オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2009.01.17 Saturday

真弓監督「虎の守り神にV祈願」

真弓監督と南球団社長が3月中に、虎にゆかりの神として知られる奈良県信貴山で必勝祈願を行うことが16日、明らかになった。3月20日に三宮−近鉄奈良間を結ぶ「阪神なんば線」が開通。新線のPRも兼ね、虎の指揮官が奈良へ参上する。

◆ 1962年にはリーグ優勝 ◆
 普段は全く験を担がない真弓監督だけに、ご加護があるのは間違いない。虎にゆかりのあることで知られる奈良県・信貴山。虎の指揮官とともに必勝を祈願する南球団社長の言葉には、熱い思いがにじんでいた。

「信貴山で必勝祈願したいと思います。長い間、行ってませんけどね。御利益があって、勝てるなら、どこへでも行きますよ」

 球団関係者が公に参拝したのは、寅年を間近に控えた1997年12月の今岡が最後。この時、12年後の寅年に開けるタイムカプセルを埋めた。3度の優勝とMVP、の言葉とともに…。

 以来、10年以上のブランクが存在しているが、今回は少しばかり訳がある。開幕直前の3月20日に「阪神なんば線」が開通。これに伴い、阪神三宮−近鉄奈良間で相互直通運転が開始されることとなった。同区間はこれまで数回の乗り換えを要していたが、格段にアクセスが向上。そのPRも兼ねた指揮官の参拝。さすがに、阪神電車で移動することはなさそうだが…。

 信貴山とトラの結びつきは深い。西暦582年、物部守屋討伐に乗り出した聖徳太子が当地で必勝祈願。すると空から毘沙門天が出現し、必勝の秘法を授けたという。くしくも寅年、寅日、寅の刻。以来1400年あまり、信貴山は虎にゆかりの神として多くの人々に信仰されてきた。

 もちろん、タイガースとの因縁もある。阪神では寅年だった1962年に三宅秀史、並木輝男が公式行事として信貴山の頂上にある朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)で必勝祈願。その後のシーズンでは、堂々のリーグ優勝を飾った。非公式には、野村元監督の沙知代夫人や岡田前監督も必勝祈願。朝護孫子寺の関係者も「在阪の球団だし、ぜひとも優勝していただきたい。一生懸命お祈りします」と語った。

 戦の神・毘沙門天に、虎の神。ぶっちぎりの4年ぶりVへ、力を貸してくれるはずだ。
記事はサンスポ

ここ5年、家庭の事情で参拝には行けてませんが
それまでは正月の恒例行事でお墓参り「高安山」と
信貴山、毘沙門天の巨大な張子の虎を見るのが通年でした

真弓監督はファンの願いから【優勝】宣言していますが
それは当然だと思いますが。。。
若い選手を育てながら、勝つというのは難しい
当然、勝敗をど返しする場面も多々あるでしょう。
 
今季を予想してみると
中日・川上、巨人・上原のエースのMLB移籍は
数字以上に目に見えない部分でも戦力ダウンは
あると思います。
それでも普通に巨人がはじめから戦えば
戦力的に見ると頭一つ抜けているでしょう。
2位以下は混戦になると思いますね

阪神の戦い方とすれば、今季は3位↑ねらい【CS出場】すればOK
でしょう。CSなど短期決戦でも勝てるチームの土台を作ってもらいたい
前監督の5年でちーむ状態は悪くなったのですから
優勝してほしいですが、過度の期待はしないようにしないと。。。

優勝してくれたらいいね!
ぐらいでちょうどいいんではないの

 
21年振り后孱隠坑牽機廝隠固振り后孱横娃娃魁
と待つことができたのだから、
5、6年ぐらい待つのは平気でせう!?楽しい

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/209463

Trackbacks

Go to top of page