オススメ

虎 想い 2018  執念

Tigers Change

北條 スタメン巻き返せ
中谷 レギュラーへ
坂本 正捕手へ


  • 2007.01.21 Sunday

それだけ嫌やったら。。。

ずる休み?するだけあるな怒り中日・福留孝介が20日、名古屋市内の球団事務所で今オフ初めての契約更改交渉を行い、1億2000万円アップの3億7500万円の球団提示を保留した。昨年はセ・リーグMVP、首位打者、最高出塁率、ベストナイン、ゴールデングラブなどのタイトルを獲得。2年ぶりのリーグ優勝に貢献したと自負しているだけに最悪、自費キャンプとなる可能性も出てきた。
明らかに怒りの表情だった。オフの多忙のため、年をまたいでようやく実現した福留の初交渉は、わずか約30分で終わった。「サイン? していません。(金額提示された瞬間は)言葉が出ませんでした…。久しぶりにあきれました。球団の提示を楽しみにしてきたので、ガッカリしました。(希望額との)開きは大きいですね」。紅潮した顔で努めて淡々とした口調でこう話すと、あとは自嘲気味に笑うしかなかった。
球団の提示額は昨年の2億5500万円から1億2000万円アップの3億7500万円。それでも納得はできなかった。昨年は攻守でチームを引っ張り、セ・リーグMVPに輝いた。さらに打率3割5分1厘、31本塁打、104打点で首位打者、最高出塁率、ベストナインなどのタイトルを獲得。「これ以上の成績を求められて、もボク自身苦しい」という自己最高のシーズンだっただけに、落胆の思いだけが残った。
「あ然」とした伏線には過去2年の契約更改交渉でのモヤモヤ感がある。04年には落合監督による査定の取り扱いを巡って対立。6度目の交渉で現状維持の2億円でサイン、昨年は3割2分8厘、28本塁打、103打点という成績を残したが、5000万円のアップの提示に保留を重ね、2年連続の越年。キャンプ直前に5500万円アップで折れていた。自己最高の成績で優勝した今年こそは希望額到達の思いは強かった。
次回の交渉は25、26日あたりが濃厚だが、希望最低ラインの4億円とは2500万円の差があるだけに、最悪の場合には自身初の自費キャンプ突入の可能性もある。それでも福留は「キャンプに入っても構いません。あわてないでやりますよ」。福留は今オフにメジャーへの興味を示す発言をしているだけに、3年連続の契約難航が、順調なら今年8月にもFA権を取得予定の来オフの動向に微妙な影を落とす可能性もある。
交渉役の井手編成担当は「彼には今年はすごくやったという自負がある。野手として最高レベルであることは認めているが、こちらにはこちらの事情がある」と話した。チーム内の年俸バランスとして、球団トップ岩瀬の年俸3億8000万円を上回る金額を簡単には提示できない状況を説明。その上で次回交渉について「また交渉によって変わるかもしれない」と、歩み寄りの可能性も示した。
格はあきらかに岩瀬のほうが上でしょう。確か6年連続で50試合以上登板して結果も出している選手と比較して、上回る年俸は球団も提示できないでしょう。それだけ嫌やったら、ノリみたいに自由契約にしてもらったら。。。星野ジャパンにもいらねぇ〜

人気blogランキングへ

  • 2007.01.21 Sunday

宮崎オーナーが『若手と食事会』

阪神・宮崎恒彰オーナが20日、高知・安芸での春季2次キャンプ(2月19日−3月1日)で、若手選手との食事会を開催するプランを明かした。3月10、11日の巨人とのOP戦(ともに甲子園)の視察も明言し、“井川2世”の育成へ、『闘うオーナー』も乗り出す。若虎よ、一緒に土佐のうまいモンでも食って、腹を割って話そうやないか−。2月1日のキャンプインを前に、宮崎オーナーから若虎に前代未聞の『招待状』が届いた。「安芸は二軍のキャンプが終わる前ぐらいにいく予定。若手とは交流を図りたいと思ってる。練習後に食事に誘ったりね」
2月1日から始まる沖縄・宜野座での1次Cは18日が打ち上げ。19日が安芸への移動日で、現地で二軍と合流。合同Cの形で23日まで行われる(一軍Cの打ち上げは3月1日)。“Xデー”はポスト井川争いが最初の関門に入る20日前後だ。
昨年5試合、観客席からお忍びで視察。「本部席に座っていては、分からないこともたくさんある」。物事を上から見ない。同じ目線まで落とす。それが総帥のやり方だった。精力的に動くのは、キャンプだけではない。3月10、11日に甲子園で行われる巨人戦にも「見に行くつもり」。虎のオーナーがオープン戦を視察するのは、異例中の異例だ。
宮崎オーナーは岡田監督にも注文を出した。「5年先を見据えた選手育成をしてくれといっている。ジャンやボーグルソンが10勝ぐらいすればうれしいけど、若手の活躍が少なくなる。『若手を積極的に起用せよ』と言いたい」。目先の白星を追いながら人材育成−。それが指揮官に課したノルマだ 根っからの阪神ファンで昨年5試合、お忍びで観戦。家族とメガホン持参で応援することも。身分を隠して、ファンの生の声を聞くのも目的で、「今年観戦」する予定。
本当に虎ふあんの生の声を聞いたのだろうか?采配に関しては疑問だらけ、変なこだわりの選手起用はわかるはずですけどね。例えば球児の無駄使いな登板とか。。。取り上げればきりがないよショック少なくても前オーナーよりは行動的なとこはいいかもしれませんが。。。


人気blogランキングへ

  • 2007.01.21 Sunday

下さんが『ファイテン社』と契約

下柳が『ファイテン社』とアドバイザリー契約を結ぶことが20日、明らかになった。同社は金本知憲らの肉体を分析、管理していることで知られ、アニキ同様、ベテラン左腕が“トラの穴で”限界に挑む。
衰え知らずの“アイアンホーク”が、さらなる高みを目指す。今年で39歳。金本、矢野と最年長トリオで虎を引っ張る下柳が、ファイテン社とアドバイザリー契約を結ぶことがわかった。「体調管理や健康管理など、基本的にすべて、金本選手と同等のことをしていくつもりです」と同社担当者。ファイテン社といえば、金本がアドバイザリー契約を結んでいることで知られ、他には女子マラソン・高橋尚子や、プロゴルファー・片山晋呉など、トップアスリートが名を連ねる。
チタン製品や『金の水』などのほか、昨年4月には同社の寄付で、同志社大にスポーツ医科学センターが設立。京都市内に体を分析できる『アスリートドッグ』が誕生するなど、最先端のアンチエイジング(抗加齢)で肉体の限界を追求。そのプロジェクトに、下柳も加わるというわけだ。
「アンチエイジングもやりたいと話されていました。京都にも行くと。とにかく体調を万全にしたいということでした」と担当者。契約はすでに合意に達しており、細部の確認のみ。後はもう、動き出すだけだ。05年に37歳で最多勝に輝いた左腕は今、沖縄で徹底的な走り込みなど自主トレの真っ最中。もっと上へー。妥協なき追求で下柳も『鉄人』となる。
★31日沖縄で契約交渉
下柳は阪神で唯一未更改だが、沼沢球団本部長は「31日に行います。あとはサインするだけですから」と話し、キャンプ地の沖縄で交渉を行うことを明らかにした。今季が2年契約の2年目。年俸は1億7000万円プラス出来高で、すでに合意に達しているという。球団が契約書を沖縄に持参し、あとはサインするだけだ。
人気blogランキングへ

Go to top of page