ぶち破れ!おれがヤル ! 虎 想い 2019

昨年よりも
偏った選手起用に
来年は期待は持てないかも
<< June 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

岡田の目指してる野球ってなんだろね。。。

2006.06.24 Saturday

何だろう、いくら考えてもわからない。昨日、今季第1号を打った片岡。なぜ今日のスタメンで使わない。左の石井一だからか、だったら藤本は。。。はまちゃん、いったいどうしたいの。金本のあとの4番を任さないといけない打者ではないのか、きっちり数字は残っている。なぜスタメンで使わない。5番スペンサーに来年4番打たすのか怒りそうじゃないだろう。今季限りだろう。ついでにおまえもな。。。だったら、赤松、りんを使え、当然だろう!負けているからか?全員が一丸となって戦っている感じがしない。それは、選手がえこひいき&おばか采配にきずき?嫌気がしてきたんではないか?去年はまだ島野さんがいたから、我慢できた?今年は、おばか采配のやりたい放題冷や汗 ふあんもみんな感じている事実、選手が感じないわけがないだろうが。。。きづいてないのは、おばか本人だけ。もう笑うしかないよね悲しい人気blogランキングへ

やーさん、強いですね。。。

2006.06.24 Saturday

それとも、虎が弱いのかしょんぼり唯一の見せ場は関本のエラーを帳消しにする1発だけ。直後の回に同じ失敗の杉山。1回と同じ、カウント0−2から、長距離砲にストレート勝負、2らんを浴びる。矢野のリードも悪い怒り 立直ったとはいえ、石井一に5回から8回までノーヒット、9回も木田を打てず。 2試合連続惨敗。もう笑うしかない楽しい楽しいやーさんに抜かれるのも時間の問題でしょう。ランナー無しでしか、打たない、ウテンサー。怒る気もならない試合。選手起用がおかしいから、選手の気持ちとして、一丸にはならないんとちがうの?だから、つなぎの野球もできない。まあ目指しているは思えない、それならできるはずもない。満員の聖地に甘えているとしかおもえない怒りマーク あと関心は? 岡田がいつやめるかぐらい?シーズン途中でもいいぞ。。。    哨如爾呂い塚茲襪里!? はやく、こいこい。。。                      人気blogランキングへ 

スレンダートーン・13日目

2006.06.24 Saturday

AM11:00〜「P3」30分R:60 PM8:00〜「P3」30分R:66                              人気blogランキングへ

疑惑の判定 「セーフ」 から4失点 ? ★28

2006.06.24 Saturday

2回鳥谷の失策から始まった。無死1塁、ラロッカにストレートの四球、宮出の投前バントがもたついて内野安打になり、無死満塁のぴんち汗 大原の打球は1塁正面のゴロ。シーツー矢野とわたり、まずワンアウト。さらに1塁ベースカバーに入った 藤本にボールは転送された。カバーはやや遅れたものの足からベースにスライディング。完全に「アウト」のタイミング。判定は、無情の「セーフ」怒り。。判定は確かに?かもしれないが、次打者米野の遊直で2死。投手ガートーム損に、初球を打たれたのには悔いが残るショック抑えていれば、あまり問題にもならなかった?矢野のパスボール3点目も痛い。青木にも打たれて、結局。この回4点取られて終わってしまった悲しい8回の攻撃は相手がくれたもの、片岡の3ランだけはよかったですが。。。全体的に打線がしょぼいのだから、投手を含めて、しっかり守らないと勝てましぇんよ汗無駄な点をやれば、試合には勝てるはずもない,超つまらない試合でしたしょんぼり いつまで続くのしょぼい試合。。悲しい        人気ランキングへ

人数あわせの、1軍登録に何の意味がある

2006.06.24 Saturday

2軍で調整中の安藤が1軍登録に驚いたそうである。同時登録された玉置も成績で登録されたわけではない?そこで思い出したのが、開幕当初の前田忠節・吉野誠 最近でいえば。藤田太陽・藤原通・赤松真人。2軍でいい結果を出して、さあ1軍選手登録。2,3試合ではなかなか結果はでるはずもなく、登録抹消されるしょんぼりチャンスをもらえない吉野もいたショック結果が出ないベテランには何度もチャンスを与え続けている汗絶対これではチームバランスが崩れていくだろうショック2軍で結果を出しても1軍にあがれない、やっと登録されても、出場機会も極端に少ないし汗 2軍にいる若手のモチベーションはあがっていかない冷や汗結果チーム全体のレベルはあがっていかないだろう!?登録されている選手では、浅井はスタメンの出番は少し増えたが、途中出場はない。野口も出番が少ない。豊もほとんど守備固めだけ。なにが『全員野球』や怒りマーク そんないい加減なコメントをはくな。岡田よ怒り こんなことなら、去年.間違って「優勝」しなければよかったしょんぼり このままいくと、岡田阪神1年目(4位)と同じ結果?になりそうである。 2年目優勝できたのは、下さんの最年長の最多勝『15勝3敗』 今岡の脅威の『147打点』 赤星3年連続『60盗塁』 球児『80試合登板』なども貢献したが。。なんといっても、おおきかったのはお目付け役の島野修コーチの存在。おばか采配に歯止めをかけ?優勝に導いてくれたおかげではないでしょか!?さらに追い風、虚人の低迷、竜の交流戦の大失速「セリーグだけの成績だけなら、竜のほうがよかった」運がよかった?優勝を自分の采配が間違ってなかった、と大いに勘違いしてしまったようだ冷や汗 辛抱して使ってきた鳥谷は、3割打って順調に成長しているように見えるが、与えられたポジションのせいではないでしょうか、「ここ1番」のチャンスに強くないような気が。。。得点圏打率は259「302」ほかの選手と比較してみると。赤星297「296」。シーツ361「321」。浜中316「305」。金本269「294」。矢野296「272」。出ている主力の中で1番低いショック 兄貴が低いのは5番がちゃんすにあまりにも返してくれないので、力んだ打席が多くなって、調子もあがってこない結果でしょう。逆に調子を崩さなければいいけど冷や汗 策がないどころか、どういうチームを目指しているのか見えてこない、『岡田阪神』これでいいのか冷や汗ふあんはすでに我慢の限界?であるショック      人気blogランキングへ

Profile

Recent Entries

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other