オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2010.04.22 Thursday

久保、もったいない…9回2死無走者で痛恨被弾

誰も文句は言えまい。非の打ちどころのない投球内容。
だからこそ悔やまれる。あの1球さえなければ−。
クラブハウスへと続く通路。久保は声を絞り出し反省の言葉を並べた。

 「打たれたら一緒。競ったゲームでいいプレーが出てた。
流れもこちらに来ていた。大事なところで打たれて情けない」

 同点で迎えた最終回。2死無走者。打席には小窪。
フルカウントからの8球目だった。外角への124キロスライダーで
完全にタイミングを外し打ち取ったかに思えたが、
打球は甲子園の上空に吹く追い風に乗って伸びていく。
白球は無情にもフェンスを越え、左翼ポール際の観客席へと
吸い込まれた。重すぎる「1」がスコアボードに刻まれた。

 今季、先発陣で初めて9回を投げきった右腕。今季2敗目を喫したが、収穫は大きかったはずだ。変化球投手としてのイメージが強い久保だが、この日は今までと180度違う投球スタイルへと変化。
その象徴的なシーンが6回だ。2死三塁で打席に4番・栗原が立つと
4球総て直球を投じ空振り三振に仕留めた。初球のボール球は
この日最速となる150キロを計測。直球主体の投球でも
十分通用することを本人も感じたはずだ。

[ 2010年4月22日付 ]suponichi

昨年までの久保のイメージは変化球でボールを散らし
カウントを悪くし、球数が多いイメージがあった.
捕手城島に代わり
攻めのイメージが強くなり、無駄な四球は減ったように思う。
9回2死走者なし、打者小窪
カウント2−2からの、ハーフスイングがボールになったのが
次の伏線『被弾』になってしまったショック

それでも135球 7安打 6三振 1四球 失点2 自責2
負け投手になったけれど、
完投できたことは今後につながるでしょう。
なにせ、21試合目にしてチーム初完投の
弱体先発陣ですから。。。

鳥が最近いいところで打ってないと思ったら
昨日の先制適時打は14試合、59打席ぶりだとかびっくり
マートンの出塁率が429、いかに2番打者がいい形で
鳥谷につなげていないかが数字上でもわかる。
それだけではないですが。。。
打線が生きていない、流れていないことじゃないですかね

ちなみに上位2チームとの3番打者を比較してみる
中日森野 打率411 打点16 5本塁打 得点圏打率474
巨人小笠原  3717  25 7         345
 鳥谷    282   11 2         313

安定した戦いができるかどうかは
3番打者の働きによることが大きいと思うので
3番を打つ以上、鳥には、もっと働いてもらわないと困る


人気ブログランキングへ
CoRichブログランキング


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/247661

Trackbacks

Go to top of page