オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2008.09.10 Wednesday

優勝するためには?『必死のパッチ』と謙虚な姿勢 。。。

マジックが再点灯したからといって、苦しい戦いは続くでしょう冷や汗
打線の低調、先発投手陣のコマ不足、そのうえ、中継ぎ陣の崩壊では
1つ勝つのもしんどいでしょうか!?
いまのところ、アッチソンが救世主になってくれてますが拍手
球児も本来の調子ではない!?
球児なら7,8割程度の調子でも抑えてくれるでしょうけれどね
昨日みたいに、6回70球で岩田を降板させるから、
先発が育っていかないんですよ!
おかダニは わかってないんでしょう...冷や汗

阪神が優勝に向けてのキーワードが、
矢野さんのヒーローインタビューにあったと思います!

 ――この一発がキッカケになる

矢野 「そうしないとダメでしょう。必死のパッチでやりたいと思います」

 ――よく関本選手が使うが

 「元祖はボクです。パくったみたいで、アイツのモノみたいになってますけど、返してください」(ベンチで関本が大笑い)

 ――ことしはマイクでも楽しませてくれている

 「気をつかってます」

 ――苦しい試合が続く

 「きょうの打席でつくづく感じました。でも、1試合ずつ謙虚に戦っていけば、優勝できると思います」

「まぐれです!! バットを短く持って、謙虚にいったら…皆さんの声援が本塁打にしてくれました。キッカケ? そうしないとダメでしょう。必死のパッチです」

 休養予定から一転、九回に球児登場と共にマスクを被った。その裏、無死から打席へ。押本から粘りに粘って11球目、甘く入った137キロをとらえた。「最近、本当に球が飛んでなかったから、まさかね」と矢野が言えば岡田監督も「食らいつく姿勢を見せてくれた。何とか塁に出て欲しいとは思っていたけれど…」と苦笑いだ。

 出場32試合ぶりの4号は甲子園で2年ぶりの一発。しかも最深部だ。サヨナラ打は2年ぶりだが、サヨナラ弾となれば03年9月5日の横浜戦(甲子園)まで遡る自身2度目。歴史を紐解く劇弾は「必死のパッチ」以外、何モノでもない。

 「元祖はボク。(関本から)パクったみたいですが、返してください!!」

お立ち台からベンチの後輩に訴え、客席を沸かせた。7月22日の虚人(甲子園)。初マジック「46」を灯したお立ち台で矢野が叫んだのが元祖。「(同点で登板した)球児の気持ちを一番近くで受けているのが、オレやしね。カネもいつもチームを引っ張ってくれて頭が下がる。うまくいかない中でも、みんな必死にやっているんや」。

 「(虚人は)気になるよ。なってなって仕方ない。気にしないなんて絶対無理や」

 昨年5月から続く“適時打(本塁打含む)不敗神話”を29勝1分けに伸ばし「(中日は)勝ったん? はよ試合終わってくれ」とつぶやきロッカーへ。その2分後、ゲーム差は5に広がった。今までも、そしてこれからも必死に…。その姿勢が歓喜の瞬間を呼ぶ。
記事はサンスポ

9回先頭打者矢野さんが『謙虚に』バットを短く持って、ファールで粘り、
『必死のパッチ』さが、打球が風にも乗って、センターバックスクリーンへサヨナラホームランを運んで言ったともいえる。。。

いつも、『バット』を長くもって、凡打が多い桜井、
安定感のない鳥谷、はやしくんにもきかせてやりたい言葉です!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ



Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/197252

Trackbacks

Go to top of page