ぶち破れ!おれがヤル ! 虎 想い 2019

昨年よりも
偏った選手起用に
来年は期待は持てないかも
<< July 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

3年め柴田 初安打 反撃の口火

2011.05.14 Saturday

(阪神2−4中日、4回戦、中日2勝1敗1分、13日、甲子園
もらったチャンスは逃さない−。敗戦の中でキラリと光った
若虎の執念。この日1軍登録されたばかりの3年目・柴田が、
プロ初安打で反撃の口火を切った。

 「三振だけはしないように、速い球に対応できるイメージはあった。
体が反応しました」

 3点を追う八回に俊介の代打で登場。
2番手・浅尾の外角に落ちるフォークに必死に食らいつき、
中前に運んだ。通算6打席目で生まれた待望の一打。
「(09年の)プロ初打席も相手は浅尾さんで、二ゴロだった。
何かあるんだと思います」と喜びをかみしめた。続く代打・桧山
の左前打で二進すると、マートンの左前適時打で自慢の快足を
飛ばして一気にホームイン。波の乗り切れないチームを
活気づけるべく、グラウンドを躍動した。

 50メートル5秒7の俊足に加え、目のよさが売りだ。
学生時代、電車通学の間もトレーニングを欠かさなかった。
窓の外の看板を目で追い続け、動体視力を鍛えた。
「球の縫い目が見える」と語るほどの“目力”で、
浅尾の高速フォークを捕らえてみせた。

 「ポスト赤星」として期待されながら、昨季は春季キャンプ中に
右手甲を骨折。1年を棒に振る間に、1年後輩の俊介に台頭を許した。
今季は開幕1軍スタートも、4月16日に2軍降格。
胸に秘めていた悔しさを、待ちに待った出番にすべてぶつけた。

 「チームが負けて悔しいですが、僕の中ではいいスタートが切れた」

 調子が下降気味のライバルに取って代わる準備はできている。
中堅争いをヒートアップさせ、チームの起爆剤にもなってみせる

さんすぽ
俊介もいい選手ではあるが
センター固定にはまだ早い
守備力、走力に関しては遜色ないくらい
ほど柴田も持ち合わせている
(打撃はお互い未知数)
柴田は開幕1軍を勝ち取り
俊介と競わすものだと思ってました
出番もほとんどないまま2軍降格した。
競わせてこそ
チームも活性化、士気も上がる
現状はスタメン選手の力のみで戦っている
監督のコメントはあいも変わらず
他人ごと。。。
ちなみ昨日は「ノレない?相手投手も違いますけど
でも(点が)取れそうなところで取られへんね。
ツイテないと言ったら、あれやけど・・・。

こんな言葉ばっかり、 
選手もこんな指揮官にはついていかないでしょう
オーナーが『見こなかったら、よかった』
と失望感を抱いている
こんな指揮官を続投させたのは
だれ
なんよ怒り

こうへいくんの
応援と激励をかこうとおもったのに
最後は愚痴になってしまいました
すいませんですしょんぼり
センター俊介、ライトコウヘイなら
中日の外野には負けない?
かも
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




コメント

同感です。
レフトにマ−トン置いてセンタ−俊介、ライト柴田が私の理想です。
柴田くんの一軍初安打、超嬉しいです。
普通だったら今日はスタメンになるはずなんですけど・・・
又、あのユニフォ−ムの着方と笑顔が素敵で私も、お気に入り選手の一人なんですよ(*^_^*)
| 若虎大好き | 2011/05/14 10:44 AM |

コメントする

トラックバックURL

http://ps5.tblog.jp/trackback/271298

トラックバック

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other