オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2011.01.11 Tuesday

「昨年の状態なら」 辞めるしかない

金本が10日、読売テレビ系情報番組「かんさい情報ネット
 ten!」に生出演。視聴者からの質問に対し、
現在リハビリ中の右肩痛が完治せず、活躍できなかった場合は、
「(今季限りで)辞めざるをえないでしょうね」との考えを明かした。
常に全力プレーを目指す金本だからこそ、の答えだった。
質疑応答のコーナー。視聴者からの「今季も同じような成績に
終わったら引退するのか」との問いに、ハラをくくっている
覚悟を示した。

 「例えば肩が治らなくて、昨年のような感じであれば、
辞めざるを得ないでしょうね。そりゃもう、ココ(右肩を触りながら)
次第ですよね。治る見込みがあるか、ないかにもよりますよね。
前半(戦)が悪くて、後半盛り返してきて、治る予定があるのなら、
もう1年やってみようか、ということにもなりますし」

 年始を故郷広島で過ごし、この日から甲子園で始動。
その後、テレビ番組に生出演し、阪神移籍後ワーストとなった
昨季の成績(144試合、打率・241、16本塁打、45打点)
を振り返りつつ、視聴者の質問に答えた。もちろん、現役生活に
ピリオドを打つかどうかは、あくまで患部の回復次第だ。

 「右肩は順調? 順調ではないですが、かといって特別、
光が見えないわけではない。いけるんじゃないか、という部分も
あるし、あと2、3カ月たって、どうなっているか、読めない
部分はある。覚悟のシーズン? だと思いますね、僕は」

 リハビリという、長くて暗いトンネルを一歩ずつ進んでいる。
生身の人間である以上、出口がふさがれていると判断したなら、
引き際を決断することもある。

 今季の抱負を問われて、フリップに『無理せず、
全試合スタメン』とマジックで書き込んだ。

 苦境に立たされたときこそ、歯を食いしばり、
存在感をみせてきた。アニキの意地を証明する。

 さんすぽ

予想以上に肩の状態はあがってこず
今季の全試合スタメンは難しいでしょう!?

そこで一つ気になるのは
継続中の連続試合出場
昨年試合展開に
全く関係なく代打出場し続けた
これは、首脳陣の配慮だとは思うが
試合を勝つためには
この足かせが引っ掛かる

アニキの言うとおり
スタメンで全試合できたなら
いいとは思いますがね。。。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング



Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/264585

Trackbacks

Go to top of page