オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2010.04.09 Friday

小嶋 2回4失点 気の毒な面あり

(セ・リーグ、阪神5−8巨人、3回戦、巨人2勝1敗、8日、甲子園)
今季初先発の小嶋は2回4失点。
一回先頭の坂本に右中間三塁打を浴びてリズムを崩すと、
続く松本に右前適時打。その後、ラミレスに2ランを浴びた。
「本当に申し訳ない。中継ぎに迷惑をかけてしまった。
結果がすべて。自分の未熟さです」。
久保投手コーチは「固くなってしまったのかな」。
中継ぎに配置転換される可能性も浮上した。
さんすぽ

昨年好調な時でも1軍の登板はわずか1試合しかなかった
今季はオープン戦の好投を認められて開幕1軍をつかんだ
初先発を雨で流しテ、昨日の登板が今季初登板、初先発だった
首脳陣に配慮という、少し考える頭があれば
中継ぎで調整登板させることも出来ただろう。

今の小嶋は新人投手みたいなもの
初登板で緊張するのは当たり前、しかも相手は強力巨人打線
乗り越えなければならならないのですが、
初登板の相手としては荷が重かったといえる。

いきなり先頭の坂本に長打、見ていないのですが
センター方向に飛んだ打球をマートンが回り込んでおさえておけば
3ベースにはならなかったという『福本豊談』
ここでベンチは大きな指示ミスを起こしている

無死3塁 前進守備体形をとった
おバカな指示のため
次の松本の打球はブラゼルの横を抜けて行った
普通の守備位置なら取れたような打球だった
1点もやっていいからというのと、
出来ることなら1点もやりたくないというのでは
投手心理も違ってくるだろう
何回も言うようですが、昨日は今季初登板の小嶋である
そのことを考えた上での、前進守備だったんでしょうかと
と問いたい
いくら相手投手が内海であっても
阪神打線が苦手の投手でもない。
1点ぐらいいいよという、余裕のなさ
ガ小嶋を苦しめたとは言えないか
1点取られたとして1死走者無しでは
展開も変わっていたでしょう
ラミレスの3ランで4点取られて、開き直れたのか
四球の走者を一人だけで、あとはまずまずの投球内容を見せた
2回は3者凡退
真弓監督が「次の先発はあるかどうかわからない」という
昨日の登板だけで判断するのは、早計でしょう
育てる意識が薄い、首脳陣にはあきれるばかりである
昨年打たれても、打たれても、ひつこく
先発チャンスをあたえている
中堅投手はいましたけどね

次の先発予定は『中6日』
巨人戦東京ドームである

ここを何とか乗り切れないとローテ投手にはなれない
何とか小嶋投手には頑張ってもらいたい!!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/246504

Trackbacks

マートン 場外

【阪神】マートンが本拠地初アーチ ‎18 時間前‎ 阪神マット・マートン外野手(28)が本拠地初アーチとなる今季2号を放った。4点を追う4回2死二、三塁の場面で、巨人内海から左中間3ラン。再び4点を追う9回2死二塁の場面でも右前適

  • 35秒で今日のニュースがわかる!
  • 2010/04/09 5:48 PM

Go to top of page