オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2011.04.15 Friday

岩田552日ぶり復活登板

(阪神1−3広島、3回戦、阪神2勝1敗、14日、甲子園)
552日ぶりの晴れ舞台も感慨に浸ることはなかった。負けた。
その事実がすべてだった。7回5安打3失点。故障後
最長イニングを投げ、“復肩”を示したが、岩田は唇を噛みしめた。

 「(感慨とか)そんなこと思っていません。目の前の試合に
勝つことだけでした。結果、負けたので非常に悔しいです」

 2009年10月9日のヤクルト戦(神宮)以来の1軍マウンド。
一回、広瀬に先制2ランを浴び、勝負所の七回にも2本の長短打で
3点目を失った。それでも、失点シーン以外は手元で微妙に
変化する直球と切れ味鋭いスライダーを中心にテンポよく
投げ込んだ。課題の軸足にしっかりと体重を乗せる投球フォームが
安定し、最速146キロをマーク。低めへの制球も冴え、
ゴロ凡打を築く72球の“省エネ”ピッチが光った。

 真弓監督は「申し分ない内容だった。次に期待できる投球」
と及第点を与えた。

 長い道のりだった。昨季の開幕前に左ひじを手術し、
1軍登板ゼロに終わった。今春キャンプ。アピールが必要な男は、
はやる気持ちを抑え込んだ。「去年のことが頭に残っている。
同じことを繰り返さないように」。けがだけはできない。
ブルペンでは少しずつ球数を増やすなど、マイペース調整を貫いた。

 その甲斐あって、3年ぶりに春季キャンプを完走。
実戦で結果を残して、本来の居場所に帰ってきた。
「試合勘というか、次につながる投球はできたと思います。
だけど、点を取られたんで…」。

 反省の弁を最後まで続けた左腕。次は21日の巨人戦(甲子園)
の先発が有力。輝きを取り戻した岩田なら、
きっとやってくれる

初回 ボンの詰まった当たりが安打になり
1死2塁 好調の広瀬に2ラン
初回ではあるが1塁は空いている
次は当たっていない「無安打」トレーシー&栗原
もったいな1発に思えた
追加点は 普通の外野手なら取れたような打球に
感じた
まあ1発打たれた後、の投球内容は良かった
怪我なく1シーズン乗り切れれば
二桁は勝ってくれると思いますね

私は今人気ランキングに参加しています
訪問の際はお手数ですが
ぽちっと 宜しくお願いいたします
何せ、ランキングを励みにしておりますのでね


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ


CoRichブログランキング




Comments

Post a Comment








Track back URL

http://ps5.tblog.jp/trackback/269449

Trackbacks

Go to top of page