ?」と思っていたけど、自分も捕れなくて
恥をかいちゃいました。回転がなくて、目の錯覚で
いつ落ちるか分からない。今までに受けたことない軌道です。

 座らせての24球目。揺れる「魔球」はミットに収まらなかった。
キャッチングに定評のある小宮山もポロリ。
「もっと捕りたいです」とお願いした。

 榎田 自分もこんなに驚かれるとは思わなかったです。
キャッチャーも、捕りにくそうということは、コントロール
できれば使えると思います。

 社会人時代も調子がよければ捕手が多々、後逸した。
曲がりが不規則で制球が難しく、実戦使用は控えていた。
練習する機会が少なかったのも事実だ。「魔球」を全開すれば、
プロ1年目から球界を惑わすかもしれない。

ニッカンから

新人の投手には過度の期待はしていませんが
たまにはルーキーイヤーから活躍できる
選手が出てこないかなあと思いますね

白仁田はいまだ1軍登板はなし
背番号も「47」から64になった
ショウは昨年1軍登録されたけれど
投手コーチのおかげ?!もあって
登板機会はなかった
昨年二神も期待しましたが
シーズン直前 怪我でリタイア

いい加減、即活躍できる選手が
出てきてもいいんでない。。。

ps
前日マートンが神戸市内の自宅に戻る途中
吉野家で特盛を2杯食べたそうです



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




Go to top of page