ぶち破れ!おれがヤル ! 虎 想い 2019

昨年よりも
偏った選手起用に
来年は期待は持てないかも
<< July 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

野球はただ漠然と打つだけでは点は入らない!★25

2006.06.14 Wednesday

何度、同じことを書いたのだろうかしょんぼり昨日も15安打,7四死球 2ラン2本で7点しか取れてない。盗塁もなく,エンドランも皆無,送りバントもあまりしない(今年は少しは増えた?)無策の攻撃では、残塁が多いのは当たり前で「あと1本」が出ないのが、野球である!?3割打者が並んでたとしても7割はアウトですから。。点をとるための工夫がないと点は取れない。1塁に出たなら、バントしなくても2塁に進める。無死or1死 3塁なら外飛じゃなくても点を取れる方法を考えてやるのが『プロの試合』ではないのか。打者ができないのなら、ベンチの采配でやらせたらいいのだが、ベンチはあほなんでそれも無理!?無策でも勝ってきたのは、ほかの球団よりやや投手力が上回ったからで、強いから勝った?わけでもない!? 先発井川が野口のマスクでいい投球が2試合続いて、いい感じになってきたのに「スタメン矢野」にして、また悪い井川に戻った気がしますショック 同点で投げさせられない投手ならベンチにいらないのではないか。毎度、毎度 J−F−Kしか投げさせないから無駄に登板数も増える。久保田を本当に「クローザー」にしたいのなら1点差で勝っているときにしか投げさせない『頑固』さが必要ではないか。他球団の『クローザー』の投手はほとんど同点の場面では投げていない。久保田の防御率3.19は1試合1イニングとしても3試合に1度は点は取られる(失敗する)計算になる。同点登板=負け投手になる冷や汗 早くも6度の失敗、5敗目は逃れられない事実であるショック 人気blogランキングへ

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://ps5.tblog.jp/trackback/93608

トラックバック

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other