オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2011.03.25 Friday

根回しできていたはず…想定外だった政府の自粛要請

【記者の目】セ・リーグがパ・リーグに屈し、再延期を
決めたことに、巨人球団代表・清武英利は「2つの要因」
をあげた。「電力事情であらためて(政府の)自粛要請を
受けたこと。4月12日の件で言えば、選手たちの心ですね」

  感情はやはり大きな問題だった。だから選手会との窓口、
選手関係委員長でもある清武は「心」を強調した。
「選手会=世間」。世情の後押し、セへの逆風は強かった。

 わずか4日間の延期を決めた際は文科相・高木義明から
「国民の理解を得られていない」と切られた。
巨人・読売を通じて、根回しできていたはずの
政府筋から差し戻しをくったのは想定外だった。
コミッショナー・加藤良三も「どうなっているんだ」
といら立ったほどだ。目には見えない心を読めず、
国民感情を無視した強引さがあった。

 背景に金の損得勘定があった。セ各球団は腹の内で
早期開幕や東京ドーム開催での収益を見込んでいた。
赤字で身売りの危険性にさらされる球団は多い。
確かに清武が言った「経済活動を停止したら日本は沈没する」
は一理ある。広島や阪神も「やれる所はやる」と主張していた。
広島球団本部長・鈴木清明はこの日「道理が通らぬ」と
不満ながらに出席した。

 だが、節電啓発担当相・蓮舫はずばり「商業主義と
とられますよ」と警告、見透かされた。有事に
「金で買えない」心が勝ったこの結果は、捨てたものではない。

 清武の「2つの要因」に加え、あるセ首脳は
「阪神の寝返りが大きい」と言った。近年の躍進で
発言力の増した阪神は世情を悟り、18日ごろから
強行派の巨人に譲歩への説得を行っていた。
セの強行姿勢をけん引していた巨人も
「このままではセは見放される」との警告を聞き入れた。

 「問題は巨人・読売の内部調整だった」との証言がある。
巨人オーナー・滝鼻卓雄が前夜漏らした「オーナーは1人」
は自らかたくなな社内上層部を黙らせる決意表明に聞こえた、
とも聞いた。

 二転三転したセの失態でファン離れが案じられる。
だが問題点が浮き彫りとなり、「球界一丸」を
打ち出せた点に救いを見たい。

[ 2011年3月25日 10:10 ]


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング


Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/268305

Trackbacks

Go to top of page