ぶち破れ!おれがヤル ! 虎 想い 2019

昨年よりも
偏った選手起用に
来年は期待は持てないかも
<< July 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

コウヘイ 食らいついた

2012.03.26 Monday

(日米親善試合、阪神5−1マリナーズ、25日、東京ドーム)
大歓声とともに、白球は右中間へと飛んでいった。
柴田にとって、この試合はエキシビションでも何でもない。
開幕スタメン、そして2年連続のレギュラーへ。
とにかく結果だけが欲しかった。

 「(いい当たりだったかと問われ)いえいえ…。前の3打席が
ダメだったんですから…。(五回に)バントも失敗していましたし。
でも、平野さんも進塁打を打ってくれましたから、その中で
気持ちを整理して、初球から食らいついていきました」

 試合後の雑踏。マリナーズに快勝し、誇らしげに胸を張る
選手が多い中で、柴田は真っ先に反省点を口にした。
インフルエンザなどのウイルス対策としてつけていた
マスクを外すことなく、固い表情を崩さなかった。

 七回二死二塁。マ軍でセットアッパーを務める
トム・ウィリヘルムセン投手(28)の147キロ高め直球を
フルスイングした。大麻使用→、引退→バーテンダー→メジャー復帰と、
異色の経歴をもつ右腕のひざを折らせ、リードを4点に広げた。

 「昨年も(104試合に)出してもらっていました。
負けたくないという気持ちがありました」

 左肩痛は癒えた。振り込み量はまだまだ足りないが、
実戦で答えを出してきた。30日の開幕DeNA戦の
スタメン表に「柴田」の2文字が刻まれるはずだ

しっかり、バントは決めないといけない立場ですが
2塁打を放ち2塁へ向かう姿は
必死さを感じられた


なんで、あっちゃんがAKBを卒業
するの・・・
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://ps5.tblog.jp/trackback/287059

トラックバック

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other