オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2009.12.03 Thursday

岩田はダウンはおかしい。。。ちゃうの

岩田稔投手(26)が2日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、200万円ダウンの年俸3800万円で1発サイン。
シーズン後半だけで、7勝を挙げた左腕には厳しいマイナス査定となった。だが、岩田は「当たり前かなと思います」と納得の表情。
春先のワールド・ベース・ボール・クラシック(WBC)直後に
左肩のけがで出遅れた今季を反省し、来季での巻き返しを誓った。

えっ!ダウンなの…。今季後半、能見に続くローテの中心のなった
岩田がダウン提示が突きつけられた。

 「すごいスタートがバタバタしてしまって、シーズンに入ったときに
チーに迷惑をかけてしまった。自分としても情けないと思いました」

 4000万円から200万円減の3800万円。
それでも、岩田はサイン。覚悟の上でのダウンだった。

 「予想していました。当たり前かなと思います」。今季16試合に登板し、7勝5敗、防御率2・68。内容そのものは悪くはない。
8月から10月までで6勝。後半の活躍はあまりにも鮮烈。
それだけに周囲には意外にも思えるが…。

 今年3月の第2回WBCに参加し、左肩を痛めた。
3月末の帰国後はリハビリ生活。6月に1軍に合流。
後半戦では力を示したが、あくまで求められていたのは主軸としての
働きだった。WBC中のけがであることを配慮はされたが、
それでも…。2カ月の出遅れはやはり大きかった。

 沼沢球団本部長は「2カ月投げていない。登板試合数や投球回数が
少なかった。WBCのことを配慮した結果、少し下がった」と説明。
伝え聞いた真弓監督は「まだまだやれるということ(期待)で、
そうなっているんだろう」と話した。期待の裏返しでもあるダウン提示。
もちろん岩田自身もそれを感じている。

 「今年、けがをしたんで、けがをしない体作りをして、
来シーズンは開幕から最後まで投げたい。(目標は)15勝で(投球回数)200イニングです」。昨オフ、目標に掲げた、2003年の井川(現ヤンキース傘下3A)以来となる大台を目指す。どんな大きな期待にも応えられる“満点快投”を来季こそ左腕で導き出す
さんすぽ

たしかに数字は下がったけれど
まだ、年俸が安い選手
7勝しただけでも価値はある
ここらの交渉が球団は下手

来季も主力として投げてもらわないといけない選手
気持ちよく、やってもらうために最低現状維持でもいいくらいです
7勝「4000万円」ならアップでもいいくらいです!
能見はノー文句 「5000万円」にアップ
ですが、今年実績1年目
岩田は怪我で出遅れたにせよ、2年連続実績を残したのに
「3800万円」と差がついた。
なんで?

昨日契約更改を終えた江草は
750万円アップで5000万円
「これだけ実績があって」能見と同じことになる
「能見と比較しても」もちろん比較しなくてもですが
江草の年俸が安すぎるでぇ怒り
江草には、中継ぎの大変さ実績を考えたら
最低年俸8000万円以上の価値はある

球団もこの辺のクラスの選手の年俸には渋い気がする
1試合あたり、1億5000万円の純利益が出ているのだから
中堅クラスの選手に
もっと高く年俸をあげてやってもいいと思う

「働きもせん、害人に無駄な高額年俸支払うくせに」
虎の契約更改の時期になると
毎年そう思うのです!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

CoRichブログランキング

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/238399

Trackbacks

Go to top of page