オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2010.04.26 Monday

星野SD 監督復帰意欲「もうひと勝負」

阪神星野仙一オーナー付シニア・ディレクター(SD=63)
が25日、将来のプロ野球監督復帰に意欲を見せた。
大阪・泉佐野市内でトークショーを開催。
「私ももうひと勝負しようと。闘志だけはありますから」
と語り、現場復帰への意欲を明かした。
日本代表監督を務めた08年の北京五輪以降、
今後について話すのは初めて。

 トークショーで司会者から「将来の夢」を問われた時だった。
星野SDはきっぱり言った。「私も人生の最後で、もうひと勝負しようと。闘志だけはありますから。気持ちだけは若い者に負けませんよ」。
司会者に「もう1度監督をということですね?」と念を押されると
笑顔で返し、500人の聴衆から、この日一番の拍手がわき起こった。

 4位に終わった北京五輪後、自身の今後について言及するのは
初めてだった。もう1度、ユニホームを着て勝負がしたい。
もう1度、チームを指揮して優勝を味わいたい。
沈黙を守って来た闘将に、再びファイティングスピリットが
よみがえったのだろう。「金しかいらない」と宣言して臨んだ
北京五輪はメダルすら逃した。負けたままでは終われない。
まだ見ぬ日本一の目標も残っており、野球人生の集大成として
“ラスト登板”への意欲が高まったようだ。

 トークは監督のやりがいにも及んだ。「強いチームなら
昼寝してても勝てる。でも私は弱いチームばかり受け持たされる。
でも弱いチームを強くするのが、夢でありロマンでもある。
子どもが成長していく楽しみと同じ。
出来の悪い息子ほど
かわいいって言うじゃないですか。
もっとも、初めは
『優勝させに来たぞ!』って言うと、
みんなこのおっさん
アホかって顔してましたけど」。
01年オフに4年連続最下位
だった阪神監督を引き受け、
03年に18年ぶりリーグ制覇に
導いたことを振り返って熱弁。
低迷するチームに勝つ喜びを
教えることが、自身の天分ではないかと自己分析した。

 発言は阪神次期監督を希望するものではない。
自分を望んでくれるなら、12球団OKの思いがあるとみられる。
ただし、現在は阪神フロントの中心的存在にあるSDの身分。
強い「阪神愛」を持っているとはいえ、
球団もチームの顔が
ライバルチームに流出することは、
何としても阻止したいところだろう。

 05年には低迷していた巨人がOB以外では初めて、
監督招聘(しょうへい)に動くなど、中日と阪神で
リーグ優勝3度を誇る指揮官としての評価は高い。
今回の発言を受け、今後の動向から目が離せなくなってきた。
ニッカン

今季終了後に真弓監督のあと星野さんが受け継いで
3年ぐらいやってもらって日本一になって
木戸『現ヘッド』平田『現2軍監督』
あたりに引き継ぐのかな


もう、他球団のユニホーム姿は想像できない
阪神の監督に収まるのがベスト

巨人監督寸前までいった時には
信じられませんでしたけどね。
空気を読むことに関しては天下一品
原監督を推薦して騒動になりかけていたところ
を封印した。
クビ同然で巨人監督を追いやられた、原さんにとって
千載一遇のチャンスがころがり込んできた。
巨人は3連覇するは、WBCの監督までたなぼたで就任
世界一にもなった。これほど悪運の強い男はいない!?

4連覇だけは、阻止してもらいたいが
やはり巨人は強い!
中日、阪神が巨人の上にいくのは容易なことではない
短期決戦のCSがあるので
日本シリーズに行く可能性はあるとは思いますが。。。

人気ブログランキングへ
CoRichブログランキング


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/247973

Trackbacks

Go to top of page