ぶち破れ!おれがヤル ! 虎 想い 2019

昨年よりも
偏った選手起用に
来年は期待は持てないかも
<< July 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「魔の4回」 江草 仁貴 ★20

2006.06.05 Monday

今季10試合目の登板となった江草は、相手打線がふた回りにはいる『4回』に痛打を浴びることが多い。イニング別失点「1回0。2回1。3回0。4回14。5回8。6回0。7回0.8回0。9回2。」3回まで5奪三振の9人きり。4回先頭打者、大村が内野安打、無死1塁。初めてのセットポジション。 続く川崎にカウント0−1から高めのツーシームを右翼スタンドに運ばれたショック 5.14のソフトバンク戦以来2本目の被弾しょんぼり「テンポよく投げていて、走者を出してリズムが崩れる。調子のいい投手がはまる典型になってしまった」と久保コーチは分析した。「テンポのよさは江草の持ち味だが、長所は短所になるときもある。同じテンポで投げてくると、相手も同じようにあわせてくる。相手もタイミングが合ってくるものだ。だから、逆に江草は、タイミングを合わせられないように、自分自身がテンポを変えなくてはならない。1秒の「間」があれば結果はがらっとかわる。」と木戸氏が指摘する。人気blogランキングへ

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://ps5.tblog.jp/trackback/92012

トラックバック

Profile

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other